冷凍 うどん タピオカ。 テーブルマーク

美味しい「うどん」と、美味しく無い「うどん」の違い

冷凍 うどん タピオカ

こんにちは。 このレシピでおうどんを作りたいがために、 生協でタピオカ粉を購入しました(笑) で作ってみました。 こしがないっていうか・・・ つるつるして食感はよかったのですが。 お店で売ってるのと比べ物にならないものを!と期待して作ったので、 食べてみてちょっとがっかり・・・。 まあ、これから数をこなして、 こしのある麺を作れるようにがんばります。 さちごはんさん、ありがとうございます! ほんと、おいしかったです。 今までうどんを自分で打ちたい、しかも、おいしいうどん!と試行錯誤して、最初はホウトウみたいなうどんができて、パスタマシンかって、でも何かが足りなくて、と、さちごはんさんのレシピにたどり着きました。 ほんと、たどり着けてよかった。 おいしーーーい。 タピオカ粉はチャイニーズ系で手に入るのですね、ホールフーズというオーガニックスーパーで入手したのですが、高かった。 (笑)今度からはチャイニーズグローサリーにしますぅ。 今回はフィットチーネ太さにしてしまったのですが、中華麺をうつほうの太さでは細すぎますか?そして、おすすめの小麦粉ってあります?もしあれば教えて下さい! megさん、こんにちは。 タピオカ粉、私も初回はWhole Foodsで買いましたよ。 あのくらいの値段だと思っていたのに、チャイニーズ系で安いこと! 2度とWhole Foodsでは買いませんでした。 笑 麺の太さですが、フェトチーネ用カッターでは太過ぎるし、スパゲッティ用では細過ぎるってことで、私は包丁で好みの太さに切っていました。 丁度良い太さのカッターも別売されているようで、kapacyanさんはうどん用に購入されたようですよー。 おすすめの小麦粉…わかりません 笑。 私はね、Costcoで米袋大はあるAll-purpose flourを買って使っていました。 日本だったらうどん用のとかあるみたいですけどね。 書き込み、ありがとうございました。

次の

とある趣味人の手打ちうどんレシピ、タピオカ10%

冷凍 うどん タピオカ

では製造方法の違いにより、うどんを分類してみました。 で、今回は独断でそれぞれのうどんの味について考えてみます。 もし、どれかのうどんが圧倒的においしいのであれば、それしか売れないはずですが、実際はそれぞれ一長一短があり、棲み分けができています。 1 チルド麺 家庭用でもっとも売れているのは、なんといってもチルド麺(ゆでうどん)です。 ただ便利な反面、ゆでてから時間が経っているので、コシがないという人もいます。 でも、よく探せばそこそこおいしいうどんも見つかります。 というか、個人的には、ばりばりのコシだけのうどんよりも、ゆで置きでちょっとソフトでも、小麦粉でんぷんの旨みが感じられるうどんの方がずっと好きです。 だからチルド麺はそんなにすてたもんじゃないと思います。 2 冷凍うどん 冷凍うどんの特徴は、その原材料にキャッサバという植物の根茎からとれた「タピオカでんぷん」を使用していることです。 タピオカでんぷんを副原料に使用することで、小麦粉だけで作ったうどんよりも、うまく冷凍できて、解凍したときの状態もいいので(つまり冷凍保存性がよい)、タピオカでんぷんが使用されるようになりました。 また、その副産物として、コシの強さがあります。 つまり小麦粉にタピオカでんぷんを混ぜることによって、タピオカ特有の「ぐにゅぐにゅ感(もしくはもちもち感)」がうどんにでてきます。 でも、タピオカでんぷんがあまり入り過ぎると、小麦でんぷんの味がそれだけ薄まるので、味そのものについては評価の分かれるところです。 しかし、いずれにしても発売以来ずっと右肩上がりで伸び続けているので、人気のあるうどんには違いありません。 さて、ここからは、乾麺、生うどん、そして半生うどんをまとめて重点的に考えてみたいと思います。 つまり、それぞれのうどんには、独自のおいしさがあります(もちろん個々の出来不出来はありますけど)。 よってここでは、それぞれの特徴である食感に焦点を絞って比較してみます。 3 乾麺 切刃()を使用しているので、角がある程度とれてしまうのは、仕方ありません。 乾燥うどんの賞味期限は一応1年ということになっていますが、これを過ぎても別に問題はありません。 ただ、長期間経過すると、麺が締まり、ゆでた麺が硬くなる傾向にはあります。 そうめんでは、古いものを古物(ひねもの)といい重宝されますが、これはコシコシ感が増して、歯切れが良くなるからです。 好みの問題もありますが、一般には、 太物は早く、細物はある程度時間が経ったものでも好まれるようです。 4 生うどん 「うどん屋さんのうどんに一番近いもの」となると、やぱっり生うどんになります。 上手につくった生うどんなら、「そんじょそこらのうどん屋さんよりもずっとおいしい」という人もいます。 欠点は、生うどんは水分活性が高いので、保存が難しく、完全密閉で冷蔵保存しても、 おいしく食べられる期間(品質保持期限)は一週間程度くらいということかな。 それ以上保存性を高めようとすると、添加物など余計なものが必要になり、味にも影響してくるようになります。 つまり、うどんも鮮度が重要です。 そもそも半生うどんのコンセプトは、「生うどんに近い食感」と「保存期間の延長」という異なる特徴を無理やり両立させることにあります。 また、どんなにうまく作っても、生うどんにくらべると水分が低いので、多少硬くゆであがるのは仕方ないところです。 でも、時間による味の劣化スピードは、「生うどん>半生>乾燥うどん」となります。 つまり、生ものほど早く食べましょうということになります。

次の

若者が大行列のタピオカとうどんの知られざる密な関係

冷凍 うどん タピオカ

自宅でタピオカを使ったデザートを楽しみたい。 「今人気のタピオカドリンクを飲んでタピオカのモチモチした食感にハマった… どうせならドリンク以外でタピオカの食べ方を知りたい!」 まさにそんな感じで、以前『』という記事で書いたようにタピオカドリンクを自宅で子どもと作ったりしている。 で、 ドリンクだけではなくタピオカを使ったデザートとかも作ってみようとなったわけ。 ちなみに冷凍タピオカを使うと子どもでも簡単にタピオカを使った調理ができるのでおすすめだ。 この記事を読むと「 時間のない人でも冷凍タピオカを使って簡単に黒蜜シロップをかけるだけで甘くてタピオカの食感がより楽しめるデザートの作り方」が分かるようになります。 沸騰した湯• 砂糖 冷凍タピオカに砂糖を加えて湯がく これが本場台湾産の冷凍タピオカだ。 必要な量のを用意する。 1〜2分経過したら、ザルにあげ 冷水または氷水でタピオカをよく冷やす。 ちなみに茹でた後のタピオカは、4時間前後の保存なら可能だ。 冷水で冷やしたタピオカを保存する場合は水、または砂糖水とタピオカを容器に入れて保存することができる。 手作り黒蜜シロップの作り方 これが黒蜜シロップを作るのに使うだ。 粉末黒糖と適量の水を鍋に入れて少量の砂糖を加えて鍋で沸騰させてよく混ぜるとこんな感じで黒蜜シロップができる。 とても簡単! 手作り黒蜜シロップをタピオカにかけて完成 これが甘く味付けした冷凍タピオカに手作りの 黒蜜シロップをかけて完成したタピオカデザートだ。 子どもでも簡単につくれるので、自分で作った黒蜜シロップをかけたタピオカデザートを食べてご満悦の娘。

次の