お祝いの言葉。 【傘寿祝いの言葉】挨拶やお祝いの文例

古希お祝いの言葉|#話術.com

お祝いの言葉

相手のお祝いで重要なのはそのタイミングです。 どんなに嬉しいことでもあまりにその出来事から期間が経ってしまうと何だか気持ちも白けてしまいますし、臨場感もありません。 メッセージや手紙を渡す際はできるだけ早めに準備しておくことを心掛けましょう。 不吉な言葉とは、具体的に言うと火にまつわる言葉や「傾く」「終わる」などの言葉です。 これらは日本の文化では家事や家が倒れることを連想させる言葉とされ、普通、メッセージの言葉には書かない方が良いとされています。 挨拶文などにもうっかり入れてしまわないよう注意しましょう。 ここまで、新築祝いのメッセージを伝える手紙の書き方をマナーを具体的にお伝えしてきました。 下記関連記事内では、上棟式のお祝いの方法や挨拶例文、お祝儀とのしについて分かりやすくまとめています。 日本特有の考え方・言葉である「建前」の意味も分かりますよ。 気になる方はこちらもぜひチェックしてみてください。 」です。 これは、最もシンプルに自分のお祝いの気持ちを伝えられる形であると言えるでしょう。 この言葉の後に、「今度ぜひ家族で遊びに行かせてくださいね。 」などの言葉を挨拶代わりに加えると親近感が湧いて良いでしょう。 相手との仲の良さに合わせて文例をアレンジしてみてください。 この言葉は、かなり仲の良い友達に向けて端的に自分の相手へのお祝いの気持ちを伝えられるものです。 この表現は、その形からかなりカジュアルなニュアンスで伝わりますので長い付き合いの親友やかなり仲の深い友達に向けて使うと効果的です。 相手との関係性に合わせて色々とアレンジしながら活用してみましょう。 」です。 これをもっとカジュアルに「新居の完成おめでとう。 」とアレンジすることもできます。 「完成」という言葉を使うことでプロセスの中の一つの区切りが無事に終わったということを示唆でき、ここからまた新たな始まりがあることを意味することができます。 「私も自分のことのように嬉しいです。 」などと付け加えても良いでしょう。 」です。 「マイホーム」とは文字通り、「自分の家」という意味で、ほとんどの場合新築を意味します。 このように「マイホーム」という言葉を使うことで少しカジュアルでおしゃれな雰囲気を演出することができます。 おしゃれな友達に使用すると効果的かもしれません。 」です。 これは、「素敵な」というポジティブな言葉を使って新築について描写を加えた表現となります。 こんなメッセージをもらったら、「相手も自分の家を素敵と思ってくれているんだな」と思えて当人も嬉しくなるでしょう。 特に苦労して建てたマイホームは思い入れもひとしおです。 この文例も効果的に使用しましょう。 」です。 「念願の」と入れることでこちらもその苦労と努力を理解していることを伝えられます。 この言葉の後に「今度また挨拶ついでに、うちの子供たちと一緒に遊びに行くね。 」などの形で続けると印象も良いでしょう。 家族ならではの親近感を感じさせる表現を重ねてみましょう。 」です。 これは、「おめでとう」とすることでより距離が近い感じ、「遂に」という言葉で「やっとこの時が来たね!」という興奮を伝えられます。 この後に、「忙しい中引っ越しもお疲れ様でした。 」などと伝えると相手の苦労や労力をこちらも理解しているということも伝えられ、印象も良いでしょう。 」です。 これは、家族ならではの表現で、仲が良いからこそより端的でストレートにその気持ちを伝えるものです。 この言葉に加えて、「今度またお祝いを持って遊びに行くね。 」などと重ねると相手も家族からの愛を感じられて喜びます。 このようにお祝いの言葉に重ねて具体的な行動を伝える表現も効果的です。 」です。 「祈願の」とは「ずっと願っていた、望んでいた」という意味です。 この表現は、特に相手が経済的な状況やスケジュールなど新築完成までに時間を要した際に伝えてあげると効果的でしょう。 「また落ち着いたら遊びに行かせてね。 」などと重ねると親近感も沸いて良いです。 」です。 「誠に」とは「本当に」という意味を表す言葉です。 この文例は、手紙やメールの最初の挨拶文としても使用することができ、特にビジネスシーンでは目上の人への丁寧な敬語表現として活用することができます。 」です。 この文例も1つ目のものと同様、相手に丁寧にお祝いの言葉を伝えられる表現です。 」です。 これは、ビジネスのシーンでメールや手紙などのスペースが限られた場面でも端的に相手へのお祝いを伝えられる表現です。 」です。 この表現は、自分よりかなり目上の人または大切な取引先に向けて使用すると効果的な敬語表現です。 ぜひ積極的に活用してみましょう。 この度は新居へのお引越しをされるとのことおめでとうございます。 」です。 まず冒頭で相手にいつもお世話になっていることを伝えた上で、相手の新居への引っ越しというめでたいことへのお祝いの気持ちを伝えましょう。 これからの新居での生活が楽しみですね。 」です。 まず新居への引っ越しについて耳にしたことを相手に伝え、そこから連想される相手の嬉しい気持ちについて素直に伝えた素敵な挨拶文です。 新居祝いの言葉・メッセージを心をこめて相手に伝えよう! 当記事では、新居の祝いの言葉とメッセージについてそのマナーや使い方について具体的な例文を交えながらシチュエーション別に整理してご紹介してきました。 今まで見てきた通り、一言で新居の祝いの言葉と言っても相手が友人なのか、家族なのか、ビジネスで関わる人なのかによって表現も様々に変わってきます。 特に新居やマイホーム購入というのは相手にとっては人生でも大きなイベントのうちの一つです。 相手との関係性に合った適切な表現をできるだけ選び、純粋な気持ちで相手に祝福の気持ちを伝えられると良いですね。 あなたもぜひこの記事でご紹介した表現を参考にして相手に心のこもった祝福の気持ちを伝えてみてください。 下記関連記事内では、お祝い金の金額と相場についてご紹介しています。 結婚祝いや出産祝いの相場や、ご祝儀袋の書き方や正しい向きなどについても分かりやすくまとめてあります。 お祝いには気持ちも大事ですが、それと同時にお金もやはり大事になってきます。 この機会にぜひこちらについても学んでみてください。

次の

【退職祝いに贈る言葉】ありがとう&お疲れさまの気持ちが伝わるメッセージ文例

お祝いの言葉

還暦祝いを贈るときには、カードなどを使ってちょっとしたメッセージを添えると、喜ばれます。 親しい間柄の人ほど、普段なかなか口に出して言えない言葉がありますが、そんなときにもメッセージにすれば伝えやすくなります。 ここでは、還暦祝いに贈る言葉の文例をご紹介します。 還暦祝いのメッセージはどうやって贈る? 還暦祝いを贈るとき、贈り物にメッセージカードを添えることで、お祝いの気持ちも一緒に届けることができます。 親子などの身近な間柄では、改まって感謝の気持ちを伝える機会がなかなかないものです。 還暦祝いを贈る際、メッセージカードに言葉を綴ることで、普段は言いにくい感謝の気持ちも、きちんと伝えることができます。 メッセージカードには、自筆でお祝いと感謝の気持ちを書き、それを贈り物と一緒に渡しましょう。 みんなが集まっているお祝いの席では、口頭でメッセージを読んでから手渡した方が場の雰囲気も盛り上がりますよ。 還暦祝いのメッセージの内容は? 還暦祝いのメッセージには、何を書いたら良いか迷ってしまうこともあると思います。 現代は60歳と言ってもまだまだ若いですから、あまり年齢や長寿を強調すると、かえって失礼になります。 還暦祝いのメッセージでは、日頃の感謝の気持ちを伝えると同時に、今後の活躍や健康を祈る言葉を書きましょう。 以下、贈る相手別にメッセージのポイントを説明します。 自分の両親へ贈る場合 両親宛にメッセージを贈るなら、これまでの苦労をねぎらい、感謝の気持ちを伝えることが何より大事です。 苦労をかけた分、これからは自分の人生を楽しんでほしいという気持ちを伝えましょう。 今後は無理をしないようにと、健康を気遣うことも必要です。 孫から祖父母へ贈る場合 おじいちゃんおばあちゃんにとってお孫さんは心癒やされる存在です。 受け取ったら思わず微笑んでしまうような、明るく元気なメッセージにしましょう。 また一緒に遊ぼう、どこかへ行こうという提案がおすすめです。 職場の人へ贈る場合 上司など、職場の人へのメッセージは、あまりくだけすぎないように気を付けましょう。 日頃の感謝の気持ちを伝えると同時に、今後の活躍を祈る言葉も添えましょう。 還暦祝いのメッセージの文例 還暦祝いのメッセージは、あまり難しく考える必要はありません。 特に、親しい人に対しては、できるだけ素直に自分の気持ちを伝えることを意識しましょう。 以下に、文例をいくつかピックアップします。 父親へ お父さん、還暦おめでとうございます。 長い間、一生懸命働いて家族を支えてくれてありがとう。 仕事の方はまだまだ忙しいと思いますが、今日は人生の節目。 今後は少し体のことも考え、無理しないように気を付けてください。 母親へ お母さん、還暦おめでとう。 これまで、ずっと支えてくれてありがとう。 また、いつまでも頼りなくて、迷惑ばかりかけてごめんなさい。 お母さんはいつも仕事や家事で忙しくて、自分のことなど二の次だったと思います。 これからは自分の楽しみをどんどん見つけて、残りの人生、自分のために時間を使ってください。 仕事関係者へ この度はめでたく還暦をお迎えとのこと、謹んでお祝いを申し上げます。 日頃のご指導に心からの感謝と敬意を込め、ささやかではございますが、お祝いの品を贈らせていただきます。 今後も変わらぬご指導をお願いするとともに、ますますのご健康とご活躍をお祈りいたします。 今の60歳は「もう60歳」ではなくて、「まだ60歳」です。 還暦祝いの言葉でも、ネガティブな表現は避け、今後に期待する気持ちをしっかり添えることが大事です。 上記を参考に、思いが伝わるメッセージを工夫してみましょう。

次の

お祝いの四字熟語・名言・ことわざ40選!仕事や入学に贈る祝いの言葉

お祝いの言葉

ご家族から• お父さん、還暦おめでとう! まだまだ先の長い人生ですが、第二の人生の第一歩を踏み出したという事で、これからもこれまでと変わらずにお体を大切に、いつまでも健康でいてください。 お母さん、還暦おめでとうございます。 いよいよ人生の二週目に突入しましたね。 これからも夫婦仲良くいたわり合い、励まし合って、長寿世界一のおしどり夫婦を目指してください。 どうかますますお元気で。 還暦、そして定年退職おめでとう。 長きに渡る会社勤めで、これまで家族を支えて頂き本当に感謝しています。 これからは自分の時間を設け、趣味のゴルフや旅行なども楽しんでください。 お父さん、還暦おめでとう。 面と向かうと照れくさいけど、本当はとても感謝しています。 いつまでもお母さんと仲良く、元気で長生きして下さい。 還暦、そして無事定年を迎えた今日、本当におめでとうございます。 長い間の勤労お疲れ様でした。 心から感謝しています。 これからも体には十分に気をつけて、元気でいて下さい。 お父さん、還暦おめでとうございます。 いつもありがとう。 健康に気をつけて、お母さんと一緒に充実した日々を過ごしてね!これからもよろしくお願いします。 還暦&定年おめでとうございます。 お母さんのおかげで、いつも笑顔のたえない家族でいられたのだと思います。 これからもお父さんと仲良く第二の人生を楽しんでくださいね。 お母さん、還暦おめでとう。 還暦ってもっと先の事だと思っていました。 お母さんがこれからの第2の人生を楽しめるように私もサポートしていきたいです。 いつまでも元気でいてね。 お父さん、還暦おめでとうございます。 還暦になるのを嫌がっていましたね(笑)渋くてかっこいい還暦オヤジになるのを期待しています!これからも元気でいてください。 ママへ還暦おめでとうございます。 いつも若々しくてかわいいママは私の自慢です。 これからはいっぱい親孝行します!これからもパパと仲良く理想の夫婦でいてね• おばあちゃん還暦おめでとう! 日ごろの感謝の気持ちを込めて贈ります!いつも、本当にありがとう。 近いうちに孫を連れて帰ります。 ばあちゃん、還暦おめでとう! いつも僕たち家族のことを思っていてくれてありがとう!自分のことより家族のことを気にしてくれているばあちゃん。 これからもずーっとずーっと長生きしてね。 還暦おめでとーございます。 いつも本当にありがとう!健康に気をつけて長生きして下さいね。 近々顔を見に行きます!• じいじ、還暦おめでとう。 色んな時代を知ってるじいじ、まだまだ教えてもらいたいことがたくさんあります。 これからも長生きしてね。 いつもやさしいばあばがだいすきです。 またいっぱいあそぼうね。 おばあちゃん還暦おめでとう! いつも僕たちの事を気にかけてくれてありがとう!これからも元気でいてね!お祝いのプレゼントが気に入ってくれたらうれしいです。 おじいちゃん還暦おめでとうございます。 おじいちゃんが還暦とはピンとこないですがまだ若いからと無理はしないでくださいね。 健康第一!いつまでも元気でいてください。 いつも優しいおばあちゃん、還暦おめでとう!! 遠くてなかなか会えないけど、また遊びに行くから待っててね!いつまでも元気で健康でいてください。 おじいちゃんへ還暦おめでとうございます! いつまでもずっと若くてかっこいいおじいちゃんでいてください。 体だけは大切にしてね。 古来より60歳は生まれ年と同じ干支に帰る事から「還暦」と呼ばれるそうです。 これから始まる第2の人生、のびのびと元気に楽しんでください。 還暦おめでとうございます。 還暦おめでとうございます!これからの人生も幸せでありますよう心からお祈り申し上げます。 素敵なお誕生日をお過ごしください。 祝 還暦!おめでとうございます。 第二の人生を楽しむ時がやってきました!ますますのご活躍を期待しております。 お誕生日おめでとうございます! いろいろありがとうございました。 これからの人生を思いっきり楽しんでくださいね!また呑みに行きましょう!(笑)• 還暦おめでとうございます。 いつまでもお元気で。 第2の人生のスタートを切った今どんなお気持ちですか?これからもお体に気を付けて元気でお過ごしください。 これからもさらに活躍される事をお祈りしております。 60年前の誕生日や結婚記念日に発行された新聞を取り寄せて、ご家族やご友人と当時の思い出を懐かしんでみてはいかがでしょうか。 過去の新聞記事や広告、テレビ欄などで懐かしい記憶が蘇り、思い出話に花が咲き、きっと素晴らしいひと時を過ごせるでしょう。

次の