ジャーニー セパレイト ウェイズ 歌詞。 ディスコグラフィ

Journey

ジャーニー セパレイト ウェイズ 歌詞

今回、 歌詞を 和訳するのは ジャーニーの「 セパレイトウェイズ」。 2017年の WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)のTBSのテーマ曲ですね。 WBCのテーマ曲に選ばれるだけあって、勇ましい音楽とヴォーカルに、戦いに向けて奮い立つような感じがします。 タイトルの「セパレイトウェイズ」は和訳すると 「別々の道」。 歌詞全体のイメージは、 「僕と君は別々の道を行くけど 僕はずっと君を愛している それを忘れないで」という感じ。 そうなんです。 勇ましい音楽のイメージと裏腹に、実は フラれた男性の女々しい嘆きなんですよね。 しかも、歌詞の和訳をよく見てみると、 ちょっと怖い感じすらしてきます・・・ 詳しくは下記で紹介してます。 そんな ジャーニーの 「セパレイトウェイズ」の歌詞の和訳です。 【歌詞和訳】Journey「Separate Ways」 以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル Journey『Separate Ways』 Here we stand 僕らは ここに立っているけど World's apart, hearts broken in two 僕らの世界は二つに分かれて 心も二つに割れてしまった Sleepless nights 眠れない夜が続き Losing ground 地に足がつかない I'm reaching for you 今でも 僕は君を求めているんだ Feelin' that it's gone 終わりの予感が Can change your mind 君の心を変えてしまう If we can't go on もし 僕らが続けられなければ To survive the tide love divides 愛を引き裂く この流れに抗うことを Someday love will find you いつか 愛が君を見つけて Break those chains that bind you 君を縛っている鎖を壊してくれるさ One night will remind you ある夜 君は思い出すだろう How we touched and went our separate ways 僕たちが どうやって出会って 別れていったのか If he ever hurts you もし 彼が君を傷つけても True love won't desert you 本当の愛は 君を見捨てやしないよ You know I still love you 分かってるだろ 僕がまだ君を愛してるって Though we touched and went our separate ways 僕らは 出会って 別れてしまったけど・・・ Troubled times うまくいかない時 Caught between confusion and pain 戸惑いと苦しみに身動きが取れない Distant eyes 遠くを見る眼差し Promises we made were in vain 二人が交わした約束は むなしく消えた If you must go, I wish you love 君がどうしても行くなら 君の「愛」を願うよ You'll never walk alone 君はこれらかも 決してひとりではないよ Take care my love 俺の愛を忘れないで Miss you love 君の愛が愛しい・・・ Someday love will find you いつか 愛が君を見つけて Break those chains that bind you 君を縛っている鎖を壊してくれるさ One night will remind you ある夜 君は思い出すだろう How we touched and went our separate ways 僕たちが どうやって出会って 別れていったのか If he ever hurts you もし 彼が君を傷つけても True love won't desert you 本当の愛は 君を見捨てやしないよ You know I still love you 分かってるだろ 僕がまだ君を愛してるって Though we touched and went our separate ways 僕らは 出会って 別れてしまったけど・・・ Someday love will find you いつか 愛が君を見つけて Break those chains that bind you 君を縛っている鎖を壊してくれるさ One night will remind you ある夜 君は思い出すだろう If he ever hurts you もし 彼が君を傷つけても True love won't desert you 本当の愛は 君を見捨てやしないよ You know I still love you 分かってるだろ 僕がまだ君を愛してるって No.... Journey「Separate Ways」 ジャーニーの「セパレイトウェイズ」の歌詞を和訳してみると、最初に聴いた時とは180度違うイメージに・・・ 音楽は、勇ましい感じで武者震いしてくる感じですが、実際は フラれた男性の心の嘆きなんですね。 しかも、歌詞の和訳をよく見てみると、ちょっと怖い感じすらしてきます・・・ 特にサビの部分。 「いつか この愛が君を見つける」 はい。 なんかもの凄い執着心を感じます・・・ 「この愛が 君を縛っている鎖を壊す」 元カノが何かに縛られているという妄想。 「分かってるだろ 僕がまだ君を愛してるって」 もう、普通に怖いです。 こうやって、歌詞の和訳を見ていくと、ちょっと ストーカー的な怖さが見えてきません? 私の考え過ぎですかね?(笑) しかも、この歌詞の内容を、あんなに勇ましく歌っているのが、また怖いんですよね。 この曲を歌っているのが元カレだとして、自分がこの曲を送られている元カノだと思って聴いてみてください。 どうですか?少しストーカー的な要素が見てきません?? 何か、 将来的にまた二人が結ばれるのを確信しているかのようなヴォーカルが個人的にはストーカー的だなぁって。 WBCのTBSのテーマ曲になっていて、日本代表の勇姿と共に流れると、とてもかっこいい音楽なんですけどね(笑) ジャーニーの「セパレイトウェイズ」のMVを見てみると、やっぱりもの凄く勇ましい感じで歌ってます。 後これは余談ですが、このジャーニーの「セパレイトウェイズ」のMV、時代が違うからでしょうが、 もの凄くダサく感じるのは私だけでしょうか・・・ そんなジャーニーの「セパレイトウェイズ」の歌詞の和訳でした。

次の

僕を形作った洋楽アルバムたちvol.1 JOURNEY ー FRONTIERS

ジャーニー セパレイト ウェイズ 歌詞

今月は、野球ファンにとって4年に一度のお楽しみ、 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)月間でしたが、われら日本代表の サムライジャパンは惜しくも3位という結果に終わりましたね。 大会3連覇の夢が潰えて残念でしたが、ともあれ一生懸命戦った代表選手の面々には、心から拍手を送りたいと思います。 オリンピックでもそうですが、やはり 日の丸を背負った戦いは見ていて興奮しますね。 そんなサムライジャパンの激闘を演出していたのが、 WBC公式テーマソングになっている、 ジャーニーの 『セパレイト・ウェイズ』でした。 たしか、4年前の第2回大会でもこの曲が使われていましたよね(第1回はどうだったか覚えていないのですが)。 ワイルドな曲調とサムライジャパンの 漲る闘士が重なって、めちゃめちゃカッコよく感じたのは私だけでしょうか。 この『セパレイト・ウェイズ』という曲はアメリカのロックバンド・ジャーニーの大ヒット曲で、1983年にリリースされて プラチナディスクとなったアルバム 『フロンティアーズ』の1曲目に収録されている曲です。 当時、私は高校生で、ジャーニーの大ファンでした。 ハードロックなのに美しいメロディーラインの曲が多く、ボーカル・ スティーブ・ペリーの透き通った歌声がたまんないんですよね。 1981年に全世界で 1000万枚を売り上げたアルバム 『エスケイプ』を聞いてジャーニーのファンになり、次のアルバム『フロンティアーズ』のレコードを買って、ワクワクしながら針を落とした瞬間、 全身に電流が流れるほどシビレたのが、この『セパレイト・ウェイズ』の シンセサイザーのイントロでした。 ああいう感動って忘れられないんですよね。 私は学生時代、陸上部に所属していましたが、大会前には必ず気持ちを高めるために、ウォークマンでこの曲を聞いていました。 だから、私にとってこの曲は 戦闘モードの曲、WBCのテーマソングとしてはピッタリの曲なんです。 ただ、実はこの曲の歌詞は、別れた彼女への思いを歌った ラブソングなんだそうで・・・(笑)。 英語がわかる人や外国人の方々からすれば、サムライジャパンのバックに流れるこの歌は、なんとも ミスマッチな歌詞なんでしょうね。 WBCのテーマソングとしてでしかこの曲を知らない若い世代の方々は、ぜひ一度とおして聴いてみてください。 ブログ村ランキングに参加しています。 下記、応援クリック頂けると励みになります。 ミュージックライフ、懐かしいですね。 わたしもミュージックライフとバーンは購読してました。 洋楽の入口はイーグルスのホテルカリフォルニアで、その後、クイーン、ジャーニー、シカゴ、TOTO、ナイトレンジャーなどのアメリカのロックバンドを聴きあさり、さらにブリティッシュ系のヘヴィメタルにもはまりました。 80年代の洋楽ロックは私の青春です。 同い年の妻との結婚式のキャンドルサービスの曲は、オープン・アームズでしたし(笑)。 たぶん、セパレイト・ウェイズのテーマ曲に使おうと決めたプロデューサーさんは、きっと私たちと同世代なんでしょうね。 歌詞の意味は無視して(笑)。 侍ジャパンは3戦全勝で1次リーグを突破したようなので、いましばらくテレビからこの曲が流れます。 若い世代にも、知ってほしいですね。 また、お叱りや反論、批判はかまいませんが、批難、誹謗、中傷とみなされるもの、その他不適切と判断したコメントについては、管理人の権限で削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 応援クリックいただければ、励みになります。

次の

僕を形作った洋楽アルバムたちvol.1 JOURNEY ー FRONTIERS

ジャーニー セパレイト ウェイズ 歌詞

ムービーって奥が深いですね。 時々、お仕事で撮影のための絵コンテを書いたりする機会があるのですが、テンポとか表現とか、想像してたのと実際はイメージが少し違ってしまい苦戦します。 面白いもの、カッコイイもの、斬新なもの。 計算して作れる才能って本当すごいと思います。 たとえば、これは数々のカッコイイPVを監督している有名なゴドレイ&クレームの手によるもの。 80年代にミュージックビデオをアホみたいに見まくっていた私から見ると「えっ!これも彼らー!?」と思うぐらい本当にたくさんカッコイイものを作っています。 Asia - "Heat Of The Moment" 今見るとアタック25か?と思うPVも1982年当時は超斬新だったのです。 たぶん。 でもカッコイイもの、素敵なものが、人々の印象に残って人気があるかっていうとそうでもないのかもしれません。 皆様、アメリカのロックバンド、の 「セパレイト・ウェイズ」(1983年リリース)という曲をご存じでしょうか。 ご存知でない方も、今年のワールドベースボールクラシックのTV中継でしつこいぐらい流れていたので聞いたことがあるかもです。 ジャケットからいきなり「スーパー・エナジーが勝負を決めた」。 こういう世界観好きすぎる。 で、なぜこの曲かっていいますと… 本人たちはすごく真面目なんですけど… 歌詞もまあ普通のラブ・ソングなんですけど… ビッグなバンドなのにPVが変なんです。 お時間のあるとき、心が落ち込んだときにぜひご覧ください。 出だし5秒で、もう何かが違う気がしてならない… 最初に見た時、笑いすぎて最後まで見られませんでした。 アングルがいちいち可笑しいんです。 これは絶対笑わそうとしているに違いない。 でもプロのお仕事なんだからこれはきっとステキなんだ!かっこいいんだ!芸術を理解しない私がバカなんだと言い聞かせていたんですが… どうもこのPVが気になる人は、世界にいっぱいいらっしゃるようでして。 「恋するフォーチュンクッキー」よろしく、オリジナルパロディPVがYoutubeにたくさん上がっているのでちょっと勝手にご紹介してみようと思います。 まずは右下にオリジナルが表示されている分かりやすい初心者向けバージョン。 編集の芸が細かい! Journey Separate Ways Remake with Original Journey - Separate Ways Worlds Apart Remake Sex Hair - Separate Ways Journey Parody 服といい楽器といい、皆さん頑張って再現してます!パチパチパチパチ。 スティーブ・ペリー(Vo)の市松模様のTシャツはマストアイテムだとわかりますね!どこに売ってるんでしょう。 ちょっぴり欲しくなってきたじゃないかー!(笑) もちろん、中には、ちょっとクオリティ微妙なのもありました。 Separate Ways by Journey HD いきなり丸~いスティーブ・ペリー(Vo)役。 もう少し…なんとかしてほしい。 このバンドはスティーブ・ペリー氏が辞めた後、次のボーカルさんをYoutubeで発掘して決めたんですよ!絶対見てますよ!怒られますよ!w Journey - Separate Ways parody なんかキーボード違うし。 女の人がなんかおかしいし。 たくさん見て書いているうちに「ああ、みんなもうちょっと違うことに時間使ったらいいのに…」と思えてきました。 でもバカなことって大事ですよね。 さて、ではお仕事がんばろうと思います。。

次の