アリス イン ワンダーランド 声優。 深田恭子、『アリス・イン・ワンダーランド』“白の女王”日本語版声優を続投!

【アリスインワンダーランド】映画のあらすじ・登場人物&キャラクター・主題歌・声優

アリス イン ワンダーランド 声優

子供が小さいころ一緒に見て、わけがわからんかった思い出しかない映画です。 「不思議の国のアリス」の実写化かと思いきや、13年後の話だったんですよね。 で、下の子供と再び観て、やっと理解できました。 理解できると「不思議の国のアリス」と違って意外とちゃんとストーリーのある内容で、現実世界で不思議ちゃんで周りから浮いていたアリスが、ワンダーランドでの冒険を通して成長するという話でした。 面白いのは、「不思議の国のアリス」ではふつうの女の子だったアリスが、「不思議の国のアリス」の出来事を通して不思議ちゃんになってしまったこと。 アリスは不思議ちゃんになったため再び訪れたワンダーランド のことを忘れていたの に特に驚くこともなく、この状況を受け入れて柔軟に対応し、一つ一つ解決していきます。 「不思議の国のアリス」の時のように困り果てて泣き出すようなこともありません。 アリスは妄想好きな不思議ちゃんになっていたため、アリス自身がワンダーランドのおかしな住人たちのようになっていたのです。 次回作の「時間の旅」では、アリスは強い意志を持った大人の女性に成長しているため、三部作としてアリスの成長の物語としてみればより楽しめるかと思います。 C Disney Enterprises, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

映画「アリス・イン・ワンダーランド」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる?吹き替えはある?

アリス イン ワンダーランド 声優

物語は、前作から3年後。 亡き父の後を継ぎ、船長として大海原で活躍していたアリス(ミア・ワシコウスカ)は厳しい現実に直面。 あるとき、再びワンダーランドへと誘われる。 そこにいたのは、悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッター(ジョニー・デップ)。 大切な友を救うため、アリスは時間をさかのぼる。 待ち受けるのは、過去に秘められた真実と、時間の番人・タイム(サシャ・バロン・コーエン)との戦い。 赤の女王(ヘレナ=ボナム・カーター)の脅威も迫る中、アリスは運命に逆らい、過去を変えることができるのか? 「不思議の国のアリス」のその後を、鬼才ティム・バートンが映画化したから6年。 ドラマや舞台で演じられる可憐で優しい雰囲気が、皆から愛される白の女王・ミラーナのイメージに合致し、柔らかい感情の機微を表現してもらえる唯一無二の女優、ということで前作から続投しての起用となった深田さん。 また、「今回の白の女王は、前回と違って、より特徴的で温かみがあり、そしてキュートだなと思いました。 やっぱり動きは可愛いです」と、全てをハッピーに見せる善き女王の彼女についてコメント。 「演じていてとても幸せでした。 自分が白の女王になったような、アン・ハサウェイさんになったような気持ちで演じられた時間が幸せでした」とふり返った。 そんな白の女王は、本作では姉・赤の女王との間にある幼少期の秘密が明らかになり、実は複雑な心を抑えていることが分かる。 「姉は悪者みたいな感じですけど、本当は頑張っているのに、妹ってズルい! みたいな。 そう思うことはあります(笑)」と明かし、「今回も白の女王がフワフワって可愛くしてるのに、実はお姉さんに悲しい過去があったりして。 私の場合だと、小さいときに妹が悪いことしても、連帯責任という点で姉の私も怒られてしまったり…という誰しもが共感できるような部分があるんじゃないかと思います」と実体験に触れ語ってくれた。 本作で白の女王は、悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救えるのはアリスだけだと考え、時間の番人タイムの元へとアリスを導いていく役どころとなっており、深田さんの声の演技には要注目。 さらに、マッドハッター役にはジョニーの吹替としておなじみの平田広明ほか、アリス役に安藤瞳、赤の女王役に朴ロ美と豪華声優陣も続投するというから、楽しみにしていて。 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は7月1日(金)より全国にて公開。 net》.

次の

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅の吹き替えキャスト一覧

アリス イン ワンダーランド 声優

『アリス・イン・ワンダーランド』の作品概要 2010年公開の映画『アリス・イン・ワンダーランド』は、数学者で作家のルイス・キャロルの童話『不思議な国のアリス』と『鏡の国のアリス』を原作とした実写映画です。 主人公であるアリス・キングスレーが大人になった13年後を描いた物語。 監督は映画『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』などで有名な奇才ティム・バートン。 実写とモーションキャプチャ技術によって制作され、ティムらしいカラフルで美しい世界観が魅力的です。 これまでティムの作品にはジョニー・デップが起用されることが多かったのですが、本作でも帽子屋のマッドハッターとして出演しており7作品目となるコラボとなります。 最愛の父親を亡くし悲しみに暮れるアリスは、母親にあるパーティーに連れて行かれます。 そのパーティーは、御曹司ヘイミッシュとアリスの婚約パーティーだったのです。 何も知らないアリスは突然のプロポーズに困惑。 奇想天外な想像が好きで貴族社会にうんざりしていたアリスは、ヘイミッシュのプロポーズに即答することができず、「時間をちょうだい」と言って庭から逃げ出してしまいます。 悩んでいたアリスは庭で見つけた白ウサギを見つけて追いかけますが、大きな穴に落ちてしまいます。 ドアに合う鍵を見つけたアリスはシロップを飲んで小さくなったり、ケーキを食べて大きくなったりしながらドアを通ることに成功。 ドアの向こう側には奇妙な世界が広がっており、そこには白ウサギやヤマネなど人間と同じように話すおかしな生き物たちがアリスを待っていました。 彼らは本物のアリスかどうかを確かめるため、青い芋虫アブソレムのところに連れて行きます。 そこでアリスは「予言の書」というワンダーランドの絵暦を見せられ、自分がフラブジャスの日にジャバウォッキーという怪物をヴォーパルの剣で倒す救世主として描かれていたのです。 アリスは「これは私じゃない」と言うと、アブソレムに「ほど遠いアリス」と認識されます。 すると突然、ハートの女王の手下で赤い騎士団を引き連れたハートのジャックと怪物のバンダースナッチが襲撃してきます。 白ウサギや双子が捕まってしまいますが、アリスはヤマネの助けによって逃げることができました。 ハートのジャックは赤の女王にアリスがワンダーランドに戻ってきていて女王の身とペットであるジャバウォッキーの命が危ないことを告げると、ハートの女王はアリスを捕まえるように命令します。 マットハッターは本物のアリスと確信し再会を喜び、アリスの身を守るため赤の女王の妹である白の女王の元へ連れて行くことにします。 ところが再び兵士たちに追い詰められ、マットハッターが捕虜となってしまうのです。 アリスはマッドハンターを救うため赤の女王のいる宮殿へ向かいます。 白ウサギの助けにより身体が大きくなるケーキを食べたアリスは「アム」という名で赤の女王の城に潜入し、女王は自分の頭と同じように巨大化したアリスを気に入り歓迎します。 女王の隙をみてバンダースナッチを味方につけたアリスは、ヴォーパルの剣を手に入れマッドハッターを救出しようとしますがハートのジャックに正体がバレてしまいます。 アリスは兵士たちに捕まりそうになりますが、無事にヴォーパルの剣を白の女王の元へ届けることに成功。 処刑されそうになったマッドハッターとヤマネは城を抜け出し、みんな白の女王のお城に集合しました。 アブソレムの言葉に勇気を貰ったアリスは戦う覚悟を決め、アリスと怪物ジャバウォッキーの決闘が始まります。 アリスはマットハッターの助けを借りながらヴォーパルの剣で見事にジャバウォッキーを倒します。 戦争に敗北した赤の女王とハートのジャックは白の女王によって追放されてしまいます。 強くなったアリスはマットハッターたちに別れを告げ現実世界へ戻ると、ヘイミッシュのプロポーズを断り自らの力で生きていくことを告げます。 アリスは父が残した事業の手伝いをはじめ貿易のため中国へ旅立ちます。 中国へ向かう船上で青い蝶となったアブソレムを見つけるのでした。 アリス・イン・ワンダーランド:登場人物 『アリス・イン・ワンダーランド』の登場人物をご紹介。 まるい体にツルツルの頭、ボーダーファションがトレードマークで常に2人で行動を共にしています。 イギリスやアメリカの童謡「マザーグース」に登場するキャラクターがモチーフになっているんですよ。 声はイギリスの俳優・コメディアンであるマット・ルーカスが担当しています。 本作では預言書通りヴォーヴァルの剣によりアリスに倒されます。 声はイギリス人俳優のクリストファー・リーが担当しています。 アリス・イン・ワンダーランド:人生のターニングポイントに見るべき映画? 『アリス・イン・ワンダーランド』はただのファンタジー映画じゃない! 映画『アリス・イン・ワンダーランド』は、子供たちから人気の童話の実写版とあって基本的にはファンタジー要素が強い作品です。 不思議な世界に迷い込みおかしな生き物たちと出会い、赤の女王に命を狙われながらも最終的には勇気をものした主人公が最大の敵を倒すという物語。 夢のような不思議な世界観が楽しめる映画となっていますが、実は19歳の少女アリスの人生のターニングポイントに注目した作品でもあるんです! 19歳と言えば子供から大人になる人生の転機とも呼べる年齢。 子供の頃は親の意見に従って動いていたけれど、大人になったら自分の意思で物事を見極めて進んで行く力を持つ必要がありますよね。 本作でも最初は親に自分の意見や本音がなかなか言えないアリスでしたが、最後は親の敷いたレールに乗るのではなく、結婚を断り自分の意思で父親の仕事を継ぐ決心をします。 ただのファンタジー映画だけでなく、人生のターニングポイントを迎える人にとって何らかの答えが見つけられる作品かもしれませんね。 実写版では登場する食べ物にちゃんと名前が付いているんです! 例えば、食べると体が大きくなケーキ「Eat Me」はアッペルクーヘン、体が小さくなるドリンク「Drink Me」はピッシュサルバーと呼ばれています。 原作と映画では物語の内容やキャラクターの設定も異なるので、原作を知らない人でも全く違う作品として楽しむことができます。 ただのファンタジー映画だけではなく人生について深く描かれている物語でもあるので、何らかのヒントを貰えるかもしれませんね!.

次の