きみはいい子 あらすじ。 きみはいい子/あらすじとネタバレと感想

映画『きみはいい子』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

きみはいい子 あらすじ

まじめだが優柔不断で、肝心なところで一歩を踏み出すことができない新米の小学校教師・岡野。 近所のママ友たちとの表面的な付き合いの陰で自分の娘に手をあげ、自身も親に暴力を振るわれていた過去をもつ雅美。 最近感じはじめた認知症の兆しにおびえる独居老人・あきこ。 とあるひとつの街に暮らし、悩みや問題を抱えて生きるおとなと子どもたち。 彼らが、人と人とのつながりに光を見いだし、小さな一歩を踏み出していく。 小学校の教師である新米教師の岡野匡(高良健吾)、海外出張で夫不在の家庭で3歳の娘を育てる水木雅美(尾野真千子)、そして家族を亡くし一人で暮らしている佐々木あきこ(喜多道枝)の3人が主人公。 子供を虐待してしまう母親、ネグレクト、いじめや学級崩壊、モンスターペアレンツなど学校を取り巻く問題や孤独に暮らす独居老人…。 様々な年代の人が抱える悩みや苦悩が描かれていく。 映画『きみはいい子』感想、ネタバレ 映画『』でもメガホンを取った呉美保さんの作品だったので、かなり期待して見たんですが… 大号泣。 目がジャバ・ザ・ハットみたいになるくらい泣きました。 虐待シーンやネグレクトなど思わず目を背けたくなるような描写もあるんだけど、 その先には救いや希望もきちんと匂わせていて、ただ鬱っぽい気持ちなまま終わりでもなければ、決して綺麗事を描いたわけじゃなくて。 その現実と映画との「バランス感」がちょうどいい作品でした。 というか役者陣の演技が自然で、没入してみれるところもよかった。 そして、 「いい映画だったな〜」だけで終わらず、見た後にきちんと心に残るものがあって、家族や他人とのつきあい方を、見直すきっかけを作ってくれるいい映画! テーマは、かなり重ためです。 昔、親から虐待された事が原因で自分の子供にも虐待をしてしまうお母さん• 親からネグレクトされていてろくに食事を食べさせてもらえない小学生• クラスで起こるいじめ• モンスターペアレンツから学校への圧力• 孤独に一人暮らす老人 など、社会で起こっている問題を 小学校の教師である新米教師の岡野匡(高良健吾) 夫不在の家庭で3歳の娘を育てている母親、水木雅美(尾野真千子) 家族を亡くし一人で暮らしている独居老人の佐々木あきこ(喜多道枝) 3人の目線を通して描いていきます。 特に子供と上手く向き合えず虐待してしまう雅美のシーンは、演技とはわかっていながら、かなりきついシーンでした。 心が辛かった。 イライラした雅美が、あやねを突き飛ばして何度も叩くシーンがあるんですが、フィクションだとわかっているのに、精神的にきつくて思わず目をそむけてしまいました。 多分、雅美も好き好んであやねを虐待しているはずがないんですよね。 本当は上手く向き合いたいのに、雅美が親から虐待されていたせいで愛し方がわからず、虐待してしまう…という負のループ。 心が握りつぶされるように辛かった。 私はまだ未婚だし子供もいないので、知らない世界なんだけど、こういう閉鎖的な場所で誰にも相談できずに苦しんでいるお母さんって、結構いるんじゃないかなと思ったり…。 一番泣いたのは、物語後半の陽子と雅美の抱擁シーン。 結局、誰にも相談出来ずに1人苦しむ雅美に、ひかるくんとハナちゃんの母親である大宮陽子(池脇千鶴)が近所のママ友として関わるようになっていくんですね。 わかるよ、私もそうだったから。 」 陽子「水木さんも辛かったよね、自分の事嫌いでしょ。 」 ここまで雅美が映るシーンは、寒色で無機質で冷たい印象を受けるような画面が多かったんですが、この陽子との抱擁シーンで、 やっと雅美にも暖かな優しい光がふわっと差し込んで暖かな画に変化していくんですね。 今まで孤独だった彼女に救いの手(暖かな光)が差し伸べられたというのを抽象的に表現していて、とても印象に残る美しいシーンでした。 「虐待されていた子供が親になった時、自分の子供も虐待をしてしまう」というのを聞いたことがあります。 恐らく「親に虐待されたから、私も子供にする」なんて簡単な心理ではなく、その人の心にはきっと愛情の欠落があって「親に愛されたかった子供の頃の自分」がまだ心のなかにいるのかなと思ったり。 そして親から愛されなかったから、愛し方がわからず子どもとの向き合い方がわからないまま親になってしまった人なんじゃないかと。 実は陽子も、雅美と同じく子供の頃虐待されていた子供だったんだけど、 雅美と違ったのは近所に話し相手のおばあちゃんがいた事だったんですよね。 その人が「べっぴんさん」と褒めてくれていたこと。 そして、家庭や学校以外に「居場所」があったこと。 虐待してしまう尾野真千子、生徒のネグレクトに悩む新米教師岡野、孤独に怯える独居老人あきこも、 家族以外の「他者の存在」と関わることで新たな「居場所」ができて閉鎖的だった世界が変わっていきます。 『』でも描かれていたけど、 呉美穂さんは「他者の愛や関心が、どこかで苦しんでいる誰かを救うかもしれない」というメッセージを作品に込めています。 主に尾野真千子のストーリーに特筆したけど、他にもいいシーンがいっぱいありました。 仕事も恋愛も思うようにいかなくて落ち込んでいる岡野を、姉の子供のレンくんがぎゅっと抱きしめながら「がんばって」「がんばって」と何度も言うシーン。 そんな2人を見て岡野姉が 岡野姉「あの子、私の真似して抱きしめて背中ポンポンってするの。 私があの子に優しくすれば、あの子も他人に優しくするの。 子供可愛がれば世界が平和になるわけ。 母親って凄い仕事でしょ!」 とペイ・フォワード精神満載なセリフを言うんですよね。 メッセージ性が強いだけに説教臭くなりがちなこのセリフも、実の姉から言われることでスッと心に入ってきました。 あとは映画後半で、岡野が生徒たちに課す宿題があるんですが、この宿題の内容を答える子どもたちの表情がめっちゃよかった…! そのシーンまでいうことも聞かないし、いじめや問題行動起こすやんちゃで憎たらしい子供達といったような描かれ方をしていたんだけど、生徒ひとりひとりとちゃんと向き合ってみると、それぞれみんなとても愛くるしくて可愛らしい1人の子供なんです。 あまりにもこのシーンの子どもたちの顔が素晴らしかったので、どうやって演出したのかなーと調べてみると、 このシーンは高良健吾と子役達のアドリブで撮影されたシーンだそうで。 子役恐るべし…!!!笑 ほんとこの映画に出てる俳優さん女優さん達の演技が本当に素晴らしくて。 子役達の演技がすげぇ…。 自閉症を持つ弘也という男の子を加部亜門くんが演じているんだけど「本当にそういう子なのかな…?」と思って見てしまうくらい、名俳優でした。 あとは池脇千鶴!!!そこのみにて光輝くの時もジョゼの時も名演技だったけど、作品の世界観に溶け込む能力が半端ないっす!!!(笑) 「あー、陽子みたいなお母さんいるいる」っていう本当に実在するんじゃないかっている既視感というか。 周りのママ友と比べて言動も服装も垢抜けない感じがするんやけど、子供と接する彼女の姿は愛情に満ち溢れていて「元気で明るい、いいお母さん」というのが説明なしに伝わってくる。 それから、内縁の夫からネグレクトされている神田くんの父親。 あのクズっぷり!!! 姿だけで「こいつはろくでもないやつだ」っていうのがわかるっていうね。 笑 呉美保監督は貧困層を描くのがとてもうまいし、実在する人物を見ていると錯覚させる役者さん達の演技に脱帽。 そういやお子さん持つ人に聞きたいんだけど、学校のシーンで「差別にならないように男の子も女の子もさんづけで呼ぶように」なんて描写があって。 今の学校ってそんな風になってるの? 男の子はくんづけで呼んじゃダメなの?それが差別?なんで? 他にも教室にかけてあるランドセルが黒・赤だけじゃなくて色とりどりカラフルだったりと自分が子供の頃とは全く違う時代になってるんだなあとしみじみ感じました。 『きみはいい子』の気になるラストシーン 気になるのが、ラストシーンですね。 岡野が神田さんが学校が好きで鉄棒のところにいたわけじゃなく、時計を見ていたことに気がつきます。 「父親から17時まで返ってくるな」と言われていたから。 早く17時にならないかな~って時計を必死に見てたんですね…。 それに気づいた岡野。 全力ダッシュ!!!!!笑 そして、神田さんの家のチャイムを鳴らしたところで映画は終わります。 そう、結局ネグレクト問題については、はっきり解決しないまま終わるんですよね。 見ている人に想像させるような余韻を残した形で終わるんですけど、私はこの終わり方なかなかよかったなーと思いました。 というのも、岡野が神田さん家の問題を解決することが大事なんじゃなく、 岡野が神田さん家に関わろうとしたその一歩がめちゃくちゃ大事だから。 その後は描かれませんでしたが、岡野や児童保護施設の方が介入して、神田くんの問題はいずれ解決するんじゃないかな~と想像しました。 ネットが普及して、希薄な人間関係でも生きていける便利な現代。 だからこそ、家族以外の他者との繋がりが、自分の些細な行動が、誰かを救うかもしれない。 救うまでいかなくても、なにか変化を起こすきっかけになるんじゃないか。 そんなメッセージを感じました。 まとめ 呉美穂作品は泣ける! 以上、映画『きみはいい子』感想でした。 私はとりあえず見終わった後、家族をハグしてみたんですね。 家族にも「なに!?」って言われたし、めちゃくちゃ照れくさかったけど、心が暖かくなりました(笑) 子供はもちろん、大人も一人で苦しんでいる人がいっぱいいる。 でも、困ったときに話を聞いてもらえたり相談できる人がいるというだけで、少しは安心できるんじゃないだろうか。 特に、子育てしているお母さんは孤立しがちで、子育てで悩んでいても誰にも相談できずに1人で悩みんで苦しんでるお母さんが世の中にはいっぱいいるんだろうなと。 そんな1人で悩みと戦っている人達が少しでも楽になれるように 「貴方ひとりだけじゃないよ」 って居場所がもっと増える社会であってほしいなと願うし、そういう人を見た時に手を差し伸べられる人間でありたいと思ったりしました。 改めて 「母親って偉大だなぁ」 「家族を作るって1人じゃ大変だ」 って思わせてくれる作品でした。 恋人だったら、ちょっと嫌だったり合わないと思ったら簡単に別れることができるけど、家族はみんなで育てていくもので、ちょっとやそっと嫌なことがあっても飲み込んで受け止めなきゃいけないし、簡単にやーめた!ってできないもの。 みんなで協力して育てていかなきゃいけない関係だからこそ、 大変でもあるけど魅力的なのかなぁ、と感じました。 いつかは「大変だけど結婚っていいぜ!旦那好きだぜ!子供愛してるぜ!」なんて言える肝っ玉おかんになりたいな~ 映画『きみはいい子』を無料でみる方法 映画『きみはいい子』は以下のサービスで見ることができます。

次の

Amazon プライムで見られる映画『きみはいい子』あらすじ、ネタバレ、キャスト、ロケ地、感想

きみはいい子 あらすじ

U-NEXT 人気の理由• 登録から 31日間無料• 日本最大級の配信本数 200,000本以上 ・毎月2,000本以上更新• ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)• 見放題作品数NO. 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)• 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!• 電子コミックや電子書籍も楽しめる!• 雑誌が80誌以上読み放題!• ペアレンタルロックで視聴制限でき お子様にも安心!• テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!• ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!• 無料期間後は月額1,990円 税抜 で毎月1,200円分のポイントが付いてお得! 「U-NEXT」は 31日間無料です。 無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。 きみはいい子 映画 の内容 映画『 きみはいい子』は、2015年10月に公開されました。 原作は、 中脇初枝さんによる短編集で、幼児虐待や学級崩壊といった問題を通して愛について描いた小説。 2014年の映画「そこのみにて光輝く」に続き、監督が 呉美保さんで脚本が 高田亮さんのコンビが手掛けました。 原作の短篇集から3篇に焦点を当て、虐待、ネグレクト、いじめ、学級崩壊などの現代社会が抱える問題を、問題を抱えた大人と子どもの群像劇として描いています。 出演は、 高良健吾さん、 尾野真千子さん、 池脇千鶴さん、 高橋和也さんなど実力派俳優たちが奥深いストーリーを名演技で見せています。 大人も子供もぎゅっと抱きしめられるとこんなにあたたかな気持ちになれるんだと思った。 高良健吾さんオタオタする教師役が似合っていました。 すごい暖かくていい映画。 演技もみんなすごくいい。 あらすじ 新米教師の 岡野(高良健吾)は、ひたむきですが優柔不断で、問題があっても目を背け、子供たちから信用されていないため学級崩壊状態です。 そんな中、岡野に気になる生徒ができます。 その生徒は、下校時間なのに鉄棒の辺りにいて、なかなか家に帰りません。 雅美(尾野真千子)は、夫が海外に単身赴任中で、3歳の娘と2人暮らし。 ママ友たちの前では笑顔ですが、自宅では娘に暴力を振るってしまいます。 雅美も小さい頃、親に暴力を振るわれていました。 同じマンションに住むママ友の 大宮陽子(池脇千鶴)は、明るく元気な性格で、子供たちとうまく距離を取れています。 そんな陽子を羨ましく思っていることを自覚する雅美。 一人暮らしの老人 あきこ(喜多道枝)は、スーパーでお金を払わずに店を出たことを店員の 櫻井和美(富田靖子)にとがめられ、認知症が始まったかと不安な日々を過ごします。 そんなある日、自閉症の子供が困っていたので家に入れ母親に連絡するあきこ。 そこへやってきた母親はスーパーの店員・櫻井でした。 見どころ リアルな演技 キャストのリアルな演技が見どころです。 尾野真千子さんは、虐待する母親の役で、子供を叩くのは嫌だということで、自分の足を叩いたりと工夫を凝らしながら演じているそうです。 しかし、そんなことが分らないほど、演技がリアルでゾッとするほどの迫力があります。 また、呉美保監督作品「そこのみにて光輝く」で、主演を務めた池脇千鶴さんは、本作では脇役ですが、名演技を披露しています。 暗い過去を持ちながら、それでも明るくふるまうという役柄で、尾野真千子さん扮する雅美を抱きしめるシーンなど涙が止まらない人が続出。 演技が自然で秀逸だと好評です。 さらに、認知症になったのではと不安を抱える老人役を演じた喜多道枝さんも、もう演技には見えないようなリアルで素晴らしい演技力を披露しています。 ちなみに喜多さんは、アニメ「フランダースの犬」のネロの声を担当した声優でもあります。 ラシストシーン ラストシーンは、尻切れトンボ感があるなど賛否両論ありますが、呉監督曰く、疑問を残すような終わり方にあえてしていて、人生は続くことを描いているそうです。 見終わった時に、その後を想像して欲しいとのこと。 そして、このラストシーンは呉監督が、この映画で描きたかったこだわりのラストです。 スタッフ 原作:中脇初枝 監督:呉美保 脚本:高田亮 音楽:田中拓人 キャスト 岡野匡:高良健吾 小学校に赴任した2年目の教師。 水木雅美:尾野真千子 夫が海外に単身赴任中のため3歳の娘・あやねと2人暮らし。 大宮陽子:池脇千鶴 雅美と同じマンションに住んでいるママ友。 大宮拓也:高橋和也 岡野の先輩教師。 佐々木あきこ:喜多道枝 ひとりで暮らす老人。 丸山美咲:黒川芽以 岡野の恋人。 岡野薫:内田慈 岡野の姉。 離婚して子連れで実家に戻る。 田所豪:松嶋亮太 神田雄太の義理の父親。 櫻井弘也:加部亜門 自閉症の小学生。 櫻井和美:富田靖子 弘也の母親。 スーパーの店員。 水木あやね:三宅希空 神田雄太:浅川蓮 この作品は観た人に児童虐待や、しょうがいを持つ児童に対するいじめなど、現代社会で問題となっていることに対して、じっくり考えるきっかけを与えてくれる作品です。 私がこの作品の中で、最も印象に残ったのは、高良健吾さん演じる児童の問題を面倒臭がる小学校の教師、岡野匡と、過去に虐待を受けた経験から、自分の子供に対しても虐待をしてしまう尾野真千子さん演じる水木雅美が小学校に通う子どもたち、ママ友たちとの交流を深めていく中で徐々にこうした問題に真剣に取り組もう、また、自分も変わらなくてはいけないという心境の変化です。 不自然な編集もなくリアルな表現が多く、その世界観に自然と入り込むことが出来ました。 また、雅美とは対象的に描かれている池脇千鶴さん演じる大宮陽子をはじめ、しょうがいを抱える子供を持つ母親、義理の父親から虐待を受けている少年、授業中におもらしをしてしまう少年など様々な背景を持ったキャラクターたちと、匡、雅美とのやりとりがその社会問題の深刻さであったり、今も尚解決できていない現状を風刺しています。 子どもたちにとって、親という存在はどういうものなのか、親は子どもに対して何をしてやればいいのか、何が出来るのかをこの作品を観たあとで、家族で話し合いたくなりました。 個人的な体験に似ている部分が多くて胸が苦しくなり、涙が止まりませんでした。 どんな体験をしても、子供は純粋純真で親のことを疑ったりしないんです。 親のことが好きで一緒にいたいものなんです。 子供のころを思い返しながら見る部分と、自分もすでに親になり、教育とはどうあるべきかというような観点で見てる部分がありました。 本当に子どもを育てるということは難しいです。 ただ、親だから、大人だから、子供より偉かったり、なんでも知っていることは絶対にありません。 そんな感想を抱きました。 高良健吾さん、ナチュラルな演技で良かったです。 ちょっとてきとうな表現ですが、今っぽい若者、感が出ていると思いました。 見て見ぬふりの周りの教師たちにイライラしてしまうくらい、映画の世界に没入することが出来ました。 子供がいようといまいとすべての人に見てほしい映画だと思います。 善か悪かで片付けられない問題を投げかけてくれる映画だと思います。 誰かが言っていた言葉ですが、子供が出来たから親になるのではなく、子供と一緒に成長してようやく親になれるのだと、この映画を見て改めて思いました。 しかし、個人的な体験と重なってみていて辛かった。 素晴らしい投げかけのある映画だと思います。 現実をよく描いている映画だと思いました。 題材的に理想や綺麗事を入れてしまったら、途端に観たくなくなったと思うけれどそれが無かったので最後まで観ました。 尾野真千子が娘を怒り、娘がごめんなさいを連発しまた怒られる場面、自分の子供の頃を見ているようでした。 尾野真千子のまわりの顔色を伺っている感じ、大人なのにまだ誰かに怒られないようにしているようで胸が痛かったし、こちらも自分を見ているようでした。 新米教師の空回り、これも自分を見ているよう。 この教師は恐らく普通に育ったのだろうけれど今壁にぶちあたっています。 思い付いた宿題が…いや、虐待されている子がクラスにいるのになんでそれと思いましたが彼には精一杯だったのでしょう。 絶対宿題やってきますといったあの子は宿題発表の時、どんな顔しているのだろうかと心配でした。 その他主な登場人物皆悩みを抱えていますが、どの人の悩みにも私自身の悩みが見え隠れしていました。 池脇千鶴はなんで尾野真千子にこういう言動をするのだろうと、どんな展開になるのか最初不安でしたが、ああそうだったのかという感じでした。 池脇千鶴の役が無ければこの映画は絶望です。 あの役はこの映画の中の希望です。 尾野真千子を抱き締めるシーンでは涙が出ました。 現実にも池脇千鶴のような人はいるのでしょうか。 あんなにうまく育った人。 いてほしいし、自分がそうなりたいと思いました。 思うのは簡単、現実は難しいです。 子育てには第三者が必要と思いました。 余りにも親子の関係に誰も介入できないようになっている、そんな現実を感じます。 虐待された経験のない人に実際にある問題として観てもらいたい作品でした。 役者さんが全員うまく、誰ひとり浮いていないのでテーマがよく胸に入ってきました。 まとめ.

次の

きみはいい子【ネタバレありなし徹底考察】│かゆブロ!

きみはいい子 あらすじ

原作自体は、2010年に大阪で起こった幼い姉妹がマンションに置き去りにされ死亡した事件がきっかけですが、内容は児童虐待にとどまらず、学級崩壊、いじめ、独居老人、障害のある子ども、モンスターペアレンツなど、昨今社会問題として取り上げられている事柄をいくつかのストーリーとしてまとめてあります。 原作では、5つの独立したストーリーとして描かれていますが、映画ではその中から3つのストーリーを取り上げ、登場人物をうまくリンクさせてあります。 こうすることで、それぞれのテーマがおおきな一つの作品として仕上がっています。 原作の舞台は、富士山の見えるとある新興住宅地、という設定ですが、映画は北海道・小樽市の、ありふれた風景の中で撮影されています。 この、舞台選びも、ビジュアルとしてこの映画を際立たせた要因のひとつです。 彼が受け持つクラスは問題を抱えており、優柔不断で物事から逃げがちな岡野は対処しきれないまま。 クラス内では女子児童のいじめや、児童による地域の人への迷惑行為、食事を満足に摂らせてもらっていない疑いのある児童、教師をなめてかかる児童の存在など、すでに学級崩壊寸前でした。 同じ桜ケ丘小には、障害を持つ子供のクラスもあり、日々騒がしくも楽しそうに子どもたちと接している大宮先生(高橋和也)に対しては教師として学ぶべき部分が多いと感じています。 スーパーに勤務する母親(富田靖子)と暮らす弘也は、通学路の途中にある家に1人で暮らす老女・あきこ(喜多道枝)に「こんにちは、さようなら」といつも挨拶をするのが日課。 あきこはこの頃物忘れがひどくなり、ある日会計をしないままスーパーを出てしまい、万引きしたと咎められてしまいます。 似たような環境のママ友たちと、子連れで近所のパンダ公園に行くのが日課。 どこか上っ面だけのママ友の中で、いつも笑っている陽子(池脇千鶴)のことはなんとなく苦手で、陽子が子供たちにむける優しさもどこか嘘くさいと感じています。 雅美は実親との関係から、「自分は世界で一番悪い子だ」と信じて育ち、愛されたことがないために愛し方を知らずにいました。 その結果、娘に対しても自分がされたことしか出来ず、それは虐待の連鎖を生んでいました。 ある時、陽子の自宅に招かれ、娘がカップを割ってしまいます。 咄嗟に叩かれまいと頭をかばう娘をみて、「虐待しているのがばれた!?」と思った雅美に対し、陽子がとった行動が意外なものでした。 学級崩壊のクラスを受け持つ岡野は、家族に相談してみます。 そこで、家族からの助言をもとに、子どもたちにある「宿題」を出すことにします。 映画では詳しく描かれていない部分もありますので、テーマと共にそのあたりも掘り下げて見ていきます。 授業中にお漏らしをしてしまった児童の親から「トイレに行けなかったのは先生が恐いからだ」とクレームを入れられ、うまく対処できなかったうえにその事なかれ主義を発揮して、授業中に無条件にトイレに行くことを許可してしまいます。 その結果、子どもたちは面白がって勝手にトイレに行きはじめ、お漏らしをした子どもはいたたまれない立場になり、なに一つ解決するどころか悪化させてしまったのです。 一方、給食費未払いの神田さんという児童に対しても、気にはなりながらも一歩を踏み込めずにいました。 というより、踏み込むべきではない、踏み込むのが恐いと、いわば「見て見ぬふり」をしていたのですね。 そして、翌日子どもたちに、「家族に抱きしめてもらう」という宿題を出すのです。 自分がされてうれしいことは、自然と他人にもするようになる。 そのことを実感してほしかったのですね。 子どもたちは文句を言いながらもその宿題をやってきます。 そして、どんな気持ちになったかを発表しあうのですが、崩壊していたはずのクラスは静かに人の話を聞き、自分の意見を言う健全な姿に戻っていました。 どんな上からの言葉よりも、体験こそが人を作る、そしてこのことを通して、岡野先生は踏み出せなかった一歩を踏み出すことになるのです。 けれどそれは絶対に誰にも知られてはなりません。 自分だけがどうしてこうなんだと思う反面、表面上にこやかなママ友が時折見せる感情的な面を盗み見て安堵する雅美。 そう、虐待するのは「私だけじゃない」と。 しかし、他人のそれと自分のそれには本当は超えられない壁があることを認められません。 同じ母親である陽子はそれに引き換え、子どもに感情的にならずにおおらかな態度を見せます。 雅美と陽子の差はなんでしょう? 雅美は虐待されて育っていますから、子どもにそうするのも仕方ないのでしょうか? では、虐待された子供は皆、虐待する親になるのでしょうか? 実は、陽子も虐待されて育った子供でした。 そして、雅美とあやねの親子関係を見て、早い段階から雅美が虐待していること、そして、雅美自身も虐待されて育った子供だったと見抜いていたのでした。 雅美と陽子の違いは何だったのでしょう。 それは、誰でもいいから自分のことを見守ってくれた人がいたかどうかの違いです。 そのおかげで、人を見守り、愛することを学ぶことが出来たのです。 これは原作者、中脇さんの実体験に基づくものでもあり、地域が子供に与える影響の深さも表しているのです。 虐待された人は虐待する人になるのではなく、虐待されている人の気持ちに寄り添える、誰よりも力になり得るということこそが、実は大切なことなのです。 ちなみに、岡野先生の同僚で、弘也の担任である大宮先生は、この陽子の夫です。 連絡先が明記してあったため、母親に連絡しますが、現れたのはあきこの万引きを咎めた店員でした。 平謝りする母親に対し、あきこは弘也のことを「こんなにいい子はいないと思うわ」と褒めるのですね。 迷惑をかけたとばかり思っていた母親は、その言葉に涙を抑えきれません。 あきこはそっとその肩を抱いて、母親の思いを静かに聞くのでした。 とりたてて大きな展開のある話ではないのですが、人は何気ないふれあいでここまで人の重荷を軽くすることが出来る、やさしさはやさしさを連れてくるんだなぁと思えるのです。 もしもあきこが、弘也の母親があのスーパーの店員と知って、そっけない態度をとったらどうだったでしょう?逆に、母親があきこを見て傲慢な態度をとったらどうだったでしょう? 見ず知らずの人同士、言葉も少なく行き違ったならば、弘也の母親の心は疲れ切ったままだったでしょう。 あきこもまた、寂しい生活から抜け出せずにいたでしょう。 余談ですが、自閉症児・弘也の役を演じた加部亜門くんにも注目が集まったようです。 おおげさでなく、良い意味で特徴をつかんだリアルな演技でした。 ラストに取り上げられるのは、岡野先生と神田さんの話。 例の宿題を出した後から、神田さんは学校に来ていませんでした。 岡野先生は、気になりながらもなにか胸につっかえているものが何かわからずにいます。 そして、神田さんがいつも17時まで家に帰ってくるなと言われていたことを思い出すのですが、そこで岡野先生は自分が大きな勘違いをしていたことに気づきます。 そう、岡野先生は神田さんは家に帰りたくない(虐待されるから)んだと思い込んでいたのですが、実は神田さんは、早く家に帰りたくて17時になるのを待っていたのです。 17時に帰ってこいと言われたのではないのです、17時まで帰ってくるなと言われているのに、ひたすら時計を見ながら17時を待っている神田さん。 彼は家に帰りたくないのではなく、家に帰りたかったんですよね。 この先は、観る者に委ねられたということでしょうか、もしくは、人それぞれの結末があっていい、そういうことかな、と感じます。 しかし、大事なのはラストの答えと言うより、岡野先生の行動にあるのではないかと思います。 神田さんの家について、ノックをするものの応答はありません。 しかし岡野先生は、そこで帰らず、息を整え、意を決したようにもう一度強く扉をノックするのです。 この、2回目のノックこそが、踏み出した一歩といえるのではないでしょうか。 今までさんざん逃げてきた自分が、大きな第一歩を踏み出そうとしているわけです。 どうなるかなんてわからない、神田さんを悲しませるかもしれないし、トラブルになるかもしれない、でも、踏み出さずにいられなかった岡野先生の成長を、見る人間が自分のこととしてとらえるということに本質があると思っています。 ラストで降り注ぐ桜の花びらは、町全体を覆う人々の小さなやさしさの象徴であると感じました。 社会問題として取り上げられる事柄は時代とともに変わりはしますが、根底にあるのは無関心や保身、自己中心的な社会の構造にあるように思えます。 世界を変えたり、全ての人を救ったり、社会全体を一変させるなんてことは誰にもできません。 でも、隣に住んでいる人を、道で行きかうあの人を、身近な誰かの声に耳を傾けることは出来るはずです。 それすらもしないで、嘆いていたってなにも変わらない。 この映画は、淡々とそれを紡いで、じんわりと伝える、原作をしっかりと読み込んで作られています。 、で見放題となっています。

次の