お電話にて失礼いたしました。 お詫びの時の「失礼いたしました」は間違い!正しい使い方を知ろう

失礼します・失礼いたしますの意味と使い方の違いは?ビジネスで役立つ例文も紹介

お電話にて失礼いたしました

「ご連絡させていただきました」の正しい使い方!使わない方が良い理由は? 「ご連絡させていただきました」は相手に対して失礼な間違った敬語 「ご連絡させていただきました」という表現は、相手に対して失礼な間違った敬語表現に該当します。 何故なら「ご連絡させていただきました」という表現については「(相手方から依頼されて)連絡をしてあげました」というニュアンスが含まれているからです。 相手方からすれば「頼んでもいないのに」という話になります。 「ご連絡差し上げました」という表現にも同じような問題があります。 それでも「ご連絡させていただきました」「ご連絡差し上げました」という表現を使うビジネスパーソンは0ではありません。 間違った敬語も一般的に使われ続けるとごく一般的な表現として定着してしまうのです。 例えば「お伺いさせていただきます」という表現は「二重敬語」という、日本語のルールに違反する表現なのですが、間違っていると認識されながらも許容されている敬語表現になります。 ただし「ご連絡させていただきました」は失礼に感じ不快になる人が存在している限り使わないのが正解と言えるでしょう。 「ご連絡させていただきました」の「させていただく」は謙譲語に当たる表現 「ご連絡させていただきました」の「させていただく」は謙譲語に当たる表現です。 そのため先述したように「連絡してあげた」といったニュアンスはあり得ないとされています。 何故なら謙譲語という表現は相手に対して遜る表現であり、それは自分を一段階下げて相手を立てる表現になっているからです。 謙譲語という性質上「ご連絡させていただきました」が意味する内容はあり得ないということになります。 そのため、「ご連絡させていただきました」は間違った敬語であると言えるのです。 こういった間違った敬語は聞いた時に相手に指摘するかどうかは一旦置いておいて、自分は使わないようにするのが良いでしょう。 「ご連絡させていただきました」は勝手に連絡することを意味する 「ご連絡させていただきました」という表現は、勝手に連絡することを意味します。 「連絡してあげる」というニュアンスだと先述していますが、捉え方によっては「ご連絡させていただきました」という表現は「許可なく勝手に連絡する」というニュアンスを含む表現になります。 「連絡してあげる」にしても「許可なく勝手に連絡する」にしても、どちらにしても目上の方に対して失礼にあたる行為であると言えるでしょう。 そのため丁寧さを意識して「ご連絡させていただきました」という表現を使ったとしても相手方は失礼に感じてしまうため、「ご連絡させていただきました」は本末転倒なのです。 ビジネスでは「ご連絡いたしました」という言い回しに代えて使おう ビジネスのシーンでは「ご連絡いたしました」という言い回しに代えて使うようにしましょう。 「ご連絡させていただきました」という表現に慣れていると丁寧さに欠ける表現だと感じるかもしれませんが、「ご連絡いたしました」という表現はれっきとした「連絡する」の敬語表現です。 自信を持って使える敬語表現になります。 もしも「ご連絡いたしました」という表現で丁寧さに不足を感じるのであれば、前後の文章でその不足を補うようにするといいかもしれません。 下記の関連記事は時候の挨拶をはじめとしたビジネスで使える表現をまとめた内容になっています。 下記も参考にしながらビジネスでの敬語表現について工夫をしてみましょう。 「ご連絡させていただきました」のメールにおける正しい敬語の言い換えや使い方の2つ目として「連絡いたしました」という表現を紹介します。 「ご連絡いたしました」から「ご」を取った表現が「連絡いたしました」ですが、「ご連絡いたしました」という表現にも実は賛否があります。 「いたす」という表現は謙譲語の表現であり、連絡をするのは自分なので「ご」を付けるのはおかしいとする説があります。 しかしながら表現全体に丁寧さを出すために「ご」を付けていて、今はその表現が正になっているとするのが一般的です。 ただし敬語の使い方として「ご連絡いたしました」の「ご」はおかしいとする説は論理的ですし「連絡いたしました」という表現も実質的には失礼にあたりません。 「ご連絡いたしました」という表現自体は問題ないのですが、敬語のルールがどうしても気になる人は「連絡いたしました」の方を使いましょう。 この表現はメールならではの表現であり、メールで連絡事項を送り終えた旨を表す敬語表現になります。 メールに限定するのであれば、積極的に使って差し支えない表現になります。 メールのシーンでは「送信いたしました」とし、口頭でも事前に連絡している背景があったり一部はメールで発信し、一部は会話において情報を発信するようなシチュエーションが想定される場合は「連絡いたします」「連絡いたしました」という表現を使うと良いでしょう。 使い分けられると表現がスマートな印象になります。 電話において「連絡」について話をするメリットとしては、メールでは「〇〇の件でのご連絡」と詳細をきちんと表記しますが、電話ではお互いが了解していればその必要がない点です。 また、会話の方がメールでのやり取りに比べるとスピード感がありますので話題を柔軟に変えつつ話を進めていくことができます。 そのため「お話した件」でお互いが同じものを認識できるのであればそれでOKですし、もしも認識できない場合でも一言添えればすぐに話が展開していくわけです。 こういった漠然とした表現は電話ならではです。 ビジネスメールでは説明すべき内容が増えますし、会話に比べてスピード感が落ちるため、ビジネスメールにおける言い換え表現と電話における言い換え表現は変わってくるのです。 この表現は電話においてのみ「ご連絡させていただきました」と同義で使える表現です。 「〇〇の件でお電話いたしました」と言えば「〇〇の件で連絡いたしました」と同じように話は進んでいきます。 電話での会社をどのように進めていきたいかによって、言い換えの表現を選択していくと良いでしょう。 ご連絡させていただきましたの英語での言い換えや使い方は? ご連絡させていただきましたの英語訳は数種類ある ご連絡させていただきましたの英語訳は数種類あります。 下記に3つの例文を紹介しますので確認してみてください。 1つ目の例文については「ご連絡いたしました件」というような名詞表現になりますので、様々な形で応用が利く表現になっています。 文章に盛り込んで様々な使い方をすることができます。 また、2つ目と3つ目の表現については「that~」の部分がなければ単純に「ご連絡いたしました」「お伝えしました」という日本語を意味する表現になりますが、基本的に英文では内容を一緒に伝えることになるかと思いますので、「that~」の部分に内容が入る使い方が一般的な使い方になります。 ご連絡させていただきましたの英語訳• What I informed last time(前回お伝えした件)• I informed that ~. (~を連絡いたしました)• I told you that ~. ご連絡させていただきましたという表現に限らず、英語の場合も前後の文脈によって適切な英訳が変化してきます。 そのため、英語に関しては前後の文脈や状況に合わせながら翻訳するとより良い英訳文が完成することでしょう。 また、ご連絡させていただきましたの英文については「誰に伝えるのか」「口頭で連絡をするのかメールを送信するのか」「伝える内容はどういったものなのか」によって、使う動詞や構文まで変わってきますので、その状況に合わせて毎回英訳をした方が相手に伝わりやすい文章になることでしょう。 3つの英訳の例を前記しましたが、そのほかにもご連絡させていただきましたという日本語に当てはまる英文はたくさんあります。 その中でどの表現を選ぶのかは、伝える内容により変わってきます。 例えば「数」や「名前」といった単語で回答ができる内容なのか、そもそも聞かれている内容が「How」を使った疑問形に対する回答なのかでも大きく英文が変わってくることでしょう。 回答したい内容が一番相手に理解してもらいやすい構文を選んで英訳をすることで、相手に伝わりやすい翻訳文になることでしょう。 ご連絡させていただきましたという言葉への認識を改め正しい言葉遣いを! ご連絡させていただきましたという表現は使わないようにして、ここで紹介した言い換えの表現をメインで使うようにした方がよさそうですね。 ビジネスではメールや電話でのちょっとした敬語の間違いでチャンスが逃げていくことも珍しくありませんので、ここで紹介したことはしっかり覚えておくようにしましょう!.

次の

相手にかけた場合のお電話の使い方|差し上げる/いたします

お電話にて失礼いたしました

・他人に接する際の心得をわきまえていないこと。 ・礼儀に欠けること。 また、そのさま。 上記のような意味します。 つまり「失礼しました」は、「相手に対しての礼儀を欠いた事に対して・失敬に対して許しを得る」状態を指す言葉です。 また「失礼します」で相手と別れる時の丁寧な言葉や、人に何かを頼む、尋ねる時の言葉としても使用されます。 「失礼する」を丁寧語にしたものが「失礼いたします」です。 「失礼いたしました」=「申し訳ありません」ではない ビジネスシーンで「失礼いたしました」をお詫びの言葉として使う事がありますが、これは間違いです。 前述の通り「失礼しました」は、相手に礼儀を欠いたことに対するお詫びの気持ちを表現する言葉ですので、お詫びそのものへの言葉として使う事はできません。 お客様からのクレームをいただいた時など、相手に対してお詫びをする場合には「失礼いたしました」は失礼に当たります。 「申し訳ありません」を使いましょう。 上司に「失礼いたしました」は使える 上司など目上の方に対して「失礼いたしました」を使用することは可能です。 例えば、狭い所を通る時に上司と少しぶつかってしまった時や、 会議中に咳をしてしまった時など、 上司に対して失礼なふるまいをしてしまった時に「失礼いたしました」を使うのは適切です。 また、お詫びの言葉として「すみませんでした」があります。 これはより近しい間柄の上司なら使用可能です。 けれども近しい間柄の上司や先輩に対しても、 自分の重大な失態に対するなど、 本心からのお詫びの際には「申し訳ありませんでした」を使う様にしましょう。 「失礼いたしました」の代わりに使える言葉 ご無礼をお許し下さい 「失礼いたしました」の状況をより丁寧に表した言葉に 「ご無礼をお許し下さい」があります。 文書での無礼を許してもらう時にも使われる表現です。 お詫びいたします・すみませんでした・申し訳ありませんでした 近しい間柄の相手にお詫びをする時には 「失礼いたしました」ではなく、「すみませんでした」あります。 お客様や取引先の方など、目上の方に対しては 「お詫びいたします・申し上げます」「申し訳ありませんでした」を使います。 「失礼いたしました」とその類義語の例文 相手への失礼を詫びる気持ち・許してもらう時に用いられる例文 挨拶や連絡の返信が遅れた場合 「失礼いたしました」 「ご挨拶が遅れ、大変失礼いたしました」 別れの挨拶に用いられる例文 自分が相手より先にその場を去る場合。 「お先に失礼いたします」 「お先に失礼させていただきます」 相手に依頼・相談する時に用いられる例文 先方の会社の案内を受けたり連絡を取り付けたりする場合 「失礼いたしますが、第一会議室への道順を教えていただけませか」 「失礼いたします、〇〇課長にお取次ぎをお願いできますでしょうか?」 相手にお詫びをする時に用いられる例文 相手側に迷惑をかけたりしてしまった場合 「歓迎会会場の予約を代わりに手配してもらい、 お手数をかけてしまいすみませんでした」 「この度は弊社〇〇で大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした」 まとめ.

次の

お詫びの時の「失礼いたしました」は間違い!正しい使い方を知ろう

お電話にて失礼いたしました

「ご連絡させていただきました」の正しい使い方!使わない方が良い理由は? 「ご連絡させていただきました」は相手に対して失礼な間違った敬語 「ご連絡させていただきました」という表現は、相手に対して失礼な間違った敬語表現に該当します。 何故なら「ご連絡させていただきました」という表現については「(相手方から依頼されて)連絡をしてあげました」というニュアンスが含まれているからです。 相手方からすれば「頼んでもいないのに」という話になります。 「ご連絡差し上げました」という表現にも同じような問題があります。 それでも「ご連絡させていただきました」「ご連絡差し上げました」という表現を使うビジネスパーソンは0ではありません。 間違った敬語も一般的に使われ続けるとごく一般的な表現として定着してしまうのです。 例えば「お伺いさせていただきます」という表現は「二重敬語」という、日本語のルールに違反する表現なのですが、間違っていると認識されながらも許容されている敬語表現になります。 ただし「ご連絡させていただきました」は失礼に感じ不快になる人が存在している限り使わないのが正解と言えるでしょう。 「ご連絡させていただきました」の「させていただく」は謙譲語に当たる表現 「ご連絡させていただきました」の「させていただく」は謙譲語に当たる表現です。 そのため先述したように「連絡してあげた」といったニュアンスはあり得ないとされています。 何故なら謙譲語という表現は相手に対して遜る表現であり、それは自分を一段階下げて相手を立てる表現になっているからです。 謙譲語という性質上「ご連絡させていただきました」が意味する内容はあり得ないということになります。 そのため、「ご連絡させていただきました」は間違った敬語であると言えるのです。 こういった間違った敬語は聞いた時に相手に指摘するかどうかは一旦置いておいて、自分は使わないようにするのが良いでしょう。 「ご連絡させていただきました」は勝手に連絡することを意味する 「ご連絡させていただきました」という表現は、勝手に連絡することを意味します。 「連絡してあげる」というニュアンスだと先述していますが、捉え方によっては「ご連絡させていただきました」という表現は「許可なく勝手に連絡する」というニュアンスを含む表現になります。 「連絡してあげる」にしても「許可なく勝手に連絡する」にしても、どちらにしても目上の方に対して失礼にあたる行為であると言えるでしょう。 そのため丁寧さを意識して「ご連絡させていただきました」という表現を使ったとしても相手方は失礼に感じてしまうため、「ご連絡させていただきました」は本末転倒なのです。 ビジネスでは「ご連絡いたしました」という言い回しに代えて使おう ビジネスのシーンでは「ご連絡いたしました」という言い回しに代えて使うようにしましょう。 「ご連絡させていただきました」という表現に慣れていると丁寧さに欠ける表現だと感じるかもしれませんが、「ご連絡いたしました」という表現はれっきとした「連絡する」の敬語表現です。 自信を持って使える敬語表現になります。 もしも「ご連絡いたしました」という表現で丁寧さに不足を感じるのであれば、前後の文章でその不足を補うようにするといいかもしれません。 下記の関連記事は時候の挨拶をはじめとしたビジネスで使える表現をまとめた内容になっています。 下記も参考にしながらビジネスでの敬語表現について工夫をしてみましょう。 「ご連絡させていただきました」のメールにおける正しい敬語の言い換えや使い方の2つ目として「連絡いたしました」という表現を紹介します。 「ご連絡いたしました」から「ご」を取った表現が「連絡いたしました」ですが、「ご連絡いたしました」という表現にも実は賛否があります。 「いたす」という表現は謙譲語の表現であり、連絡をするのは自分なので「ご」を付けるのはおかしいとする説があります。 しかしながら表現全体に丁寧さを出すために「ご」を付けていて、今はその表現が正になっているとするのが一般的です。 ただし敬語の使い方として「ご連絡いたしました」の「ご」はおかしいとする説は論理的ですし「連絡いたしました」という表現も実質的には失礼にあたりません。 「ご連絡いたしました」という表現自体は問題ないのですが、敬語のルールがどうしても気になる人は「連絡いたしました」の方を使いましょう。 この表現はメールならではの表現であり、メールで連絡事項を送り終えた旨を表す敬語表現になります。 メールに限定するのであれば、積極的に使って差し支えない表現になります。 メールのシーンでは「送信いたしました」とし、口頭でも事前に連絡している背景があったり一部はメールで発信し、一部は会話において情報を発信するようなシチュエーションが想定される場合は「連絡いたします」「連絡いたしました」という表現を使うと良いでしょう。 使い分けられると表現がスマートな印象になります。 電話において「連絡」について話をするメリットとしては、メールでは「〇〇の件でのご連絡」と詳細をきちんと表記しますが、電話ではお互いが了解していればその必要がない点です。 また、会話の方がメールでのやり取りに比べるとスピード感がありますので話題を柔軟に変えつつ話を進めていくことができます。 そのため「お話した件」でお互いが同じものを認識できるのであればそれでOKですし、もしも認識できない場合でも一言添えればすぐに話が展開していくわけです。 こういった漠然とした表現は電話ならではです。 ビジネスメールでは説明すべき内容が増えますし、会話に比べてスピード感が落ちるため、ビジネスメールにおける言い換え表現と電話における言い換え表現は変わってくるのです。 この表現は電話においてのみ「ご連絡させていただきました」と同義で使える表現です。 「〇〇の件でお電話いたしました」と言えば「〇〇の件で連絡いたしました」と同じように話は進んでいきます。 電話での会社をどのように進めていきたいかによって、言い換えの表現を選択していくと良いでしょう。 ご連絡させていただきましたの英語での言い換えや使い方は? ご連絡させていただきましたの英語訳は数種類ある ご連絡させていただきましたの英語訳は数種類あります。 下記に3つの例文を紹介しますので確認してみてください。 1つ目の例文については「ご連絡いたしました件」というような名詞表現になりますので、様々な形で応用が利く表現になっています。 文章に盛り込んで様々な使い方をすることができます。 また、2つ目と3つ目の表現については「that~」の部分がなければ単純に「ご連絡いたしました」「お伝えしました」という日本語を意味する表現になりますが、基本的に英文では内容を一緒に伝えることになるかと思いますので、「that~」の部分に内容が入る使い方が一般的な使い方になります。 ご連絡させていただきましたの英語訳• What I informed last time(前回お伝えした件)• I informed that ~. (~を連絡いたしました)• I told you that ~. ご連絡させていただきましたという表現に限らず、英語の場合も前後の文脈によって適切な英訳が変化してきます。 そのため、英語に関しては前後の文脈や状況に合わせながら翻訳するとより良い英訳文が完成することでしょう。 また、ご連絡させていただきましたの英文については「誰に伝えるのか」「口頭で連絡をするのかメールを送信するのか」「伝える内容はどういったものなのか」によって、使う動詞や構文まで変わってきますので、その状況に合わせて毎回英訳をした方が相手に伝わりやすい文章になることでしょう。 3つの英訳の例を前記しましたが、そのほかにもご連絡させていただきましたという日本語に当てはまる英文はたくさんあります。 その中でどの表現を選ぶのかは、伝える内容により変わってきます。 例えば「数」や「名前」といった単語で回答ができる内容なのか、そもそも聞かれている内容が「How」を使った疑問形に対する回答なのかでも大きく英文が変わってくることでしょう。 回答したい内容が一番相手に理解してもらいやすい構文を選んで英訳をすることで、相手に伝わりやすい翻訳文になることでしょう。 ご連絡させていただきましたという言葉への認識を改め正しい言葉遣いを! ご連絡させていただきましたという表現は使わないようにして、ここで紹介した言い換えの表現をメインで使うようにした方がよさそうですね。 ビジネスではメールや電話でのちょっとした敬語の間違いでチャンスが逃げていくことも珍しくありませんので、ここで紹介したことはしっかり覚えておくようにしましょう!.

次の