クリック ポスト。 小物や本の発送に最適!クリックポストとは?追跡サービスや便利な使い方を解説【サイズ・厚さに注意】

クリックポストのQ&A

クリック ポスト

2020年4月1日 水 より、運賃が「198円 税込 」に改定されました。 「 クリックポスト」は、全国一律198円で荷物を送れる、日本郵便による運送サービスです。 インターネットを利用するため、運賃のネット決済、あて名ラベル印刷、追跡サービスなど、さまざまな便利なサービスが付加されています。 また、送れないものはほんの一部のもので、重さも1kgまで可能なので、本、CD、衣類など、多種多様なものを安く簡単に送ることができます。 この記事では、そんなクリックポストについて、サイズや厚さ、追跡サービスなどの概要に加え、配達日・配達日数、出し方に至るまで幅広く解説しています。 また、出し方については、実際の郵便物を使って画像付きで詳しく解説した記事も公開しています。 2020年4月1日 水 より、運賃が「198円 税込 」に改定されました。 サイズ 長さ 14cm~34cm サイズ 幅 9cm~25cm 厚さ 3cmまで 重さ 1kgまで 料金 全国一律 198円 追跡サービス 有り 補償 無し クリックポストと定形外郵便物・ゆうメールの料金比較 同じサイズ、厚さ、重さの場合(上記のMAX)、「規格内」の料金は580円ですので、クリックポストなら約3分の1の料金で送れることになります。 定形外郵便物「規格内」の料金は、100g以内が140円、150g以内が210円となっていますので、一般的には、 100gを超えるかどうかが、発送方法を決める分岐点になると思われます。 また、サイズ、厚さ、重さのMAXが同じとの比較では、150g以内が180円、250g以内が215円となっていますので、 150gを超えるかどうかが、発送方法を決める分岐点になると思われます。 クリックポストのオプションサービスについて オプションサービスを付加することはできません。 付加したい場合は、別の配送方法に変更する必要があります。 速達にしたい場合• 着払いにしたい場合• 追跡番号は、クリックポストにログイン-マイページの「お問い合わせ番号」です。 ヤフオク! 等で相手に追跡番号を知らせる必要がある場合は、この番号を伝えます。 追跡は、日本郵便の専用ページ「」で行えます。 クリックポストの補償について 損害賠償の対象ではありません。 賠償・補償が必要な場合は、別の配送方法に変更する必要があります。 信書、現金、貴金属等の貴重品および爆発物・毒劇物等の危険物等を入れて送付することはできません。 引用元: つまり、上記以外のものであれば、送ることが可能ということになります。 ただ、、、等では「信書」が送れますが、クリックポストでは送れない点には注意が必要です。 クリックポストの出し方 利用方法 クリックポストの利用には、事前手続きとして、とYahoo! ウォレット クレジットカード払い の利用登録、または、Amazonアカウントの取得とAmazon Pay クレジットカード払い の利用登録が必要です。 初回は、Yahoo! JAPAN ID または AmazonアカウントでクリックポストWEBサイトにログインし、利用者情報を登録します。 公式:• 公式:• お届け先情報等を入力し、Yahoo! ウォレットまたはAmazon Payで運賃の支払い手続きをします。 あて名ラベルを印刷します。 モノクロ印刷でも構いません。 ただ、手書き等で修正したものは引き受けてくれません。 ラベルを荷物に貼り付け、郵便ポストまたは郵便局の窓口へ差し出します。 参考商品:• 左右に投函口のあるポストに投函する場合は、右側の投函口に入れます。 間違えて左に入れても問題ありませんが、ある程度の大きさ・厚みがある郵便物は、右側に入れるのが原則です。 クリックポストは、届け先の郵便受箱へ配達されます。 郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書が郵便受箱に入れられ、荷物は取扱局に戻されます。 参考までに、平日・土曜日に加えて、日曜日・休日も配達が行われる配送方法には、• クリックポスト• 平日・土曜日にしか配達が行われない配送方法には、• などがあります。 スマートレター以外は、オプションを付加することによって、日曜日・休日も配達が可能となる方法があります。 クリックポストの配達日数 日本郵便のWEBサイトに「」ページがあります。 また、遠方や離島の場合は、更に日数を要します。 聞いた話ですが、沖縄の方の話では「本土からの荷物は1週間は当たり前」とのこと。 クリックポストのメリット・デメリット(注意点) クリックポストのメリット• 料金が安い。 重さが100g超~1kgの場合、定形外郵便物より安い。 重さが150g超~1kgの場合、ゆうメールより安い。 インターネットで運賃の決済ができる。 あて名ラベルの手書きが不要。 ポストに投函できるので、365日発送が可能。 日曜日・休日も配達が行われる。 追跡サービスが利用できる。 クリックポストのデメリット(注意点)• インターネット環境とプリンターが必要。 とYahoo! ウォレット クレジットカード払い の利用登録、または、Amazonアカウントの取得とAmazon Pay クレジットカード払い の利用登録が必要。 現金等での支払いができず、クレジットカード払いにしか対応していない。 切手が利用できない。 対処法:「」「」「」などに変更。 オプションサービスを付加することができない。 損害賠償の対象ではない。 信書が送れない。 対処法:「」「」「」などに変更。 おわりに クリックポストは、ヤフオク! やフリマアプリの商品発送に、非常に人気のあるサービスです。 補償はありませんが、追跡サービスが利用できることによって、送る側は送られる側に大きな安心感を提供できます。 商品が売れる確率にも、少ながらず影響力を持っていると思われます。 私の経験ではこんなこともありました。 配送方法がレターパックや定形外郵便ばかりの同じ商品に対して、私だけがクリックポストで出品したところ、優先的に売れたことが何度もありました。 まだ、ヤフオク! 等で利用したことがない方、オークション等以外でも小物を送ることが多い方にはおすすめの配送方法です。

次の

クリックポストのQ&A

クリック ポスト

ネットオークションやフリマアプリに出品していると、どのように商品を発送するかが重要になってきますよね。 「 コストも抑えたいし、落札者の元へ無事に送り届けたい!」 そんな時に便利な郵送サービスがクリックポストです。 送料は日本全国一律185円。 さらに、追跡サービスまで付いているのだから使わない手はありません。 しかし、気になるのは 配達日数。 「 送料は安いけれど、配達にどれくらいかかるんだろう…。 」 商品を楽しみに待ってくれている方のために、スピーディーに送り届けるのも重要なことです。 そこで、クリックポストの配達日数や土日・祝日の配達状況について詳しく調査しました。 併せて、クリックポストの利用方法や利用するメリット・注意点もご紹介しますよ。 クリックポストを徹底的にマスターして、上手に活用していきましょう!• クリックポストの配達日数 ネットオークションやフリマアプリを使って売買していると、郵送方法だけでなく配達日数も重要なポイントですよね。 「 2日以内に発送します。 」「 明日投函します。 」と落札者に伝えているにも関わらず、対応が遅れてしまうと、 信用や評価を落としてしまうことに。 薄くて軽いものを送るのに最適なクリックポストは、どれくらいの日数で送れるのでしょうか。 まずは、クリックポストの配達日数を詳しく確認していきましょう。 差出日の翌日から翌々日までに配達 日本郵政公式ホームページの『』に記載の通り、クリックポストは、基本的に差出日の翌日から翌々日までに配達されます。 ただし、届け先が遠方であったり、離島など一部地域の場合は、さらに日数を要することもあります。 通常、定形外郵便物の配達は月~土までとされているため、日・祝日にも配達してもらいたい場合は、速達や配達日指定などのオプションをつけなければなりません。 そうすると、 オプション代が追加され、送料がグンと跳ね上がってしまうのです。 クリックポストは曜日に関係なく配達され、しかも追加料金一切なし!とても嬉しいメリットですよね。 というのも、ポストにはそれぞれ集荷の時間や回数が定められているため、 クリックポストを投函した時間がその日の集荷に間に合わなければ、翌日の差し出し分として扱われることになってしまうからなんです。 ちなみに、ポストの集荷時間と回数はポストごとに異なり、さらに平日か休日かによっても変わります。 例えば、新宿駅東口のロータリー前にあるポストの集荷時間と回数をみてみましょう。 事前手続きをする。 初回時のみ、Yahoo! JAPAN IDでクリックポストWebサイトにログインし、利用者情報を登録する。 発送の申し込み お届け先情報等の入力 と、Yahoo! ウォレットで運賃の支払い手続きをする。 お手持ちのプリンターなどで、ラベルを印字する。 ラベルを荷物に貼り付け、最寄りの郵便ポストへ投函または郵便窓口へ差し出す。 尚、 送料の決済処理は、郵便局でクリックポストの引受処理をした時点で行われます。 クリックポストを初めて利用する際には色々と手続きが必要となりますが、2回目以降は簡単ですよ。 発送の申し込みと支払い手続きをすれば、後はラベルを貼って近くのポストに投函するだけです!とてもお手軽ですよね。 クリックポストの正しい送り方は『』の記事にて詳しう解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。 クリックポストを利用するメリットと注意点 クリックポストは、土日・祝日も配達され、しかも送料が日本全国一律で185円!ネットオークションなどでの商品発送方法として、早速利用してみたくなりますよね。 でもその前に、クリックポストについての知識をもう少し深めていきましょう。 クリックポストは、安価な送料以外にも嬉しいメリットをたくさん備えたサービスなんですよ。 また一方で、利用する前に押さえておきたい いくつかの注意点もあるんです。 そこで最後に、これまでみてきた内容のおさらいも含めて、クリックポストを利用するメリットと注意点を詳しくご説明します。 クリックポストの良い面・悪い面の両方を把握して、上手に活用していきましょう! クリックポストのメリット まず、クリックポストのメリットについてご紹介します。 利用すると、次のようなメリットがあるんですよ。 ポスト投函OK ポスト投函ができる手軽さもクリックポストの魅力的なメリットの一つです。 近くに郵便局がない場合や郵便窓口が閉まっている時間帯でも、最寄りのポストや外出先、仕事先のポストで気軽に郵便物を差し出すことができますよ。 ただし、 梱包したクリックポストが規定サイズギリギリの大きさの場合、一部ポストに入らないこともありますので注意してください。 クリックポストは、もちろん郵便窓口に差し出すことも可能なので、ポストに入らない場合などは郵便局まで持ち込みましょう。 追跡サービスがある ポストに投函できる手軽さはとても魅力的ですが、ネットオークションなどで商品を発送する際には、ポスト投函後、相手に無事に配達されるのかが気になるところですよね。 そんな時にも、クリックポストなら追加料金なしで追跡サービスが利用できるので安心ですよ。 次の通り、 郵便物の配達状況がインターネット上から確認できるのです。 引受局での引き受け記録• 配達局への到着記録• 配達員による持ち出し記録• 配達完了記録 クリックポストなら配達完了までの情報をしっかり確認できるので、安心して利用できますよね。 クリックポストの追跡を確認する方法は『』の記事で更に詳しく解説しています。 郵便受けに配達される 「 平日に届いてしまうそうだけど、大丈夫かな…。 」 郵便物を送る場合、手渡しとなる郵送方法だと受取人の都合を配慮する必要がありますよね。 手渡しは確実に届けられるため安心感がありますが、一方で、ちょっとしたものを送りたい場合には少し面倒に感じることも。 その点、クリックポストは宛て先の郵便受けに配達されるので、送る際に相手の都合を考える必要がありません。 また、郵便物を受け取るために自宅に滞在している必要がないので、受取人にとっても手軽な郵送方法なんです。 尚、 宛て先の郵便受けに入らない場合は、不在配達通知書が投函されますので、受取人の都合に合わせて再配達してもらえますよ。 クリックポストの注意点 続いて、クリックポストの注意点をみていきましょう。 利用してから後悔することのないよう、下記の注意点をしっかり押さえてくださいね。 送れるもの 送れないもの• 衣料品• サプリメント• CD・DVD• 雑誌・コミック• スマホケースなど• 貴重品 貴金属など• 危険物 爆発物・毒劇物 など 現金や信書、貴重品などを送りたい場合は、クリックポスト以外のサービスを利用するようにしてくださいね。 速達や書留などのオプションがつけられない 「 より早く届けたい!」「 補償をつけて送りたい!」 そんな時には、速達や書留などのオプションサービスが頭に浮かびますよね。 しかし、クリックポストには、 それらのオプションを付加することができませんので注意してください。 速達や書留のほか、次のオプションや配達指定も不可とされています。 インターネット環境とプリンターが必須 「 パソコンやスマホは使えるけれど、自宅にプリンターが無い…。 」 実は、そんな場合の裏技もあるんですよ。 ひと手間加えれば、コンビニでもラベルが印刷できるんです。 そんな裏技を簡単にご説明しますね。 まず、宛て名ラベルの作成にパソコンを使用する場合は、作り終えた宛て名ラベルをPDF形式で保存し、さらにそのPDFデータをUSBなどに保存します。 後は、そのUSBを持ってコンビニへ。 店内に設置されているプリンターで印刷することができます。 また、スマートフォンを使用する場合は、事前に『』や『』の会員登録をし、専用アプリを使うことで、コンビニ設置のプリンターから印刷することができます。 まとめ クリックポストの配達日数は、差出日の翌日から翌々日です。 土日・祝日も関係なく配達されているので、とても便利な郵送サービスですよね。 しかも、ポスト投函OK、送料一律185円と手軽で格安な上、配送状況の確認ができる追跡サービス付きと、かなりメリット豊富!! Yahoo! IDの取得やYahoo! ウォレットの利用登録など事前登録が少々手間なことや、送付不可のものがあるなど、いくつか押さえておきたい注意点もありますが、 送料を安く抑えつつ、無事に送り届けたいネットオークション利用時には、かなり相性抜群の郵送方法ですよ。 クリックポストの良い面と悪い面をしっかり把握して、お得に上手に活用していきましょう!.

次の

最新版!クリックポストで差出人をAmazonの屋号に変更する方法

クリック ポスト

2020年4月1日 水 より、運賃が「198円 税込 」に改定されました。 「 クリックポスト」は、全国一律198円で荷物を送れる、日本郵便による運送サービスです。 インターネットを利用するため、運賃のネット決済、あて名ラベル印刷、追跡サービスなど、さまざまな便利なサービスが付加されています。 また、送れないものはほんの一部のもので、重さも1kgまで可能なので、本、CD、衣類など、多種多様なものを安く簡単に送ることができます。 この記事では、そんなクリックポストについて、サイズや厚さ、追跡サービスなどの概要に加え、配達日・配達日数、出し方に至るまで幅広く解説しています。 また、出し方については、実際の郵便物を使って画像付きで詳しく解説した記事も公開しています。 2020年4月1日 水 より、運賃が「198円 税込 」に改定されました。 サイズ 長さ 14cm~34cm サイズ 幅 9cm~25cm 厚さ 3cmまで 重さ 1kgまで 料金 全国一律 198円 追跡サービス 有り 補償 無し 定形外郵便物やゆうメールとの料金等の比較 同じサイズ、厚さ、重さの場合(上記のMAX)、「規格内」の料金は580円ですので、クリックポストなら約3分の1の料金で送れることになります。 定形外郵便物「規格内」の料金は、100g以内が140円、150g以内が210円となっていますので、一般的には、 100gを超えるかどうかが、発送方法を決める分岐点になると思われます。 また、サイズ、厚さ、重さのMAXが同じとの比較では、150g以内が180円、250g以内が215円となっていますので、 150gを超えるかどうかが、発送方法を決める分岐点になると思われます。 オプションサービスについて オプションサービスを付加することはできません。 付加したい場合は、別の配送方法に変更する必要があります。 速達にしたい場合• 着払いにしたい場合• 追跡番号は、クリックポストにログイン-マイページの「お問い合わせ番号」です。 ヤフオク! 等で相手に追跡番号を知らせる必要がある場合は、この番号を伝えます。 追跡は、日本郵便の専用ページ「」で行えます。 補償について 損害賠償の対象ではありません。 賠償・補償が必要な場合は、別の配送方法に変更する必要があります。 信書、現金、貴金属等の貴重品および爆発物・毒劇物等の危険物等を入れて送付することはできません。 引用元: つまり、上記以外のものであれば、送ることが可能ということになります。 ただ、、、等では「信書」が送れますが、クリックポストでは送れない点には注意が必要です。 クリックポストの出し方 利用方法 クリックポストの利用には、事前手続きとして、と クレジットカード払い の利用登録、または、Amazonアカウントの取得とAmazon Pay クレジットカード払い の利用登録が必要です。 初回は、Yahoo! JAPAN ID または AmazonアカウントでクリックポストWEBサイトにログインし、利用者情報を登録します。 公式:• 公式:• お届け先情報等を入力し、Yahoo! ウォレットまたはAmazon Payで運賃の支払い手続きをします。 あて名ラベルを印刷します。 モノクロ印刷でも構いません。 ただ、手書き等で修正したものは引き受けてくれません。 ラベルを荷物に貼り付け、郵便ポストまたは郵便局の窓口へ差し出します。 参考商品:• 左右に投函口のあるポストに投函する場合は、右側の投函口に入れます。 間違えて左に入れても問題ありませんが、ある程度の大きさ・厚みがある郵便物は、右側に入れるのが原則です。 クリックポストは、届け先の郵便受箱へ配達されます。 郵便受箱に入らない場合は、不在配達通知書が郵便受箱に入れられ、荷物は取扱局に戻されます。 参考までに、平日・土曜日に加えて、日曜日・休日も配達が行われる配送方法には、• クリックポスト• 平日・土曜日にしか配達が行われない配送方法には、• などがあります。 スマートレター以外は、オプションを付加することによって、日曜日・休日も配達が可能となる方法があります。 配達日数 日本郵便のWEBサイトに「」ページがあります。 また、遠方や離島の場合は、更に日数を要します。 聞いた話ですが、沖縄の方の話では「本土からの荷物は1週間は当たり前」とのこと。 クリックポストのメリット・デメリット(注意点) メリット• 料金が安い。 重さが100g超~1kgの場合、定形外郵便物より安い。 重さが150g超~1kgの場合、ゆうメールより安い。 インターネットで運賃の決済ができる。 あて名ラベルの手書きが不要。 ポストに投函できるので、365日発送が可能。 日曜日・休日も配達が行われる。 追跡サービスが利用できる。 デメリット(注意点)• インターネット環境とプリンターが必要。 と クレジットカード払い の利用登録、または、Amazonアカウントの取得とAmazon Pay クレジットカード払い の利用登録が必要。 現金等での支払いができず、クレジットカード払いにしか対応していない。 切手が利用できない。 対処法:「」「」「」などに変更。 オプションサービスを付加することができない。 損害賠償の対象ではない。 信書が送れない。 対処法:「」「」「」などに変更。 おわりに クリックポストは、ヤフオク! やフリマアプリの商品発送に、非常に人気のあるサービスです。 補償はありませんが、追跡サービスが利用できることによって、送る側は送られる側に大きな安心感を提供できます。 商品が売れる確率にも、少ながらず影響力を持っていると思われます。 私の経験ではこんなこともありました。 配送方法がレターパックや定形外郵便ばかりの同じ商品に対して、私だけがクリックポストで出品したところ、優先的に売れたことが何度もありました。 まだ、ヤフオク! 等で利用したことがない方、オークション等以外でも小物を送ることが多い方にはおすすめの配送方法です。

次の