都 若 丸 劇団。 食の都 若だんな

若丸座長の2019年のイベントは?~観客動員数トップ独走の「都若丸劇団」12/16(日)に CS放送【大衆演劇】

都 若 丸 劇団

関西を中心に活動する大衆演劇の「都劇団」座長、都城太郎の長男として誕生 1982年 2歳で初舞台に立つ。 1989年 8月 9歳の時、広島清水劇場にて「大衆演劇全国ちびっこ大会」に出演。 1996年 2月 16歳の時、新宿コマ劇場 島倉千代子座長公演に「都若丸」役で出演。 1997年 3月 TBS系「水戸黄門」に「園部新吾」役で出演。 (6月放送) 芦屋雁之助座長公演「番頭はんと丁稚どん」の「若松」役で全国巡業。 1998年 4月 大阪道頓堀中座 芦屋雁之助座長公演「どっちやねん」に、雁之助の息子役で出演。 2001年 1月 20歳の時、「都劇団」の座長を譲り受ける。 この年より演劇活動の合間を縫って「トキオ」の名前で音楽活動を開始。 8月 トキオデビューシングル「メリット」をリリース。 2002年 「都劇団」の年間観劇動員数が、大衆演劇界で全国1位を記録。 7月 大阪マザーホールにて、トキオファーストライブを実施。 12月 トキオセカンドシングル「今もあなたを」をリリース。 2003年 4月 名古屋名鉄ホール 芦屋雁之助、小雁座長公演 「とんてんかんとんちんかん」に「月形半平太」役で出演。 7月 大阪IMPホールにて、トキオセカンドライブを実施。 11月 東京六本木EDGEにて、トキオライブを実施。 12月 名古屋御園座 朝岡雪路、桂三枝座長公演に出演。 2004年 1月 トキオ3枚目のシングル「都会の花」をリリース。 4月 名古屋名鉄ホール 芦屋小雁座長公演「人情まげもの喜劇 どんごな子 蕎麦屋の巻」に出演。 5月 松山にてトキオアコースティックライブを実施 9月 葵好太郎・大川良太郎・恋川純弥ら若手座長とのスペシャルユニット「LINK」で、シングルCD「LINK/同じ空なら同じ街」をリリース。 2006年 9月 都劇団初の特別公演「海遊人蔵人」を主催。 同月 トキオ4枚目シングル「掌の地図」をリリース。 2008年 4月 都若丸誕生日特別公演「次郎長」を主催。 2009年 4月 都若丸誕生日公演「花散る方へ」を主催。 同時に、トキオではなく新たに都若丸としてファーストアルバム「~Ticket~」をリリース。 6月 アルバム「~Ticket~」発売記念ライブを、東京アストロホール、大阪IMPホールにて実施 これからも躍進し続けていきます。

次の

都 若丸の楽曲一覧

都 若 丸 劇団

「第58回博多どんたく港まつり」(5月3、4日、福岡市)で、初めて大衆演劇の一座が路上パフォーマンスを繰り広げる。 大役を担うのは、大衆演劇界で屈指の動員力を誇る「都若丸劇団」。 「大衆演劇を少しでも知ってほしい」と劇場を飛び出した下町のスターたちが、「芸どころ博多」の巨大イベントに新風を吹き込む。 座長の都若丸さん(39)は2歳で初舞台を踏み、20歳で劇団を引き継いだ大衆演劇界のエリート。 関西を拠点に全国を渡り歩き、キレのいい踊りや妖艶な女形などが評判の当代を代表する人気役者の一人だ。 仕掛け人は、博多新劇座支配人の安東孝幸さん(41)。 同劇場では、これまでも博多駅ビル内などでミニショーや写真展などPRイベントを仕掛けてきたが、来場客数に大きな変化はなかった。 「何とかしなければ」と昨年5月、若丸さんにどんたく出演を打診したところ、「できることは何でもやるから」と快諾を得たという。 右も左も分からないまま、博多新劇座の見学に訪れたその日、舞台に立ちスポットライトを浴びていたのが、既に「売れっ子」となっていた若丸さんだった。 それ以来の気心の知れた付き合いだ。 大型連休中の昼公演は、全国からファンが押し寄せる書き入れ時。 今回、どんたくに出演する劇団員は若手中心の13人。 屋内の舞台と違い、沿道の見物客に前後左右から見つめられる中、板張りではなくアスファルトで踊る。 10分間の路上パフォーマンスでは、ステージのフィナーレを飾る総舞踊を披露。 出演時間が20分間に増える演舞台では、若丸さんの個人舞踊やチャンバラも加えるつもり。 「大衆演劇がこんなもんかと思われないように全力でぶつかっていく。 大衆演劇ならではの『タメ』のようなものを見せられれば」と若丸さん。 街頭で紡ぎ出す夢舞台の筋書きは完璧だ。

次の

都 若丸の楽曲一覧

都 若 丸 劇団

関西を中心に活動する大衆演劇の「都劇団」座長、都城太郎の長男として誕生 1982年 2歳で初舞台に立つ。 1989年 8月 9歳の時、広島清水劇場にて「大衆演劇全国ちびっこ大会」に出演。 1996年 2月 16歳の時、新宿コマ劇場 島倉千代子座長公演に「都若丸」役で出演。 1997年 3月 TBS系「水戸黄門」に「園部新吾」役で出演。 (6月放送) 芦屋雁之助座長公演「番頭はんと丁稚どん」の「若松」役で全国巡業。 1998年 4月 大阪道頓堀中座 芦屋雁之助座長公演「どっちやねん」に、雁之助の息子役で出演。 2001年 1月 20歳の時、「都劇団」の座長を譲り受ける。 この年より演劇活動の合間を縫って「トキオ」の名前で音楽活動を開始。 8月 トキオデビューシングル「メリット」をリリース。 2002年 「都劇団」の年間観劇動員数が、大衆演劇界で全国1位を記録。 7月 大阪マザーホールにて、トキオファーストライブを実施。 12月 トキオセカンドシングル「今もあなたを」をリリース。 2003年 4月 名古屋名鉄ホール 芦屋雁之助、小雁座長公演 「とんてんかんとんちんかん」に「月形半平太」役で出演。 7月 大阪IMPホールにて、トキオセカンドライブを実施。 11月 東京六本木EDGEにて、トキオライブを実施。 12月 名古屋御園座 朝岡雪路、桂三枝座長公演に出演。 2004年 1月 トキオ3枚目のシングル「都会の花」をリリース。 4月 名古屋名鉄ホール 芦屋小雁座長公演「人情まげもの喜劇 どんごな子 蕎麦屋の巻」に出演。 5月 松山にてトキオアコースティックライブを実施 9月 葵好太郎・大川良太郎・恋川純弥ら若手座長とのスペシャルユニット「LINK」で、シングルCD「LINK/同じ空なら同じ街」をリリース。 2006年 9月 都劇団初の特別公演「海遊人蔵人」を主催。 同月 トキオ4枚目シングル「掌の地図」をリリース。 2008年 4月 都若丸誕生日特別公演「次郎長」を主催。 2009年 4月 都若丸誕生日公演「花散る方へ」を主催。 同時に、トキオではなく新たに都若丸としてファーストアルバム「~Ticket~」をリリース。 6月 アルバム「~Ticket~」発売記念ライブを、東京アストロホール、大阪IMPホールにて実施 これからも躍進し続けていきます。

次の