カーネーション。 カーネーションの育て方|ヤサシイエンゲイ

【カーネーションの育て方】鉢植えや地植え、挿し木の方法は?

カーネーション

大正2(1913)年、大阪・岸和田の呉服店の長女として生まれた小原糸子(尾野真千子)。 幼い頃からだんじり祭りが大好きで、いつか大工方になってだんじりの屋根に乗ろうと心に決めていた糸子だったが、初めて見た洋服に一目惚れし、さらにミシンとも運命的な出会いを果たす。 もはや糸子の頭の中はミシンのことでいっぱい。 やがて彼女は周囲の反対を押し切り、ミシンとともに人生を歩むことを決意するのだが・・・。 (2011年初放送・全151回) 脚本:渡辺あや 音楽:佐藤直紀 主題歌:椎名林檎「カーネーション」 出演:尾野真千子、夏木マリ、麻生裕未、正司照枝、駿河太郎、新山千春、川崎亜沙美、安田美沙子、栗山千明、ほっしゃん。 でも、そんな時計がわりの習慣として観ていた人たちに、大胆不敵にも宣戦布告したのが、『カーネーション』である。 映画『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』等の脚本家・渡辺あやが紡ぐ物語は緻密で丁寧で、説明ゼリフなど一切ない。 登場人物にはステレオタイプのキャラクターがいないし、「お約束」のやり取りや展開もない。 一話たった15分の中に、作り手と演じ手の「本気」や「情熱」が濃厚にギッシリ詰まっていて、かすかな表情の変化や空気感、言葉にならない表現の中に大事な意味が含まれているだけに、一瞬たりとも見逃せないドラマになっている。 観る側の本気度も試されてしまう作品なのだ。 また、ストーリーも、何か問題が起きるたび、ヒロインのおかげで解決していくという「ヒロイン至上主義」の展開が定番だ。 自分がやろうと思ったことに猪突猛進するエネルギーは、「だんじり」のように真っ直ぐで、曲がることもスピードを緩めることもできない。 その大きなパワーは、ときには周りを振り回したり、巻き込んだり、衝突してしまったりする。 そして、否応なく大きなパワーを視聴者に与えてくれるのだ。 『カーネーション』が、善悪で割り切ることができない「人間の業」をリアルに描いたことも衝撃的だった。 それは、例えば、ヒロインの「不倫」だ。 恋を知らず結婚したヒロインが、夫を戦争で亡くした後、夫に対して抱いていた家族愛・仲間愛とは異なる熱い思いを、妻子持ちの男性に抱く。 また、あくまで善意によって、ヒロインが戦争で心に傷を負った幼なじみ・勘助を傷つけ、自殺未遂にまで追いやってしまう展開がある。 そこでヒロインに向けて放たれた勘助の母の言葉「あんたの図太さは毒や!」は、「明るく前向きな人」の善意が、いつでも他者を明るく照らすわけでも、いつでも正しいわけでもないという現実を突きつけるのだ。 だが、お茶の間が崩壊し、視聴スタイルも楽しみ方も変化している。 新しい流れの源流となったのは、後ろ向きヒロインが落語家になる『ちりとてちん』(平成19年後期)だ。 視聴率は苦戦しつつも、「朝、昼、BSと1日3回観る」という人も多く、インターネットの掲示板は大盛況。 DVD-BOXは『おしん』を超える爆発的ヒットとなった。 そして、『カーネーション』では、ツイッターの「ハッシュタグ」により、視聴者同士がネット上で語り合う新しいつながりが生まれた。 「家族のお茶の間」ではなく、「SNSで共有し合う、新しいお茶の間」である。 こうしたつながり方は、後の『あまちゃん』(平成25年前期)ブレイクで定着する。 これらの共通点は、伏線やコネタの多さ・巧みさや、語りたくなる「想像力の余地」が用意されていること。

次の

カーネーションとは

カーネーション

カーネーションとは• 基本情報• 特徴 カーネーションは母の日に贈る花として、古くから親しまれ、年間を通してフラワーアレンジやブーケなどに利用の多い花です。 フリルのように波打つ花びらが重なり合い、ゴージャスな感じと可憐さをあわせもち、すっきりとした端正な草姿と独特の香りが魅力です。 花色が豊富で品種も多く、切り花とした場合も、キクやバラとはまた、ひと味違った印象を受けます。 ポットカーネーションは、鉢物向きに育成された品種で、節間が詰まって葉が密に茂り、草丈10~30cm程度で花を咲かせます。 実生系の品種もありますが、栄養系の品種が主流で、赤とピンクの花色のものが多く出回ります。 開いた花だけでなく、丸くふくらんだ蕾もにぎやかさやボリュームに一役買い、革質でワックスがのった厚みのある葉は、カールしたりウェーブがかかったりするものが多く見られます。 大きく分けると、花径4~5cmの大輪タイプと、小輪のミニカーネーションと呼ばれるタイプがあります。 基本データ 園芸分類 草花 形態 多年草 原産地 南ヨーロッパ、西アジア 草丈/樹高 10~30cm 開花期 四季咲き性(主に4月~6月) 花色 赤,ピンク,白,黄,複色 栽培難易度 1~5 耐寒性 強い 耐暑性 強い 特性・用途 常緑性,香りがある.

次の

母の日カーネーション特集

カーネーション

カーネーションはナデシコ科の花 カーネーションは、ナデシコ科に含まれる花の品種です。 正式には、ナデシコ科ナデシコ属に該当する花です。 ナデシコ属の種類はとても多いのが特徴で、世界に300種類も存在するといわれています。 ナデシコ属は別名ダイアンサス属と呼ばれており、可憐な印象を受ける花と魅力的な香りが特徴です。 実は、カーネーションとして分類されている花以外のナデシコは、全てダイアンサスと呼ばれています。 つまり、ダイアンサス属の花の中でも、カーネーションだけが特別な呼ばれ方をされているのです。 日本で見られるナデシコ属の花には、カワラナデシコやハマナデシコなど4種類が自生しています。 カーネーションは南ヨーロッパや西アジアが原産であるため、日本で自生しているものを見かける機会は残念ながらありません。 カーネーションの別名いろいろ 外国が原産のカーネーションですが、日本に入ってきてから付けられた和名もあります。 さまざまな別名を持っているため、名前を聞いただけでは気づきにくいかもしれません。 カーネーションの別名には、ジャコウナデシコ・クローブピンク・オランダセキチク・オランダナデシコなどが挙げられます。 名前に「オランダ」という地名が付いている理由は、江戸時代にカーネーションがオランダ人によってもたらされたためです。 また、セキチクはナデシコ科で中国原産の花の種類です。 同じナデシコ科であるカーネーションがセキチクによく似ていたため、この名前が付けられたのでしょう。 さらに、昭和の始め頃までは、オランダセキチクという名前を略して「セキチク」と呼んでいたという記録もあります。 カーネーションの花言葉 カーネーションには、とても多くの花言葉が付けられています。 花を誰かにプレゼントするとき、花言葉は自分の気持ちを伝える大切な要素のひとつです。 そのため、どんな花を贈るか決める際は、それぞれの花言葉が大きなヒントになります。 カーネーションの花言葉は、花びらの色によって異なるのが大きな特徴です。 贈る用途や気持ちにぴったりな花言葉を持つ色を選ぶと、喜ばれやすいでしょう。 ここでは代表として、プレゼントとして選ばれやすい赤・白・ピンクのカーネーションに付けられた花言葉を紹介します。 赤いカーネーションの花言葉 赤いカーネーションの花言葉は、母の愛・母への愛・深い愛・敬愛などです。 母の日に贈られる定番の色だけあり、純粋で相手を敬う言葉が多く見られます。 赤い色のカーネーションは母の日のイメージが強いですが、素敵な花言葉を持っているので、感謝を伝えたいときのちょっとしたプレゼントとして贈っても喜ばれるでしょう。 白いカーネーションの花言葉 白いカーネーションには、純粋な愛・私の愛は生きています・純愛などの花言葉が付けられています。 何色にも染まりやすい色からイメージされた言葉が多いのが特徴です。 ピンクのカーネーションの花言葉 ピンクのカーネーションには、女性の愛・気品・美しい仕草などの花言葉が付けられています。 ピンクは赤に白を混ぜた色で可愛らしいイメージを持っているため、温かみがあって可憐な印象を与える花言葉が多いです。 カーネーションは楽しみ方もさまざま 1輪でも賑やかな印象を受けるカーネーションには、たくさんの楽しみ方があります。 アレンジ次第でどんな表情にも変わるので、花瓶の種類やほかの花との組み合わせを考えてみるとよいでしょう。 カーネーションの代表的な楽しみ方は一般的に、一輪挿し・ブーケ・ドライフラワーなどがあります。 花の状態によってアレンジの方法を変えられるので、自分や相手の好みと合わせて選びましょう。 一輪挿しは、最も簡単にカーネーションを飾れる楽しみ方です。 花瓶のデザインや柄も引き立つため、部屋のアクセントとして置くときに適しています。 カーネーションは1つの花にボリュームがあるため、一輪で飾っても絵になるものです。 複数のカーネーションを組み合わせたブーケに仕上げても、ふんわりとした可愛らしさを楽しめます。 ブーケを作る際は隙間を作らないように気を付けると、ボリュームが出て華やかになりやすいです。 さらに、カーネーションを乾燥させてドライフラワーにした場合、ほかのアレンジとは異なる雰囲気に仕上げられます。 乾燥するとアンティーク調の色合いに変化するので、レトロ感のある独特な味わいを楽しめるでしょう。

次の