シブ がき 隊 ジャニーズ。 視聴者騒然!本木雅弘が暴露した「シブがき隊」解散舞台裏とメンバーの不仲

【元シブがき隊】薬丸裕英 手越祐也の会見での発言に「許せない」

シブ がき 隊 ジャニーズ

俳優の本木雅弘(50)が、「自分が終わらせた」とシブがき隊解散の真相を語った。 本木は8日放送のTBS系「サワコの朝」で自身のこれまでの活動を振り返った。 15歳でデビューし、その後アイドルグループのシブがき隊として熱狂的な人気を集めた本木だったが、自分に自信がなく調子に乗っていると思われるのが怖かったという。 デパートの屋上でキャンペーンイベントを行った際も、「恐ろしい数の女の子が来たんですが、なんで自分みたいな若造にこんな熱狂するんだろうと一気に引いてしまった自分がいた」と明かす。 その後シブがき隊は解散し、本木はもともと興味があったという芝居の道に進むが、シブがき隊を解散させたのは本木だったという。 本木は「実は解散が決まる前、私が早々に、業界そのものを辞めてパリでもどっかでも行って皿洗いでもなんでもいいからやって、ということをしたいから辞めてもいいかと二人に相談しました。 二人とも目が点になってましたけど」と告白。 「布川(敏和)さんは『本木がそう言うならそれでいいよ』と言ってくれました。 薬丸(裕英)さんはグループを愛していたし続けたいという気持ちがあったんだと思います。 でも私が暴走したのでこういう結果になった」と振り返った。 とはいえ、芸能界に身をおいていた本木。 「この辺が弱さというか欲深さなんですが、言ってみれば今までは自分が受けていたのは3分の1の愛情だったわけじゃないですか。 だから、もし自分が一身に愛情を受けたらどれだけ頑張れるのかというのを試してみて、それでダメだったら業界そのものをやめればいい」と考え俳優として活動したことを明かした。

次の

過去の解散劇…光GENJIは不仲、シブがき隊は少年隊が脅威に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

シブ がき 隊 ジャニーズ

結成当初は「 仙八トリオ」、「 悪ガキトリオ」などと呼ばれていたが、1981年の夏に雑誌『』の一般公募によって『 シブがきトリオ』に決定(グループ名の由来は「シブい"ガキ"」を意味 )。 その後まもなくして『 シブがき隊』に改められた。 当時の芸能界では三人組に「~トリオ」と名付けるのが乱立しており、目立たせるため所属事務所の社長・があえて「トリオ」から「隊」へと改名を施した。 なお、ジャニーズ事務所のグループで名称を一般公募したのはシブがき隊のみである。 『2年B組仙八先生』放送終了直後の5月、「」で歌手デビュー。 デビュー当時のキャッチフレーズは「YMF 正面突破」。 同期の女性アイドルには・・・・・・後に薬丸の妻となるら「花の82年組」がおり、男性アイドルながらシブがき隊も「花の82年組」に入れられることもある。 同年の『』では最優秀新人賞を受賞。 翌年以降もヒット曲を幾つも繰り出し、オリコンシングルチャートやテレビの歌謡ランキング番組では10位圏内へ常に入り込み、同事務所の先輩で先行デビューしていた・らに続いた時代を代表する男性アイドルとなっていった。 シブがき隊の特徴としては、の曲調が挙げられる。 当時のアイドル界では、歌や踊りの実力よりもタレント個人がもつ魅力がより重視される傾向にあった。 シブがき隊も歌や踊りのレベルをカバーするべく、楽曲の企画性(ノベルティソング)で話題を集める手法をとる。 ジャニー喜多川が米国由来の芸能音楽を事務所の基本方針に据えていたため、米国から見た日本、すなわちジャポニズムの楽曲が多数制作された。 この流れは後輩のに受け継がれている。 歌手活動のほか、映画、CM、テレビドラマ、バラエティ番組など多岐にわたって活動。 四年半も続いたで放送の歌謡バラエティ番組『』と後継番組の『』では司会進行も担うなどして抜群のトーク術とコント力が身についていく。 田原・近藤らとともに80年代前半の男性アイドルシーンを圧倒的にリードしていったが、になると、前年デビューのや当時低迷していた老舗芸能事務所のが起死回生に仕掛けた大型新人のらが台頭してくるようになる。 その責任感の強さから仲間内で"リーダー"と呼ばれていた薬丸はそれらライバルに闘志を燃やしていて距離感を取っていたが、楽天的な布川や本木は逆にチェッカーズと意気投合して仲良しくなり 、彼らが住んでいた合宿所にも遊びに行っていた。 末、シブがき隊と同時期に結成された同じ事務所所属の三人組男性アイドル・が満を持して歌手デビュー。 同じ土俵へ上られたことにより、シブがき隊が持ち合わせていなかったその歌唱力とキレの鋭いダンスを目の当たりにして、メンバーらは「こりゃ絶対勝てないな~」と思ったと言う。 、デビュー年から4年連続で出場してきた『』に少年隊と入れ違いで落選したことを示すように 、日の出の勢いであった少年隊に対して、シブがき隊が出すシングルは80年代前半よりも人気の面で勢いを失っていき、それまでのようにオリコンシングルチャートやランキング番組で10位圏内に入ることがだんだんと叶わなくなっていった。 また、デビュー以来必ず三人一緒であったグループ活動から、1986年3月放送の布川単独出演のテレビドラマを皮切りに、各々がソロ活動をするようになっていく。 ただし、それはテレビドラマとバラエティ番組出演に限られたことで、歌手活動においてはソロで行う者はいなくて、後の解隊(解散)まで三人一緒のシブがき隊としてシングルをコンスタントにリリースし続け、歌謡番組への出演も疎かにしなかった。 8月7日のにおけるコンサートでグループの解散を示す解隊宣言を発表し、同年の代々木第一体育館におけるコンサートをもって解隊した。 当時、各々ソロでの活動に比重が置かれるようになってグループとしての活動は霞んではいたが、解隊時はそれを記念して三人一緒の活動が設けられ、解体の報告をするために幾つもの歌謡番組に出演をしたほか、三人が主演となったドラマも作られて放送されるなど、賑やかにその最後の花道を飾った。 エピソード [ ]• 当初は本木がセンターの立ち位置だったが、歌手デビュー時には薬丸がセンターとなり、途中から本木がセンターに戻った。 デビュー時センターに立っていたことや、責任感の強い性格から、薬丸は他のメンバーに「リーダー」と呼ばれることがあった。 しかし実際には、特にリーダーは誰だということは決まっていなかった。 は「」という名前であった。 バンド名は事務所の社長・ジャニー喜多川が命名。 解散後、本木と布川はジャニーズ事務所をすぐに離れた。 薬丸は残ったものの、1年後にジャニーズ事務所を離れた。 解散以来、3人が公の場に揃って出ることはなかった。 しかし、本木も布川もそれぞれ薬丸が司会の『』「はなまるカフェ」にゲスト出演している。 その後、本木主演の映画『』が外国語映画賞を受賞した際、授賞式の翌朝、同番組でロサンゼルスより生中継にて薬丸が本木にインタビューし、久しぶりの二人の共演が実現した。 また薬丸のレギュラー番組『』に布川がゲスト出演し共演を果した。 薬丸はやといった続々と出てくるライバルに闘志を燃やしていたが、逆に布川や本木はチェッカーズと仲良しで 、チェッカーズが住んでいた合宿所にも遊びに行っていた。 2010年の夏に布川がふっくん布川としてスシ食いねェ! をもじった「そば食いねぇ! 」でソロデビュー。 解散から22年ぶりの歌手活動..... である。 、TBS『』で、スタジオゲストに薬丸・VTRで本木(ドラマの番宣で沖縄へ)と布川(妻子とともに石垣島と"シブがき島"へ)が出演と、同一番組内に解隊後初めて揃って出演となった(共演ではない)。 主な出演作品(ソロは除く) [ ] バラエティ番組 [ ]• (1981年 - 1982年、テレビ東京)• (1982年 - 1986年、テレビ東京)- 司会者• (1985年 - 1987年、フジテレビ)• (1986年、フジテレビ)• 今夜見納め! これが最後のシブがき隊(1988年、日本テレビ) 解散番組• (1982年-1988年、TBSテレビ)• (1982年-1988年、フジテレビ)• (1982年-1986年、NHK)• (1982年-1987年、テレビ東京)• (1982年-1985年、TBS)ゲスト出演• (1986年-1988年、テレビ朝日)• (1986年-1988年、TBSテレビ)• テレビドラマ [ ]• (1981年 - 1982年、)• (1982年 - 1983年、TBS)- 「黒蜥蜴」のメンバーという役柄• (1983年5月16日 - 9月26日、、)• (1983年10月13日 - 1984年3月29日、TBS)• オールスターアイドルドラマ「走れ青春42. 195キロ」(1984年4月11日、)• ふたりの恋人・殺し屋から愛をこめて! 〜ロマンチック連続殺人(1984年8月18日、TBS)• シブがき隊のスシ食いねェ! (1986年5月5日、、)• さよならは一度だけ…(1988年11月4日、フジテレビ、) 映画 [ ]• (1982年7月10日公開、東映)• (1982年12月18日公開、東宝)• (1983年7月16日公開、東映)• (1985年4月27日公開、東映) ラジオ [ ]• シブがきトリオ 夜をまるかじり! シブがき隊 ホット! ヒット!! はっと?! (ニッポン放送・との共演)• シブがき隊 青春キャッチボール()• シブがき隊 マジジェネレーション(TBSラジオ)• リクエスト30・シブがき隊の俺たちマジだぜ! (TBSラジオ・1986年4月~9月、木曜担当) CM(ソロは除く) [ ]• リトルボール(1982年のグループ初CM)• おにぎり囃子• コロコロリン• グーチョコパー• ラブジュ• 牛乳石鹸(進物用キャンペーン)• 「ふちどりMARKER・メタリック」• 「マイアイドル」• (出演は無く、歌のみでの参加) みんなのうた [ ]• スシ食いねェ! (1985年、) ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• (シックスティーン)()• (1982年7月21日)• (1982年10月28日)• (ヴァージンショック)(2月25日)• (LOVE)(1983年5月5日)• (1983年8月8日)• (MUGENDAI)(1983年10月13日)• (1月15日)• (カツ)(1984年3月30日)• (1984年6月1日)• (1984年7月7日)• (ダンディ)(1984年10月3日)• (イッキ)(1月11日)• (1985年4月3日)• (ムーン・ビーナス)(1985年6月29日)• (1985年10月2日)• (1月22日)• (1986年2月1日)• (スシ食いねェ! 英語ヴァージョン)(1986年4月10日)• (1986年6月1日)• (アラビアンキッスクラブ)(1986年9月5日)• (ブールバード)(1986年11月21日)• (1987年3月21日)• (7月22日)• (1987年11月21日)• (プス プス)(2月26日)• (1988年7月15日)• (1988年10月8日) アルバム [ ]• for'83 -We come together,we'll run together-(1982年12月1日)• 夏・Zokkon -Memories For You-(1983年7月1日)• Honesty まじ(1984年12月8日)• バローギャングBC ~From桑港~(1985年4月21日)• エキゾティック(1985年11月21日)• 5th ANNIVERSARY(1986年5月5日)• 情熱的新世界 -PASSIONATE PARADISE-(1986年7月21日)• HOROSCOPE ホロスコープ(1986年12月21日)• NEXT STAGE(1987年5月5日)• (1988年3月16日) ベストアルバム [ ]• シブがき隊2000BEST(2000年6月21日)他 CD-BOX [ ]• シブがき隊 1982-1988(CD5枚組)(2008年6月10日) ビデオ [ ]• 88,11,2シブがき隊解隊コンサート(1988年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

シブがき隊

シブ がき 隊 ジャニーズ

2020年6月25日 13:22 25日放送の「」では、19日にとのをして退所、新たな を切った元NEWSの(32)の話題を取り上げた。 で出演のタレント・(54)は手越の会見での発言「をうつされても 面倒くさいので…」について、「まず115分、1人でしゃべったのはすごい。 一つの才能だと思うけど、 僕がとが入ったがあって、そこからはで見られなかった」とまず話した。 「このを聞いた時に許せなかったです」と厳しい表情で続けると、「って、かかりたくて かかったんじゃない人もいるわけじゃないですか。 なってしまった人がいて、ご家族がいて。 そういう 人たちがこの映像見たら、どう思うのかな」と疑問を呈した。 さらに「僕は身近な大切な人を亡くしているので…」と新型感染症による肺炎で亡くなった 女優・さん(享年63)の名前こそ口にしなかったものの。 「その時は許せないって思いが先走っちゃったけど、世の中、人にうつさない、を起こさない、 医療従事者の負担を減らそうって自粛していたわけでしょ。 それが(手越は)医療従事者の方と銀座で、 女性と…。 意味が分からない。 そこからは怒りしかなかったですね」と声を震わせて話し、「こういう ことって、ふだんから思ってないと出てこないんですよ。 言い訳になっていない言い訳。 そういう言い方も 僕には受け入れられなかったです」と続けていた。 元スレ:[].

次の