デイリー ガジェット。 ガジェットの無効化・停止 【豆知識ネット】

PCコンフルで8GB RAM/256GB新品SSDレッツノートLX3が税込19,800円!【デイリーガジェット限定割引も】

デイリー ガジェット

いつもスマホやタブレットのレビューをよくやっていますが、今回は一風変わった端末をご提供いただきました。 Androidを搭載した携帯型ゲーム機「Powkiddy X15」です。 ご覧の通り、ディスプレイの両サイドに物理コントローラーが搭載されています。 こちら、ガジェット系通販大手のTOMTOPで、1万円ほどで購入できてしまいます。 Android端末として考えても格安です。 99)に値引きされてさらにお安くなります。 (有効期限5月30日まで) 日本へは、送料無料で発送してくれます。 「Games make happiness easier」という素敵なキャッチコピーがついています。 箱を開けると、早速包装に入った本体が出現しました。 同梱物は、フィルムが貼られた本体と、マニュアル、そして充電用のケーブルです。 充電用のケーブルは専用プラグですが、本体のmicro USBでも充電できますので、専用プラグはほぼ出番はなさそうです。 スペックは下記の通りです。 CPU:MT8163 1. 3GHzクアッドコア• RAM:2GB DDR3• ストレージ:32GB eMMC• 外部ストレージ:microSD• Wi-Fi 802. Bluetooth 4. ディスプレイ:5. バッテリー容量:3,000mAh• サイズ:145x87x24mm• 重量:310g エントリークラスのAndroidスマホくらいのスペックですが、1万円と考えれば高くはありません。 本機はゲームに最適化されていますので、上記スペックとは思えないほど快適にゲームは動きます。 また、廃熱なども一般的なスマートフォンよりはしっかりしているため、重いゲームをプレイしていても、あまり発熱も感じませんでした。 本体は下記の通りです。 ディスプレイの左右に、おなじみの物理コントローラーがついています。 ディスプレイは5. 5インチですが、かなり広々と感じます。 5mmイヤホンジャック、microSDカードスロット、DC-IN、micro USBが並んでいます。 左右のモッコリに、どことなくゲームギアの面影を感じます。 乾電池8本くらい入れてたなあ…… ボタンの押し心地は悪くありません。 一般的なゲームパッド同様です。 しかもキーマップ表示・設定キーもあるなど、Androidゲームをプレイするために便利な機能が色々と搭載されています。 ゲーム機とのサイズ感比較 さて、本機のサイズ感は独特なので、分かりやすいようにいくつか比較をしてみます。 まずは一般的なスマホとの比較から。 4インチのOPPO Reno Aとの比較です。 ゲームコントローラーの分、左右に広くなっています。 厚みについては、本機はゲーム機ということで、スマホよりはだいぶ厚くなっています。 ただその分、ゲーム稼働にある程度最適化されているようで、スピーカーや廃熱などは、同クラスのスマホよりはだいぶ高性能です。 また、重量は、本機は軽く感じます。 厚みもあって、手に持ってゲームをしやすい形状になっています。 Switchは本機よりもだいぶ大きいですね。 重量も、Switchのほうがズシリときます。 性能も段違いなので仕方ないですが。 Vitaはかなりコンパクトということもあり、厚さ、大きさともに本機よりも小さいです。 VITAは、これよりも少し軽い220gです。 そのため、重量感は、SwitchよりもVITAに近いイメージです。 実際に動かしてみよう 起動すると、ホーム画面から完全にゲーム機としてカスタマイズされています。 グローバルナビゲーション(画面下部の大カテゴリメニュー)が「Games」「Tool」「Entertainment Video」「My Apps」「Setting」となっています。 (設定から言語設定を日本語にも変えられます) 「Setting」を開くと、サブメニューの下は一般的なAndroidの設定画面です。 Androidのパラメータ上はタブレットとして認識されているようです。 Androidバージョンは7. 0でした。 そのため、モバイルデータ通信ができません。 また、Google Playストアも入っていません。 「それでどうやってゲームをするんだ?」と思われるかもしれませんが、Tencentなどが運営している複数のゲームプラットフォームと、プレステやファミコンなどのエミュレータが、apkとしてはじめから組み込まれています。 そこから、膨大なゲームをダウンロードできて、またキーマップも合わせてありますので、そのまま物理キーでプレイすることができます。 「Games」メニューには、「GamePlatform」「LocalGame」「GameSimulator」の3メニューあります。 まず「Game Platform」ですが、TencentのQQなど、AndroidやHTML5用のゲームをダウンロードできて、さらにPSNetwork的なSNS機能、チャット機能も搭載しているゲームプラットフォームが入っています。 ゲームのダウンロードなど、一通りの操作がゲームパッドでできてしまいます。 また、文字入力などはAndroidのスクリーンキーボードでできますし、もちろんタッチ対応なので、入力は快適です。 「Local Game」には、上記からダウンロードしたゲームが一覧で表示されます。 「Riptide GP2」は、SF的世界観のレースゲームです。 非常にスムーズに3D表示が動きます。 そして3つめが「Game Simulator」です。 ここにも、2つのエミュレーターのプラットフォームが入っています。 一つは有名な「Happy Chick」です。 対応プラットフォームは、アーケード、ゲームボーイアドバンス、ゲームボーイカラー、メガドライブ、スーパーファミコン、ファミコン、PSP、任天堂64、Nintendo DS、プレイステーション、ドリームキャストあたりのエミュレーションができます。 本機の取説には「Focus on game development and manufacturing」があり、エミュレーターはあくまでゲーム開発のためのテスト用ですよと銘打ってあります。 (Windows98が動くなんて……ワクワク……でもダメです! ダウンロードしたら違法になるのでやめましょう) 以上のように、ゲームプラットフォームやエミュレータープラットフォームの膨大なゲームが、物理キーで楽しめる、というのが本機の魅力のようです。 液晶はそれほど高解像度ではありませんが、ゲームをするという意味ではむしろスムーズに動いて、それでいて荒さも感じませんので、最適だと感じました。 スピーカーやゲームパッド性能、画面表示やオペレーションなど、いずれもゲームをするために最適化された一台です。 99)に値引きされてさらにお安くなります。 (有効期限5月30日まで) 日本へは、送料無料で発送してくれます。 というわけで、格安Androidゲーム端末が欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。 一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

次の

【2020年版・最新モバイルガジェット13選】Jeepでのドライブからキャンプ&アクティビティまで大活躍すること間違いなし!

デイリー ガジェット

コンビニチェーンの 「デイリーヤマザキ」が、人気シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』とコラボしたキャンペーン『刀剣乱舞-ONLINE-春まつり』を今月16日から開催することを発表。 Twitterでは「デイリーヤマザキ」がTwitterのトレンドワード入りし、これに対する店舗公式アカウントの自虐ツイートが話題を呼んでいます。 二度とないかもしれないからスクショしておきます 自虐w とコメントを添えてスクリーンショットを投稿しました。 お茶目なツイートに対し、コンビニ愛用者からは ・トレンド入りおめでとうございます ・デリヤマの唐揚げコンビニで1番大好き。 ・パン大好きです ・コンビニスナックはデイリーヤマザキがダントツ一番です ・いつも赤城乳業のアイスを買いに行くのにお世話になってます。 ヤマザキデイリーストアさんがなければ私はチョコミントパフェや苺チョコミントを食べられませんでした。 といった温かいリプライが寄せられています。 デイリーヤマザキは現在、北は青森、南は宮崎まで展開しており、国内店舗数は約1300件(参照:店舗リスト)。 あそこ最強だぞ。 サランラップに巻かれたハムチーズフレンチトースト最強だぞ。 といった声も上がっていました。

次の

「デイリーガジェット」様にレビューしていただきました!

デイリー ガジェット

ドライブやアウトドアから、いざという時の防災まで。 さまざまな場面で活躍してくれる、便利なおすすめモバイルガジェット13点を紹介。 モバイルガジェットが持つデジタルの魅力は、あらゆるシーンで役立つという便利さに加えて、いつの時代もワクワクするものだ。 近年の傾向としては、スマートフォンやタブレットのアプリと連携したものや、クラウドファンディングで最先端テクノロジーを採用したものなどが人気を呼んでいる。 そこで今回は、デイリーユースからアウトドアまでJeepオーナーのライフスタイルに寄り添うモバイルガジェットを厳選してご紹介。 19に掲載した「2017年最新モバイルガジェット10選!エンタメから防災まで、備えあれば憂いなし。 」の内容を再編集し、増補改訂したものです。 ただし、約3〜4. 5時間で連続使用が出来るモバイルバッテリー『eKairo SL』を持っていれば問題なし。 このシリーズで最薄の厚み7mmというボディはポケットにもすっぽり収まるサイズ感で、なおかつ寒いときには約500回も繰り返し使えるエコな充電式カイロに早変わり! お出かけのお供に重宝するアイテムは、全6色からお好きなカラーを選んでぜひ。 のんびりと過ごす中でふとテレビでも見たくなったら、この『Xit Stick』を起動! Lightningコネクタに接続するだけでiPhone&iPadがテレビになり、いつでもどこでもフルセグ視聴が可能だ(フルセグが受信できないときはワンセグに自動で切り替わる機能も搭載)。 また、テレビ地上波を直接受信するため、データ通信料が気にならないのも嬉しいポイント。 あとで見たいときはボタンをタップするだけで録画もできるため、キャンプ中のスキマ時間を有効に活用できるだろう。 DJI史上最小の3軸ハンドヘルドカメラはスマートフォン同様にポケットからすぐ取り出せ、片手持ちで手ブレのない映像を撮影できる。 スワイプやタップで簡単にモード変更できる直感的な操作、アクティブトラックやモーションラプスといった映像効果に加えて、専用アプリ『DJI Mimo』を使えば動画や写真の編集も楽々で、SNSへのアップもすぐに行える動画編集機能も豊富な旅のマストアイテムだ。 この高出力ソーラーチャージャーは最先端の太陽光パネルを搭載することにより、一般的なUSB機器だけではなくポータブル電源も充電することが可能に。 そして持ち運びの際はコンパクトに折り畳むことができるのも大きなメリットだ。 フェスやキャンプの際はもちろん、災害時用としても一家に一台は持っておきたいアイテム。 7K動画撮影に対応し、強力な手ブレ補正機能も備えたこの高画質360度カメラは、単体での撮影に加えてUSBケーブルまたはWi-Fiに接続すれば、スマートフォンのディスプレイを確認しながら、写真や動画を撮影できる。 充電も兼ねるセンダーを再生機器とヘッドフォンの間に接続するだけで、ベースに最適化した周波数とレンジで臨場感たっぷりのサウンドを届けてくれる。

次の