人参湯。 冷えがあって胃の調子が悪い方、疲れやすい方、お腹が緩くなる方に人参湯

人参湯の効能:胃痛・腹痛、慢性胃炎、嘔吐、下痢

人参湯

人参湯 胃腸の働きが弱っているときの漢方薬です。 一言でまとめると、冷えがあって、下痢をするときの漢方薬です。 消化吸収を高めるので 冷えて下痢をする方にも使用されますし、倦怠感のある方にも使用されることがあります。 冷たいものを食べてお腹が冷えて、便がゆるくなる方によく使用されます。 また唾液がよくでる方に使われ、 唾液の出すぎを抑えます。 私はお腹が弱くよく下痢をしていたのですが、人参湯で下痢はほとんどなくなりました。 私が漢方薬を勉強するきっかけになった漢方薬です。 効能又は効果は? ツムラの添付文書には 「体質虚弱の人、或いは虚弱により体力低下した人の次の諸症:急性・慢性胃腸カタル、胃アトニー症、胃拡張、悪阻(つわり)、萎縮腎」と記載があります。 胃腸カタルとは胃腸炎のことです。 効能又は効果をみても胃腸の働きが弱い方が対象になっています。 何が入っているの? 人参湯には人参、乾姜、甘草、白朮の4つの生薬が配合されています。 人参:消化吸収の働きをよくする、気を補う ウコギ科オタネニンジンの根。 日常、口にするニンジンは セリ科のニンジンで、漢方で使用されるものと異なります。 補気剤といい、強力に気を補う作用があります。 人参湯においては胃腸の働きをよくし、 吸収能力を高めます。 乾姜:身体を内側から温める ショウガを蒸して乾燥させたもの。 蒸すことで 体の内側から温める作用が強くなり、陽気を補います(温補回陽)。 吐き気が強い物には生のショウガ、冷えの強いものには乾姜が使われることが多いです。 甘草:胃薬 マメ科カンゾウの根。 人参湯では人参と組むことで 脾を補い、胃の働きをサポートします。 白朮:利水作用 利水作用があり、湿を取り除き、 水の代謝異常を改善します。 健胃作用があり、胃の調子をよくする作用もあります。 人参湯では人参によって吸収が高まり、浮腫みがでる可能性があります。 その浮腫みを予防するためにも配合されていると考えることもできます。 効果のまとめ 人参で強力に気を補い、胃腸からの吸収を高めます。 乾姜にて陽気を補い、甘草で胃の働きをサポートします。 白朮で健胃とともに、利水にて浮腫みを予防しています。 消化吸収を高めるので下痢の方にも使用されますし、消化吸収をよくするので倦怠感がある方にも使用されます。 口の中に唾液が溜まるという方にも使用されることがあります。 他の漢方薬との違いは? ・真武湯と人参湯の違い 真武湯も人参湯と同じように お腹の冷えに使われる漢方薬です。 ただ真武湯には附子という強力に裏から温める生薬が配合されているため、より冷えが強い方に使用されます。 真武湯は腎の陽気を補うので、 腸からの下痢には真武湯と使われ方もします。 桂枝は葛根湯に入っていることからわかるように、風邪に使用される生薬です。 桂枝人参湯は胃腸が弱く、下痢もあるときに風邪ひいた方に使用されます。 ・人参湯と人参養栄湯の違い 名前は似ていますが、内容は全く異なります。 人参湯には生薬は4つしか使われていませんが、人参養栄湯は12種類も使用されています。 人参養栄湯は体力がかなり弱ってきた方にそれを補ってくれる漢方薬です。 ・桂枝加芍薬湯と人参湯の違い どちらもお腹の調子が悪い時に使用される漢方薬です。 桂枝加芍薬湯は過敏性腸症候群に使用される漢方薬です。 いわゆる、しぶり腹に使われます。 冷えはないが、お腹の調子が悪い時は桂枝加芍薬湯(もしくはそれに膠飴を足した小建中湯)が使用されることが多く、冷えがあるときは人参湯が適しています。 処方箋でもらう薬とドラッグストアで売っている薬はどう違うの? 処方箋でもらうときツムラが多いので、ツムラにはどれくらい生薬が入っているか調べてみました。 ツムラ32 7. 5g(3包)中には、、、 日局カンキョウ 3. 0g 日局カンゾウ 3. 0g 日局ソウジュツ 3. 0g 日局ニンジン 3. 0g 医療用漢方薬のメーカーの違いは? 医療用大手3社(ツムラ、クラシエ、コタロー)の使用されている生薬量を比較してみました。 どこのメーカーも使用している生薬量は変わらず、大きな違いはありませんでした。 ドラッグストアで購入できるものとの違いは? 市販で手に入る、ドラッグストアで売られているものにはどれくらい生薬が入っているか調べてみました。 ツムラ漢方.

次の

【人参湯(にんじんとう)の解説】~冷えと下痢に頻用される漢方薬~

人参湯

人参湯の名前の由来 配合されている4種の生薬(次項参照)のうち、主薬である人参の名をとって人参湯と命名されています。 人参湯の作用機序と特徴 人参湯は胃腸虚弱に対して使用される漢方薬であり、含まれている生薬は 乾姜(カンキョウ)、蒼朮(ソウジュツ)、甘草(カンゾウ)、人参(ニンジン)です。 東洋医学では漢方薬の適応を判断するため、個別の患者の状態を判断する「証」という概念を用います。 人参湯が適している証は虚証・寒証・気虚であり、 体力が低下していて華奢で、冷え性で顔色が悪いタイプの人に向いています。 おなかの上側辺りが冷えて硬く、水が溜まっているような状態の胃症状に対して効果的な漢方薬です。 関連記事: 添付文書には以下のように記載されています。 効能又は効果 体質虚弱の人、或いは虚弱により体力低下した人の次の諸症 急性・慢性胃腸カタル、胃アトニー症、胃拡張、悪阻(つわり)、萎縮腎 用法及び用量 通常、成人1日7. 5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 ツムラ人参湯エキス顆粒 医療用 の添付文書より引用 人参湯に関しては科学的な作用機序は明確に判明しておらず、経験的に用いられている部分が多いです。 それぞれの生薬が消化器症状に関する効果を持っていますが、独立して効果を発揮しているわけではなく、相互的に補助しあうことによって人参湯の作用が発揮されています。 では含まれている生薬から、人参湯の作用について考えていきましょう。 まずは乾姜ですが、これは 体を温めて冷えをとる効果を持ち、含まれている有効成分であるショウガオールがセロトニン受容体に拮抗することで下痢の抑制、嘔吐の抑制に働いていると考えられます。 ショウガオールは胃腸の平滑筋に作用することでその活動を活発化させ、これにより健胃効果も発揮しています。 乾姜よりも生姜の方が健胃効果は強力だと言われていますが、この漢方薬では 腹部の停滞した気や水を循環させることを狙って調整されているため、体を乾燥させる効果を併せ持つ乾姜が選択されたのでしょう。 蒼朮は 水分の排泄を促進する効果があるため、胃内水分の停滞を改善する効果を持ち、乾姜と合わさることで健胃効果をより顕著にさせています。 甘草に含まれるグリチルリチン酸は 鎮痛・抗炎症作用を持ち、ケミカルメディエーターの働きを阻害することで、その作用を発揮しています。 胃炎や胃痛の症状まで緩和することができるのはこの作用によります。 人参の作用は 滋養強壮作用ですが、胃腸の働きを活発にする効果も併せ持ち、補った気を循環させる作用も持っています。 中枢神経を興奮させることによって副腎皮質の活動を活発にする作用もあることが判明しているため、それらの活動が複合的に虚証に対して効果を発揮しているのです。 スポンサーリンク 人参湯の副作用 人参湯では副作用の発現頻度が明確になる調査を行っていないため、その詳しい発生頻度は不明です。 ただ重大な副作用として甘草に由来するものが報告されており、使用する際にはその兆候となる症状に注意が必要です。 低カリウム血症や血圧の上昇、浮腫を引き起こしてしまう偽アルドステロン症、前述の低カリウム血症の結果として筋肉の動きに悪影響を与えてしまうミオパチーの発生が報告されています。 それらの可能性がある場合には、服用の中止やカリウム剤の投与などの適切な処置が必要になります。 その他の副作用として過敏症状を起こす場合があり、発疹や蕁麻疹などが現れた場合には服薬を中止する必要があります。 人参湯の注意事項 人参湯は生薬をお湯に煮出して服用するタイプの薬でしたが、使い勝手を考慮した結果として煮出した薬液を加工し、散剤としたものです。 ですので、服用する時には元の形に戻した方が効果的だと言われています。 甘草を含有しているため、その重複に注意して服用する必要があります。 漢方薬の併用などにより過量に甘草を摂取してしまうことで、前項で紹介している重大な副作用が誘発されやすくなってしまう可能性があるため、注意が必要となります。 また、甘草の有効成分として含有されているグリチルリチン酸を使用している医薬品も同様に注意する必要があり、その他にもなどのループ系利尿薬・などのチアジド系利尿薬などの血清カリウム値の変動や血圧の変動を起こす危険性があるものに関しては併用注意となっています。 妊婦、産婦、授乳婦等への投与 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 ツムラ人参湯エキス顆粒 医療用 の添付文書より引用 添付文書では妊婦に対する使用は有益性投与となっていますが、 日本産婦人科医学会では妊娠中のつわりに対して用いる漢方薬として人参湯を挙げています。 そのため、医師の判断において使用する場合には安全に服薬することができるでしょう。 ただし、あくまでも医師の判断を基に使用することが前提ですので、自己判断での服用は避けるようにして下さいね。 それでは人参湯については以上とさせて頂きます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

人参湯の効能・効果

人参湯

5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス2. 5gを含有する。 日局カンキョウ 3. 0g 日局カンゾウ 3. 0g 日局ソウジュツ 3. 0g 日局ニンジン 3. 0g 添加物 日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物 性状 剤形 顆粒剤 色 淡灰褐色 におい 特異なにおい 味 辛い 識別コード ツムラ/32 一般的名称 人参湯 禁忌 (次の患者には投与しないこと) 1. アルドステロン症の患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。 ] 2. ミオパチーのある患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。 ] 3. 低カリウム血症のある患者[疾患及び症状が悪化するおそれがある。 ] 効能又は効果 体質虚弱の人、或いは虚弱により体力低下した人の次の諸症 急性・慢性胃腸カタル、胃アトニー症、胃拡張、悪阻(つわり)、萎縮腎 用法及び用量 通常、成人1日7. 5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 使用上の注意 重要な基本的注意 1. 本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。 なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。 本剤にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値等に十分留意し、異常が認められた場合には投与を中止すること。 他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。 相互作用 併用注意 (併用に注意すること) 薬剤名等 1 カンゾウ含有製剤 2 グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤 3 ループ系利尿剤 フロセミド エタクリン酸 4 チアジド系利尿剤 トリクロルメチアジド 臨床症状・措置方法 偽アルドステロン症があらわれやすくなる。 また、低カリウム血症の結果として、ミオパチーがあらわれやすくなる。 「重大な副作用」の項参照 機序・危険因子 グリチルリチン酸及び利尿剤は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が促進されることが考えられる。 副作用 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。 重大な副作用 1. 偽アルドステロン症 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。 ミオパチー 低カリウム血症の結果としてミオパチーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。 その他の副作用 頻度不明 過敏症 注1 発疹、蕁麻疹等 注1)このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。 冷たくてサラサラした無色透明な唾液が多い。 手足が冷えて寒がりで食欲がない(食事量が少ない)などの方に使用します。 理中湯とも呼ばれています。 脾胃の虚寒を治す方剤となります。 このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。 の使用ができるようになりました。

次の