ヴァレンティナ サンパイオ。 ヴィクトリアズ・シークレット、トランスジェンダーモデルを初めて採用!

世界を変えるパワーに!美しき10人のトランスジェンダーたち

ヴァレンティナ サンパイオ

ヴァレンティナ・サンパイオのプロフィール ヴァレンティナ・サンパイオは1996年12月20日生まれのブラジル人のモデル兼俳優です。 身長は177cm、緑色の目に茶色の髪を持ち、美しいお顔が特徴です。 彼女は初めてランジェリー・ブランドのビクトリアズ・シークレットでトランスジェンダーであることを発表し採用されたモデルさんです。 母親は学校の先生で父親は漁師です。 8歳の時に彼女を診断した心理学者が彼女がトランスジェンダーであると認めましたが、12歳までは自身のことをヴァレンティナと呼びませんでした ちなみに彼女は自身が男性だった頃の名前を公開していません。 彼女は幼い頃から級友や家族が自身のことを女の子であると認めてもらい、いじめにもあったことが無かったそうで、人間関係に恵まれてそだっています。 当初は学校で建築家の道を進むつもりでしたが、ファッションに目覚め、進路変更をしています。 そしてそこで出会った人々の紹介で彼女はサンパウロのモデル事務所と契約することになったのでした。 2014年に洋服のメーカーでモデルデビューを果たしましたが、くびになっています。 理由はメーカーの方向性と彼女の容姿が合わなかったからだそうですが、これを機会に彼女は地元を去り、都会のリオデジャネイロに拠点を移しています。 そして、そこでサンパウロ・ファッション・ウィークという権威性の高いイベントに出演し知名度が国内で大幅に高まることになり、フランスの化粧品メーカー・ロレアルからも声がかかる様になりました。 そして2017年にファッション雑誌のVogue Parisの表紙に初めてトランスジェンダーモデルとして登場し世界仲が彼女に注目することになったのでした。 そしてVogueのブラジル版、ドイツ版にも登場しブラジル国内でもトップモデルとして地位が確率されたのでした。 そんな彼女ですが、ロレアル以外にはモスチーのとフィリップ・プレインでもモデル活動をしています。 そして今年になり、初めてのトランスジェンダー・モデルとしてランジェリー・ブランドのビクトリアズ・シークレットから採用されたのでした。 ヴァレンティナ・サンパイオの美しい画像集 ヴァレンティナ・サンパイオの美しい画像を集めてみました。 No Gender Issue!! さん valentts がシェアした投稿 — 2015年 9月月22日午後1時43分PDT 3. 実力がトップレベルならジェンダーなんて関係ないよなぁ。 com kireinist 4. まとめ あまりに美しすぎて見とれてしまいました。 こんなモデルさんがおられたら本当にジェンダーなんてちっぽけな問題って問題でなくなるんだな・・・と思いました。 今後のヴァレンティナさんの活躍を応援しています!.

次の

トランスジェンダーモデル「より良き世界のために闘う」 写真6枚 ファッション ニュースならMODE PRESS powered by AFPBB News

ヴァレンティナ サンパイオ

ここ数年、人気と知名度がめきめき上昇しているモデルのヴァレンティナ・サンパイオ。 つい最近では、あの高級下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(以下、VS)のモデルとしても起用され、話題となった。 整った顔立ちと完璧美ボディを持つヴァレンティナ。 どこからどう見ても美人モデルだが、VSや他の女性モデルたちとは異なる特徴があることにお気づきだろうか? ブラジル出身のヴァレンティナは現在22歳。 男性としてこの世に生を受けた。 だが、幼いころから「自分はいつも女の子だった」とヴァレンティナは語る。 そしてごく自然に、周囲からも女の子として扱われていたというヴァレンティナは、女性として人生を歩み、夢であったモデルの道を歩むことに。 だが、2014年には、初仕事だった洋服ブランドのモデルをクビになってしまう。 ヴァレンティナがトランスジェンダーであることが理由だったという。 「モデルとしてその場にいることが間違っているような気になった」と感じたと語るヴァレンティナだが、この苦境にめげず、故郷からも離れてサンパウロでチャンスをつかむ。 2016年よりロレアルの顔となったヴァレンティナは、ブラジル版『ELLE』の表紙を飾るなど、モデルとして頭角を現すように。 そして、2017年には一流ファッション誌『VOGUE PARIS』の表紙に登場し、世界のメディアの注目を集めた。 トランスジェンダーのモデルが『VOGUE PARIS』の表紙を飾るのは史上初だったという。 ヴァレンティナを表紙に起用したことで称賛を浴びた仏ヴォーグ誌。 同誌の編集長はこう語っている。 「彼女ようなトランスジェンダーのモデルたちが、ファッション界に大きな変化をもたらし、偏見などをなくしていくことを誇りに思っています」 「トランスジェンダーは起用しない」と言っていたVSもついに! そんな中、VSのマーケティング最高責任者が、ショーにトランスセクシャルのモデルを起用するべきではないと発言。 ヴォーグ誌とのインタビューでこう語った。 「なぜかって? あのショーはファンタジーだからです。 42分間の特別なエンターテインメントなのです。 それだけです」 しかし、このコメントに批判が殺到したため、のちにVS公式ツイッターで謝罪。 その際、トランスジェンダーのモデル起用についても言及していた。 「ヴィクトリアズ・シークレットのショーにトランスジェンダーモデルを含めるかについての私の見解は配慮に欠けていました。 謝ります」 「トランスジェンダーのモデルがショーに登場することは確実です」 そして今回、ヴァレンティナはVSの「ピンク」コレクションのキャンペーンの顔に起用された。 VS初のトランスジェンダーモデルとなったヴァレンティナは、インスタグラムにて撮影舞台裏の画像や動画を投稿し、「自分の夢を諦めないで」とファンらを鼓舞した。 そこには、同じくトランスジェンダーの俳優で活動家のラヴァーン・コックスがお祝いのコメントを残している。 他にも、同じブラジル出身でVSのエンジェルでもあるライス・リベイロが「Vs初のトランスジェンダーとの撮影! 本当に嬉しい!」とツイートしている。 ちなみに、今年はVSのファッションショーが開催されないという見方が優勢。 だとすると、今年のVSショーでヴァレンティナの姿を見ることはできないが、今の流れでいけば来年以降の出演に期待がかかる。

次の

ヴィクトリアズ・シークレットが初のトランスジェンダーモデルを採用

ヴァレンティナ サンパイオ

10月4日、ロンドン発のランジェリーブランド「ブルーベラ」とのコラボレーションラインでモデルを務めることがヴィクトリアズ・シークレットのInstagramで発表された。 サイズ14(日本では15号)のプラスサイズモデルをブランドが起用するのは初めてだという。 カトラーは自身のInstagramで、 「10代の頃に憧れていたブランドと一緒に仕事をすることができてすごく嬉しいです。 あらゆる身体を持つ人たちにとって、正しい方向に進む大きな一歩です」と。 「私たちは特定の人に売り出したい」発言で批判も。 変わりはじめたヴィクシー ブランドは4月にも、従来のモデルよりも少しだけふくよかで、美しいボディラインを持つロレナ・デュランを起用している。 スペイン出身のデュランも、ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして働くことについて、 「すごく幸せで、誇りに思っています。 多様性の時代がきました」と。 ヴィクトリアズ・シークレットの変化が驚きと賞賛をもって受け入れられているのは、ブランドを運営する「 エル・ブランズ」の役員が、プラスサイズやトランスジェンダーのモデル起用に消極的な姿勢を明らかにしていたからだ。 2018年11月、同社で最高マーケティング責任者を務めていたエド・ラゼック氏がで 「私たちは特定の人たちに売り出したいだけで、世界全体に売り出したい訳ではない」と発言。 プラスサイズやトランスジェンダーのモデルをファッションショーでは起用しない方針と打ち明け、 「『何故ショーでこれをやらないの?』『トランスセクシュアルも起用すべきでは?』って思われるかもしれませんが、その必要はありませんよ」などと話した。 「何故って?ショーはあくまでファンタジーだからです。 42分間の特別なエンターテインメントですよ」 ラゼック氏の発言は差別的で不適切だとして、インタビュー掲載後に大きな批判が起きた。 ブランドは。 10カ月後の2019年8月には、その発言を撤回するかのように、トランスジェンダーのモデルとして活動するヴァレンティナ・サンパイオを。 背景に時代の変化、ボディ・ポジティブ掲げるブランドが成長 エル・ブランズはアメリカ国内で圧倒的な市場シェアを誇っていたが、かつての「女の子の憧れ」がもはや「時代遅れ」であることを示すかのように、近年は伸び悩みが指摘されている。 は下がり続け、2019年には北米53店舗が。 によると、販売不振を立て直すために数十人の従業員を解雇。 前述のラゼック氏は1980年代からブランドを支え続けた功労者だが、8月に同社を辞任している。 代わりに頭角を現しているのは、ありのままの体型を賞賛する「ボディ・ポジティブ」の考えに寄り添うブランドだ。 アメリカン・イーグルのや、オンラインで一人ひとりの身体にフィットした下着を販売するが若者の関心を集め、売り上げを。 女性たちから絶大な支持を集めていたヴィクトリアズ・シークレット。 時代に合わせて変化し、顧客離れを防ぐことができるか、その真価が問われている。

次の