三角コーナー。 三角コーナーは必要か〜メリットとデメリット

「三角コーナーいらず」が100均よりgood!面倒な掃除とおさらばよ♪|たま子さんのそれじゃあイケマー!

三角コーナー

お肉のトレー・もやしの袋・豆腐のパック 食材が入っていたビニール袋 もやし、ピーマン、にんじんなどの野菜は、ビニール袋の中に入っていますよね? そういったお料理中に出てくる袋を、そのままゴミ箱に捨てずに、とっておくんですよ。 で、お料理している時に出てくるじゃがいもの皮やにんじんの皮などの生ゴミを、その都度この食材が入っていたビニール袋に入れていくんです。 ピーマンの種みたいな細かいものは、そのまま排水溝に流して、ゴミ受けでキャッチさせ、1日の終わりに、ビニール袋に入れてゴミ箱にポイです。 袋をとっておくといっても、お料理をつくり終わったら、ゴミとして捨てちゃいます。 食品トレー お肉、お魚、豆腐などの食品のトレーも三角コーナー代わりになります。 どんどん上に乗せていって、一日の終わりに、コンビニのビニール袋などに入れて捨てています。 コンビニの袋 イモ類の皮、葉物やエビの殻など、ゴミの量が多いときには、コンビニの袋が便利です。 牛乳パックなどの紙パック 牛乳パックなどの紙パックは、水に強いので水漏れの心配がなく便利なので、三角コーナーとしてリサイクルしています。 捨てる時には、口の部分を何重にも折って捨てます。 購入したビニール袋を使う ゴミを処分するために、お金はなるべく使いたくないので、あるものを優先して使っていますが、生ゴミがキッチンカウンターにある状態がイヤなので、お料理のたびに捨ててしまいます。 するとどうしても、もやしの袋やコンビニの袋がなくなってしまうことがあるんですよ・・・。 ないと困るので、100均でポリ袋を購入して、どうしてもないときだけ使っています。 掃除しなくてもいい• ネットを買う必要がない• シンクが広くなる• すぐ捨てられる• 見た目がキレイ• コバエが出なくなる 掃除しなくてもいい 三角コーナーを置いたら、まめに三角コーナーを洗わないと、 三角コーナーだけでなく置いた周辺のシンクまでぬめぬめになってしまいます。 毎日のように洗えるまめな方なら、苦にならないかもしれませんが・・・。 洗うのが面倒・・・という方は、三角コーナーを使わないと 掃除しなくても良くなるので、楽になりますよ。 でもそのネットは無料ではないはず。 シンクが広くなる 三角コーナーを置かないと、 シンクが広くなるので、使い勝手が良くなります。 — tama? もやしなどの袋は、いっぱいになるまですぐだし、もともとゴミとして処分するものに入れているので、お料理のたびに生ごみを捨てちゃおう~!という気になれます。 キレイなキッチンに立つとお料理もはかどります~! 見た目がキレイ キレイな三角コーナーが保てれていればいいけれど、それはなかなか難しいですよね。 しかもいくら毎日三角コーナーを洗っていたとしても、そこに卵の殻やじゃがいもの皮がどかっと入っていたら、キレイには見えません・・・。 コバエが出なくなる!対策になる 暖かい季節になってくるとやってくるコバエの対策になります~! コバエの幼虫がうじゃうじゃ出てくる季節になりました。。 対策として我が家では少し前から三角コーナーを撤去しております。 — Y. もっと早くにやっておけばよかった。 (2018年12月現在) 1枚あたり約7円。 この費用を安いと考えるか高いと考えるか・・・。 シンクの扉に貼るだけ。 ただ水モレさせないために、スーパーのレジ袋ではなく、購入したビニール袋のほうが安心ですね。 シンクに広げて置くだけ。 水切りゴミ袋 ダイソーで三角コーナーいらずの水切りゴミ袋見つけた! これがあれば排水口に生ゴミをながさず気分良く洗い物が出来る?? jeanluc?? 冬キャンプする! Sin16300920 25枚入りで、100均のダイソーで購入できます。 1枚あたり約4円。 自立できておしゃれな柄だけど、小さいのですぐにいっぱいになってしまうかも・・・。 匂いも気になりにくいし、何より容器の底が無いのでヌルヌルが残らない!強い!! 袋も水切れ良くて場所も取らないし便利。 — 碧りんご bluecomicmusic シンクに袋がつかないし、底に穴があいているので、水切りできるところが良いですね! シンクの中ではなく、キッチンカウンターに置くタイプです。 専用の袋がいらず、ポリ袋でOKなことがGOOD!! 本体はヤフーショッピングで827円で購入できます(2018年12月現在) 三角コーナーを使い捨てできる商品を使ってみた! 自立できる三角コーナーが100均で売っていたので、買って使ってみました! 自立していてゴミを入れやすいけど、我が家のキッチンには合わないデザイン。 貧乏性のわたしは、どうしてももったいないと思ってしまって使えないのです・・・。 まとめ 今回の記事では、三角コーナーを使わないでどうやって生ゴミの処分をしているかをまとめました! 私は性格上、見た目が気になり、シンクの中やキッチンカウンターの上に、ずっとゴミが置かれている状態が気になって仕方ないのです。 なので、もやしなどの野菜が入っていた袋や牛乳パックなどの紙パックを三角コーナーにして使っています。 お料理が終わったらすぐに捨てるだけ! 三角コーナーはあると便利だけど、なくてもよい物かもしれません。

次の

「三角コーナーいらず」が100均よりgood!面倒な掃除とおさらばよ♪|たま子さんのそれじゃあイケマー!

三角コーナー

三角コーナーには汚れが溜まりやすいので、できれば 毎日掃除することをおすすめします。 一番 手間がかからないのは、調理後や食器洗い後にシンクや排水口の掃除と一緒に三角コーナーもきれいにしてしまう方法です。 塩素系漂白剤を使う必要はなく、生ゴミを捨てた後にシンクや排水口用を掃除するためのお掃除スポンジで一緒にこするだけ。 毎日ちょこっとだけ拭き掃除する習慣ができると、ヌメリもつかないのでキレイな三角コーナーをキープできます。 ときどき、 熱湯をかけて消毒するだけでも雑菌の繁殖を抑えられます。 三角コーナーを掃除する手間を省くには? 三角コーナーの掃除が面倒なら、 片付けが簡単なものに買い替える方法もあります。 さまざまなかたちの三角コーナーがあるのでぜひ参考にしてください。 『ポリ袋エコホルダー タワー』(山崎実業) ポリ袋をひっかけて三角コーナーにできるアイテム。 生ゴミは袋ごと捨てればOK。 使わないときは閉じておけるので場所も取りません。

次の

「三角コーナーいらず」が100均よりgood!面倒な掃除とおさらばよ♪|たま子さんのそれじゃあイケマー!

三角コーナー

By: 据え置きタイプは、シンクの隅に設置する一般的なカゴ型の三角コーナー。 安定感のある形状なので、シンクに常時設置でき、ビニール袋や水切りネットなどをセットしなくても使えるのが特徴です。 料理を行う機会が少ない方や一人暮らしの方など、生ごみの量が少なく水切りネットをセットする手間を省きたい方におすすめ。 ただし、生ごみや水分に触れる面積が大きいため、ほかのタイプに比べるとやや汚れやすくお手入れの手間がかかります。 最近では、似たアイテムとしてホルダータイプの三角コーナーも人気。 ホルダーにビニール袋や水切りネットをセットして使用するタイプで、形状がシンプルなので洗いやすいのが魅力です。 なかには折り畳み式の製品も存在し、使わないときは手軽に片付けておけるため衛生的に使用できます。 ただし、ビニール袋や水切りネットのランニングコストがかかる点には注意しておきましょう。 使い捨てタイプ By: 三角コーナーはステンレスなどの金属製とシリコンやプラスチックなどの樹脂製が存在します。 それぞれの素材によってメリットとデメリットが異なるため、自身が重視したいポイントに合わせて選ぶのがおすすめです。 ステンレスは耐久性が高く、洗いやすいのが魅力。 雑菌も繁殖しにくく衛生的に使えます。 強度が高く安定性に優れているため、据え置きタイプやホルダータイプの三角コーナーを探している方にもおすすめです。 シリコンやプラスチックは、カラフルでおしゃれなデザインのモノが豊富に販売されています。 シンクを華やかに彩ってくれるので、インテリア性を重視する方におすすめです。 デメリットは汚れやすく雑菌が付きやすい点。 こまめなお手入れが必要なうえ、金属製と比べて耐久性に劣りますが、リーズナブルなため定期的に買い替えて使うことが可能です。 サイズと容量をチェック By: 三角コーナーは生ごみを長期間ためずこまめに捨てることで、いつでも衛生的に使用することが可能。 そのため、ライフスタイルや自治体のゴミ捨てルールに合わせて、適切なサイズと容量の製品をチェックしておくのが重要です。 例えば、一人暮らしの方や調理のたびに生ごみを捨てたい方は、コンパクトなモデルがおすすめ。 シンクの場所を取らず手軽に使えるのが魅力です。 ただし、小型で軽量な製品は洗い物をした際に水で流されやすいので、吸盤付きのモノやシンクの側面に引っ掛けられるモノだとより便利に使えます。 反対に、家族の人数が多いファミリー世帯の方や自炊の頻度が高い方は、大容量の製品がおすすめ。 生ごみの量が多くても溢れにくく、調理中に出た大量の生ごみも容易に捨てられるため、スムーズに調理を進められます。 フタ付きタイプならニオイやコバエ対策にも By: 三角コーナーにたまった生ごみのニオイや見た目が気になる方は、フタ付きタイプの製品がおすすめです。 キレイなシンクにそぐわない生ごみを視界からシャットアウトし、時間の経過と共に気になりやすい嫌なニオイを軽減できます。 家族の人数が多く、すぐに大量の生ごみがたまってしまう方にもおすすめ。 反対に、自炊の頻度が低く、ある程度量がたまってから生ごみを捨てたい方にも適しています。 また、フタ付きタイプは夏場のコバエ対策にも効果的なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 三角コーナーのおすすめ|据え置きタイプ パール金属 PEARL METAL 抗菌ステンレス製深型三角コーナー アクアスプラッシュ H-9177.

次の