即 pat 入金。 IPAT出金方法

即PATの申込方法と使い方|馬券購入に使える銀行口座比較

即 pat 入金

即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます。 ただし、競馬開催終了前に提携ATMからの引き出しを希望される場合は、会員ご自身で出金処理をおこなうこともできます。 」 この文章で、 1 払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられます 2 馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります 3 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます 1 と 2 は内容の意味が繋がるのですが、 3 の「自動的におこなわれます」が 1 と 2 に内容が繋がりません(理解できません) イーバンクで即PATご利用の方がいましたらよろしくお願いします。 私は、ジャパンネット銀行ですが同じだと思いますので参考になればと思います。 週末は通常2日間開催 まれに3日間開催もありますが で、 土曜日の競馬終了時は出金処理を手動で行わない場合、 そのまま日曜日に残高を繰り越します。 しかし、日曜日 3日間開催は最終日 が終了した時点で、 出金処理を手動で行わない場合は、即PATのほうで自動的 利用者の意思に関係なく にネット銀行へ残額を戻す処理を行います。 出金処理を忘れて、PAT口座のお金を引き落とせないといった問題を 回避するための処理だと思います。 即PATが無かった時 私がPAT会員になった7年前 は、指定された銀行 営業日時までにお金を口座に入金しないと馬券が買えませんでした。 出金も指定された銀行営業日時でないと出来ませんでした。 その時代に比べると、今はすごく馬券を買いやすい環境になったと思います。 でも、簡単に追加入金できるので余計なお金まで使ってしまうんですが・・・.

次の

ご利用案内 即PAT会員の方へのご案内 JRA

即 pat 入金

即PAT(ソクパット)とは 即PATとは、JRA指定銀行口座を持っていれば、即日登録でその日から馬券を購入できるJRAインターネット投票サービスです。 即PAT会員になると、競馬場やウインズまで出かけなくても、パソコン・スマートフォン・携帯電話で場所を問わずに馬券の購入が可能です。 馬券の発売時間内なら何度でも追加入金・途中出金ができるので、平日忙しくて銀行に行けない競馬ファンにもオススメです。 券売機でモタモタすることもなくなります。 決済は加入時に登録した銀行口座を通して行われますので手元に現金がなくてもOKです。 パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)でインターネットに接続して馬券を購入する方法を『IPAT方式』と言います。 即PATに申し込む JRA指定の銀行口座を持っているならすぐに即PAT会員になれます。 さっそく会員になって即PATにログインしてみましょう。 口座を持ってない方は、開設後に会員登録となります。 JRA指定の銀行口座は、「住信SBIネット銀行」「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」となっています。 加入申込み完了後に、その日からパソコン・スマートフォン・携帯電話で、即馬券が買えます。 各銀行の口座開設はこちらから• 即PATで馬券を購入する 入金から馬券購入、出金するまでの流れ 入金 馬券の購入資金を、登録した指定口座から即PATに振替えます。 投票 即PATにログインし、馬券を購入します。 オッズ情報も確認できます。 払戻し 馬券的中・出走取消・競走除外などの払戻があった場合、自動的に即PATへ払戻しが反映されます。 出金 途中出金:馬券の発売時間帯に自身で出金を指示して残高全てを即PATから指定口座に振込みます。 一括出金:出金指示がない場合、節終了後に自動的に全残高が即PATから指定口座に振込まれます。 馬券を購入する 馬券を購入するには、パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)で以下のURLへアクセスし、ログインして手続きを行います。 d-ipat. jra. d-ipat. jra. k-ipat. jra. d-ipat. jra. jskypl. jp-t. ipat. jskypl. jp-t. 購入できる馬券の種類 単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5それぞれ1枚100円単位で購入できます。 通常は「土曜日、日曜日」、「火曜日、水曜日、木曜日」をまとめて1節と言います。 もっと詳しい説明は。 通常投票では1件=1ベットとなりますが、流し・ボックス・フォーメーションで投票する場合は、組み合わせにより1件で複数のベットの申し込みをすることになります。 「全レース投票」の場合は、「購入できたレース数=件数」となります。 入金 入金とは、節ごとに馬券の購入資金を、指定口座から即PATへ移すことをいいます。 即PAT口座に入っている金額が、購入資金となります。 入金方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「入金指示」から、入金手続きを行います。 受付時間 入金できる時間帯は、馬券の発売時間帯(・)となります。 それ以外はログインできないため入金出来ません。 入金額 入金金額は100円単位で自由に決められます。 回数 1日に何度でも入金できます。 手数料は入金時に入金金額とは別に引き落としなります。 購入限度額 即PAT口座へ入金した金額が購入限度額となります。 また馬券が的中した場合、払戻金・返還金は購入限度額に繰り入れられます(「購入限度額=お客様が振り替えた投票券購入資金の合計-勝馬投票券購入金額+払戻金・返還金」)。 購入限度額は、途中で出金手続きをしない限り、節の間、即PAT口座に残っています。 出金 出金とは、即PATにある残高全てを指定口座に移すことを言います。 出金方法には2通りあり、節終了後にJRAが一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」と、自身で振込指示をする「途中出金」があります。 一括出金の方法 特に手続きする必要はなく、節終了後に自動的に残高全てがJRAより指定口座に振込まれます。 振込まれる時間は各金融機関によって異なります。 都市銀行は翌営業日の午前中ですが、ネット銀行の方は当日中に振込まれます。 一括出金で銀行口座に振込まれる時間 ジャパンネット銀行 節終了後の当日の24時まで 楽天銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行 節終了後の翌日の午前中 三菱東京UFJ銀行 節終了後の翌銀行営業日の午前中 途中出金の方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「出金指示」から、ご自身で出金手続きを行います。 途中出金の受付時間 出金指示は、通常当日の全競走(最終競走)確定からおおむね5分後まで、前日発売をしているJRA開催日の場合は前日発売締切時間までとなっています。 途中出金額 途中出金できる金額は、その時点での残高全てとなります(残高の一部だけを出金することはできません)。 手数料 一括出金・途中出金ともに無料です。 即PATを利用する際の注意事項• 「入金」「途中出金」とも混雑時には完了までに3分以上かかる場合がありますので、余裕を持って操作してください。 三井住友銀行では日曜日の夜間にメンテナンスがあるため、変則開催等で日曜日の夜間に発売がある場合、「入金」「途中出金」を利用できない時間帯があります。 投票前に出走取消・騎手変更・馬場状態等を確認してください。 投票締切10分前より回線が混雑して申込みが出来ないことがありますので、投票は早めに済ませておきましょう。 一旦成立した勝馬投票契約の取消・変更は一切できません。 会員ご本人以外のご利用はおやめください。 2年間ご利用がない場合は自動解約となります。

次の

即PATの出金処理について

即 pat 入金

即PAT(ソクパット)とは 即PATとは、JRA指定銀行口座を持っていれば、即日登録でその日から馬券を購入できるJRAインターネット投票サービスです。 即PAT会員になると、競馬場やウインズまで出かけなくても、パソコン・スマートフォン・携帯電話で場所を問わずに馬券の購入が可能です。 馬券の発売時間内なら何度でも追加入金・途中出金ができるので、平日忙しくて銀行に行けない競馬ファンにもオススメです。 券売機でモタモタすることもなくなります。 決済は加入時に登録した銀行口座を通して行われますので手元に現金がなくてもOKです。 パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)でインターネットに接続して馬券を購入する方法を『IPAT方式』と言います。 即PATに申し込む JRA指定の銀行口座を持っているならすぐに即PAT会員になれます。 さっそく会員になって即PATにログインしてみましょう。 口座を持ってない方は、開設後に会員登録となります。 JRA指定の銀行口座は、「住信SBIネット銀行」「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」となっています。 加入申込み完了後に、その日からパソコン・スマートフォン・携帯電話で、即馬券が買えます。 各銀行の口座開設はこちらから• 即PATで馬券を購入する 入金から馬券購入、出金するまでの流れ 入金 馬券の購入資金を、登録した指定口座から即PATに振替えます。 投票 即PATにログインし、馬券を購入します。 オッズ情報も確認できます。 払戻し 馬券的中・出走取消・競走除外などの払戻があった場合、自動的に即PATへ払戻しが反映されます。 出金 途中出金:馬券の発売時間帯に自身で出金を指示して残高全てを即PATから指定口座に振込みます。 一括出金:出金指示がない場合、節終了後に自動的に全残高が即PATから指定口座に振込まれます。 馬券を購入する 馬券を購入するには、パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)で以下のURLへアクセスし、ログインして手続きを行います。 d-ipat. jra. d-ipat. jra. k-ipat. jra. d-ipat. jra. jskypl. jp-t. ipat. jskypl. jp-t. 購入できる馬券の種類 単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5それぞれ1枚100円単位で購入できます。 通常は「土曜日、日曜日」、「火曜日、水曜日、木曜日」をまとめて1節と言います。 もっと詳しい説明は。 通常投票では1件=1ベットとなりますが、流し・ボックス・フォーメーションで投票する場合は、組み合わせにより1件で複数のベットの申し込みをすることになります。 「全レース投票」の場合は、「購入できたレース数=件数」となります。 入金 入金とは、節ごとに馬券の購入資金を、指定口座から即PATへ移すことをいいます。 即PAT口座に入っている金額が、購入資金となります。 入金方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「入金指示」から、入金手続きを行います。 受付時間 入金できる時間帯は、馬券の発売時間帯(・)となります。 それ以外はログインできないため入金出来ません。 入金額 入金金額は100円単位で自由に決められます。 回数 1日に何度でも入金できます。 手数料は入金時に入金金額とは別に引き落としなります。 購入限度額 即PAT口座へ入金した金額が購入限度額となります。 また馬券が的中した場合、払戻金・返還金は購入限度額に繰り入れられます(「購入限度額=お客様が振り替えた投票券購入資金の合計-勝馬投票券購入金額+払戻金・返還金」)。 購入限度額は、途中で出金手続きをしない限り、節の間、即PAT口座に残っています。 出金 出金とは、即PATにある残高全てを指定口座に移すことを言います。 出金方法には2通りあり、節終了後にJRAが一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」と、自身で振込指示をする「途中出金」があります。 一括出金の方法 特に手続きする必要はなく、節終了後に自動的に残高全てがJRAより指定口座に振込まれます。 振込まれる時間は各金融機関によって異なります。 都市銀行は翌営業日の午前中ですが、ネット銀行の方は当日中に振込まれます。 一括出金で銀行口座に振込まれる時間 ジャパンネット銀行 節終了後の当日の24時まで 楽天銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行 節終了後の翌日の午前中 三菱東京UFJ銀行 節終了後の翌銀行営業日の午前中 途中出金の方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「出金指示」から、ご自身で出金手続きを行います。 途中出金の受付時間 出金指示は、通常当日の全競走(最終競走)確定からおおむね5分後まで、前日発売をしているJRA開催日の場合は前日発売締切時間までとなっています。 途中出金額 途中出金できる金額は、その時点での残高全てとなります(残高の一部だけを出金することはできません)。 手数料 一括出金・途中出金ともに無料です。 即PATを利用する際の注意事項• 「入金」「途中出金」とも混雑時には完了までに3分以上かかる場合がありますので、余裕を持って操作してください。 三井住友銀行では日曜日の夜間にメンテナンスがあるため、変則開催等で日曜日の夜間に発売がある場合、「入金」「途中出金」を利用できない時間帯があります。 投票前に出走取消・騎手変更・馬場状態等を確認してください。 投票締切10分前より回線が混雑して申込みが出来ないことがありますので、投票は早めに済ませておきましょう。 一旦成立した勝馬投票契約の取消・変更は一切できません。 会員ご本人以外のご利用はおやめください。 2年間ご利用がない場合は自動解約となります。

次の