テールランプ スモーク フィルム。 スモークテールをするなら「フィルム」「スプレー」「カバー」のどれがいいの?

有限会社 藤澤鈑金 :鈑金・塗装・カスタム

テールランプ スモーク フィルム

ですが、車検には 基準というものがあり、 これらを守れば問題なく通すことも出来ます。 テールランプの車検基準 「ブレーキランプが見えれば、問題ないんでしょ?」 という考えはちょっと甘いです・・・ テールランプの車検を通すには、 細かな基準があるんです!• 反射板(リフレクター)がある• テール・ブレーキが赤色• ウィンカーが橙色• ブレーキが300m先から確認できる• ウィンカーが150m先から確認できる 大まかこのくらいでしょうか。 要するにスモークを貼ることで、 ランプの色が変わったり、 明るさが極端に落ちるとNGって事になりますね。 あと忘れがちなのが、 反射板であるリフレクターです。 夜間に路駐してる車がいると、テールランプ(もしくはリアバンパー)が反射してるのを見た経験がありませんか? これがリフレクターです! これも しっかり目視で確認出来て、反射もしないと意味がありません・・・ テールランプを加工してる車を見ると、リフレクターが抜かれてたり、LEDが点灯するように加工されてたりします。 これでは反射板としての意味がないので、この時点で車検に通らなくなるんです。 スモークフィルムが真っ黒はNG! あと ランプの色味に関してですが、僕の経験上 あまり変わらない感じがします。 昼間なら150m離れて、確認できるレベルでないといけません! なのでスモークフィルムを貼るとしても、明らかに真っ黒になるようなものは怪しいですね・・笑 テールランプの中が確認出来るくらいの薄さにしないといけません! 僕も若い時には、スモークフィルムの暗いのを貼ってましたが、会社の上司から注意された事があります。 「 おまえのランプ見えねーぞ!危ないからやめろ!!」 その時は関係ないじゃん!と思ってましたが、しぶしぶ剥がしました。 でもしばらくして考えたら、 周りの車に対して迷惑な事であることを認識したんですね。 例えば前の車がブレーキランプも踏まずに急に減速したら怖いですよね? というか、追突しますよね・・・ そういう事です。 真っ黒なテールランプ車を運転してる本人は、見えないので当然わかってないんですよ! はい。 僕もその一人だったわけですが・・・笑 あと、車線変更する時のウィンカーも同じことが言えますよね。 いきなり後続車から見ると、いきなり割り込んでくるように見えるわけですから、危険でたまらないでしょう。 どの程度のスモークなら車検に通るのか? テールランプにスモークフィルムを貼るにしても、暗すぎるのは車検にも通らないし、周りにも危険を及ぼす事はわかってもらえたと思います。 「 だったら、どのくらいのスモークならOKなのさ!? 」 上の写真はヴァレンティというメーカーから出ている、社外品のスモークテールランプです。 確実に通る!と言い切らない理由としては、やはりメーカーが専用で設計した商品と比較するのは難しいからです。 スポンサードリンク レンズの透明度の問題 市販品はレンズからスモーク加工で作られるので、とってもクリアな状態です。 見た目はスモークが濃ゆくても、ブレーキやウィンカーを光らせると、意外と明るく見えるもんです。 あと車種によっては、『バックランプとウィンカーの部分だけ透明』なんて工夫もされています。 ちなみに上の写真の30セルシオ用も、このようになってます。 一方、市販品のスモークフィルムは、どうしても後付けになるので、光量が下がってしまうんですよね〜。 今は30系にモデルチェンジしてますが、その1つ前の20系用になります。 見た感じは結構スモークが濃ゆいですが、きちんと以下のようにメーカー説明がされてますよ。 ヴァレンティLEDテールランプは保安基準適合です。 また、安心の「1年保証」をお付けしています。 ちなみに、新型ヴェルファイア用のスモークテールも、今予約受け付け中みたいです。 プリウス用スモークテール プリウス用のスモークテールです。 こちらも型式が1つ前のモデル用になります。 やはりそんなすぐに作れるもんじゃないんですよね〜。 これらのスモークされたテールランプを見てると、意外とフィルム貼っても大丈夫な気がしてきませんか? 確実性を求めるなら、車検適合品のテールランプを買うのが良いです! ただ、人気車種のスモークテールは発売されてますが、ちょっとマイナーな車種では設定がないのが残念です・・ ちなみに僕が今乗ってるタント(LA600)とムーブ(L175)は設定無しです!残念! スモークフィルムは伸びるタイプを! 「 テールランプを買う金がない!」 「 まずは安くやってみて、イメージを掴みたい!」 こんな場合は、スモークフィルムを貼ると良いですね。 多くは品質も問題ないと思いますが、中には 詐欺まがいの欠陥品も売ってあります・・・ 安さだけに惹かれて購入すると、結果的に無駄になってしまうので、注意してくださいね。 例えば以下のような事が考えられます。 透明度がなく濁ってる• すぐに破ける• これも安く出来ることの一つになりますが、 下手に手を出すとイメージと違う感じになると思いますので、注意点をあげますね。 僕も最初の車はこの塗装タイプでスモークテールにしたんですが、後悔しました・・・笑 その時の気付きが以下の3つです。 ツヤが出にくい• ムラになる• 光の透過性が悪い! 素人が無闇に手を出すと、このようになります。 要は塗装するにあたって、 下地処理が肝心なわけです。 『レンズ表面をペーパー(紙やすり)で整えて、均等にムラなく塗っていく』 当時はこれを知らなかったのでですね、ひどい事になりましたよ。 笑 「 全然均等に塗れない!もうちょい塗ろう・・」 結果、テールランプが真っ黒になりました -. - それに加えてツヤも無いし、当然光も通さない。 というわけですね〜。 笑 しっかり下地処理をしないと、薄く塗った状態であれツヤも無いし、光もボヤけるはずです。 スモークの濃さを自由に出来るスプレー式ですが、 難易度が高いんですね。 自分好みの濃さにしたい場合は、業者にお願いして、スモーク塗装してもらった方が100倍良いです! とあるショップでの、スモーク塗装後の状態を見たんですが、結構すごかったです。 表面はツヤツヤだし、スモークが濃ゆく見えても、光はしっかりボヤけずに通してたんですよ! でもまぁランプの脱着作業もあるので、工賃を考えると2〜3万円です。 気軽にできるわけではありませんが、仕上がりはピカイチでした。 こだわりが強い方はぜひ!笑 結局ですが、塗装の腕がない限り、スモーク塗装を自分でやる方法はおすすめ出来ません。 って事です。 ちなみに 失敗しても、『シリコンリムーバー』などで落とせるので、安心して下さいね〜。 笑 最後に テールランプのスモークフィルムについて書いてきました。

次の

スモークフィルム

テールランプ スモーク フィルム

お車の後ろ姿を決める重要なパーツ「テールライト」この赤いパーツをスモークフィルムを使いラッピングでブラックアウトする事により、お車のスタイルに一層の統一感を持たせる事が可能です。 ノーマル状態 施工後 フィルムカラーは「ダークスモーク(濃い)」「ライトスモーク(薄い)」の2種ががございます。 さらにライト本体のキズ防止にもなります。 イベント、展示用につき車検は通りません。 現在こちらからの返信メール(パソコン)が届かない事が大変多くなっております。 LINE@やフェイスブック、インスタグラムなどからも直接お問い合わせ頂く事が可能です、お気軽にお問い合わせください。 ラッピング作業は大変手間のかかる手作業につき作業中はどうしても手が離せるタイミングが決まってきます。 この理由から作業時にはお電話にで出られないのと同時に、お店も閉めております。 大変お手数ですが お問い合わせはメールにて、ご来店も メールにてご予約という形であらかじめ日程を決めてからのご来店をよろしくお願いいたします。 日曜、祝日は定休日となります プレシアス株式会社.

次の

【DIY】液体スプレーで手軽にスモークテール化

テールランプ スモーク フィルム

DIYに挑戦するには まずは準備が必要です。 最低限用意するものがあるので、それだけは用意しましょう。 パーツクリーナー• ウエス• マスキングテープ あとはタイプによってハサミやカッターが必要だったりします。 また、キレイに施工するにはテールランプを車体から取り外す必要があります。 車体に取り付けている状態だとうまく貼る・塗るができませんからね・・・。 しかし、カバータイプは形にそって貼り付けるだけなので、取り外す必要はありません。 フィルム フィルムは窓に貼るスモークフィルムを使用します。 カッターとドライヤー、伸ばすためのヘラを用意しましょう。 テールランプにフィルムを被し、本体より少し大きめにカットします。 ちょうどに切ってしまうと、貼って伸ばしていくときに足りなくなることがあります。 フィルムタイプのコツは真ん中から貼っていくことです。 端から貼り始めると思っていた形にならず、対角の端まで届かなくなります。 あとはゆっくり温めながら伸ばしていくと、うまく貼れます。 端まで到達したら見えないところまで伸ばして折りましょう。 キレイに本体の端で切ってしまうと、何かを拍子に剥がれ始めます。 風や雨でペロッと少し剥がれてしまうと、徐々に全体に広がります。 そうならないように折り込んで外的要因から守りましょう。 スプレー 剥がせるタイプとそうでないタイプがあるので、使う時は要注意です。 剥がせないタイプで塗装し、失敗してしまうと、使い物にならなくなりますよ・・・。 キレイに塗装をするコツは、塗装前にしっかり脱脂することです。 脱脂していないと、塗りムラが発生し、均一感がありません。 凸凹が目に見えると違和感しかなく、変な感じになってしまいます。 そうならないよう、しっかり脱脂しましょう。 テールランプに直接パーツクリーナーを吹きかけるのではなく、ウエスなどに染み込ませてから軽く拭きましょう。 強く拭くのではなく、軽い力で何回も拭くといい感じに脱脂できます。 また、塗装の際に気をつけることは、1度で塗り終わらないということです。 1度で厚く塗り、色を濃くしようと思っても、うまくいきません。 塗装はすごい小さな粒子を吹き付けるので、1度で塗ろうとしてもうまく付着せず、乾きません。 また、厚すぎると液垂れが発生します。 こうなってしまうと取り返しが付きません・・・。 濃く塗りたい人は、数回繰り返し塗るという作業をしましょう。 薄く塗り乾かせて、また薄く塗り乾かせる。 この作業を数回繰り返せば濃い仕上がりになりますよ! この作業は自分の好みの濃さで止めることができるので、気に入ったタイミングで終わらせることができるのもメリットです。 デメリットは時間がかかることですが、愛車を特別な仕上がりにすると考えるとそんな時間はあっという間ですよ! カバー テールランプに合わせてカバーを取り付けるタイプです。 パーツクリーナーで脱脂し、型どおりに貼るだけなのでめちゃくちゃ楽です。 簡単に取り付けられて、飽きたらすぐ外すことができるので、自分の気分に合わせることができます。 ただし、これは致命的なデメリットがあります。 適合車種が圧倒的に少ないということです。 自分のクルマがメジャーだと複数あって選びやすいのですが、少しマイナーなクルマだとまったくありません。 これではフィルムか塗装で自作するしかありませんね・・・。 注意すること スモークフィルムはテールランプの上に透明度が低い色を重ねるので、ランプの光量が足りなくなる場合があります。 その場合、保安基準違反で車検に通らなくなります。 一番恐ろしいところは、走行中です。 光量が少ないということは自分がブレーキを踏んでも周りが気づかなくなる可能性がああるということです。 気づかれずにそのまま後ろから追突されると、目も当てられません・・・。 この事故の場合、こちら側が整備不良に該当するため、最悪は点を引かれてしまいます。 これでは百害あって一利なし、ですね。 光量を確保するには• 明るいLEDランプを使用する• スモークの透明度を下げる といった対処法が考えられます。 真っ黒にして車体と統一感を出すのはかっこいいですが、自己満足だけでは公道は走れません。 カスタムもほどほどに・・・。 おわりに いかがでしたか? クルマの魅力を引き出すスモークテール。 1歩間違えば大きな事故につながるので注意が必要です。 最近は社外品で最初からスモークテールのタイプがあるので、デザインに不満がなければそちらを使うのもありかもしれません! とはいえ、社外品で売っているから車検に通る、というわけではありません。 購入前に保安基準適合品であるか確認してから買いましょう。 そうでないテールランプはイベントや展示会など、使用を限定しましょう。

次の