ご 連絡 いただき まして ありがとう ござい ます。 「ご連絡ありがとうございます」連絡の正しい敬語表現と使い分け方

「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

ご 連絡 いただき まして ありがとう ござい ます

「ご連絡」と「連絡」、敬語表現としては接頭辞をつける 「ご連絡ありがとうございます」など「ご連絡」は相手の行為に対して使う、尊敬語のイメージが強いかもしれません。 しかし「ご連絡いたします」など、自分側の行為であっても向かう先の相手がいる場合は「ご連絡」と使います。 ただし、向かう先の相手が部下や同僚、自分など敬意を払う必要がない場合には「連絡」とするのが正解です。 「ご連絡」は尊敬語、謙譲語どちらでも使うと覚えておきましょう。 例外はあるものも、基本的には「ご」は音読みに「お」は訓読みに使います。 連絡をお願いする際の正しい敬語表現解説 目上の人に連絡をお願いする際は謙譲語を使用します。 正しい敬語表現を身につけ適切な表現をできるようにしましょう。 ただし敬意が低い言い回しのため、目上の人に使うと失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 使用する場合は部下や同僚に使うようにしましょう。 目上の人に使う際の適切な表現となります。 「くれる」の尊敬語「くださる」も加わり、「ご~いたす」よりも丁寧な印象を与えます。 目上の人に使う際は「ご連絡お願いいたします」か「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」を使用するといいでしょう。 「ご連絡」の注意するべき表現 ご連絡させていただきます 丁寧にしようとして「させていただく」を使う人が多いですが、了承を得るような場面ではないのに多用するとかえって失礼な印象を与えてしまいます。 自分の行為を丁重に述べたいのであれば「ご連絡いたします」を使うようにしましょう。 ご連絡差し上げます 自分から能動的に動いて相手に配慮するという意味合いでいえば「ご連絡差し上げます」や「お電話差し上げます」などは適切な表現です。 間違いではありませんが、「与える」の意味から見下されているように感じる人もいることは覚えておいた方がいいでしょう。 ご連絡のさまざまな言い回し例文.

次の

敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

ご 連絡 いただき まして ありがとう ござい ます

「ご連絡」と「連絡」、敬語表現としては接頭辞をつける 「ご連絡ありがとうございます」など「ご連絡」は相手の行為に対して使う、尊敬語のイメージが強いかもしれません。 しかし「ご連絡いたします」など、自分側の行為であっても向かう先の相手がいる場合は「ご連絡」と使います。 ただし、向かう先の相手が部下や同僚、自分など敬意を払う必要がない場合には「連絡」とするのが正解です。 「ご連絡」は尊敬語、謙譲語どちらでも使うと覚えておきましょう。 例外はあるものも、基本的には「ご」は音読みに「お」は訓読みに使います。 連絡をお願いする際の正しい敬語表現解説 目上の人に連絡をお願いする際は謙譲語を使用します。 正しい敬語表現を身につけ適切な表現をできるようにしましょう。 ただし敬意が低い言い回しのため、目上の人に使うと失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 使用する場合は部下や同僚に使うようにしましょう。 目上の人に使う際の適切な表現となります。 「くれる」の尊敬語「くださる」も加わり、「ご~いたす」よりも丁寧な印象を与えます。 目上の人に使う際は「ご連絡お願いいたします」か「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」を使用するといいでしょう。 「ご連絡」の注意するべき表現 ご連絡させていただきます 丁寧にしようとして「させていただく」を使う人が多いですが、了承を得るような場面ではないのに多用するとかえって失礼な印象を与えてしまいます。 自分の行為を丁重に述べたいのであれば「ご連絡いたします」を使うようにしましょう。 ご連絡差し上げます 自分から能動的に動いて相手に配慮するという意味合いでいえば「ご連絡差し上げます」や「お電話差し上げます」などは適切な表現です。 間違いではありませんが、「与える」の意味から見下されているように感じる人もいることは覚えておいた方がいいでしょう。 ご連絡のさまざまな言い回し例文.

次の

「~していただきまして、ありがとうございました」

ご 連絡 いただき まして ありがとう ござい ます

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の