郵便 局 特定 記録 追跡。 普通郵便でも追跡ができる!その料金や意外と知らない未着の調査請求

郵便追跡システムの追跡データ提供サービス

郵便 局 特定 記録 追跡

特定記録 郵便物やゆうメールの引受けを記録するサービスです。 配達の際は受取人さまの郵便受箱に配達します。 特定記録のメリット• 引受けを記録するので、 郵便物等を差し出した記録を残したいときにおすすめです。 (引受けの記録として、受領証をお渡しいたします。 インターネット上で配達状況を確認できます。 (配達完了メール通知サービスがご利用いただけます。 受取人さまの郵便受箱に配達します(配達の記録(受領印の押印または署名)は行いません。 Webゆうパックプリントサービスで特定記録郵便物等のあて名ラベル、受領証をご自宅で簡単に作成できます。 ご利用例 個人のお客さま オークションの商品発送に 法人のお客さま• 納品書や請求書などの送付に(郵便をご利用の場合、信書もお取扱いできます。 懸賞品・会員誌などの発送に• お客さまからの書類の回収に(料金受取人払もご利用いただけます) ご利用料金.

次の

(至急)特定記録の配達日反映について。金曜日の13時ごろ郵便局にて速達・特定...

郵便 局 特定 記録 追跡

届くはずの郵便物等が届きません。 どこに問い合わせたらいいですか? A. 調査制度がありますので、最寄りの郵便局へご相談ください。 郵便物等の流れに沿って関係する郵便局を調査し、その結果をお知らせします。 また、国内から国内あてに差し出された郵便物等につきましては、下記のページからのお申出も受け付けております。 出典: 上記の通り、 発送した普通郵便が宛て先へ届かない場合は、郵便局に無料で調査依頼をすることができるんですよ。 調査依頼すると、まず配達担当郵便局へ連絡が行き、中継した郵便局、引き受けた郵便局と、普通郵便が通過したポイントごとに調査が行われます。 調査依頼は、最寄りの郵便窓口へ依頼することも出来ますし、電話やインターネットから依頼することも可能です。 差出場所 または投函した郵便ポストの場所• 差出日時• 差出人の住所・氏名• 受取人の住所・氏名• 郵便の種類 普通郵便など• 郵便物の特徴 封筒の大きさ・形・色・中身など これらは、郵便事故調査をする上で極めて大切な情報です。 郵便局側へできるだけ詳しく伝えられるように、事前にしっかり準備しておきましょう。 それでは、調査依頼方法を一つずつご説明していきますね。 郵便窓口へ調査依頼する 郵便窓口で調査依頼する場合は、本人確認のできる書類を持って普通郵便を差し出た郵便局へ行きましょう。 窓口で調査依頼したい旨を伝えると、『郵便物等事故申告受付票』を渡されるので、必要事項を記入し提出してください。 また、 普通郵便を窓口へ差し出したのではなく、ポストへ投函した場合は、そのポストに記載されている管轄郵便局へ連絡してくださいね。 『』へ電話する。 音声案内に従って、『 郵便物が届かない・破れている・誤って他人宛ての郵便物が配達されたなどのご連絡』の番号を選択する。 オペレーターに調査依頼する。 郵便窓口で調査依頼した場合には、本人確認の書類や『 郵便物等事故申告受付票』などの記入が必要とご説明しましたが、 電話で調査依頼した場合、それらは不要です。 『お客様サービス相談センター』のオペレーターが普通郵便を差し出した管轄郵便局へ転送してくれるので、調査に必要となる詳しい情報を伝えてください。 電話で調査依頼した場合も、結果は郵便局からの電話や書面にて通知があります。 調査には1週間~1ヶ月程度かかってしまうので、時間がかかることを受取人へ伝えておきましょう。 インターネットで調査依頼する 日本郵政ホームページ内の『 郵便物等が届かないなどの調査のお申出』から、インターネット上で調査依頼することも可能です。 特定記録郵便については『 』の記事で詳しく紹介しています。 書留 『』は、 引き受けから配達までの郵便物の送達過程が記録され、万が一郵便物が壊れたり届かなかった場合には、差し出し時に申し出た損害要償額の範囲内で実損額が賠償されるサービスのことです。 曜日に関係なく配達されるので、日・祝日でもしっかり送り届けてもらえますよ。 また、書留には『 郵便追跡サービス』が付いているので、発送から到着までの配達状況をパソコンやスマートフォンから随時追跡可能! さらに、受取人には直接手渡しで配達され、その際は受領印や署名が必要となる、とても安心できる郵送方法なんです。 曜日に関係なく配達されるので、日・祝日でもしっかり送り届けてもらえますよ。 ただし、速達は宛て先の ポストへの投函で補償はなし。 さらに、『 郵便追跡サービス』も付いていませんので注意してください。 郵便局が提供している追跡できるサービス 前項でご説明した様々なオプションを付けることで、普通郵便でも追跡ができたり補償が付いたりと、とても便利に発送することができますよね。 しかし、ここでもデメリットが一つ。 送料の安さが魅力でもある普通郵便ですが、日本郵政ホームページの『』に記載の通り、発送する郵便物の重さやサイズが大きくなると金額がグンと跳ね上がります。 そこに、オプションを付けるとなると、 送料だけでかなりの金額となってしまうんです。 クリックポスト クリックポストは、 自宅で簡単に、運賃支払手続きとあて名ラベル作成ができ、全国一律185円で荷物を送れる郵送サービスです。 送れるものは、長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm以内のサイズで、重量1kg以内の小型商品。 追跡番号が付いているので、オプション不要で郵便追跡サービスが利用できますよ。 クリックポストの送料:185円• サイズ:長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm以内• 重さ:1kg以内• 追跡サービス:あり ちなみに、クリックポストを利用するには、下記の事前手続きが必要となります。 クリックポストを利用するに当たっての事前手続きはありますか。 次の手続きが必要となります。 1 Yahoo! ウォレットを利用する場合 Yahoo! JAPAN IDの取得 クリックポストWebサイトには、Yahoo! JAPAN IDでログインしていただきます。 Yahoo! ウォレット クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Yahoo! ウォレットによりお支払いいただきます。 Amazon Pay クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Amazon Payによりお支払いいただきます。 出典: また、『』のサイトから自分で宛て名ラベルの作成と印刷をするので、 原則、インターネット環境とパソコン スマホでも作成可 、プリンターが揃っていることが前提となります。 インターネット環境• パソコン スマホでも可• プリンター 事前登録や利用環境など、いくつか条件のあるクリックポストですが、追跡サービス付きで全国一律185円の送料はかなり魅力。 小さめの荷物を追跡して送りたい場合には、間違いなくオススメの郵送サービスです。 クリックポストの追跡方法は『』の記事で詳しく解説しています。 ゆうパケット ゆうパケットは、 厚みの少ない小さな荷物をより簡単な作業で送りたい場合に相性抜群の郵送サービスです。 送れるものは、長辺34cm以内、厚さ3cm以内で、長辺・短辺・厚さの合計が60cm以内のサイズ、さらに重量1kg以内の小型商品。 料金は、荷物の厚さに応じて次の3段階で設定され、それぞれ郵便追跡サービスが付帯されています。 郵便局で『 専用宛て名シール』を受け取る。 『 専用宛て名シール』に必要事項を記入する。 荷物に『 専用宛て名シール』と切手を貼ってポストへ投函する。 ゆうパケットは、ポスト投函OKで、さらにお届け先の郵便ポストまでの配達です。 差出人にとっても受取人にとっても、手軽に利用できる点が魅力ですよね。 ちなみに、『』を使えば、スマートフォンから手書き不要で宛て名ラベルが作成できますよ。 詳細は、『』を確認してみてくださいね。 ゆうパケットとクリックポストの違い 「 ゆうパケットとクリックポストの違いが分からない…。 」 ところで、小さなの荷物を発送する際に便利なゆうパケットですが、前項でご説明したクリックポストとサービス内容がとても似ていますよね。 そして、ゆうパケットもクリックポストも追跡サービス付きです。 これでは、クリックポストの方が断然お得に思えますが、ゆうパケットとクリックポストはどのように使い分ければよいのでしょう。 実は、ゆうパケットとクリックポストには、事前登録の有無、宛て名ラベルの準備方法、送料の決済方法に大きな違いがあるんですよ。 比較項目 ゆうパケット クリックポスト 事前準備 なし Yahoo! JAPAN IDの取得Yahoo! ウォレットまたはAmazon Payによるクレカ払い ゆうパケットは、事前登録が不要で、基本的に郵便局で宛て名ラベルを受け取るだけで発送準備は完了します。 後は、荷物に宛て名ラベルと必要な切手を貼って送るだけ。 一方、すでにご説明した通り、クリックポストにはいくつか事前登録があり、宛て名ラベル作成のために、原則パソコンとインターネット環境、プリンターが必要。 さらに、Yahoo! ウォレットやAmazon Payで送料を支払うので、クレジットカードも必須です。 つまり、 より手軽に送れるのがゆうパケット、手間はかかりますがその分安く送れるのがクリックポストなんです。 違いを把握して、上手に使い分けてくださいね。 ゆうパケットの追跡方法は『』の記事で詳しく解説しています。 ゆうパック ゆうパックは、大きめの荷物を発送する際に便利な郵送サービスです。 送れるものは、長辺・短辺・厚さの合計が170cm以内のサイズ、25kg以内の重さのもの。 『』に記載の通り、送料は、差出地と宛て先、荷物の重さによって異なります。 ゆうパックには、もちろん郵便追跡サービスが付帯。 さらに、 配達日や配達時間帯を指定できたり、最高30万円までの実損額を賠償してもらえる損害賠償制度が付いているという特徴がありますよ。 まとめ 普通郵便には、追跡サービスが付帯されていません。 そのため、万が一宛て先に届かなかった場合、その郵便物の行方を探るとなると、郵便局へ調査依頼をする必要があります。 ただし、調査依頼をしたからと言って、必ず行方不明の郵便物が見つかる訳ではないんですよ。 手軽で安く送れることが普通郵便の魅力ですが、ネットオークションでの商品発送時など、大切なものを送る場合には、必ず追跡できる方法で発送することをオススメします。 尚、郵便物を追跡するには、普通郵便に特定記録や書留などの追跡可能なオプションを付けたり、レターパックやクリックポストなどの追跡サービスが最初から付帯された郵送サービスを利用したりと、様々な方法がありますよ。 目的に合わせて上手に使い分けていきましょう!.

次の

特定記録

郵便 局 特定 記録 追跡

下記サービスは、万一事故があっても 損害賠償の対象となりませんのでご注意ください。 郵便物(手紙)で書留または代金引換としないもの• 郵便物(はがき)で書留としないもの• レターパック• ゆうメールで書留または代金引換としないもの• ゆうパケット 引用元: レターパックやゆうパケットのように「追跡番号」が付いていればどこで紛失したか把握しやすいが、補償はされない ただし、 レターパックやゆうパケットのように追跡番号が付いているものや、特定記録郵便を使っている場合には、配達状況をトラッキングすることができるので、補償はなくとも配達が完了しているかどうかの確認をすることはできます。 配達が完了していなければ郵便局側で紛失したことになりますし、配達まで完了しているのに(ポストに)届いていない場合には誤配もしくは郵便受けから抜き取られた可能性が高いと推測することができます。 郵便局側も、調査をしやすくなります。 また、レターパックには「レターパックプラス(全国一律510円)」と「レターパックライト(全国一律360円)」の2種類があるのですが、 レターパックプラスで送った場合、配送は「対面でのお届け」になります。 配達員が直接手渡しして配達完了となるので、より確実ですし証拠も残りやすいので、万が一「届かない」という場合にも調査はしやすくなるでしょう。 ただ、それで郵便局側に落ち度があることが分かったとしても、補償の義務はないということに変わりはありません。 補償をされない郵便物(普通郵便含む)でも、届かない場合には探してくれる では普通郵便などのように補償対象外の郵便物の場合には、届かなくてもただ諦めるしかないのかというと、そういうわけではありません。 郵便局に届かない旨を伝えると調査をしてくれます。 調査は、窓口に直接出向いて依頼することもできますし、オンラインでからでも依頼できます。 窓口でもオンラインでも、いつ頃出したかや送付先・受取人の住所名前、内容物や封筒の色や形・大きさなどの詳細を伝える必要があります。 私もこれまでに3度この調査依頼をしたことがありますが、調査自体は非常にアナログな手法で行われるようです。 集荷元の郵便局に残っていないか調べて、仕分けセンターに残っていないか調べて、配達先の郵便局に残っていないか調べたと言われました。 また、差出人のミスで、宛名が読み取れなかったり住所不備などの理由によりしばらく保管された状態になっていることもあるようです。 この場合は比較的見つかりやすいのではないでしょうか。 私の場合は、こちらから送った郵便物が先方に届かなかった案件1回と、私のところに届くべき郵便物が届かなかった案件が2回の合計3回。 きちんと探してはくれたようで、いずれの場合も報告はいただきましたが、すべての場合で郵便物は見つかりませんでした。 この調査をして実際に郵便物が見つかる具体的な確率は不明ですが、簡単に「探せば見つかる」というわけでもないように感じます。 郵便事故を防ぐように対策を取ろう! このように、紛失してしまった郵便物を取り戻すのはかなり難易度が高そうです。 努力して解決する問題ではありません。 それに、そもそも 普通郵便で送っている以上「紛失しても補償なし」ということに同意しているとみなされるわけなので、それ以上郵便局に「どうにかせい!」と文句を言うことはできないのです。 郵便物がなくなる原因は? ただ、結果的に見つからなかったと言っても、郵便物が消えてなくなるということは物理的にあり得ないので、考えられる原因は4つです。 1.そもそも差出人が郵便物を出していない 2.郵便局内もしくは配達の際に紛失・誤配 3.配達後にポストから盗難される 4.実は受取人が受け取っていた もし、あなたが 受取人の場合には、4はあり得ないですよね。 なので、差出人に確認をして確実に郵便物を発送しているのであれば、残るは2か3のどちらかです。 ポストの位置や形状的に抜き出しが不可能であれば、2の郵便局内や配達時に紛失があったと考えるのが妥当です。 もし、あなたが 差出人の場合には、1はあり得ません。 受取人に確認をして家族も含めて絶対に受け取っていないというのであれば、残るは2か3です。 この場合も、受取人のポストが物理的に盗難が難しいようであれば、2の可能性が高いでしょう。 つまり、どちらの場合にも、ポストのセキュリティがある程度しっかりしているのであれば、郵便局側の不備の可能性が最も高いのです。 でも、補償は受けられない。 文句も言う筋合いはない。 起こってしまったことは、もう嘆いても仕方がないです。 なので、こうした紛失が2度と起こらないように、先回りをして郵便事故を防ぐための包囲網を巡らせましょう! 参考記事 配達された郵便物を記録する 郵便事故で紛失した、しかも郵便局の調査でも出てこなかった、という場合には、 今後の対応を管轄の郵便局側ときちんと話し合っておきましょう。 おざなりな謝罪だけでは、また繰り返し事故が起こる可能性もあります。 おすすめは、 毎日配達された郵便物を記録することです。 しかも、自分だけでやるのではなく、 配達の郵便局側にもこの記録をつけてもらうよう要請しましょう。 何日にどこから何が届いたかを手帳でもスマホのスケジュール帳でもよいので書き留めておきます。 ただし、1度以上郵便事故にあった場合に限ります。 何も事故がないのに記録をつけてくれと言っても、配達記録郵便や追跡番号のあるサービスを使えと言われるのがオチです。 これをすることで配達側も慎重になるので、誤配などのミスも防げるでしょうし、万が一故意で配達されていなかったとしたら、その抑止力にもなるのです。 怒っても仕方がない、けど泣き寝入りはしない 私の場合、届くべき郵便物が紛失した事故が2度あったと書きましたが、1件は携帯の請求書で、もう1件は役所からの国保関連の郵便物でした。 どちらも住所や名前以外の重要な個人情報が記載されているものです。 しかも、半年ほどの間に立て続けに起こったのです。 どちらも、届くべきものが届かなかったので、こちらで気づいて差出人(携帯電話会社と役所)に連絡をしました。 発送した詳細な日付が記録として残っていたので、配達されていないのは郵便局の不備ということは明らかなのです。 それでも、補償がない以上は、探しても見つからないというものに文句を言い続けても仕方がありません。 怒っていても郵便物は戻らないので、せめて次からこのような事故が起こらないように上記のような対策を取るというのが一番現実的でしょう。

次の