飛 蚊 症 の なお しかた。 飛蚊症治療は可能?目薬・サプリメント・レーザー治療 [目の病気] All About

飛蚊症治療|岡眼科クリニック

飛 蚊 症 の なお しかた

A ベストアンサー こんにちは。 私も10代の頃から飛蚊症ですが、コンタクト普通に使っています。 飛蚊症は、気付いて間もない頃は、視界の影が絶えず気になって煩わしいものですが、そのうち慣れて気にならなくなると思いますので、気長に付き合っていってくださいね。 コンタクトですが、私は主に1dayの乱視用を使用してます。 (アレルギー性結膜炎があって途中で症状が出ると2weekだとかえって無駄にしてしまうので) 確かに2weekに比べ1dayは装用感は少し劣ります。 ですが、コンタクト初心者さんには1dayの方がおすすめかなと思います。 使い初めの頃はコンタクトレンズの着脱だけでも結構大変だったりします。 なので外した後のケア(洗浄など)がついぞんざいになって、目のトラブルの原因になる場合もあるようです。 ですので最初は1dayで始めてみて、慣れてきたら2weekに変えるなどしてみてはいかがかなと思います。 因みに私も強度の近視+乱視ですが、何とか矯正できています。 質問者様も大丈夫だといいですね^^ A ベストアンサー 私は、飛蚊症なくなりました。 たしか、40歳を超えたくらいから発症して7年くらい悩みました。 今は、全く症状は出ていないです。 ちゃんとした栄養素を取れば、治らないにしても楽にはなると思いますよ。 過去の人は、アトピーも飛蚊症も白内障もそんなにたくさんの人が患っていなかったんですから。 野菜の栄養をバランスよく摂れば良いんですけど、今の野菜には栄養素が少ないからサプリメントなんかが必要なんですよね。 医者が治らないって言っているのは、100%の人が治らないからだと思いますよ。 ご自分で情報を集めて対応すれば良いと思います。 ただ、本物を選ぶ事をおすすめします。 ごめんさいね。 商品名などを上げると駄目だし、ここでは色々と制限があるから。 でも、本当です。 Q 30歳の男性です。 3年ほど前から飛蚊症と頭痛に悩まされています。 飛蚊症のきっかけはストレス過多の時にコンタクトを装着して、眼が充血してしまい、それから急激に増加していきました。 そのときから色々な眼科にかかり、1年間に10数件以上は回ったと思います。 しかし、眼科での診断はどれも 「眼球はきれいだし、さほど問題ないでしょう」 というものばかりです。 しかし、飛蚊症はどんどん酷くなる一方で今では色も濃く数は無数で、こげ茶色や黒色の星空のようなありさまです。 数も数えきれないほどありますが、ほかにも眼を動かすとゼリー状のものが異動して視界がゆがんだりしますし、時折、光が点滅したような閃光がはしります。 例えるならば、ものすごく汚れた水の中で水中眼鏡をつけているようなかんじです。 このような状況を眼科で訴えても 「眼はきれいなんですよねー」 といわれるばかりです。 時々などですが、視野の一部が欠損して見えなくなったりもします。 同じ時期から起こっている酷い慢性頭痛もなにか関係があるのではないかと思い心配しています。 脳外科にも何件か通いましたが、CTなどの結果はなにも問題はないと言われています。 病院では手のうちようがないと言われても、飛蚊症は日に日に 悪化する一方ですし、頭痛も相変わらず酷く、日常生活にかなり支障をきたしている状況です。 漢方や眼に良いといわれる食品なども試してみているのですが、なかなか改善の兆しがみられません・・・・ この飛蚊症も頭痛も一生治らないかと思うと本当に憂鬱になってしまいます。 運転していても仕事でPCを扱っていても、なにをする時でもかなり気になってしまいます。 日中の外出も苦痛の日々で夜しか外出する気がおきません。 なにかご存知の方、もしくは経験者専門家のかたがいらっしゃいましたらアドバイスのほうどうぞ宜しくお願いいたします。 30歳の男性です。 3年ほど前から飛蚊症と頭痛に悩まされています。 飛蚊症のきっかけはストレス過多の時にコンタクトを装着して、眼が充血してしまい、それから急激に増加していきました。 そのときから色々な眼科にかかり、1年間に10数件以上は回ったと思います。 しかし、眼科での診断はどれも 「眼球はきれいだし、さほど問題ないでしょう」 というものばかりです。 しかし、飛蚊症はどんどん酷くなる一方で今では色も濃く数は無数で、こげ茶色や黒色の星空のようなありさまです。 数も数え... A ベストアンサー はじめまして。 20代ですけど、私も飛蚊症がみられます。 私の場合は長時間のコンタクトレンズの装用と関係があるようです。 1日中メガネで過ごすと飛蚊症はほとんどないので…。 それにしても…検査をしてもらっても異常がないのに 未だに不快な症状が続くっていうのは不安ですし、辛いですね。 一度専門家に診てもらってはいかがでしょう? 眼科医の中にも角膜の専門家、硝子体・網膜の専門家、 視神経の専門家、斜視の専門家などがいます。 大学病院には各部位の専門家が揃っているのではないでしょうか。 余談ですが…。 網膜をきちんと診るのって難しいそうです。 眼底写真(網膜の写真)を撮ってしまえばゆっくり観察して所見を読みとる事ができるのですが、 散瞳して直接患者さんの眼を見るとなると経験が物を言うようです。 Q 1ヶ月位前から飛蚊症の症状が出ていていっこうに良くならないので、先週市内の眼科(評判の方は全く判りませんでしたが)を受診したところ「網膜に孔が開いているのでこのままでは危ない。 明日にでも網膜剥離を起こしてもおかしくない状況だ。 そういうこと。 どの眼科行っても同じこと言われると思うよ。 」と言われました。 その割にはこちらから「ではどうすればいいんですか?」と尋ねるまでレーザー治療の話は出てこず、「価値観の問題だからね。 やるかやらないかは。 でもこのままでは非常に危ない」との答え。 何だか不信感を抱いたものの剥離寸前と言われては治療するしかないだろうと思いその日は手術の予約を入れて帰りました。 家に戻って夫にその話をし、でも何となくその医者が気に入らないんだと言ったところ、だったらもっと評判のはっきりしている隣の市の眼科(評判がいいのでとても混む)でセカンドオピニオンを取ってもいいんじゃないかと言われ、確かにもし手術したとしてその後定期検診も受けるのであれば信頼の置ける医師の方がいいだろうと思い今日受診したところ、「濁りはあるけど悪いものではなさそうです。 孔も開いてませんし網膜剥離ではないですね」と言われ呆然としました。 今日受診した医師には2度目の受診であることは言い辛かったので伝えていません。 本来は伝えた方が良かったのでしょうけれど。 また診察時間も前者に比べると後者の方が短かったです。 検査の内容的には同じでしたが違いと言えば前者には眼底?の写真を見せられましたが(見ても正直よく判りませんでしたが)後者ではそれはありませんでした。 一体どちらを信用したらいいのでしょう?今はひと月位様子を見て症状が改善しないようならまた別の眼科を受診すればいいのかな~と考えていますが…前者で剥離寸前と言われただけにそんな悠長に構えてていいのかな?という不安がよぎります。 因みに今日の視力検査の結果では左1. 5、右1. 0でした。 1ヶ月位前から飛蚊症の症状が出ていていっこうに良くならないので、先週市内の眼科(評判の方は全く判りませんでしたが)を受診したところ「網膜に孔が開いているのでこのままでは危ない。 明日にでも網膜剥離を起こしてもおかしくない状況だ。 そういうこと。 どの眼科行っても同じこと言われると思うよ。 」と言われました。 その割にはこちらから「ではどうすればいいんですか?」と尋ねるまでレーザー治療の話は出てこず、「価値観の問題だからね。 やるかやらないかは。 でもこのままでは非常に危ない」との答え。... A ベストアンサー 私は網膜はく離の手術を受けた経験者です。 大学病院のようなできるだけ大きな病院に行ったほうが良いと思います。 飛蚊症は、確かに網膜はく離の前兆です。 一週間後、黒いタールのようなものが視界の鼻の辺りに現れました。 街の病院で網膜はく離と判断され、徳島大学病院に紹介状を書いてもらい翌日には入院、三日後には手術でした。 網膜はく離は緊急を要する怪我で、何よりも最優先に手術するようです。 とても言葉には表せないぐらい痛い手術です。 しかし、大変なのは手術後で、最悪一週間うつ伏したままの状態でベッドにいなければなりません。 また、退院後三ヶ月は重いものを持つことが出来ません。 悪くなるまで待たず、レーザー治療で済む段階で治療したほうがいいですよ。 そのほうが簡単ですから。 紹介状を書いてもらえないのであれば、 二人の医者とも、同レベルの診断結果だったのではないでしょうか。 こんなことを書いていいのかわかりませんが、 前者の医者は、レーザー治療がしたかった印象をうけます。 混んではいても、評判の良い医者のところに行きましょう。 年齢が高くなればなるほど、そうしたほうが良いと思います。 私は網膜はく離の手術を受けた経験者です。 大学病院のようなできるだけ大きな病院に行ったほうが良いと思います。 飛蚊症は、確かに網膜はく離の前兆です。 一週間後、黒いタールのようなものが視界の鼻の辺りに現れました。 街の病院で網膜はく離と判断され、徳島大学病院に紹介状を書いてもらい翌日には入院、三日後には手術でした。 網膜はく離は緊急を要する怪我で、何よりも最優先に手術するようです。 とても言葉には表せないぐらい痛い手術です。 しかし、大変なのは手術後で、最悪一週間うつ伏... Q 母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。 大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。 手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、 約2時間半後、視界がクリアになった時、 まだ小さな斑点が残っていることに気づき、 すぐに眼科に電話をしました。 保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。 飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。 当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、 すぐに眼科へ問合せるよう母に促しました。 ------------------------------------------------------------- 電話した内容は下記です。 1)まだ飛蚊症が治っていません(という報告) 2)再度、レーザー手術となったら、手術代36,000円をまた支払うのか? -------------------------------------------------------------- 窓口の女性に伝えた後、かなり待って手術を担当した先生が電話に出ました。 すると、逆ギレ風に ・そんなに慌てないでください。 ・何が言いたいんですか? ・手術費用はまたかかります。 と言われたようです。 私は腑に落ちないのです。 レーザー手術後、ちゃんとレーザーで除去できたかチェックしたの? 先生の確認不足なんじゃないんですか? それを何の謝罪もなく、ふてぶてしい態度にて、 「慌てるな」とか「また手術代かかる」とかよく言えたもんだなと思っています。 手術代は医療保険で給付される予定なのですが、 そうは言っても、一旦、自腹で支払う訳です。 レーザーによる目の負担だってありますし、そんなに何度も何度も 手術したくないという患者の気持ちはまるで考えず、 上から目線の眼科医の態度に疑問を感じてます。 そこで、下記について質問させてください! -------------------------------------------------------------- 1 母は以前、もう片方の目の飛蚊症でレーザー手術を受けましたが、 1度で完治しました。 ですが、飛蚊症によるレーザー治療というのは、 1回のレーザー手術で完治しないケースもあるのですか? 2 手術して2時間後、まだ飛蚊症が完治していない場合でも、 レーザー治療費を2回支払わなくてはならないのでしょうか? ---------------------------------------------------------------- まさかこんなことになるとは思わず、眼科医の態度を心から残念に思います。 母は、もう片方の目の検査のため、 1週間後に再度その眼科に診察へ行く予定です。 完治しなかった目の検査も再度することになるでしょう。 現在も視界が遮られる状態ですから..... レーザー治療をすすめられても、お金がかかるので、 治療をせずに帰ってくると言っています。 質問内容についてご存知の方、教えて頂けると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 母が飛蚊症となり眼科でレーザー手術を受けました。 大きな黒い斑点が視界に入り邪魔な状態でした。 手術後、しばらくは視界がぼんやりしていましたが、 約2時間半後、視界がクリアになった時、 まだ小さな斑点が残っていることに気づき、 すぐに眼科に電話をしました。 保険適用でも、36,000円も支払って治っていないなんてどういうことだと思ったからです。 飛蚊症が完治していないことにかなりショックを受けていましたし。 当日に電話しないと、新たに飛蚊症に罹ったと言われかねないと思ったので、 すぐ... A ベストアンサー 飛蚊症のレーザー治療と言うのは、 飛蚊症の原因になっている硝子体の中の「ゴミ」に レーザーを照射して、細かく分解して、目立たなくする だけのことで、「ゴミ」がなくなるわけではない。 つまり、ゴミを「除去」する手術ではないのですよ。 どの程度のゴミが残っているのかわかりませんが、 小さすぎると、レーザーが上手くゴミに当たらずに、 網膜に当たってしまう危険もあります。 なので、ある程度、気にならなくなったのならば、 それで治療完了、という手術です。 不満足というのならば、医師と相談してください。 2回目の治療費がかかるかどうかは、 どの程度の大きなゴミが残っているかどうか という問題とも絡んできます。 A ベストアンサー 現役の眼科医です。 yamachan30さんのおっしゃる通りです。 飛蚊症は毎日外来で多い日には10人くらいの訴えを聞くことにあるありふれた主訴の一つです。 まず気のせいではないので、ご安心ください。 その場合は、必ず散瞳薬を使用して瞳を大きく開かせて、眼底の検査をしますが、大きく分けて、60歳以上のお年寄りに多い後部硝子体剥離と若い人にも起こる生理的飛蚊症という診断がほとんどです。 生理的飛蚊症は40才代では硝子体中の離水による老化現象と判断され、30才代までは生まれつきの飛蚊症=胎児期の硝子体中の血管の名残りが成長してから壁から離れて見えるものといわれてます。 他に眼底の出血やぶとう膜炎でも飛蚊症は起こりえますが、その辺を眼科医が見逃すとは思えません。 なお後部硝子体剥離の1割前後に網膜裂孔という小さな網膜の穴が見つかることがあります。 この穴を放置して、さらに網膜はく離を起こした場合のみ手術適応になります。 裂孔だけの場合は、レーザー光線だけで外来で補強手術が可能です。 網膜はく離は、強度近視の人に比較的多い病気です。 眼科の検査で、なんの心配もないと言われた場合は、お気になさらないことです。 また自然と見えなくなっていくことが多く、かといって完全に消えるわけではないので、気にして探せばまた見つかるものです。 現役の眼科医です。 yamachan30さんのおっしゃる通りです。 飛蚊症は毎日外来で多い日には10人くらいの訴えを聞くことにあるありふれた主訴の一つです。 まず気のせいではないので、ご安心ください。 その場合は、必ず散瞳薬を使用して瞳を大きく開かせて、眼底の検査をしますが、大きく分けて、60歳以上のお年寄りに多い後部硝子体剥離と若い人にも起こる生理的飛蚊症という診断がほとんどです。 生理的飛蚊症は40才代では硝子体中の離水による老化現象と判断され、30才代までは生まれつきの飛蚊症=胎... A ベストアンサー 少しずつ涙に溶けて眼の付け根(涙腺)から排除されていきます。 溶けも排出もしなければまぶたをひっくり返した裏のヒダの裏に溜まっているはずですがいつの間にか無くなっています。 涙は角膜を乾燥させないように絶えず補給され角膜を潤して排出されています。 もちろん眼の表面についた最近も流し出します。 下記参考URLをご覧下さい。 ただし大きなごみや無視は人為的に取り除いてやらないと眼が痛くて、充血したりします。 眼は非常に敏感ですので比較的小さなごみでも痛くて我慢できないですね。 まぶたとまつげのすばやい動きで大きな異物が眼に入るのを防いでします。 kanazawa-u. asahi. html asahi. banyu. html.

次の

飛蚊症(ひぶんしょう)|目の病気

飛 蚊 症 の なお しかた

飛蚊症とは? 視界に、黒い虫のような、浮遊物が見える状態のことです。 視界を動かしても、その黒い浮遊物は消えることなく、 基本的に、ずっと視界の中に存在するかたちになります。 また、目を動かすと、それに合わせて、飛蚊症の浮遊物も 一緒に移動する場合もあります。 飛蚊症によって見える浮遊物のカタチと量には 人によって個人差があります。 また、黒い浮遊物のため、白い部分や空などを見上げると より気になる!という方も多いのではないかと思います。 この飛蚊症はたいていの場合、気にする必要のないもの なのですが、まれに網膜剥離などの前兆である場合があるため 決して油断をしてはいけないものであるのは確かです。 では、飛蚊症について、詳しく見ていきましょう。 症状が出てしまう原因は何? 飛蚊症の原因は、 目の内部を満たす硝子体というものの混濁が 網膜に影を発生させることで 発生するものです。 硝子体の影が、映ってしまって見えているもの、ということになります。 では、どうして混濁が起こってしまうのでしょうか。 その原因としては、 ・生理的な原因によるもの これは、生理的な原因によるもの、ということで、 治療の必要はないモノです。 失明などに至ったり、病的な原因ではない、ということですから 安心してもらって構いません。 ストレスなどによっても飛蚊症が増えることがあります。 私も、とある原因で片耳が聞こえなくなってしまったことが あるのですが、それが治るまでの間、飛蚊症が悪化していました。 (の記事も参考にどうぞ!) ・病気以外の原因 生理的以外で病気ではない要因として、 加齢や打撲、近視などによるものも存在します。 この場合は、一度眼科で診察を受けて、 問題がなければ経過観察で構わないのではないかと思います。 (も参考にどうぞ!) ・病的な原因 代表される原因として、 網膜剥離の前兆として飛蚊症が現れることがあります。 この場合、放置しておくと最悪の場合、失明に至ることがあり、 このケースの場合のみ、早急な治療が必要です。 ただし、素人判断では、なかなか判別ができないので、 突然飛蚊症が現れた場合は、やはり眼科での治療を 受けることが望ましいでしょう。 他に網膜裂孔、硝子体出血、ぶどう膜炎などによって 飛蚊症が見受けられることもあります スポンサーリンク もしも症状が現れたら…? 飛蚊症が現れた場合は、眼科で一度検査を受けることが 望ましいかと思います。 一般的には眼底検査を行い、 網膜剥離などの兆候がないかを確認します。 検査の結果、病気などの兆候が見受けられない場合は、 経過観察ということになります。 飛蚊症の症状が出るのがはじめて・そうでないに 関わらず大切なこととしては、 ・急激に飛蚊症の数が増えた場合は、すぐに診察を受ける ・飛蚊症の見え方に変化があった場合は診察を受ける ・飛蚊症以外に併発する症状があった場合は診察を受ける ことが望ましいです。 網膜剥離などの兆候が見られて、飛蚊症の症状が 増えたりする可能性は十分にありますから、 何かおかしいな?と思ったらすぐに検査を受けるように してください。 検査はどのようにするの? 飛蚊症で眼科を受診した場合「眼底検査」と呼ばれる 検査を行うことになるかと思います。 眼底検査を行う場合は、 瞳孔を開く薬を点眼して、眼底に異常がないかを 確認します。 () 飛蚊症が生理的なものであるのであれば、 ここでは何も発見されないはずです。 が、網膜剥離などの兆候である場合は この検査によって、それが分かるので 治療を行うことになります 飛蚊症の治療方法は? 飛蚊症そのものに対する治療は日本では ほとんど行われていません。 飛蚊症を治す様な薬もないので、 飛蚊症自体には慣れていくしかありません。 生理的な要因による飛蚊症の場合は、 特に治療は行われず、経過観察という形になります。 眼科医の指導のもと、定期的に眼底検査を受けるか、 もしくは「何か異変があったらまた診察してください」 みたいな感じになるのではないでしょうか。 一応、硝子体を手術で切除することにより消失するため、 手術を行う国などもあるようですが、 非常にリスクが高いため、一般的には行われていません。 飛蚊症をレーザー治療するクリニックも一部に 存在するようですが、 現時点において、一般的には 「異常はありませんから、気にしないでください」と いうことになる場合が、ほとんどであるかと思います。 なお、眼底検査で目に病気が見つかった場合は それの治療を行います。 網膜剥離などの場合は、レーザー照射による治療や、 網膜が完全にはがれてしまっているケースの場合は、 手術などが必要になります。 これ自体は飛蚊症とは別の内容になるので、 それぞれの症状の記事で説明していこうと思います。 スポンサーリンク もしもなってしまったら? まず、最初は眼科で検査を受けることをおすすめします。 特に、突然飛蚊症の症状が出た場合、 何らかの異常がある可能性も0ではありません。 大抵の場合、 心配する必要はないのですが、万が一、網膜剥離の 前兆などであった場合は非常に危険ですから、 しっかりと対処するようにしましょう。 検査などを受けてみて、異常がなければあとは 慣れるしかありません。 私もそうでしたが、最初はとても気になるものです。 しかし、治療することは基本的には難しいので 慣れるしかありません。 気にしてしまうとストレスになりますから、 なるべく、飛蚊症を受け入れて、共に過ごしていくように 心がけましょう。 最初は気になりますが、時間が解決してくれるとは思います。 放置しておくとどうなる? 生理的な原因などである場合、飛蚊症を放置 しておいても、何も起こりません。 問題はないと言うことですね ただ、上でも書いた通り、病気などが原因の飛蚊症である場合、 非常に危険な結果を招く可能性があります。 例えば、網膜剥離などの場合は、それを放置すれば 最後には失明してしまいます。 異常がある場合、流石に途中で「おかしいな?」と 思うとは思うのですが、そう思わずに 進行させてしまった場合は、最悪の結果を招くことに なりますから、検査は受けておきましょう。 検査を受けて異常なしなら、放置で構いません。 飛蚊症と勘違いしやすいもの 飛蚊症かな?と思っていても、飛蚊症では ない可能性もあります。 例えば、光がチカチカして見えたりするのは 飛蚊症ではありません。 飛蚊症はあくまで黒い物体が見える症状で 光ることはありません。 光が見える場合「光視症」「閃輝暗点」など 別の症状である可能性が考えられます。 (、についてはそれぞれのページでご確認下さい) また、視野の一部ではなく、視野全体に 砂嵐のような粒粒が見えていたりする場合、 これは飛蚊症ではなく 「ビジュアルスノウ」と呼ばれる知名度の低い 治療の困難な病気である可能性もあります。 (を参考にしてみてください) もしも飛蚊症かな?と思った場合 これらも頭に入れておくと良いかと思います。 まとめ 飛蚊症は、多くの場合は心配はいらないのですが、 網膜剥離などの前兆として現れることもありますから、 その点に関しては、注意をしておかなくてはなりません。 まず、最初に検査を受けておき、 安全を確認しておくのが一番だと思います。 あとは慣れです。 私も、だいぶ慣れました。 それでも、邪魔であることには変わりないのですけれどね…。

次の

飛蚊症の治し方と原因!網膜剥離になりやすい症状とは?

飛 蚊 症 の なお しかた

視界の中にぼやっとした透明の糸くずのようなものや点が見えて、目を動かすとそれも同時についてくる・・・。 これって何かの病気なのかな?はい。 これは飛蚊症という病気なのです。 なおちゃんは小学校高学年だったか中学1年生だったかはっきり覚えていないのですが、子供の頃から飛蚊症の症状があります。 親にスーパーファミコンを買ってもらって一日中テレビでゲームをやりこんで目を酷使してしまい、急激に視力が低下(2. 0から0. 5に悪化)した時期があったのですが、飛蚊症になった時期と同じだったので何か関係があるのかもしれません。 いきなり病名を出してしまいましたが、飛蚊症とは一体なんなのでしょうか。 まず目の構造と原因、見え方を説明します。 目の構造 目の空気に触れている部分、ちょっと出っ張った部分を角膜といいます。 角膜はコンタクトレンズが密着する部分です。 その奥に目の中に入る光の量を調節する虹彩と瞳孔があり、さらにその奥にはピントを合わせる機能を持つ水晶体があります。 そして中心部分にあるのが 飛蚊症の原因となる硝子体という組織です。 目の中の大部分を占めているのが硝子体という器官で、ここには透明なゼリー状のどろっとした液体が入っています。 ガラス体ともいって、コラーゲンというタンパク質でできています。 ゲル状のガラス体は眼球の形を保つ役割があるとともに、目にボールがぶつかったとき等、衝撃が加わったときに眼球が損傷あるいは破裂しないように外力を分散させる役割もあります。 さて、この硝子体という組織を構成するコラーゲンですが、 加齢とともに繊維質と水分が分離してしまい、目の中のにごりの原因となってしまうのです。 これは加齢によるものなので避けようのない変化で、 目薬などでにごりを綺麗にしようとしてもできないのです。 また、 近視が強ければ強いほど、にごりは発生しやすくなります。 瞳孔から入ってきた光は必ず硝子体を通過してから網膜(視神経)に到達するため、この繊維質が影になって投影されてしまいますので、これが飛蚊症の原因となるのです。 活性酸素が原因 硝子体のタンパク質が濁ってしまう原因は、紫外線によって発生した活性酸素です。 10代など若いときには活性酸素を分解する酵素が十分あるので目の中に繊維クズが発生するケースは少ないのですが、老化にともなって酵素の量が少なくなり、繊維組織が少しずつ崩れていってしまいます。 ですから、学生時代や20代のうちに生理的飛蚊症になってしまう人は比較的少なく、30代以降になると増加しはじめるという特徴があります。 ただし、なおちゃんのように強度近視の人や網膜剥離になりかけている人、既になっている人は生理的飛蚊症の症状が出やすいです。 網膜剥離になりやすい症状は、一瞬稲妻が見えたり、黒っぽい色の浮遊物が一気に増えたり、霧がかかったような見え方です。 ストレスも原因に ストレスも活性酸素を増やして飛蚊症の原因になります。 人間の体は、ストレスを感じると副腎皮質ホルモンというホルモンを分泌して、イライラを和らげるようにできています。 しかし、副腎皮質ホルモンを産生するときに活性酸素も同時に発生してしまうため、目の病気になりやすくなってしまうのです。 しかも、ストレスを和らげるために体内のビタミンCが大量に消費されます。 ビタミンCは抗酸化力が強く、普段は活性酸素を中和するための量が十分あるのですが、ストレスを受けるとビタミンCが減ってしまい、活性酸素を十分に分解させるだけの量が行き渡らなくなってしまいます。 そうすると、硝子体の中に存在している繊維クズが増えてしまいます。 これがストレスが飛蚊症の原因となるメカニズムです。 症状がひどい人は数が増えすぎてこれがさらにストレスとなり、頭痛もしたりして悪循環に陥るケースもあります。 加齢にともなって数が増えたという人はかなり多いです。 あまりに悪化したり気になるようでしたら、下記のレーザー治療をオススメします。 どんな見え方? 飛蚊症の見え方は人それぞれで決まった形というのはありませんが、よく挙げられるのが 糸くず状、点状、虫のような形の3種類です。 ほかには、 カーテン状、くさり状、クラゲのような形などが多いです。 これらが目の前をプカプカ浮かぶ浮遊物のような見え方をします。 視線を動かしても一緒についてきて、まばたきをしても目をグルグル動かしてもなお消えませんが、 暗いところではほとんど見えなくなります。 見え方としては通常、 透明か糸くずの周りが少しだけ明るく見えるか灰色がかっている、もしくは黒っぽい色(真っ黒ではない)か灰色の浮遊物として認識されます。 もし色が真っ黒であったり、光がピカピカ見える(一瞬または数秒間)場合、視線を動かしても影が移動しない場合は、重大な目の病気(眼病)である可能性が高いので、すぐに眼科を受診して下さい。 飛蚊症の原因が、硝子体出血、ぶどう膜炎、後部硝子体剥離、光視症などの病気である可能性があります。 ちなみに、 飛蚊症と白内障は関係ない病気です。 飛蚊症になったから白内障になりやすくなるといったことはありません。 飛蚊症の症状が片目だけに現れるときの原因も、両目に現れるときと同じ原因のことがほとんどです。 しかしながら、ここ 数日中に急に片目だけ数が増えたときや視界を遮るほど糸くずや点が大きくなっている(増悪傾向)の場合は、網膜裂孔や網膜剥離、眼底出血といった眼病の可能性が高いため、痛みやかゆみがなくてもすぐに眼科を受診して下さい。 飛蚊症の治し方 生理的飛蚊症の治し方を医師に聞いてもそんな方法はありませんと言われることも多いですが、実際に 自然治癒した方も多数います。 目を手術して飛蚊症を治療する以外に、自分で治す方法をお教えしましょう。 それは、食生活を改善して目の健康を取り戻すという治し方です。 食品名を挙げると、ほうれん草、しゃけ、ゴマ、ニンジン、ピーマン、いくらなどです。 これらの食品は眼病だけでなく、生活習慣病(糖尿病や高血圧など)にも効果があります。 もし、これらの食べ物を食事に取り入れることが難しいという場合や忙しい人は、サプリメントを摂取するのも良い方法です。 実際になおちゃんはDHCのマルチビタミンというサプリやルテイン、アスタキサンチン、ポリフェノールというサプリを毎日飲んでいたら、飛蚊症がほとんど気にならなくなりました。 改善したと言っていいでしょう。 ビタミンにはいろいろな種類がありますが、マルチビタミンというのを飲んでおけば十分に効果があります。 そしてストレスを感じたら適度な運動やストレス発散をすること、目に紫外線を浴びすぎないようにすることも重要です。 特に夏場は紫外線が多いので、 外出するときには紫外線をカットするサングラスをかけるのも対策の一つです。 レーザーによる治療 飛蚊症の治療は、現在ではレーザーによる硝子体の繊維質の破壊(粉砕)が主流となっています。 今まではレーザー治療を行える施設が欧米にしかなかったことから、わざわざ飛行機に乗って欧米まで治療を受けに行く必要がありました。 しかし近年では日本にもウルトラQオフサルミックYAGレーザーなど最新型の装置が輸入され、気軽に飛蚊症の治療を受けることが可能となっています。 ただし、レーザーによる治療は都市部にあるクリニックでしかできないことがほとんどで、治療費は保険の適用とならないため、 自由診療の扱いで全額自己負担となります。 治療費の目安は、片目で10万円、両目で20万円です。 レーザー治療を受けても、30年後ぐらいには症状が再発するケースが多いため、2回目の治療費は安く設定されているクリニックが多いです。 ちなみに、2回目の治療費の目安は、片目5万円、両目で10万円前後となります。 治療の流れとしては、まずレーザー治療の適応となるかの検査からはじまります。 硝子体の中に存在しているシワや濁りがあまりに水晶体に近いと治療が受けられないことがあります。 問題がなければ、瞳孔をひらく点眼薬と点眼麻酔剤をさします。 (この点眼薬の効果は5時間程度持続しますので、太陽光や車のライトが眩しく感じられます。 当日は車の運転は危険ですので、電車やタクシーなどで移動しましょう。 ) その後診察を行い、治療に入ります。 治療時間はクリニックによって少し異なりますが、20分から30分程度で終了します。 その後、30分程度安静にしたのち、眼圧検査を行い、帰宅となります。 なおちゃんは治療中に録画した動画を見てみましたが、 「バチッ!バチッ!」という音とともにレーザー光が目の中の白いシワを散らしていくのが確認できました。 眼科医の説明によると、繊維質を分散させているだけだということでしたが、動画を見る限り、 レーザー光を当てるたびに濁りが綺麗に消えていっているような印象を受けました。 治療費が両目で20万円と高いのがネックですが、30分で飛蚊症の症状が軽くなるんだったら受ける価値はあるし、手術なしで視界がクリアになるならむしろ安いもんじゃないかとも思えます。 このレーザー光については、欧米の試験で安全性が確立されていますので、安心できます。 なおちゃんは40歳から50歳になって、もし症状が悪化するようであれば、この治療を受ける予定です。 飛蚊症と網膜剥離 加齢にともなって硝子体の組織がゲル状と液体に分かれることは既に説明しましたが、このときに視神経のある奥側から硝子体が離れるのですが、これを後部硝子体剥離といいます。 後部硝子体剥離が発生するときに、硝子体と網膜の間に癒着の強い部分があると裂孔(網膜裂孔)ができ、そこから硝子体の液体成分が神経網膜の裏側に流れ出してしまいます。 そして光を感じ取る網膜が網膜色素上皮から剥がれてしまうことを網膜剥離(Retinal Detachment)といいます。 網膜裂孔が悪化すると、網膜剥離になるということです。 上記の種類は裂孔原性網膜剥離というものですが、ほかにも黄斑円孔網膜剥離、漿液性網膜剥離、牽引性網膜剥離という分類があります。 なぜ網膜剥離の話をしたかというと、 網膜剥離の初期症状として、視界を黒っぽいものがちらつく飛蚊症の症状が現れることがあるからです。 生理的飛蚊症であれば経過観察で問題ないのですが、網膜剥離であれば出来る限り早めの治療が必要です。 網膜光凝固術であれば、健康保険適応で3割負担の方なら、治療費は3万円が目安です。 散瞳薬の効果があるうちは視力が一時的に落ちますが、しばらくすれば回復しますし入院する必要はありません。 0D以下の弱度近視、-3. 1Dから-6. 0Dの中等度近視、-6. 1Dから-10. 0D以下の強度近視、-10. 1Dから-15. 0D以下の最強度近視、屈折度が-15. 1D以上の極度近視。 以上の5種類に分類されます。 自分が強度近視かどうかは、コンタクトレンズの度数を見ればわかります。 日本で市販されているコンタクトレンズはほとんどが度数が0. 5刻みで販売されていますので、 -6. 5以上の度数を使っている人は飛蚊症や網膜剥離になりやすい強度近視ということになります。 視力でいうと0. 1以下の人が該当します。 新聞の文字が紙面を目の前10センチ程度まで近づけないと見えない人が強度近視です。 度数が強い人は、強度近視からしだいに病的近視に変化し、眼病や失明の原因にもなることがあるため注意が必要です。

次の