ゲーム 頭痛 い。 頭痛チェックシート|頭痛オンライン

ゲーム依存症になった子供の症状。身体・精神ともに多様な弊害が…

ゲーム 頭痛 い

慢性頭痛や機能性頭痛とも呼ばれ、頭痛持ちと呼ばれる人の大半はこのタイプです。 血管が拡張し、周囲の炎症によって神経が刺激されて起こると考えられている「片頭痛」、頭や首周りの筋肉の凝りや緊張から起こると考えられている「緊張性頭痛」などがあります。 頭痛は、登校できなくなったり、抑うつ、いじめなどの心理社会的要因、アレルギー疾患などと関連して、成長期のQOL(生活の質)を悪化させる原因になることもあります。 典型的にはズキンズキンと脈打つような拍動性ですが、子供ではうまく表現できないこともあります。 伴うほかの症状として悪心や嘔吐などがあり、音や光にイライラしたりします。 家族が同じように片頭痛を持っていることもよくあります。 時に頭痛の前にキラキラした光の線や点が見えて、その部分が見づらくなったり(閃輝暗点=せんきあんてん=といいます)、力が入らなくなったり、しゃべりづらくなったりする場合もあります。 寝不足、寝すぎ、チョコレートやチーズの食べ過ぎや天気の変化、女の子では生理の前後などが誘因となります。 緊張性頭痛は、最も多いタイプの頭痛です。 後頭部や頭全体が、締めつけられるように痛みます。 長時間前かがみでゲームやパソコン、携帯電話をするため、肩凝りから頭痛を訴えることも多く、最近では3歳の子供でも珍しくありません。 視力が悪いのに眼鏡の使用を嫌がり、眼精疲労から頭痛が出る子供もいます。 運動不足や長時間の楽器演奏などで起きることもあります。 いずれの頭痛も精神的ストレスや身体的ストレスも誘因となり得ます。 小さな子供は暗示にかかりやすいので、家族の「頭が痛い」の口癖を、子供がいつの間にかまねして言うこともよくあります。 生活習慣の改善などで解決しない場合は、薬を使うこともあります。 通常は小児用の鎮痛・解熱剤を使用しますが、使い過ぎると頭痛を誘発してしまう場合もあるので注意が必要です。 取材協力=帯広厚生病院小児科主任部長:植竹公明先生 この特集記事は十勝の生活応援マガジン「Chai」に掲載された「Chai子供の健康」を再編集したものです。 Chai電子書籍版はこちら:.

次の

ゲーム脳

ゲーム 頭痛 い

といいつつも、じつは私、肩が凝っているという自覚はほとんどない。 肩を触ってみて筋肉がゴリゴリに硬くなっていることに気がついて初めて「ああ、肩が凝っているんだな。 」と感じるくらいだ。 さて、それとは別に私は子供の頃から時々「謎の頭痛」に苦しんできた。 前触れもなくある日突然その頭痛は襲ってきて、ほぼ丸一日苦しむのである。 痛みがひどいと吐き気まで催す。 学生時代や20代のころは、鎮痛剤も飲まずひたすら耐えていた。 若さゆえか薬に頼って治すのは、なぜか「負け」だと思っていた。 今にして思うとバカな判断である。 じつは、この頭痛の正体を私は30才を過ぎたあたりで知るのである。 私はこのころから筋トレを始めた。 そして、その時多少なりとも筋肉について勉強してみた。 「肩こり」とは首と肩そして背筋を覆う筋肉「僧帽筋」が緊張することによって起こるものらしい。 机に向い、長時間にわたって字を書いたり絵を描いたりしていると「僧帽筋」が硬くなり、それがさらに進むと「頭痛」を引き起こす、ということも知った。 そこでようやく私は「謎の頭痛」の正体に気がついたのであった。 なるほど頭痛がひどいときは、僧帽筋を触ると、びっくりするぐらいゴリゴリに固くなっている。 筋トレで僧帽筋を鍛えると肩こりになりにくいと聞き、懸命にトレーニングをしたが、結局肩こりそのものがなくなることはなかった。 デスクワークばかりする職業の宿命であろう。 その後もいろいろと試行錯誤は続けたが、やはり肩こりをなくす方法はみつからなかった。 結局のところたどり着いたのは、「頭痛を引き起こしている僧帽筋をストレッチによってほぐす」という手段である。 今では、我流で編みだした「田中圭一式首筋ストレッチ」によって、ひどい頭痛でも、10分程度でほぼ解消することができる。 あくまで自己責任の上でお試しください。 症状がひどくなったり、首や肩に違和感を感じた場合は専門医に診てもらうことをお勧めします。

次の

頭痛チェックシート|頭痛オンライン

ゲーム 頭痛 い

眼球が疲労を蓄積し、近視などの障害が出るようになります。 中には親に見つからないようプレイするため、夜中に消灯したままプレイする子もいるようです。 暗い部屋でディスプレイからの強い光を受け、目を酷使してしまいます。 強度の近視は緑内障や失明にもつながってしまいます。 また、眼精疲労による頭痛も心配されます。 室内に閉じこもることによる体調不良 目だけではありません。 以下のような様々な体の不調に影響が出ます。 座り過ぎによる腰痛、手首の腱鞘炎や運動不足による肥満など、さまざまな体の不調をきたします。 運動不足により身長や筋肉などの発育不良や、肥満も心配されます。 コントローラーを酷使することで、手根管症候群という指のしびれが見られることもあります。 睡眠不足による成長の遅れ ゲームをプレイする時間をもっと増やしたい!すると、子供でも夜中までゲームをし始めます。 寝たふりをしながら親が寝静まるのを確認し、プレイする子もいるようです。 その結果、慢性的な睡眠不足になり日常生活に影響が出ます。 睡眠中に分泌される成長ホルモンが減り、骨や皮膚・筋肉などの成長が遅れる原因になります。 幼稚園・保育園で居眠りをしたり、忍耐力が無くなりストレスをためがちになります。 友達とケンカしてばかりでトラブルを起こす可能性もあります。 小学校入学後は授業中に居眠りしたり、学力の低下も懸念されます。 精神的な問題も起きる! ゲーム中毒になると起きる問題は、身体に関わるものだけではありません。 精神面でも大きなダメージを受けます。 中にはうつ病や精神疾患を患う傾向も高いと言われています。 攻撃性が高まり人間関係が築けない 暴力描写があるゲームをプレイしていると、プレイヤーも暴力的になりやすいという研究結果もあります。 ゲームに依存していると人との関わりが減り、他人との接し方を忘れてしまうリスクがあります。 自分と反する意見をされたときに感情のコントロールができず、攻撃的になりやすいです。 人間関係の構築がうまくできず、さらに自宅にこもりゲームに没頭する悪循環になります。 特に親の場合、子どもがゲームばかりしていれば心配になり注意をするでしょう。 中にはゲーム機を取り上げる家庭もあるかと思います。 しかし家族だんらんよりも何よりもゲームが楽しい子は、自分自身を否定された気持ちになり、親を敵だと認識するようになります。 親もどうしようもない子だからと会話をしない、他の兄弟姉妹ばかりを可愛がるなどと接し方が変わっていき、お互いの関係が悪化します。 関連記事 ゲームの世界と現実が区別できなくなる 長時間ゲームをしていると、その内容が現実世界で起きているような錯覚をすることがあります。 中には幻覚のような症状が現れることもあります。 敵が襲ってきたと勘違いし凶器を振り回すなど、大きな事件・事故につながる危険もあります。 嘘をつくようになる 生活の最優先事項がゲーム!そうなるとゲームのためなら何でも行うようになります。 頼まれた手伝いができていないのに「もうできた」と言う• 体調が悪いと言って幼稚園や習い事を休む• 「用事ができた」と言って友達と遊ぶ約束をドタキャンする プレイ時間確保のために嘘をつき、善悪の判断がつかなくなります。 周りとトラブルになることもあるでしょう。 健康を取り戻したい!依存しているかをチェックし克服を目指して! 幼児期は身体の基礎をしっかり作りたい時期。 ゲームに溺れることで健康的な生活が送れず、病気になったり体力の低下も懸念されます。 精神的にもうつや社交性の低下が見られ、社会生活を送る上で心配な状況になりやすいです。 ゲームは依存しがちになる要素を持ちます。 普通に遊んでいるだけでプレイ時間はどんどん伸びるものです。

次の