ご 教授 ください 意味。 「ご教授」と「ご教示」のビジネスシーンでの使い方の違いは?

「ご教示/ご教授ください」の意味や使い方!違いや使い分け・誤用例文

ご 教授 ください 意味

社会人になって、これまでに使わなかった敬語の使い分けに苦労した経験はありませんか? 特にビジネスメールなどでは独特の用語も多く、困りますよね。 上司に訊こうにも今さらこんな基礎的なことで、と躊躇してしまうことも多々あります。 今回は「教えてください」という意味を持つ言葉のうち、 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味や違い、使い分け方について、説明します。 「ご教授」の意味 ご教授の読み方は 「ごきょうじゅ」です。 ご教授は、相手が自分よりも詳しいこと、専門にしていることに対して、教えを請いたい時に使います。 専門分野について教えてもらう他、比較的長いスパンで教えてもらいたい場合にも、使うことができます。 例文:貴社の販売戦略ノウハウを、ぜひ弊社にも ご教授ください。 「ご教示」の意味 ご教示の読み方は 「ごきょうじ」です。 ご教示には、「示す(しめす)」という文字が含まれていますよね。 その通り、例題を示して欲しいときなどに、よく使われる言葉です。 例えば手順や内容、相手のスケジュールや対処方法などを、はっきりさせて欲しい時に使います。 例文:来週か再来週の平日午後にミーティングを行いたいのですが、都合のよい日程をご教示ください。 「ご指導」の意味 ご指導の読み方は 「ごしどう」です。 指導という言葉からは、スポーツや部活動などを連想しませんか? 未熟な自分を教え導いてください、引っ張ってください、というような意味合いで使われます。 「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。 」という定型文が、丁寧かつ一般的な使われ方です。 例文:今後とも ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。 4.「ご指南」の意味 ご指南の読み方は 「ごしなん」です。 指導によく似た言葉ですが、指南は武術や芸事の教えに使われます。 例えば、柔道や剣道、囲碁や将棋、茶道や華道や舞踊などで使用されます。 語源となった「指南車」は、古代中国で作られたからくり仕掛けの車で、上に載った仙人の人形が常に一定の方角を指し示していたことから、正しい目的地に導くことを意味します。 指南車はもともと戦車の役割をしており、視界の悪いところでも行き先を見失わないように用いられました。 指し示す方角は必ずしも「南」とは決まっておらず、最初に操作者が設定した方角をずっと向き続ける仕組みです。 「南」という文字が使われたのは、『易経』という書物に出てくる「聖人は南面して天下を聴き、明に嚮(むか)いて治む」という一節からで、南という方角が、高貴な方角として尊重されたからです。 因みにこの一節は「明治」という元号の由来となっており、「明」と「治」を取って名付けられたそうです。 例文:(囲碁や将棋で自分より格上の人と対戦するとき)一局、 ご指南ください。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の違い、使い分け方 本来の意味に立ちかえると、 「ご教授」は「学問や技芸を 教え授けること」となります。 「ご教示」は「知識や方法を 教え示すこと」です。 「ご指導」は「 教え導くこと」という意味になります。 「ご指南」は「 正しい方向に向かうように示すこと」という意味になります。 使い方としては、 「ご教授」は比較的長期間に渡って相手の専門分野を教えて頂くことを意味します。 「ご教示」の場合は一度限りのことやご教授よりも軽めのお願いに使われます。 あるいは具体例を知りたい場合ですね。 「ご指導」だと、相手にリードして欲しい、引っ張っていって欲しいという意味合いが強くなります。 「ご指南」は「武術や芸事に限って使われる」と覚えておくといいでしょう。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の語尾のバリエーション 今回は「~ください」という形で四種類の使い分けを提示しました。 ビジネスメールの場合には、「~ください」の形は比較的軽めの言い回しとして受け取れますので、語尾を変えるバリエーションをいっしょに覚えておきましょう。 社内文書や内々での連絡に、よく使われます。 他社へのメールの末尾に、使いやすい形です。 公式な文書や年賀状などの挨拶文章によく使われます。 優しい雰囲気として相手に受け入れられやすくなりますよ。 他社に丁寧に協力をお願いしたい時に、使いやすい形となります。 「教えてください」という意味一つでも、さまざまな言い回しができることが分かりましたね。 使い分けに迷ったときは、漢字を分類して、それぞれの文字が持つ意味を考えていくと、分かりやすくなりますよ。 もちろん教えて頂いた後には、「ありがとうございます」という感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

次の

「ご教授」と「ご教示」の意味と使い分け方

ご 教授 ください 意味

社内メールなどで上司や取引先に何かしらの情報や、方法などを教えてほしい場面ってありますよね。 そんな時に重宝する言葉が「ご教授ください」と「ご教示ください」です。 社会人らしくスマートな印象を与え、使い勝手の良い「ご教授ください」、「ご教示ください」は、ビジネスメールで頻繁に登場します。 でも、この二つの使い分け方ってご存知ですか? 読み方も似ているし、ほとんど意識しないで使っていた!なんていう方も多いのではないでしょうか。 「ご教授ください」と「ご教示ください」の二つは、実は似ているようで、違ったニュアンスがあるんです。 今回は、「ご教授ください」と「ご教示ください」の意味と使い方について説明致します! 目次• 「ご教授ください」の意味 「ご教授ください」の「教授」は、辞書を引くと「学問や技芸を教え授けること。 」とあります。 つまり、「ご教授ください」は、「特定の専門的な知識を教え授けてください」という意味になるわけです。 また、比較的長い期間に渡って教えてもらうという意味があります。 長期の取引がある場合や、教えてもらう内容によって使い分けていきましょう。 辞書の意味にもあるように、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面でも使われることがあります。 ですが、会社の中では、誰かの元で長期間特定の知識を学ぶという場面は少ないですよね。 なので、実は「ご教授ください」は、普段のメールなどで使うには少々重たい内容になってしまうのです。 簡単な質問をしたい場合などはもう一つの「ご教示ください」を使用するのが良いでしょう。 「ご教授ください」、「ご教示ください」と混同しやすいもので「ご享受ください」がありますが、これは明確な間違いです。 混同して誤って使わないように注意しましょう。 【例文】• 今回送らせていただくデータの件ですが、お気づきになった点などをご教授くださいますようお願いいたします。 先生に8年間もの間、ご教授いただいたおかげで独立することが出来ました。 これからも末永いご教授をお願いいたします。 「ご教示ください」の意味 「ご教示ください」の「教示」は、辞書では「知識や方法などを教え示すこと」と出てきます。 つまり、「ご教示ください」は、「知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教授ください」に比べると、より単純で教えてほしい項目が明確な場合に使う言い回しです。 例えば、書類の書き方が分からない場合に質問する際に使われたり、対処の方法について尋ねる時も使うことが出来ます。 社内では、長期間に渡って教えてもらう「ご教授ください」よりも、その場で疑問を解消したい場合の「ご教示ください」を使う機会が多いと言えるでしょう。 その他にも「ご教示ください」は、シンプルにアドバイスを求める場合にも使われます。

次の

「ご教授」の意味と使い方とは?類語「ご教示」との違いも解説

ご 教授 ください 意味

公開日: 2018. 18 更新日: 2018. 18 「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け ビジネスシーンでは上司や取引先などに対して、何かしらの情報や方法などを教えてほしいという場面がありますよね。 そのような場合に使うのが「ご教授」と「ご教示」という言葉です。 使い勝手が良く、かつ社会人らしいスマートな印象を与えられる「ご教授」と「ご教示」はビジネスで頻繁に使用します。 では、「ご教授」と「ご教示」の違いについてご存知でしょうか。 何気なく使っていた、同じ意味では?と思っている方も多いと思います。 そこで今回は「ご教授」の意味や使い方、「ご教示」の使い分けについて解説していきます。 「ご教授」の読み方と意味 「ご教授」は <ごきょうじゅ>と読みます。 「教」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おしえる」と読みます。 「教」は「おしえる」「おしえ」を意味します。 「授」は音読みだと「ジュ」、訓読みだと「さずける」と読みます。 「授」は「手わたす」「さずける」を意味します。 「教授」の意味は、 ・学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用 ・大学、高等専門学校などの教育機関で、専門の学術、技芸を研究し教える人、その官名または職名 となります。 「ご教授」の「ご」は尊敬を表す接頭語です。 「ご教授ください」は 「専門的な知識や技術を教え授けてください」という意味になります。 また、 「比較的長い期間に渡って教えてもらう」という意味合いも含まれます。 「ご教授」の使い方 「ご教授」は専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 「ご教授」はよく、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面で使われることが多いです。 「トランペットの基礎をご教授いただけませんか」といったように、長期間に渡っての訓練や鍛錬がが必要な楽器やスポーツの分野では頻繁に「ご教授」が使われます。 ですので、 「ご教授」は普段のメールで使うには、少々重たい内容になってしまいます。 また、「ご教授いただきたい」レベルの内容であれば、メールで聞くのは失礼に当たります。 「ご教授」をメールで使う場面としては、主に芸術や音楽関係の先生、スポーツ関係や習い事でお世話になっている先生へのメールがほとんどです。 例文 ・是非ともこの分野での専門的な知識を学びたいと思っておりますので、ご教授ください。 ・今後とも末永くご教授いただければ幸いです。 ・データを送らせていただきますので、お気づきになった点がありましたら、ご教授くださいますようお願いいたします。 ・先生に約3年に渡ってご教授いただいたおかげで、ここまで頑張ることができました。 ・先生の手厚いご指導のおかげで、水彩画の展示会で入賞することができました。 今後ともご教授賜りますようお願いいたします。 ・生け花教室に通い始めて、生け花の奥深さや楽しさを日々感じております。 つきましては、今よりもお稽古の日数を増やしたいと考えております。 今後とも変わらずご教授願います。 「ご教示」との違いは? 「ご教示」は <ごきょうじ>と読みます。 「教」は音読みだと「キョウ」、訓読みだと「おしえる」と読みます。 「教」は「おしえる」「おしえ」を意味します。 「示」は音読みだと「シ」「ジ」、訓読みだと「しめす」と読みます。 「示」は「しめす」「物事を表して知らせる」を意味します。 「教示」は 「知識や方法などを教え示すこと」を意味します。 「ご教示」の「ご」は尊敬を表す接頭語です。 「ご教示ください」は 「知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教示」は「ご教授」と比べると、より単純で、教えてほしい事柄が明確な場合に使います。 ビジネスシーンでは、書類の書き方がわからない場合に質問したり、対処の方法について尋ねる場合に使えます。 また、「ご教示」はアドバイスを求める場合にも使います。 「ご教示」は、メールなどと書き言葉として使用するのが一般的です。 例文 ・お忙しいところ恐縮ですが、議事録の作成方法をご教示いただきたく存じます。 ・企画についてよりよい方法がございましたら、ご教示ください。 ・この度発売の新商品について、お客様に忌憚のないご意見をご教示いただけると幸いです。 ・是非お目にかかりご教示いただければと、予てから思っておりました。 ・ご教示いただきました事柄につきましては、今後の参考にさせていただきます。 ご指導ご鞭撻 「ご指導ご鞭撻」は <ごしどうごべんたつ>と読みます。 「ご指導ご鞭撻」は、(目上の)相手の自分に対する教育や指導のことであり、それらを敬っていう表現です。 「指導」は「ある目的に向かって教え導くこと」、「鞭撻」は「鞭(ムチ)で打つこと」「怠らないよう強く励ますこと」を意味します。 「ご指導」も「ご鞭撻」のどちらも、「ご指導お願い申し上げます」や「ご鞭撻の程、よろしくお願いします」のように単独でも用いられますが、 「ご指導ご鞭撻」とセットで用いられることが多いです。 「ご指導ご鞭撻」は、どんな場合でも挨拶やスピーチの「結びの言葉」「締めの言葉」として使います。 ビジネスシーンでは、目上となる上司や顧客・取引先などに対して引き続き変わらない付き合いをお願いする際の常套句となります。 例文 ・何卒、今後ともご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 ・引き続き皆様方のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

次の