神田伯山 独演会。 神田伯山(神田松之丞)のチケット譲ります

10/7(水) 18:30 神田伯山(神田松之丞) 小山市立文化センターのチケット譲ります

神田伯山 独演会

平日のお昼の1時間、500円で名曲をどうぞ!• 1時間で本格クラシックをたっぷりと• 昼下がりのお気軽千円寄席• 誰でも気軽に音楽に親しめる、音楽との出会いの場 ドリンクサービス付き• 平日の午後にお届けする優雅で贅沢な雰囲気のコンサートです ドリンクサービス付き• 家族で楽しもう!夢あふれる多彩なプログラムがみんなを待っています!!• 公募により結成された「こだいら合唱団」の演奏会• 乳幼児同伴大歓迎!ご家族揃ってお楽しみ下さい!• 市内で活躍しているアマチュア音楽グループによる音楽祭• 大ホールの舞台でベーゼンドルファーを気軽に演奏していただく参加型企画• 「こだいら」の魅力を作品にしてお寄せください。 『丸ポスト』と『人々の暮らしや風景』とのかかわりを視点とした写真を募集• 「みんなのまち小平」をテーマにした児童絵画コンクール• 野口雨情を偲ぶうたまつり• 地域の高校演劇部の熱い舞台が大集合• 小平市内の福祉施設、病院、学校等で実施しています。 本公演は、 6月5日 金 『神田松之丞改め神田伯山独演会 』の振替公演です。 6月5日 金 の公演チケットをそのままお持ちになって、お越しください。 6月 5日 金 の公演詳細につきましては、をご確認ください。 振替公演にご来場いただくことが出来ないお客様には、払い戻しをさせていただきます。 払い戻し方法はからご確認ください。 再販売をお待ちになっていたお客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解ご了承を賜りますよう、お願い申し上げます。 神田松之丞改め 神田伯山独演会 いま最もチケットの取れない講談師が、真打昇進! 松之丞改め六代目神田伯山を襲名してルネこだいらに登場します。 ぜひこの機会をお見逃しなく! 主催: 公財 小平市文化振興財団 チケット予約は、.

次の

【振替公演】神田松之丞改め 神田伯山独演会 « ルネこだいら 小平市民文化会館

神田伯山 独演会

神田松之丞(本名 古舘克彦)は、日本講談協会および落語芸術協会に所属している講談師である。 講談とは日本の伝統芸能の1つであり、歴史と伝統がある。 神田松之丞は、2007年に3代目神田松鯉に入門し、2012年に二ツ目に昇進した。 二ツ目とは落語の階級のことを表している。 二ツ目に昇進すると、師匠の家や楽屋での雑用はやらなくなる。 その二ツ目に昇進してからは、2015年に「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝を飾る。 その実力は、通常二ツ目から真打に昇進するのは10年かかるところを2016年に神田松之丞を真打にするかの議題が落語芸術協会の理事会であがったほどだ。 結局、否決されたが、独演会では、会場が超満員になるほどの人気を誇り、今注目されている講談師である。 神田松之丞(神田伯山)の日程 神田松之丞(本名 古舘克彦)は、1983年に東京都で生まれた日本の講談師である。 もともと高校時代から落語に興味を持っていた。 高校卒業後の浪人時代に(江戸落語若手四天王)と呼ばれていた立川談志独演会の高座を見てファンになる。 それをきっかけに講談師になることを目指した。 2007年に3代目神田松鯉に入門をし、神田松之丞と命名された。 師匠に付けてもらったネタを一生懸命寝ずに没頭し短期間で覚えたことから師匠に将来名人になれると言われた。 その一方、着物を畳むことができないなど弟子として仕事は苦手な一面もあった。 2015年には「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝を飾るなどその他にも賞を受賞している。 神田松之丞は、講談の魅力を積極的にメディア等で伝えている。 一瞬で聴いてる者を引き込む力と圧倒的な演技力で表現力がとても豊かなことが魅力の1つでもある。 講談と聞くと何だからわかりにくく、昔の堅苦しい話だという先入観を持っている若者が多い現代社会の中、わかりやすく、初心者にも聴きやすい講談をすることにより20代のファンも多く持っているのが特徴である。 神田松之丞の若き天才的な芸を触れることによって今までの講談に対する固定概念が覆されるかもしれない。 今、講談界を背負っている注目の講談師である。 関連アーティスト.

次の

【4/27追記】5/10「神田伯山独演会」延期について

神田伯山 独演会

神田伯山(松乃丞)は、日本講談協会および落語芸術協会に所属する講談師です。 新進気鋭の若手講談師・神田松乃丞として活躍し、2020年2月11日に真打へ昇進。 講談界の大名跡である六代目・神田伯山を襲名しました。 神田伯山は江戸時代後期から続く由緒ある名跡であり、先代の五代目が1976年に亡くなって以来長らく空き名跡となっていましたが、44年ぶりの復活を遂げました。 1983年生まれという若手ながら、二ツ目時代から独演会で数百人規模の会場を満員にするなど「今最もチケットの取れない講談師」「講談界の風雲児」との呼び声も高く、現代の講談界において圧倒的な人気を誇っています。 彼は若い頃、立川談志の高座を見たことをきっかけに講談師を志望するようになり、2007年に三代目神田松鯉(しょうり)の元に入門。 2012年6月には、29歳で二ツ目に昇進しました。 昇進後は若手ながら頭角を現し、2015年10月「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝。 その後も、2018年11月「第35回浅草芸能大賞」新人賞受賞、2019年3月「平成30年度花形演芸大賞」金賞受賞など、伝統芸能に関する賞を総なめにする活躍を見せます。 並外れた実力は業界でも認められるところであり、2016年時点で既に真打昇進が検討されていましたが一度見送られ、2020年に満を辞して昇格を果たすこととなったのです。 これは落語芸術協会の香盤上で落語家9人を追い抜いての異例の昇進であり、日本講談協会としては18年ぶりの男性真打誕生となりました。 そんな彼は、2017年4月からTBSラジオでレギュラー番組「問わず語りの神田伯山」のメインパーソナリティを務めるなど、多くのテレビ・ラジオ番組で活躍。 本業である講談興行も積極的に行なっており、2020年2月11日〜20日には新宿末廣亭、2月21日〜29日には浅草演芸ホール、3月1日〜10日には池袋演芸場、そして3月11日〜20日には国立演芸場にて「松乃丞改メ六代目神田伯山真打昇進襲名披露興行」を予定しています。 人気が低迷していた講談に、100年ぶりとも言われるブームを起こした六代目・神田伯山。 真打に昇進し、ますます活躍の幅を広げる彼から今後も目が離せません。 「今最もチケットの取れない講談師」や「講談界の風雲児」との呼び声も高い講談師、 神田伯山(松乃丞)。 長年、二ツ目の神田松乃丞として人気を博してきましたが、2020年2月11日に真打へと昇進し、講談界の大名跡である六代目・神田伯山を襲名しました。 神田伯山の魅力は、何と言っても聞き手が思わず引き込まれる圧倒的な話芸と迫力にあると言えるでしょう。 彼が主戦場とする講談は、明治時代にかけて一大ブームを引き起こしましたが、戦後は「絶滅危惧種」と称されるほどの低迷期を迎えていました。 そんな中にあって、彼の講談はストーリーの背景を理解していない初心者でも引き込まれる、一つのエンターテインメントとして成立しているのです。 彼の魅力的な講談は、瞬く間に人々の人気を掴み、今や講談は100年ぶりの一大ブームを迎えたと言われています。 話術の巧みさは多くの著名人からも支持を受けており、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーや、お笑いコンビ爆笑問題の太田光なども彼の才能を高く評価。 真打昇進を果たした彼が、今後どのような活躍を見せてくれるのか注目です。 チケットストリートは「ライブの感動を、すべての人へ」というミッションのもと、コンサート、ライブ、演劇、スポーツなど、興行チケットの安全な取引を仲介しています。 日本最大級の公演チケット売買(二次流通)サービスです。 代金のお支払いからお届けまでを事務局がサポートし、チケット詐欺にあう可能性はありません。 チケット掲示板やオークションなどより安心・安全です。 また「安心プラス」オプションを使えば、偽物や偽造チケットの心配もありません。 公演中止や主催者都合で入場できなかった場合も返金いたします。 Icons made by , , from is licensed by• 東京都公安委員会 許可番号:302171104982号• All Rights Reserved.

次の