大阪 王将 cm。 価格.com

【動画】大阪王将のCMが下品過ぎて批判殺到!無関係の『餃子の王将』にとばっちり・・・

大阪 王将 cm

「大阪王将 羽根つき餃子」のテレビCM「これは羽根つき」編に苦情が殺到しているようだが、ネット上では「本当に下品か?」と疑問視する人もいるようだ。 騒動の発端となったのは、10月27日に「餃子の王将」を運営する株式会社王将フードサービスが公式サイト上に公開した「大阪王将『羽根つき餃子』CMについて」という文書。 同社は、イートアンド株式会社の「大阪王将」とは全く無関係な「餃子の王将」に、何故か「これは羽根つき」編の苦情が来ていると明かした。 さらに「お客様におかれましては、くれぐれも同社との混同をされませんよう改めてご報告、お願いさせて頂きます」とも掲載。 この騒動は様々なメディアで取り上げられ、ネット上では「『餃子の王将』とばっちり過ぎるだろ」と話題に。 「これは羽根つき」編に苦情が寄せられていることが明らかになったのだが、中には「例のCM見てみたけど、そこまで下品じゃなくね?」との声も。 同CMは鈴木奈々さんが出演しており、「これは羽根つき、これは餅つき、これは羽根つき、これは腰つき」と歌いながら羽根つき餃子を宣伝するという内容になっている。 「餃子の王将」の発表では「表現が下品」という苦情の内容が書かれていたものの、具体的な箇所は示されていない。 確かにこのフレーズを歌っている場面では、ガニ股に足を開いた鈴木さんが腰をぐるぐると回している。 しかし彼女の腰の振り方はあまり性的な印象を受けるものではなく、どちらかと言えばギャグ色の強い腰つき。 そのため「最近ではこんなんでもクレームつくのか…」「このCMがダメならフラフープもダメじゃね?」との声が相次いだ。 例えば今年7月に「サントリー」が公開したWEB広告「絶頂うまい出張」。 女性とお酒を飲んでいる場面を男性の視点で体感できる映像となっているのだが、何故か「台詞が卑猥すぎる!」との批判が殺到。 ビールを飲んで「コックゥ~ん、しちゃった」などと女性が語りかける同CMは、7月7日に公開を中止した。 2015年に放送されていた「明星 一平ちゃん 夜店の焼そば」のテレビCM「マヨンナ編」は、広瀬すずさんの「全部出たと?」という台詞が物議を醸していた。

次の

ギョパ!のCMは鈴木奈々が大阪王将ぷるもち水餃子パーティーで「もちもち~で、ギョパ!」なCM第二弾です!

大阪 王将 cm

餃子の王将と大阪王将ってちがうのか…いままで知らなかったわ。 大阪王将の10月下旬からのCMみたことある?まだ見たことない人はユーチューブにも載ってるよ。 そのCMがどうも下品と話題になってるみたいだね。 これは羽根つきって鈴木奈々が歌ってたけど、腰つきの部分が確かに下品だ。 自分的にはそこだけじゃなくて全体的に動きが特徴的過ぎて気持ち悪い印象だったけど。 でも一番驚いたのは餃子の王将と大阪王将が別物だってことに驚きです。 餃子の王将にもとばっちりでクレームが届いてて、そのコメントで初めて知ったよ。 まったくの無関係で、餃子の王将はスーパーとかには餃子を卸してないんだって。 餃子の王将は実店舗でしか餃子を買えないらしい。 なるほど見分け方にもなるね。 昔、京都周辺で食べた餃子の王将と、地方にもある大阪王将と店の感じやメニューが違うなと感じていた 違和感の正体が掴めた。 もともとは同じ会社だったのにのれん分けしたり、裁判をしていまのそれぞれの形に落ち着いたらしいね。 どっちの餃子も持ち帰って食べ比べしてみたいな。

次の

【動画】大阪王将のCMが下品過ぎて批判殺到!無関係の『餃子の王将』にとばっちり・・・

大阪 王将 cm

(C)まいじつ 短い時間内でPRしなければならない特性からインパクト重視となり、それがいき過ぎた結果「ウザい」「不快」といった評価を受けるものも多く生まれてしまうテレビCM。 昨今ネット上では、中華料理チェーン『大阪王将』のCMが、この仲間入りを果たしているようだ。 同CMは、同社の冷凍食品『大阪王将羽根つき餃子』のCMで、10月17日から全国で放映中。 タイトルは「『50年目の謝罪会見』篇」で、タレントの鈴木奈々が出演している。 CM内の鈴木は謝罪会見を開いており、たくさんのマイクに囲まれながら大勢の記者からのフラッシュを浴びている。 すると、鈴木は神妙な面持ちで「こんなにおいしい羽根つき餃子が簡単に作れてしまうことをお詫び申し上げます!」と冷凍餃子のパッケージを掲げ、餃子のインサート映像が流れた後、「申し訳ありませんでした!」と、立ち上がって頭を下げる内容となっている。 謝罪をネタにするも共感を得られず… 「おいしさと簡単さを謝罪する」という逆転の発想が特徴的なCMだが、さらに目を引くのは鈴木の坊主頭。 謝罪=頭を丸めるという発想からきているようだが、同社のツイッターでは、カツラではなく特殊メークで作り上げた坊主頭だと、意外なこだわりも明かされている。 ないしょですが、新CMの餃子大使鈴木奈々ちゃんの髪型、ガチの特殊メイクなんです。 かつらとはわからない。。 しつこくて無理》 《峯岸さんのあの件すっかり忘れてたのを思い出しちゃったよ》 《センス最悪だな》 《また燃えやすそうなCMやってんな~》 などと批判的な反応が。 また、大声ながら甲高い鈴木の声質も、 《声が耳障りで朝からうるさい》 《キンキン響くんだよなぁ》 《なかなかの不快感を抱かせるね》 などと評されており、あまり共感を得られていないことが分かる。 「鈴木の坊主頭を見て連想するのは、2013年に熱愛が発覚し、頭を丸めた動画を公開して謝罪を表明した『AKB48』の峯岸みなみでしょう。 当時、〝女性が坊主にする〟という行為を関係者サイドが止めなかったなどとして批判が集まり、ジェンダー議論に発展するほどの大問題と化しましたから、それをパロディーにするのも『無神経』と捉えられてしまったようです」(エンタメ誌記者) 商品自体がおいしくても、CMでマイナス効果を生んでしまっては元も子もない。

次の