都民 共済 自転車 保険。 自転車保険を比較してたら自転車保険は不要だったこということがわかった

共済は本当にコスパ最強の保険なのか?民間保険会社と比較してみた

都民 共済 自転車 保険

国民共済(こくみん共済)の運営団体とは 国民共済(こくみん共済)の運営団体は正式名称を「全国労働者共済生活協同組合連合会」といいます。 TVCMなどでは「全労済」「こくみん共済 coop」と呼ばれていますね。 全労済は消費生活協同組合法(生協法)にもとづき、厚生労働省の認可を受けて設立された協同組合です。 共済商品を扱う団体はほかにも ・県民共済/都民共済(全国生活協同組合連合会) ・コープ共済(日本コープ共済生活協同組合連合会) ・JA共済(全国共済農業協同組合連合会) などがあります。 上記のどの共済も手ごろな掛け金で人気の保険です。 なかでも自転車に乗る子供を持つママにおすすめしたいのが、国民共済(こくみん共済)です。 子供を守る! 自転車に乗るなら「交通災害共済」と「損害賠償保障」 子供が自転車に乗り始めると事故の被害者になる心配とともに、万が一加害者になってしまったら…という心配もでてきます。 子供が起こした自転車事故で高額な損害賠償が発生した事例もあり、一億円近い賠償金額になってしまうことも実際に起こっています。 国民共済(こくみん共済)、都民共済/県民共済、コープ共済には、いずれも自転車事故の損害賠償に対応できる特約があります。 被害者になったとき・加害者になったときの両方に備えられる商品があるのは国民共済(こくみん共済)の大きな特長といえますね。 被害者になったときの保障なら「交通災害共済」 自転車に限らず、交通機関にかかわる事故の被害者、道路を通行中に不慮の事故の被害者になったときに、幅広く保障される共済です。 加害者になったときの保障なら「損害賠償保障」 国民共済(こくみん共済)には、単独の損害賠償保障の商品はありません。 ただし、メインの共済にプラスして掛けられる3つの商品があります。 個人賠償プラス 人に対する保障の「こくみん共済」に、月額200円プラスするだけで追加できる損害賠償保障です。 法律上の損害賠償責任を負うときに、最高1億円の保障があります。 1世帯のうち1人が加入すれば、同一生計の家族全員が損害賠償保障の対象になります。 自転車賠償責任補償特約 「マイカー共済」に特約として月額120円で追加できるプランです。 1事故につき最高1億円を補償します。 家族が複数台の自転車を持っていてもすべて補償されるので、例えばパパのマイカー共済にこの特約を付けると、ママと子供の自転車事故も補償されることになります。 個人賠償責任共済 「住まいる共済」に特約として追加できる損害賠償保障です。 法律上の損害賠償責任を負うときに、最高1億円の保障があります。 同一生計の家族全員が損害賠償保障の対象になります。 自動車に乗るなら国民共済(こくみん共済)の「マイカー共済」 自動車の任意保険として、充実したサポート内容の共済です。 全国76ヵ所・約800名のスタッフがサポートしている事故受付や現場急行サービスは、24時間365日対応で安心です。 最大22等級・掛金64%割引で、無事故が続くほど掛金がお手頃になるのがうれしいですね。 4つの金額から選べる「人身傷害補償」 共済者本人や同乗者が事故で死傷した場合に、治療費、休業損害、精神的損害などの実損害額を補償します。 最高補償額は5000万円、1億円、2億円、無制限の4つの中から選べます。 実損金額とは別に受け取ることができる「自動車事故傷害見舞金」 自動車事故にあったとき、実損害額の補償とは別に、入院見舞金や後遺障害見舞金などを受け取ることができます。 対人・対物賠償は「無制限」 万が一、事故の相手を死傷させてしまったときなど、損害賠償責任額が全額補償されます(自賠責保険等により支払われた金額を差し引いた分)。 また、人身事故ではなく 物損事故であっても、お店の営業ができなくなったり、電車の運行をストップさせてしまった場合など、非常に高額な損害賠償額になることもあります。 相手方への万一の賠償には、高額になってもしっかり対応できる備えがあると安心ですね。 車両損害補償は選べる3タイプ 「マイカー共済」の車両損害補償の内容は、以下の3タイプから選べます。 一般補償 他車との衝突はもちろん、 ゲリラ豪雨による水没などの自然災害、盗難やあて逃げ、落書きや車以外の他物との衝突まで、幅広いトラブルに備えられる補償です。 エコノミーワイド 他車との衝突(あて逃げ以外)、自然災害、盗難、落書きなどのトラブルに備えられる補償です。 ガードレールや塀など車以外の他物との衝突は補償されません。 エコノミー 他車との衝突(あて逃げ以外)のみの補償に限定されるプランです。 もっと不安を解消できる!さまざまな特約 上記で紹介した以外にも、細かなニーズに対応した特約が揃っています。 ・弁護士費用等補償特約:事故の被害者になったときに弁護士報酬や訴訟費用をサポートしてくれます。 ・自転車賠償責任補償特約:家族みんなの自転車事故の損害賠償が補償されます。 ・マイバイク特約:家族みんなのスクーター等の原付自転車の事故が補償されます。 自然災害・火災に備えるなら国民共済(こくみん共済)の「住まいる共済」 「住まいる共済」は、火災共済と自然災害共済を合わせた呼び名です。 ゲリラ豪雨や地震などの自然災害があると「わが家は大丈夫かしら…」と不安に思うこともあるでしょう。 さまざまなリスクから「住宅」と「家財」を守るために、どんなプランがあるのか見ていきましょう。 「住まいる共済」でどこまで保障されるのか 「住まいる共済」は、火災はもちろん、風水害・地震・盗難、さらに幅広い保障があります。 例えば、冬場の水道管の凍結や破裂を自己負担で修理したときは「水道管凍結修理費用共済金」が支払われます。 選べる保障の種類とは 持ち家か賃貸か、家財の保障は必要かなど、ご家庭によって保障したい範囲は異なりますよね。 「住まいる共済」は住宅のみ、家財のみなど必要な保障内容を選ぶことができます。 住宅と家財の保障 持ち家(戸建て・マンション)の方、住宅と家財の両方の保障が必要な方にぴったりのプランです。 住宅のみの保障 資産として貸家をお持ちの方、家財保障を別に用意している方向けのプランです。 家財のみの保障 賃貸住宅にお住いの方、住宅保障を別に用意している方向けのプランです。 家具・家電はもちろん寝具や食器類も保障の対象になります。 国民共済(こくみん共済)は身近な生活の不安をカバーしてくれる 家族の万が一に備えるため、さまざまな保険や共済を調べてるママもいるでしょう。 なかでも子供の自転車事故はママたち共通の心配事ではないでしょうか。 子供が自転車に乗り始めると事故の被害者にも加害者にもなりうるため、安心できる備えをしておきたい…そんなママの不安もカバーできるのが国民共済(こくみん共済)です。 まとめ 国民共済(こくみん共済)の人への保障、住まいの保障、マイカー共済、子供の自転車事故への備えについて紹介してきました。 国民共済(こくみん共済)は、民間の保険と比べても遜色ない共済商品が揃っています。 いざという時の備えに、検討してみてはいかがでしょうか。

次の

共済は本当にコスパ最強の保険なのか?民間保険会社と比較してみた

都民 共済 自転車 保険

1.都民共済のメリットとは? (1)掛け金が安い。 その理由は? 都民共済の最大のメリットは「掛け金が安い」ということがあげられます。 その理由は、全国生活協同組合連合会(全国生協連)が厚生省の認可を受けて行っているからです。 通常の保険会社は利益を出さなければなりませんが、全国生協連は非営利で保障を請け負っているので安い掛け金で保障を受けることができます。 (2)返戻金も魅力 上記のとおり非営利組織とで運営しているため、実際掛金(生命保険会社でいう保険料)に対して支払われる共済金(生命保険会社でいう保険金)が少なければ、返戻金という形で掛け金の一部が戻ってきます。 ちなみに平成29年度は39%強(過去の返戻金推移は出典 1)参照)の返戻金がありましたので、月間2000円年間24000円かけた方は8000円以上も掛け金が返戻されています。 こういった、返戻金も都民共済の魅力と言えるでしょう。 〈出典〉1)都民共済ホームページ ( 閲覧日:2019. 19) (3)入院保障は1日から。 掛金も上がりません 都民共済の入院保障は124日(けがによる入院は184日)で入院1日でも保障されます。 また、掛金は年齢が上がったとしても一律で上がりません。 ただし、保障の内容は変わってきます。 いかがでしょうか、一見すると都民共済は安くて、返戻金もあり、掛金も上がらないと聞くととてもよさそうに見えます。 では、デメリットについて分析してみましょう。 2.都民共済のデメリットとは? (1)年齢によって保障内容が先細りする 先ほど、年齢によって掛金は変わらないというお話をしましたが、実は60歳を過ぎると保障内容は先細りしていきます。 掛金2000円の18~60歳の健康な方が入れる総合保障と65~85歳の健康な方が入れる熟年保障で比べてみましょう。 総合保障(18歳~60歳)・・・入院1日4500円、死亡保障400万円 熟年保障(65歳~85歳)・・・入院1日2500円、死亡保障100万円保障 これをみると医療保険は年齢が60歳以上になってから使う人が多いため、少し保障面で不安が残るかもしれません。 また、死亡保障もお葬式費用などのことを考えると100万円では不足するかもしれませんね。 (2)保障は85歳で終わり、一生涯の保障はなし 保障する最高年齢は85歳までのため、85歳以降の保障はありません。 民間の生命保険会社のように払込年齢まで保険料を支払うと「終身」で一生涯の保障が付くわけではありません。 やはり、61歳以降に保障内容が先細りするため、口数を多くするなどの対策が必要かもしれせん。 (3)保障内容は一律、すべて掛け捨て保険、貯蓄性はありません 都民共済の保障内容は、年齢性別関係なく一律のため、若い人は割高になります。 保障内容が同じということは、その方の状況や希望に合わせて保険の設計を組むという選択肢が制限されているとも言えます。 また、基本掛金は掛け捨てとなりますから、民間の保険会社のような貯蓄性はほとんどありません。 仮に、2000円の掛金で25歳~75歳まで50年払ったとすると掛金120万円。 返戻率が30%とすると36万円、実質84万円は掛け捨てになります。 余談ですが、通常の民間の医療保険も掛捨てが多いのですが、健康還付金という名目で主契約部分の支払った保険料が使わなければ還付される保険も最近では出てきています。 3.あなたは共済向きか、それとも? (1)本来の「保障」のあり方を考えてみよう 安いという理由で「共済」を選ぶのも1つだと思います。 しかし、本来は「どういった保障が自分に合っているのか」としっかりと考えてから、必要に応じて医療保障や死亡保障を考えるほうが賢明だと思います。 特に医療保障は若いうちに使うというケースは比較的少なく、年齢がますにつれ医療保険を使うケースが増えてきます。 また、死亡保障も残された遺族の方のことを考えると60歳以降の死亡保障が少なくして大丈夫かというのは、自分の本当に必要な保障額を考える上での重要なポイントになりそうです。 (2)目的別に保障を組むことで保険料コストダウンも? 都民共済の場合、総合保障型、入院保障型、総合保障型+医療保障型という3つのタイプから選ぶことになります(18歳~60歳までの場合)。 この時に、死亡保障を考えると1口2000円で400万円ですから、ご家族をお持ちの方にとっては1口では少なそうです。 仮に3000万円の死亡保障を考えると7口(14000円)以上入らなければなりません。 仮にほぼ同じ保障内容で、医療保障と死亡保障を民間の保険会社で設計した場合、A社では年間31,115円(25歳男性死亡保障2940万円、入院1日5000円支払期間60歳まで)済みます。 月額2,592円。 一概に言えませんが、年齢や保険の組み方によっては、共済よりもかなり割安で組めることがありそうです。 4.まとめ 都民共済を選ぶ前にシンプルさよりも、「実利」を考えて保障を選ぼう 安い、シンプル、都民で健康であればだれでも入れるからいう視点で保障を選ぶなら都民共済も悪くないでしょう。 しかし、どういった保障内容が自分や家族にとって向いているのかを考えてみると、別の選択肢もあるかもしれません。 ぜひ、共済を選択する際の参考にしてもらえればと思います。 2019年1月30日 text by 久保田 正広 FPバンク.

次の

共栄火災、4月施行の自転車保険加入義務化を前に都民アンケートを実施~4月施行の自転車保険加入義務化を前に都民アンケートを実施~

都民 共済 自転車 保険

重大なな自転車事故が増えたことを受け、自治体レベルで自転車保険が次々と義務化されています。 京都市も2018年4月から自転車保険の義務化が始まりました。 義務化された影響で、サイクルショップなどの小売店でも提携している自転車保険をすすめられます。 あなたはショップ提携の保険にそのまま入りますか? ちょっと待ってください。 あなたのすすめられた保険は、入る必要がないかもしれません。 そもそも「自転車」保険すら入る意味がないことも。 僕は現在ちゃりぽという自転車保険に入っていますが、よく調べると 『自転車』保険に入らず、もっと条件が良くて安く済む方法があったのです。 それが 府民共済を使う方法。 これで僕はいままで加入している保険より、半額程度で必要な条件を手に入れられるのです! もう少し早く知っていれば、と後悔しきり。 ではなぜ「自転車」保険に入る必要がないのか、「府民共済」を使うと条件が良くて安く済むのか、見ていきましょう。 個人賠償補償の上限額が1億円以上• 示談代行サービスがある• 適用対象は家族全員 示談交渉や適用対象については、特に説明の必要はないので省略します。 個人賠償補償の上限額が1億円以上 ここ最近の自転車事故で命じられた賠償金の最高額が、1億円に近いものがありました。 ただ僕や僕の家族については、おそらく1億円を超えるような事故は起こさないと考えています。 また、事故を起こした本人の死亡や後遺障害は、自転車保険以外の保険に加入しているので、上乗せする必要性を感じていません。 入院費や通院費の補償 日本の保険制度では高額の医療費が必要な場合、140,100円以上の医療費負担分を払い戻してくれるため、こちらも必要ないと考えています。 なお、高額医療については、こちらが参考になりました。 自転車保険を比較したら府民共済がコスパ最強だった 選ぶポイントを踏まえ、自分に合った条件で年間保険料が安い自転車保険を探したところ、候補に上がったのは次の2つ。 しかし「義務化のために加入が必要な自転車保険の条件とは」(ページリンク)でも説明したとおり、自転車事故が損害賠償保険の対象になるなら義務化の条件を満たすので、それを踏まえて他の保険を探していたところ。 見つけました、コスパ最強の保険。 共済自体が保険を運営していない• 申し込んでもすぐに補償が始まるわけではない• 共済保険を継続しないと自動的に解約になる 共済自体が保険を運営していない 個人賠償責任保険自体は損害保険ジャパン日本興亜株式会社という別の会社が運営しているので、お問い合わせの電話はこちらの営業所にする必要があります。 といっても加入は共済から送られてきた加入用紙やWEBからできるので、連絡の機会はあまりないと思います。 申し込んでもすぐに補償が始まるわけではない 1ヶ月ごとに申し込み日の期限があり、補償開始が翌々月の第一日になるので、申し込んでから補償開始日まで最大2ヶ月ほどかかることがあります。 例えば8月の申し込み期間は8月31日までなので、もし8月1日に申し込みをすると、保証開始日は翌々月の一日、つまり10月1日になる、ということです。 しかし、そこまで急ぎで必要になるものでもないし、自転車の購入時期がわかっていれば日付を逆算して加入することができるので、特に問題はないでしょう。 共済保険を継続しないと自動的に解約になる 共済保険にプラスする保険なので、当然共済保険を解約すると、個人賠償責任保険も自動的に解約になります。 もし共済保険を解約することがあれば、他の保険に入り直しましょう。 ちなみに僕は共済保険の加入者なのでこのプランをみつけましたが、他の生命保険や自動車保険にも個人賠償責任保険をプラスするプランがあると思います。 加入保険会社から送られてくる案内を確認する• 加入保険会社に問い合わせてみる などで調べてみましょう。

次の