空母 いぶき 映画 無料 動画。 空母いぶき(映画)の無料動画を配信サービスやopenloadで見れない?フル視聴する方法まとめ

映画『空母いぶき』のフル動画を無料視聴する方法!おすすめの動画配信サービスは?

空母 いぶき 映画 無料 動画

U-NEXTの特徴• 31日間無料トライアルがある• 無料期間内に解約でも600円分のポイントは付与される• 最新作品の配信リリースはVOD各社の中でもトップクラス• ダウンロード・オフライン再生機能有り• 同時再生可能端末4台で家族みんなで使える• 漫画・小説などの書籍も配信している• 成人男性向けコンテンツも網羅している数少ないVOD 月額2189円(税込)の動画配信サービスですが、17万本以上のコンテンツを取り扱っている業界最大級の大手です。 他社より少し高いですが、この1社で大体全部を網羅できますね。 定額見放題コンテンツと個別課金が必要になる最新作品の2つで構成されますが、毎月1200円分のポイントが付与されるので、それを活用して最新作品などの視聴が可能です。 1200円分は最新作品の個別課金へ、残りの1000円分は定額見放題分へ、というイメージで2200円弱が構成されています。 無料トライアル時にも600円分のポイントが付与されるので、これを活用すれば無料で動画を視聴する事が出来ます。 valuecommerce. valuecommerce. 1ヶ月無料お試しがある• 無料で付与される500ポイントを使用すれば新作も視聴できる• 映画だけじゃなくフジテレビ系のドラマ・バラエティにめっぽう強い• 100誌以上の雑誌が読み放題の付加価値サービス FODプレミアムは月額888円で株式会社フジテレビジョンが運営するVODです。 普通に動画を1本も視聴しなくても、 閲覧する雑誌の購読数だけで元が取れるレベルでした。 月額料金888円で1300円相当の視聴ポイントが付与される点でもコスパはかなり良い業者と言えるでしょう。 Amazonプライムビデオ Amazonプライムビデオの特徴• 一般は30日間、学生は6ヶ月間の無料お試し期間が凄い• ダウンロード・オフライン再生機能有り• 3台同時再生が可能• ドキュメンタルやバチェラー・ジャパンなどオリジナル作品に強み有り• Amazonプライムで配送や買い物がさらに便利になる AmazonプライムビデオはあらゆるAmazonプライム特典の中の一つなので、普段Amazonをよく使う人にとっては生活の利便性が改善します。 料金は月額500円ですが、ビデオ〜配送・買い物などが便利になるのでお得感はハンパないですね。 こちらも最新作品の視聴に個別課金が必要になるので、無料トライアルだけで完結しようとするとやはりU-NEXTが現時点でのベストチョイスかもしれません。 『空母いぶき』あらすじ 20XX年、12月23日未明。 未曾有の事態が日本を襲う。 沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。 海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。 艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。 そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。 現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。 さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。 想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。 政府はついに「防衛出動」を発令する。 迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた・・・・・・。 参考 『空母いぶき』キャスト・スタッフ• ゆく道くる道わかれ道• 天皇の料理番• おまかせください、オレの女房どの• 月曜ドラマランド『どっきり天馬先生』• 月曜ドラマランド『特別機動少女隊 ホールドアップ』• 透明少女• みゆき• 未亡人は17歳• あまえないでヨ! ラジオびんびん物語• オレの妹急上昇• 熱っぽいの! あそびにおいでヨ! 追いかけたいの! かっこつかないゼ• しゃぼん玉• 教師夏休み物語• 振り返れば奴がいる• 花王ファミリースペシャル『夢は世界のデザイナー ケンゾー・ジュンコの青春物語』• 振り返れば奴がいる 最後の戦いスペシャル• お金がない! 料理人・豪太が行く• 正義は勝つ• いい日旅立ち〜4つの卒業〜• 炎の消防隊• 3番テーブルの客• それが答えだ! 金曜エンタテイメント『姑は名探偵 芹澤雅子』• 恋はあせらず• チェンジ! 土曜ワイド劇場『名探偵由利麟太郎 蝶々殺人事件』• けろりの道頓• 輝ける瞬間• やまとなでしこ• 反乱のボヤージュ• 金曜エンタテインメント『ピッキングトリオの事件簿』• 恋ノチカラ• 真夜中の雨• 美女か野獣• マルサ!! 東京国税局査察部• 救命病棟24時• 祇園囃子• 熟年離婚• さいごの約束• 役者魂! 金曜プレステージ『パパの涙で子は育つ』• パンドラ• 愛馬物語• 太陽と海の教室• 世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋 〜人気作家競演編〜『燔祭』• 尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~• ゆりちかへ ママからの伝言• チキンレース• しんがり 山一證券 最後の聖戦• 巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲• 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜• アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜• COMPLEX BLUE• ホワイトアウト• 子宮の記憶 ここにあなたがいる• 沈まぬ太陽• 夜明けの街で• 柘榴坂の仇討• 空母いぶき• Fukushima 50 西島秀俊の代表作• 居酒屋ゆうれい• 大失恋。 マークスの山• さわこの恋 1000マイルも離れて• セラフィムの夜• 菜の花配達便• アートフル・ドヂャース• 冷血の罠• ニンゲン合格• SELF AND OTHERS• 世界の終わりという名の雑貨店• クロエ• Dolls• tokyo. sora• ラストシーン• いたいふたり• すべては夜から生まれる• マナに抱かれて• 監督感染 DIRECTOR INFECTION『終着駅の次の駅』• 銀のエンゼル• CASSHERN• トニー滝谷• カナリア• 雨よりせつなく• 楳図かずお恐怖劇場『蟲たちの家』• さよならみどりちゃん• メゾン・ド・ヒミコ• 三年身籠る• 好きだ、• LOFT ロフト• 海でのはなし。 フリージア• パッチギ! 真木栗ノ穴• 眠り姫• 丘を越えて• 東南角部屋二階の女• 春よこい• 蟹工船• ゼロの焦点• サヨナライツカ• CUT• セイジ-陸の魚-• メモリーズ・コーナー• ストロベリーナイト• ハーメルン• 天空からの招待状• ゲノムハザード ある天才科学者の5日間• チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像• 脳内ポイズンベリー• 劇場版 MOZU• 女が眠る時• クリーピー 偽りの隣人• ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜• 散り椿• オズランド 笑顔の魔法おしえます。 人魚の眠る家• 空母いぶき• 任侠学園• 風の電話• シン・ウルトラマン 『空母いぶき』みんなの感想.

次の

映画|空母いぶきの動画をフルで無料で見れる動画配信まとめ

空母 いぶき 映画 無料 動画

映画『空母いぶき』の無料動画をフル視聴する方法 動画配信サービスやopenload、パンドラなどの無料動画サイトで観たい映画を無料視聴できる方法があります。 動画配信サービス 映画『空母いぶき』は、、ビデオパス、、の4つの動画配信サイトでお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料で視聴できます。 最新の配信情報は各動画配信サービスの公式サイトでご確認して下さい。 おすすめはU-NEXT 映画やドラマの本数が圧倒的に多く、本当に一日中見れてしまうところが一番おすすめです。 アマゾンプライムビデオやネットフリックスでは、出てこない洋画が見れます。 不朽の名作はもちろん、最新作も早く、見れることが嬉しいです。 1ヶ月の無料お試し登録も簡単で、手軽に自宅で映画を楽しめます。 大きなスクリーンやiPadなどで見ると、なお、本物の映画館のようです。 片手にポップコーンを共に、映画を本格的に楽しめる、そんな素晴らしいサービスを提供してくれます。 プラダを着た悪魔(2006年)を久しぶりに見ました。 ほかの動画配信サービスでは見当たらず、諦めてしまったが、U-NEXT だけは、きちんと配信してくれました。 本当に素晴らしいサービスです。 U-NEXTは様々なジャンルのコンテンツを楽しめるところが魅力的です。 私は動画、特に見逃したドラマや過去の映画、雑誌のコンテンツをよく利用しています。 動画は検索すると関連動画も一緒に出てくるので、気になっている動画に加えて新たに興味のひく動画に出会えたり、新たな発見があるので見ていて楽しいです。 また、雑誌は、一冊ずつ買っていくとお金も時間も置き場所もかかりますが、ネットでさくさく読めて、気になるブランドはその場でスマホ検索ができるので、雑誌は紙媒体を購入するより断然お得でおすすめです。 申し込むと家族で回線を分け合えるので、私たち家族は4人でわけあって、新たに購入した動画は情報共有し、他の家族にもみるようにすすめたり、共有する楽しみもあります。 特徴と登録方法 U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。 特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 openloadやパンドラ 現在、世界最大規模の無料ファイル共有サイトの 「openload」では映画『空母いぶき』の動画を視聴できません。 無料動画を視聴できるサイトとして有名でしたが、 2019年10月31日に閉鎖されたからです。 以下の2つが主な理由とされています。 米国政府に目を付けられた• 海外のネット上の著作権侵害を減らすことを目的にした団体「The Alliance for Creativity and Entertainment ACE 」が動いた その他にも パンドラやデイリーモーションなどの無料視聴できる動画サイトがあります。 あなたが無料で見たい映画がパンドラやデイリーモーションで視聴できるかも知れません。 しかし、注意が必要です。 パンドラやデイリーモーションなどは、 公式ではない方法でアップロードされた危険なサイトなのです。 2020年5月時点の情報として、映画『空母いぶき』のフル動画がパンドラやデイリーモーションにアップロードされているのかを調べましたが、アップロードされていませんでした。 他にもまだまだ違法アップロードサイトがありますが映画がアップロードされても、 著作権が厳しく、早めに削除されます。 万が一、違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができたとしても、 画質が悪い、動画が途中で固まってしまい見ることができないなど、デメリットだらけです。 さらに無料だからといって見てしまうと、 パソコンやスマートフォンにウイルスが侵入される危険性があります。 ウイルスが入ってしまい、大切な個人情報を取られてしまうことは絶対に避けたいですよね。 近未来の日本、12月23日早暁、領海最南端にあるハルマ群島・初島に正体不明の船団が接近、海保の巡視船が拿捕される事件が発生しました。 船団は脅威となっている東亜連邦の艦隊であり、日本政府は空母いぶきを中心とした第5護衛艦隊を派遣しました。 いぶきには、大変な競争率で選抜された記者の本田と、田中が乗艦しており、彼らの目前で予想を超えた事態が起こることになったのです。 いぶき艦長の秋津一佐は東亜連邦の攻撃が始まると同時に、戦後日本が直面してきた一線を越える難しい決断を迫られていました。 キャスト• 秋津竜太:西島秀俊• 新波歳也:佐々木蔵之介• 湧井継治:藤竜也• 中根和久:村上淳• 葛城政直:石田法嗣• 淵上晋:戸次重幸• 迫水洋平:市原隼人• 柿沼正人:平埜生成• 井上明信:金井勇太• 浦田鉄人:工藤俊作• 山本修造:千葉哲也• 浮船武彦:山内圭哉• 岡部隼也:和田正人• 瀬戸斉明:玉木宏• 清家博史:横田栄司• 滝隆信:高嶋政宏• 有澤満彦:堂珍嘉邦• 大村正則:袴田吉彦• 備前島健:渡辺邦斗 スタッフ• 監督:若松節朗• 原作:かわぐちかいじ• 音楽:岩代太郎• 脚本:伊藤和典、長谷川康夫 映画『空母いぶき』の見どころ 舞台となる時代は、秋津・新波らが防衛大54期であることから、40歳ころで一佐昇任と考えて…恐らく2028~2030年頃ではないかと考えられます。 今より少し未来の世界ではありますが、ものすごく先、という訳でもなく。 日常の描写は現代と地続きの雰囲気があります。 ミリオタと呼ばれる層からは、漫画的であるとか、陳腐という批判的な意見も多かったいぶきのCICの描写などもありましたが、防衛省・海上自衛隊の協力なしで装備や制服などを見事に再現しているだけあって、こだわりも満載で見ごたえのある表現がありました。 さてこの作品ではとにかく個性的なキャラクターが数多く登場しています。 ことに、艦長の個性がその艦のクルーたちに大きく影響している描写がとても楽しく、クールな瀬戸艦長(玉木宏)の護衛艦はつゆきは冷静沈着なブリッジの描写がとてもカッコよくて、熱血関西人の浮舟艦長(山内圭哉)の護衛艦いそかぜのクルーたちは岡部砲雷長(和田正人)を始めとして豪快で賑やかな戦いぶりで場を沸かせてくれました。 空母いぶきでは、秋津艦長や新波副長の考え方の違いや対立といったシーンもありますが、注目していただきたいのが民間人の記者らを世話していた広報官の井上三佐(金井勇太)です。 自衛官というよりは役場の職員といったキャラクターですが。 非常時においては本田記者らを守り、気遣い、しかし広報官として情報の管理に対しては徹底的に一線を引き、おもねることもしないという筋の通った自衛官を演じていました。 派手さはありませんが、作中でも最もリアルな自衛官の姿であったように感じました。 また実際の戦場だけでなく、東京の政府中枢でも水面下で壮絶な戦いが繰り広げられていました。 垂水総理大臣を始め、政府首脳が賢明な外交努力を重ねていく様子は、絵空事とは思えない重厚さもあり、非常に見ごたえのあるお芝居でした。 戦争は、起こすより、終わらせることの方が難しいとよく言われますが。 自国の利益と安全を守り、自衛官たちの生命もギリギリのところで守るために、ある意味、日本中が戦っていたのかもしれません。 映画『空母いぶき』のネタバレあらすじ 外国船がたくさん現れ、巡視船くろしおのクルーを捕まえ、初島に侵入したことが分かります。 政府はさっそく、航空機搭載型護衛艦いぶきなどを派遣。 いぶきには記者たちが取材で乗っていましたが、仕事ができる状況ではなくなりました。 さて、第5護衛隊群群司令の涌井継治が指揮できなくなって、いぶきの艦長である秋津竜太が指揮を執ることに。 とうとう、総理大臣が防衛出動を命じ、敵である東亜連邦との戦いが本格化していきます。 敵からのミサイルを護衛艦あしたかが撃ち落とすなか、さらに攻撃を受けたため、やむをえず、敵機を倒すことになってしまい、戦後初の事態に、関係者に動揺が広がっていくことに。 そんななか、いぶき副長の新波歳也は敵の捜索を試みますが、生きている者は見つかりません。 さて、護衛艦はつゆきがいぶきをかばって被弾し、複数の死傷者が出てしまいました。 一連の事態を記者の本多裕子が伝えると、全国で戦争が起こったのかと混乱が起き、総理大臣は事態の収拾に追われます。 いぶきは敵の駆逐艦に、秋津竜太と新波歳也が知恵を出し合いながら対処していくことに。 そんななか、パイロットの柿沼正人の機体が狙われ、彼はかろうじて沈没から助かるものの、敵から撃たれ殉職。 その後、ようやく国連軍がいぶきを助けにやって来ました。 東亜連邦はやっと初島から去り、くろしおのクルーも自由の身になったのです。 いぶきの奮闘 映画『空母いぶき』では、艦長の秋津竜太率いるいぶきが獅子奮迅の活躍を見せました。 秋津竜太の国を守ろうとする努力と、事実上、戦場と化した現場への葛藤も、実に見ごたえがありましたね。 一方、東亜連邦の攻撃にも鬼気迫るものがあって、とてもフィクションとは思えないくらいの威圧感を覚えさせられます。 いぶきにそんな東亜連邦の駆逐艦が迫るなか、新波歳也が敵を死なせないよう対処するよう、秋津竜太に進言するところが妙に現実味があって、緊張させられました。 結果、進言を受け入れた秋津竜太は、駆逐艦を抑え込むことに成功しますので、なおさらです。 記者の尽力 このように、自衛隊員らの活躍も見事だった、映画『空母いぶき』。 しかし、たまたま乗っていた本多裕子ら記者の働きも忘れてはいけないでしょう。 現場から身の危険も顧みず、つぶさに状況を全国に伝えていくさまは、まさに記者の鑑。 なかでも、彼女らが顕著な働きを見せたのは、秋津竜太が東亜連邦のパイロットを助けたシーンを配信したこと。 これが国連軍を動かす一因となったので、ある意味、総理大臣以上の活躍だったとさえ言えそうですね。 総理大臣のまごころ さて、映画『空母いぶき』では、自衛隊の最高指揮官である総理大臣の動きもポイントに。 戦争状態だという恐怖が全国に広がるなか、マスコミに向かって、戦争ではなく戦闘だと釈明する姿が、生々しいものとなりました。 が、ラストでそんな総理大臣が、大国が小国を追いつめてはいけないと、官房長官に説いていくさまは、ことのほか感動的でしたね。 自国が攻撃を受けての発言ですから、結果的に敵を退散させた後とはいえ、瞠目させられます。 レビュー・評価・感想 映画「空母いぶき」を観た感想として「前線にいる自衛隊を中心に描いていて緊迫感に満ちており、ハラハラドキドキして面白かった」です。 中国と戦っていると設定なのでとても現実味があり、本当にこういうことが起こるかもしれないと思わせてくれる物語になっており、その中でも前線にいる自衛隊を中心に描いているので、俳優たちの必死な芝居やベテラン俳優の力の抜けた上手な芝居が、戦場の緊迫感がこちらにも伝わってきました。 空母いぶきを知らない小学校高学年や中学生が観ても楽しむことができますし、女性が観ても面白い内容になっているのではないかなと感じました。 映画を観るまで原作は見ていたなかったので読んでみたいと思いました。 『沈黙の艦隊』など軍事ものの名手・かわぐちかいじの原作。 西島秀俊と佐々木蔵之介が主演。 時代設定は20XX年となっています。 20XX年が、自衛隊が発足してから60年目という描写がありましたので、2014年か2015年という設定かと思われます。 映画版では、日本に侵略行為を行う、敵国として描かれるのは、架空の東亜連邦という東南アジアの小さな新興国家です。 ここはちょっと残念なところ。 原作のほうが、近年繰り返されている領海侵犯や、尖閣諸島中国漁船衝突など、緊迫する日中関係を彷彿とさせ、リアリティがありました。 自衛隊の在り方、国防の在り方、「戦後」のとらえ方など、ちょっと首をかしげたいところもありました。 映画「空母いぶき」はマンガが原作でそれを映像化したものです。 話のベースは日本の領域である初島に巡視船の乗組員を拘束した第三国が上陸。 第5護衛官隊群が出動しますが向かう途中に攻撃を受け負傷者を出します。 これを受け政府から初めての防衛出動が発令。 対抗処置を取りますが、この行動が戦争への道になってしまうのか。 ヒリヒリするようなやり取りの中で、映画独自のサイドストーリーが緊張を和らげる手助けをしています。 作中、第三国から繰り出される攻撃に対し、直接攻撃をし返すのではなく回避態勢ばかり取るので観ていて歯がゆかった。 しかし一貫して戦争には発展させないという政府や自衛隊の考えが最終的に感動を呼んだ気がする。 この映画は空母いぶきが日本侵略を図る新興国と対峙しながら戦闘に巻き込まれて行く様子を描いています。 たまたま取材で女性の記者がいぶきに乗っていましたが、最初はいぶきの艦長を堅物のためにあまりいいようには思っていませんでした。 しかし、自衛官が安易に武力行使をすることが出来ず、捨て身で国を守ろうとしている姿を見て女性記者の考え方も変わって行きます。 自衛官が強い使命感を持ち、国を守ろうとしていることが伝わって来て見る人はその姿に感動出来ます。 自衛隊の武器なども映画の中では、忠実に再現されており派手さはないですが、それだけにリアルに感じる事が出来ます。 この映画を見た人は自衛官の使命感に感動するはずです。 巨匠・かわぐちかいじ氏が問題作として世に投げかけた「空母いぶき」が実写化されました。 漫画的と言われる表現もありながら、軍事評論家の恵谷治氏の見識、福井晴敏氏の構成力が素晴らしく、ドキュメンタリーではないまでも、現在の日本がおかれた国際情勢を滲ませ、逆にリアルな世界をじっくりと考えさせる作品です。 まとめ 映画『空母いぶき』を安全に無料視聴する方法について紹介しました。

次の

無料視聴あり!映画『空母いぶき』の動画

空母 いぶき 映画 無料 動画

映画『空母いぶき』の無料動画をフル視聴する方法 動画配信サービスやopenload、パンドラなどの無料動画サイトで観たい映画を無料視聴できる方法があります。 動画配信サービス 映画『空母いぶき』は、、ビデオパス、、の4つの動画配信サイトでお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料で視聴できます。 最新の配信情報は各動画配信サービスの公式サイトでご確認して下さい。 おすすめはU-NEXT 映画やドラマの本数が圧倒的に多く、本当に一日中見れてしまうところが一番おすすめです。 アマゾンプライムビデオやネットフリックスでは、出てこない洋画が見れます。 不朽の名作はもちろん、最新作も早く、見れることが嬉しいです。 1ヶ月の無料お試し登録も簡単で、手軽に自宅で映画を楽しめます。 大きなスクリーンやiPadなどで見ると、なお、本物の映画館のようです。 片手にポップコーンを共に、映画を本格的に楽しめる、そんな素晴らしいサービスを提供してくれます。 プラダを着た悪魔(2006年)を久しぶりに見ました。 ほかの動画配信サービスでは見当たらず、諦めてしまったが、U-NEXT だけは、きちんと配信してくれました。 本当に素晴らしいサービスです。 U-NEXTは様々なジャンルのコンテンツを楽しめるところが魅力的です。 私は動画、特に見逃したドラマや過去の映画、雑誌のコンテンツをよく利用しています。 動画は検索すると関連動画も一緒に出てくるので、気になっている動画に加えて新たに興味のひく動画に出会えたり、新たな発見があるので見ていて楽しいです。 また、雑誌は、一冊ずつ買っていくとお金も時間も置き場所もかかりますが、ネットでさくさく読めて、気になるブランドはその場でスマホ検索ができるので、雑誌は紙媒体を購入するより断然お得でおすすめです。 申し込むと家族で回線を分け合えるので、私たち家族は4人でわけあって、新たに購入した動画は情報共有し、他の家族にもみるようにすすめたり、共有する楽しみもあります。 特徴と登録方法 U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。 特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 openloadやパンドラ 現在、世界最大規模の無料ファイル共有サイトの 「openload」では映画『空母いぶき』の動画を視聴できません。 無料動画を視聴できるサイトとして有名でしたが、 2019年10月31日に閉鎖されたからです。 以下の2つが主な理由とされています。 米国政府に目を付けられた• 海外のネット上の著作権侵害を減らすことを目的にした団体「The Alliance for Creativity and Entertainment ACE 」が動いた その他にも パンドラやデイリーモーションなどの無料視聴できる動画サイトがあります。 あなたが無料で見たい映画がパンドラやデイリーモーションで視聴できるかも知れません。 しかし、注意が必要です。 パンドラやデイリーモーションなどは、 公式ではない方法でアップロードされた危険なサイトなのです。 2020年5月時点の情報として、映画『空母いぶき』のフル動画がパンドラやデイリーモーションにアップロードされているのかを調べましたが、アップロードされていませんでした。 他にもまだまだ違法アップロードサイトがありますが映画がアップロードされても、 著作権が厳しく、早めに削除されます。 万が一、違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができたとしても、 画質が悪い、動画が途中で固まってしまい見ることができないなど、デメリットだらけです。 さらに無料だからといって見てしまうと、 パソコンやスマートフォンにウイルスが侵入される危険性があります。 ウイルスが入ってしまい、大切な個人情報を取られてしまうことは絶対に避けたいですよね。 近未来の日本、12月23日早暁、領海最南端にあるハルマ群島・初島に正体不明の船団が接近、海保の巡視船が拿捕される事件が発生しました。 船団は脅威となっている東亜連邦の艦隊であり、日本政府は空母いぶきを中心とした第5護衛艦隊を派遣しました。 いぶきには、大変な競争率で選抜された記者の本田と、田中が乗艦しており、彼らの目前で予想を超えた事態が起こることになったのです。 いぶき艦長の秋津一佐は東亜連邦の攻撃が始まると同時に、戦後日本が直面してきた一線を越える難しい決断を迫られていました。 キャスト• 秋津竜太:西島秀俊• 新波歳也:佐々木蔵之介• 湧井継治:藤竜也• 中根和久:村上淳• 葛城政直:石田法嗣• 淵上晋:戸次重幸• 迫水洋平:市原隼人• 柿沼正人:平埜生成• 井上明信:金井勇太• 浦田鉄人:工藤俊作• 山本修造:千葉哲也• 浮船武彦:山内圭哉• 岡部隼也:和田正人• 瀬戸斉明:玉木宏• 清家博史:横田栄司• 滝隆信:高嶋政宏• 有澤満彦:堂珍嘉邦• 大村正則:袴田吉彦• 備前島健:渡辺邦斗 スタッフ• 監督:若松節朗• 原作:かわぐちかいじ• 音楽:岩代太郎• 脚本:伊藤和典、長谷川康夫 映画『空母いぶき』の見どころ 舞台となる時代は、秋津・新波らが防衛大54期であることから、40歳ころで一佐昇任と考えて…恐らく2028~2030年頃ではないかと考えられます。 今より少し未来の世界ではありますが、ものすごく先、という訳でもなく。 日常の描写は現代と地続きの雰囲気があります。 ミリオタと呼ばれる層からは、漫画的であるとか、陳腐という批判的な意見も多かったいぶきのCICの描写などもありましたが、防衛省・海上自衛隊の協力なしで装備や制服などを見事に再現しているだけあって、こだわりも満載で見ごたえのある表現がありました。 さてこの作品ではとにかく個性的なキャラクターが数多く登場しています。 ことに、艦長の個性がその艦のクルーたちに大きく影響している描写がとても楽しく、クールな瀬戸艦長(玉木宏)の護衛艦はつゆきは冷静沈着なブリッジの描写がとてもカッコよくて、熱血関西人の浮舟艦長(山内圭哉)の護衛艦いそかぜのクルーたちは岡部砲雷長(和田正人)を始めとして豪快で賑やかな戦いぶりで場を沸かせてくれました。 空母いぶきでは、秋津艦長や新波副長の考え方の違いや対立といったシーンもありますが、注目していただきたいのが民間人の記者らを世話していた広報官の井上三佐(金井勇太)です。 自衛官というよりは役場の職員といったキャラクターですが。 非常時においては本田記者らを守り、気遣い、しかし広報官として情報の管理に対しては徹底的に一線を引き、おもねることもしないという筋の通った自衛官を演じていました。 派手さはありませんが、作中でも最もリアルな自衛官の姿であったように感じました。 また実際の戦場だけでなく、東京の政府中枢でも水面下で壮絶な戦いが繰り広げられていました。 垂水総理大臣を始め、政府首脳が賢明な外交努力を重ねていく様子は、絵空事とは思えない重厚さもあり、非常に見ごたえのあるお芝居でした。 戦争は、起こすより、終わらせることの方が難しいとよく言われますが。 自国の利益と安全を守り、自衛官たちの生命もギリギリのところで守るために、ある意味、日本中が戦っていたのかもしれません。 映画『空母いぶき』のネタバレあらすじ 外国船がたくさん現れ、巡視船くろしおのクルーを捕まえ、初島に侵入したことが分かります。 政府はさっそく、航空機搭載型護衛艦いぶきなどを派遣。 いぶきには記者たちが取材で乗っていましたが、仕事ができる状況ではなくなりました。 さて、第5護衛隊群群司令の涌井継治が指揮できなくなって、いぶきの艦長である秋津竜太が指揮を執ることに。 とうとう、総理大臣が防衛出動を命じ、敵である東亜連邦との戦いが本格化していきます。 敵からのミサイルを護衛艦あしたかが撃ち落とすなか、さらに攻撃を受けたため、やむをえず、敵機を倒すことになってしまい、戦後初の事態に、関係者に動揺が広がっていくことに。 そんななか、いぶき副長の新波歳也は敵の捜索を試みますが、生きている者は見つかりません。 さて、護衛艦はつゆきがいぶきをかばって被弾し、複数の死傷者が出てしまいました。 一連の事態を記者の本多裕子が伝えると、全国で戦争が起こったのかと混乱が起き、総理大臣は事態の収拾に追われます。 いぶきは敵の駆逐艦に、秋津竜太と新波歳也が知恵を出し合いながら対処していくことに。 そんななか、パイロットの柿沼正人の機体が狙われ、彼はかろうじて沈没から助かるものの、敵から撃たれ殉職。 その後、ようやく国連軍がいぶきを助けにやって来ました。 東亜連邦はやっと初島から去り、くろしおのクルーも自由の身になったのです。 いぶきの奮闘 映画『空母いぶき』では、艦長の秋津竜太率いるいぶきが獅子奮迅の活躍を見せました。 秋津竜太の国を守ろうとする努力と、事実上、戦場と化した現場への葛藤も、実に見ごたえがありましたね。 一方、東亜連邦の攻撃にも鬼気迫るものがあって、とてもフィクションとは思えないくらいの威圧感を覚えさせられます。 いぶきにそんな東亜連邦の駆逐艦が迫るなか、新波歳也が敵を死なせないよう対処するよう、秋津竜太に進言するところが妙に現実味があって、緊張させられました。 結果、進言を受け入れた秋津竜太は、駆逐艦を抑え込むことに成功しますので、なおさらです。 記者の尽力 このように、自衛隊員らの活躍も見事だった、映画『空母いぶき』。 しかし、たまたま乗っていた本多裕子ら記者の働きも忘れてはいけないでしょう。 現場から身の危険も顧みず、つぶさに状況を全国に伝えていくさまは、まさに記者の鑑。 なかでも、彼女らが顕著な働きを見せたのは、秋津竜太が東亜連邦のパイロットを助けたシーンを配信したこと。 これが国連軍を動かす一因となったので、ある意味、総理大臣以上の活躍だったとさえ言えそうですね。 総理大臣のまごころ さて、映画『空母いぶき』では、自衛隊の最高指揮官である総理大臣の動きもポイントに。 戦争状態だという恐怖が全国に広がるなか、マスコミに向かって、戦争ではなく戦闘だと釈明する姿が、生々しいものとなりました。 が、ラストでそんな総理大臣が、大国が小国を追いつめてはいけないと、官房長官に説いていくさまは、ことのほか感動的でしたね。 自国が攻撃を受けての発言ですから、結果的に敵を退散させた後とはいえ、瞠目させられます。 レビュー・評価・感想 映画「空母いぶき」を観た感想として「前線にいる自衛隊を中心に描いていて緊迫感に満ちており、ハラハラドキドキして面白かった」です。 中国と戦っていると設定なのでとても現実味があり、本当にこういうことが起こるかもしれないと思わせてくれる物語になっており、その中でも前線にいる自衛隊を中心に描いているので、俳優たちの必死な芝居やベテラン俳優の力の抜けた上手な芝居が、戦場の緊迫感がこちらにも伝わってきました。 空母いぶきを知らない小学校高学年や中学生が観ても楽しむことができますし、女性が観ても面白い内容になっているのではないかなと感じました。 映画を観るまで原作は見ていたなかったので読んでみたいと思いました。 『沈黙の艦隊』など軍事ものの名手・かわぐちかいじの原作。 西島秀俊と佐々木蔵之介が主演。 時代設定は20XX年となっています。 20XX年が、自衛隊が発足してから60年目という描写がありましたので、2014年か2015年という設定かと思われます。 映画版では、日本に侵略行為を行う、敵国として描かれるのは、架空の東亜連邦という東南アジアの小さな新興国家です。 ここはちょっと残念なところ。 原作のほうが、近年繰り返されている領海侵犯や、尖閣諸島中国漁船衝突など、緊迫する日中関係を彷彿とさせ、リアリティがありました。 自衛隊の在り方、国防の在り方、「戦後」のとらえ方など、ちょっと首をかしげたいところもありました。 映画「空母いぶき」はマンガが原作でそれを映像化したものです。 話のベースは日本の領域である初島に巡視船の乗組員を拘束した第三国が上陸。 第5護衛官隊群が出動しますが向かう途中に攻撃を受け負傷者を出します。 これを受け政府から初めての防衛出動が発令。 対抗処置を取りますが、この行動が戦争への道になってしまうのか。 ヒリヒリするようなやり取りの中で、映画独自のサイドストーリーが緊張を和らげる手助けをしています。 作中、第三国から繰り出される攻撃に対し、直接攻撃をし返すのではなく回避態勢ばかり取るので観ていて歯がゆかった。 しかし一貫して戦争には発展させないという政府や自衛隊の考えが最終的に感動を呼んだ気がする。 この映画は空母いぶきが日本侵略を図る新興国と対峙しながら戦闘に巻き込まれて行く様子を描いています。 たまたま取材で女性の記者がいぶきに乗っていましたが、最初はいぶきの艦長を堅物のためにあまりいいようには思っていませんでした。 しかし、自衛官が安易に武力行使をすることが出来ず、捨て身で国を守ろうとしている姿を見て女性記者の考え方も変わって行きます。 自衛官が強い使命感を持ち、国を守ろうとしていることが伝わって来て見る人はその姿に感動出来ます。 自衛隊の武器なども映画の中では、忠実に再現されており派手さはないですが、それだけにリアルに感じる事が出来ます。 この映画を見た人は自衛官の使命感に感動するはずです。 巨匠・かわぐちかいじ氏が問題作として世に投げかけた「空母いぶき」が実写化されました。 漫画的と言われる表現もありながら、軍事評論家の恵谷治氏の見識、福井晴敏氏の構成力が素晴らしく、ドキュメンタリーではないまでも、現在の日本がおかれた国際情勢を滲ませ、逆にリアルな世界をじっくりと考えさせる作品です。 まとめ 映画『空母いぶき』を安全に無料視聴する方法について紹介しました。

次の