ジョン トンプソン。 現在小5の息子、小2の夏からピアノを始め、ピアノ歴3年半弱です。先日「...

完全復活を期するウォリアーズのクレイ・トンプソン、制限無しでの練習を開始(バスケット・カウント)

ジョン トンプソン

若年期 1860年12月31日、に生を受ける。 父ジェームズ(James Thompson)はに従軍した砲兵将校で、中佐の階級で陸軍を退役した後、1880年に死去するまでで軍事科学の教授として教鞭を執った。 ジョン・トンプソンは、ケンタッキー州、テネシー州、オハイオ州、およびカリフォルニア州の駐屯地で幼少期を過ごし、16歳になる頃までに軍人になる事を決めていた。 1877年からインディアナ大学に1年間在籍した後、へ入学し、1882年に卒業した。 としての最初の任地は、彼の出生地でもあるニューポートに駐屯する第2砲兵連隊であった。 その後、陸軍の工兵及び砲兵学校を卒業し、1890年にはに配置され、残りの任期を過ごす事となる。 この頃には、彼は小火器の専門家となっていた。 米西戦争 が始まると、トンプソンはに昇進し、 ()将軍が指揮する戦線の主任武器省士官として、に派遣された。 シャフター将軍の部隊は軍需品供給に係わる物流上の問題に悩まされていたが、トンプソンは効率的な手法を用いてフロリダからキューバの前線へと兵器供給を行い続けた。 トンプソンの手によって、タンパに眠っていた18000トン以上の軍需品は一切の欠品がないままに前線へと送られた。 この功績により、トンプソンは陸軍で当時最年少のとなった。 また、トンプソンが初めて自動火器を扱ったのは、この軍需品供給任務の折だったという。 独立した機関銃支隊の編成に従事していた中尉の要請に基づき、トンプソンは4門のと十分な弾薬を自らの独断でキューバへ送り出した。 この機関銃支隊は後の ()で重要な役割を果たし、パーカーは ガトリングガン・パーカーとしてその名を知られてゆく事となる。 戦後、トンプソンは武器省小火器部門の責任者に任命された。 この地位にある頃、彼は小銃の開発や拳銃の採用に携わった。 またM1911拳銃の採用に関する試験では、彼は銃弾の威力を評価する手段として、人間の死体や生きた牛を射撃するという異例の試験方法を考案した。 トンプソンM1921 1914年、欧州にてが勃発する。 トンプソンは側の主張に強い共感を覚えたという。 当初アメリカは参戦しなかったものの、彼は欧州における小火器の需要を強く認識し、この戦争を利益を手にするまたとない機会とも捉えていた。 トンプソンは11月に陸軍を退役し、社の主任技師に就任した。 彼はのエディストン工場の監督官となる。 エディストン工場は当時世界最大の小火器製造工場であり、向けの小銃や向けの小銃を製造していた。 第一次世界大戦で生まれたは戦争の形態を変える戦術であった。 1916年からトンプソンは「 塹壕箒 trench broom 」と仮称する、塹壕内で敵を駆逐する事を目的とした自動式小火器の設計と試作を繰り返していた。 トンプソンは既存小火器の設計を調べるうちに、 ()が考案したに感銘を受けた。 やがてブリッシュと組んだトンプソンは、の援助を受けて ()社を設立し、後にトンプソン・サブマシンガンと呼ばれることになる自動式小火器の最終的な調整に移った。 1917年、ようやくアメリカは第一次世界大戦に参戦し、トンプソンは陸軍に准将として復帰する。 彼は戦争が終わるまでの間、工廠長として全陸軍部隊の小火器生産を監督した。 この業務の為、彼は () Distinguished Service Medal を受章している。 1918年12月、トンプソンは再び退役し、最終段階に入っていた自動式小火器の設計へと戻った。 当初、彼らが目指した自動式小火器は反動利用方式やガス圧方式のような複雑さを持たぬ、ブリッシュ式の遅延ブローバック方式を用いたであった ())。 この自動小銃の実用試験では、当時軍が小銃弾として採用していたがブリッシュ式の機関を動作させるにはあまりに強力すぎるという問題が浮かび上がってきた。 最終的にトンプソンは以前から使用銃弾の候補であった陸軍正式拳銃M1911用のを使用することに決めた。 1920年にはこの自動火器の特許を取得したものの、第一次世界大戦が休戦に持ち込まれてから銃器の売り上げは芳しくなく、軍との契約は見込めなくなっていた。 その為、トンプソンは法執行機関向けの販売を開始し、大きな利益を上げた。 しかし1928年には売り上げが落ち込み会社の経営状況が悪化し始めた為、トンプソンはオート・オードナンス社の経営者を辞する事となる。

次の

訃報:ミカエル・ニクヴィスト氏 死去 56歳【ミレニアム・ドラゴン・タトゥーの女】【ジョン・ウィック】

ジョン トンプソン

本日、マイクロソフト コーポレーション Microsoft Corporation、本社 : 米国ワシントン州レドモンド は、サティア ナデラ Satya Nadella をCEO 最高経営責任者 、および、取締役会メンバーとして、本日付で任命したことを発表しました。 マイクロソフトの創業者であり取締役会メンバーであるビル ゲイツ Bill Gates は、「今という変革の時に、マイクロソフトを率いる上でサティア ナデラほど最適な人物はいない。 エンジニアとしての確固たるスキル、ビジネス ビジョン、そして、求心力を持った実績あるリーダーです。 世界中のテクノロジ活用に対するサティアのビジョンは、マイクロソフトが次段階の製品イノベーションと成長を企業として進めていく上でまさに必要としている要素です。 」と述べています。 ナデラは、1992年にマイクロソフトに入社して以来、製品とサービスのポートフォリオ全般にわたり戦略面および技術面での変革を推進してきました。 特に、マイクロソフトのクラウドへのシフト、そして、Bing、Xbox、Officeといったサービスを支える世界最大級のクラウド基盤の構築は最も重要な実績のひとつです。 ナデラは「マイクロソフトはテクノロジによって世界を真に変革できた希有な企業のひとつです。 このような企業を統率する立場に選ばれたことをこの上ない光栄と感じています。 マイクロソフトにとっての市場機会は膨大です。 しかし、それを確実に捕らえるためには明確なフォーカスを置き、迅速に動き、変革を続けなければなりません。 私の重要な任務は、革新的製品をお客様により速く届けられるよう当社の力を強化していくことにあります。 」と述べています。 2013年8月23日に、後継者が任命された時点で退任することを表明していたスティーブ バルマー Steve Ballmer は、「サティアと20年以上にわたって仕事をしてきた私は、彼が今のマイクロソフトにとって最適なリーダーであることを確信しています。 業界で最も優秀な従業員と経営陣と共に働けたことは、私にとってこの上なく名誉なことでした。 サティアのリーダーシップの元で従業員と経営陣の成長への意欲はますます高まっていくと信じています。 」と述べています。 また、マイクロソフトは、取締役会 前会長であったビル ゲイツが創業者 テクノロジアドバイザー という新役職で取締役会に留まることも発表しました。 ゲイツは、より多くの時間をマイクロソフトのために費やし、テクノロジと製品の戦略決定においてナデラを支援することになります。 上級社外取締役であったジョン トンプソン John Thompson が取締役会 会長の地位に就くと共に、社外取締役の職務も継続します。 トンプソンは「サティアはマイクロソフトのリーダーとして最適な人物であり、取締役会は全面的に支持しています。 取締役会は、当社の株主、お客様、パートナー、従業員にとって最適の選択を熟慮の上で決定しました。 」と述べています。 ナデラの参加により、マイクロソフトの取締役会は、バルマー、JPMorgan Chaseの前CFO (最高財務責任者)ディナ ダブロン Dina Dublon 、ゲイツ、Harvey Mudd College校長マリア M. クロウェイ Maria M. Klawe 、Seagate Technology PLC の会長兼CEOステファン J. ルソー Stephen J. Luczo 、August Capital のゼネラルパートナーであるデビッド F. マーカート F. David F. Marquardt 、ナデラ、Bank of America Corp の前副会長チャールズ H. ノスキ Charles H. Noski 、BMW Bayerische Motoren Werke AGの前会長である ヘルムート パンケ Helmut Panke 、そして、Virtual InstrumentsのCEOであるトンプソンから構成されます。 取締役会10名のうち7名は社外取締役であり、過半数が社外であることを求めるマイクロソフトのコーポレートガバナンスのガイドラインに合致しています。

次の

楽天ブックス: 小さな手のためのピアノ教本

ジョン トンプソン

殺人博物館〜ジョン・トンプソン ジョン・トンプソン John Thompson (イギリス) この事件についてネットで検索してみたが、全くと云っていいほどヒットしなかった。 ようやく一つ見つけたところ、そこでも「殆ど忘れられている」と書かれていた。 犠牲者の多くが不法移民だったために、事件当時も余り顧みられなかったのかも知れない。 1980年8月17日、日曜日の午前3時30分頃、ロンドンはソーホー地区の2つのナイトクラブで火の手が上がった。 それは明らかに放火だった。 入り口にガソリンが撒かれていたからだ。 店内の客が炎に気づいた時には既に煙が充満し、天井のプラスチックが溶けて、さながらナパームの如く降り注いでいたという。 助かるためには窓から飛び降りるより他なかった。 結果、 死者37人、負傷者は少なくとも24人の大惨事となった。 そのナイトクラブはスペイン語圏の人々、特にコロンビア人が集う場所として知られていた。 はっきり云ってしまえば、ロンドンでもかなり如何わしい場所である。 日常的に売春婦が商いし、麻薬が密売されていた。 そんな場所だ。 不法入国者も多かった。 故に37人の殆どは身元が判っていない。 調べようがなかったのだ。 そんな場所であるわけだから、様々な動機が考えられる。 見ケ〆料を要求するヤクザの仕業とも考えられるし、麻薬を巡るトラブルかも知れない。 ところが、経営者曰く、そのような揉め事はなかったという。 やがてクラブの常連から有力な情報が寄せられた。 事件の数日前に或る男が酒代を巡ってバーテンと口論していたというのだ。 そして、店を出る際に、このように毒づいたという。 「いつかこの店を焼いてやるからな!」 これが本当なら、なんとチンケな動機であろうか。 つまり、こいつはボられた腹いせに火を放ち、37人もの命を奪ったのである。 参考文献を読んでいた私は「He claimed he had been overcharged」の一文を眼にするなり天を仰いでしまった。 呆れて物も云えないとはこのことだ。 この男の人相は事件の直前に現場付近で目撃されていた挙動不審の男と一致した。 その男は8月にも拘らずガソリン缶を提げていたというのだ。 かくしてモンタージュ写真が手配されて、8月27日に ジョン・トンプソン(42)が逮捕された次第である。 トンプソンは当初は犯行を認めていたが、法廷では証言を覆して無罪を主張した。 警察に自白を強要されたと主張したわけだが、その云い分は通らずに有罪となり、終身刑が云い渡された。 gees. bham. pdf.

次の