麒麟がくる 薬物。 「麒麟がくる」に激震!?「マトリがくる」薬物報道でチンコロされた女優とは?|ニフティニュース

『麒麟がくる』薬物女優X特定は

麒麟がくる 薬物

『麒麟がくる』(NHK)より 長谷川博己が主演を務めるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』をめぐり、5月8日配信のニュースサイト「デイリースポーツ」が、新型コロナウイルス感染症問題の影響により、放送回数を減らして年内終了となる可能性を報じた。 ネット上のファンからは残念がる声のほか、「『麒麟がくる』は呪われている」とも言われている。 「明智光秀(長谷川)の生涯を描く同ドラマは、昨年6月には撮影を開始していたものの、帰蝶役で起用されていた沢尻エリカが同11月に麻薬取締法違反で逮捕され、彼女の出演シーンは、川口春奈を代役に撮り直しとなり、今年1月の放送開始が当初の予定より2週間ズレ込むことになったんです」(芸能ライター) また開始直前には、今夏開催されるはずだった東京オリンピック・パラリンピック期間中、放送を休止するため、例年よりも少ない話数となる発表もあったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で同大会の開催延期が決定し、NHKは放送スケジュールを再編成する必要が出てきた。 さらに、テレビ業界でも感染症拡大対策が強化され、『麒麟がくる』も4月1日から撮影を中断する事態に見舞われたのだ。 岡村は30日深夜、そして5月7日深夜の同番組で謝罪を繰り返しているが、いまだ一部で批判の声もある。 「ネガティブな話題続出中の『麒麟がくる』ですが、これに加え『デイリースポーツ』では、コロナ問題による撮影中止状態が続いたことで、来月にも放送を休止しなければならない事態になると指摘。 また、こうした撮影遅れの影響から、年内終了に向けて話数をさらに減らす可能性が高くなっていると伝えています」(同) この報道を受け、ネット上には「沢尻の薬物逮捕がなければ、収録済みのストックはもっとあったはずなのに」「次々に問題発生してるし、その上、話数短縮だなんて」「内容は面白いだけに、主演の長谷川さんが本当に気の毒」「長谷川さんは悪くないけど、呪われてるとしか思えない」といった声が寄せられている。 「昨年の大河『いだてん~東京オリムピック噺~』も、出演者の電気グルーヴ・ピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕されたり、チュートリアル・徳井義実の税務問題が取り沙汰されたりと不祥事はありましたが、『麒麟がくる』のほうが圧倒的にゴタついている印象。 『いだてん』は第6話から視聴率1ケタ台が続いていたのに対し、『麒麟がくる』は2ケタ台をキープしているとあって、『せっかく視聴者が戻ってきたのに、もったいない』という書き込みもありました」(同) 「来年にズレ込んでもいいから話数を減らさないでほしい」という声も出ているが、コロナの影響が続けば、21年の大河『青天を衝け』の撮影もスタートできそうにない。 その上、NHKは、来年の東京オリンピック・パラリンピック期間のことも考えなければならないだけに、苦悩の日々は今後も続いていくこととなりそうだ。

次の

「麒麟がくる」の濃姫代役で大騒動!お騒がせなあの人はどんな人?│エンタメの神様

麒麟がくる 薬物

女優・沢尻エリカ容疑者(本名=澤尻エリカ 33歳)が16日、 東京都内で合成麻薬「MDMA(エムディーエムエー)」を所持していたとして、警視庁組織犯罪対策部に麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことが明らかになりました。 捜査関係者によれば、 沢尻エリカ容疑者は16日に、合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕されたといい、現時点では逮捕に至った経緯、所持量などは明らかになっておらず、警視庁は18時から詳細を説明するとしています。 そうした中で合成麻薬所持の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者は、7年前の2012年5月に週刊誌『週刊文春』によって 「沢尻エリカは大麻中毒」と報じられており、以前所属していた芸能事務所『スターダストプロモーション』から契約解除された理由は、大麻使用によるものだったとスクープされています。 さらに2011年2月には『週刊ポスト』によって、スペイン・バルセロナ在住の「大麻栽培のインストラクター」を自称する男性(当時29歳)との熱愛疑惑を報じられており、男性のフェイスブックなどのSNSには大麻の写真などが複数投稿されており、その中には沢尻エリカ容疑者とのツーショット写真などもありました。 マトリは小嶺容疑者を約10年前からマークしていましたが、実は沢尻のことも、同時期からマークしていたそうです」と全国紙社会部記者が語っていました。 こうした疑惑が浮上していたため、NHK内でも 「沢尻は本当に大丈夫なのか?」との声も上がっており、疑惑を払拭できなければ大河降板という事態になってもおかしくないとしていたのですが、今回の事件によって『麒麟がくる』からの降板は確定とみられます。 沢尻エリカ容疑者はすでに7年前に大麻使用疑惑を報じられていただけに、MDMA所持による逮捕報道には驚きはありませんが、まさか『麒麟がくる』の撮影中に逮捕とは驚きました。 09グラム)が発見されたため、13時頃に逮捕したとのことです。 取り調べに対して沢尻エリカ容疑者は、 「私のもので間違いありません」と容疑を認めているといいます。 また、 尿検査で使用の有無を調べたところ、簡易鑑定では陰性だったといい、これから本鑑定で使用の有無を詳しく調べていくそうです。 この事件を受けて、15日から放送がスタートしたばかりの求人検索エンジン『Indeed(インディード)』の新CM、メイキング動画はすでにYouTubeから削除されています。

次の

麒麟がくる出演の薬物疑惑大物女優Xは誰?【キャスト演技派女優一覧】│ネタ取りニュース

麒麟がくる 薬物

6月29日発売の「実話ナックルズ」がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中の、演技派女優Xの「違法薬物使用疑惑」を報じている。 記事によれば、実際Xに薬物を届けた売人が「南米由来の薬物がメインだが、それだけでなくいろいろな種類を買ってくれる。 売人仲間の間では上客として有名」と告白。 裏社会では筋金入りのジャンキーと呼ばれているというのだ。 現在、新型コロナの影響で放送休止中の「麒麟がくる」は、放送前に濃姫役の沢尻エリカが自宅に違法薬物を所持していたとして逮捕。 緊急降板することとなり、急きょ沢尻の出演シーンを撮り直すという事態に見舞われている。 もし、沢尻に続く逮捕者が出れば、呪われた大河となることは間違いないだろう。 では、問題の女優Xとは誰なのだろうか。 記事中に何度も出てくる「演技派」という言葉から考えられるのは、数々の映画やドラマに出演している女優だろう。 「麒麟がくる」の出演リストを見ると、ドラマや映画で十分に主役を張れそうな名前がズラリと並ぶ。 年齢や特徴などがわかる明確な記述はないため特定することは難しいが、裏社会に詳しいジャーナリストは「芸能界では数年前から南米由来のパーティー向け薬物が流行っている。 正直、誰がやっていても驚きはない」と証言する。 昨年、ピエール瀧が逮捕されたときに明らかになったように、このパーティー向け薬物は、吸引後数十分で効果が抜けるため、景気づけに仕事前に使用する人間も多いという。 「コロナ禍において、警察やマトリはけっして捜査の手をゆるめているわけではありません。 むしろふだんよりも多くの有名人がクスリで摘発されています。 この理由は2つ。 ひとつはコロナ疲れからくるストレスを違法薬物で発散させたいという有名人が意外に多かったということ。 そういう人間ほど警戒心が薄れやすい。 そしてもうひとつは、違法薬物の取引価格の高騰。 外国との人の往来が激減したことで、国内に供給される量が減ったのが一因。 こうした状況で、クスリが入手できるのは、それなりの人脈と金を持つ一部の金持ちや有名人に限られてきますからね。 嫉妬にかられたクスリ仲間から『あいつやってまっせ』みたいなタレコミが寄せられることも増えたそうです」(前出・ジャーナリスト) 芸能人の薬物疑惑は後を絶たず、そのほとんどが疑惑のままで終わることは確かだが、裏社会の専門誌である「実話ナックルズ」だけになぜか説得力もあるような…。 「麒麟がくる」にマトリがくるような悲劇が訪れないよう、祈るばかりだ。 (金沢伝之助).

次の