日蓮正宗 日蓮宗。 [mixi]日蓮宗と日蓮正宗の教義の違い

日蓮正宗は神社に行けないって本当ですか?? お宮参りや七五三も出来ないのでしょうか??

日蓮正宗 日蓮宗

『法華経』だけが唯一正しい教えである。 そう説いた日蓮は他宗を激しく批判して、他宗からも幕府からも迫害を受けます。 二度も流罪を受け、斬首寸前になりながらも、来世ではなく今を生きることの大切さを説き、法華経への信仰に生涯を捧げた日蓮。 日蓮宗の宗祖・ 日蓮聖人は、末法の世には『 法華経』のみが必要であって、「 南無妙法蓮華経」の 題目を称えるだけで仏になることができると説きました。 密教や禅宗、とくに浄土教の教えを否定する日蓮は、あの世ではなくこの世、つまり、現世における救済を主張したのです。 また、救われるのは個人ばかりではなく、社会も国家も救済されなければならないとし、『法華経』を信仰しなければ国は危機に瀕すると訴えました。 日蓮が晩年を過ごした 久遠寺には日蓮の魂が宿っていると信じられ、「棲神(せいしん)の地」と呼ばれています。 日蓮の教えは、永遠に存在して救い続ける「久遠実成(くおんじつじょう)」の お釈迦様を信じ、現世での救済を願うことに集約されます。 日蓮が亡くなった後、 法華宗、 日蓮正宗、 本門仏立宗などの多くの分派が生まれ、 創価学会、 立正佼成会、 霊友会など多くの在家教団も誕生しました。 日蓮聖人 日蓮は1222(承久4)年2月16日、千葉県の漁民の子として生まれます。 その時、浜辺ではハスの花が咲き、海には鯛の群れが集まったと伝えられています。 16歳で出家し、鎌倉で禅を、比叡山や高野山で諸宗を学び、お釈迦様の真意は『 法華経』にあると確信します。 1253年、「 日蓮」と名乗り立教開宗を宣言。 念仏や禅を間違った仏法とし、正法である『法華経』の信心を説きます。 鎌倉で辻説法をはじめ、末法の世を救う教えを追求します。 日蓮はすべてのお経を調べなおし、『 立正安国論』を著します。 『立正安国論』(りっしょうあんこくろん) この頃、鎌倉を中心に地震など天災が相次ぎ、人々の間に不安が広がっていました。 日蓮は、政治や信仰のあるべき姿を『 立正安国論』としてまとめ、鎌倉幕府の前執権・北条時頼に献上しました。 「災いの原因は人々の信仰の誤りにある」 「このまま念仏などの邪宗がはびこっていては国内に戦乱が起こり、外国の侵略がある」 「法華経に帰依すれば国家は安泰となる」 しかし、臨済宗を保護する幕府はこれを無視。 日蓮は念仏信者らの焼き討ちに遭いますが、めげずに 折伏(しゃくぶく)を続けます。 破折調伏(はしゃくちょうぶく) 折伏とは「破折調伏」の略で、自分の宗教の長所を述べて布教するのではなく、他宗の欠点を徹底的に論破することで人々を正しい信仰に導くことを言います。 日蓮宗では『法華経』の教えを広めることを「 広宣流布(こうせんるふ)」と言います。 日蓮はその方法として、折伏という過激な布教スタイルをとりました。 その批判は容赦なく、次の四箇格言が有名です。 「念仏無間、禅天魔、真言亡国、律国賊」 他宗を批判して布教する日蓮は、度々迫害を受け、命を脅かされます。 特に、二度の流罪を含む四つの大きな迫害を「四大法難」と呼び、日蓮宗のお寺では現在でもその日に法要を行います。 なぜ日蓮は迫害を受けても布教を続けたのか。 それは、『法華経』に次のように記されているからです。 『法華経』を広める者は迫害されるであろう。 しかし、その一方で仏の加護があり、 未来には最高の悟りに到達できる。 (『法華経』法師品第十) 日蓮は『法華経』の布教にあたって、命に関わる法難を覚悟していました。 そして、法難に遭うことによって、自分がお釈迦様に布教を託された者であると強く確信が持てたのです。 身延山久遠寺 1274年と1281年、蒙古を統一し、西アジアを制したチンギス・ハンの孫フビライが建国した元が九州博多湾に攻め込みます。 日蓮が『立正安国論』の中で予言していた出来事が的中し、一躍脚光を浴びます。 しかし、三度の諫言も幕府には相手にされず、日蓮は 身延山(山梨県)にこもり法華経の読誦と門弟の育成に専念します。 身延山に 久遠寺を建立した日蓮は、入滅後、この地に埋葬されました。 享年61。 日蓮宗 「 日蓮宗」と呼ばれるようになったのは、実は明治時代になってからのことです。 それまでは「 法華宗(ほっけしゅう)」と呼ばれていました。 日蓮が亡くなった後、六人の後継者による対立や分立が起こります。 さらに『法華経』の解釈をめぐって論争が起こります。 『法華経』二十八品全体を扱う 一致派と、『法華経』の後半部分を重視する 勝劣派に分かれて対立し、教義においても分裂します。 明治維新に行われた 廃仏毀釈運動で仏教は大打撃を被り、再編を余儀なく されます。 この時に一本化するよう迫られた法華宗の分派は、宗祖日蓮の名を冠した『日蓮宗』その名のもとに、一つになりました。 日蓮宗の分派 しかし、すぐにまた分裂します。 身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗は、『法華経』全体を扱う一致派です。 『法華経』の前半を「 迹門(しゃくもん)」、後半を「 本門(ほんもん)」と言います。 迹門より本門に価値があるとしたのが勝劣(しょうれつ)派で、こちらがめまぐるしく分派と独立を繰り返します。 その中で法華宗、法華宗(本門流)、法華宗(陣門流)、顕本法華宗、日蓮本宗、日蓮真宗、日蓮法華宗、本門法華宗、本門佛立(ぶつりゅう)宗、大石(たいせき)寺を総本山とする 日蓮正宗などが誕生します。 日蓮正宗の信者団体が 創価学会で、現在は日蓮正宗から独立しています。 在家教団には他にも 霊友会や 立正佼成会など約20教団あります。 お題目 「 南無」とは、 帰依する(教えを信じ、従う)ことを意味します。 「妙法蓮華経」は、『法華経』の正式名称。 『法華経』は、お釈迦様が自ら永遠不滅の仏であることを明かし、人々を永遠に救い続けることを説いたお経です。 「南無妙法蓮華経」は、「 私は『法華経』の教えを信じ、よりどころとします」という意味です。 この言葉を「題目(だいもく)」と言い、題目を繰り返し唱えることを「 唱題(しょうだい)」と言います。 浄土教の念仏「南無阿弥陀仏」は、阿弥陀仏に帰依してこの世で命を終えたのち、極楽浄土への生まれ変わりを願う言葉です。 対して日蓮は、題目を唱えれば、あの世はもちろん、 この世でも救われると説きます。 いま生きている世の中で幸せに暮らせるというのが大きな特徴です。 日蓮宗の葬儀 日蓮宗の葬儀の中心となるのは「 引導」の儀式です。 故人が 霊山浄土(りょうぜんじょうど)へ赴くことを導師がお釈迦様と日蓮に報告し、安心して旅立てるように心構えを説きます。 霊山(りょうぜん)とは『法華経』の中でお釈迦様が説法をした場所、古代インドの霊鷲山(りょうじゅせん)にちなみます。 永遠の救いを示すお釈迦様が、 常に説法をしている場所と言われ、大曼荼羅本尊は霊山浄土を表しています。 大曼荼羅(まんだら)本尊 日蓮宗で飾るご本尊を 大曼荼羅と言います。 大曼荼羅は『法華経』の真理を文字で表したものです。 南無妙法蓮華経の題目を中心に、『法華経』に出てくる仏、菩薩や『法華経』を守護している神々の名が記されています。 脇侍は、向かって右側に 鬼子母神、向かって左側に 大黒天を祀ります。 鬼子母神(きしぼじん)も大黒天ももともとはインドの神様で、『法華経』の守護神として祀られています。 日蓮宗の葬儀では、木魚の代わりに 木柾(もくしょう)を叩きます。 日蓮宗はお経のスピードが速く、特殊なリズムを刻むことが多いため、歯切れのいい音がする木柾が選ばたようです。 日蓮宗の焼香回数 焼香の回数ですが、日蓮宗の公式サイトでは「導師は3回、一般参列者は1回」としています。 額にはおしいただきません。 線香の本数は3本、または1本です。 仏・法・僧の三宝への帰依を意味します。 法号と日号 日蓮宗の戒名は「 法号(ほうごう)」と呼び、日蓮聖人の教えに導かれ、法華経を信仰する証として授与されます。 日蓮の「日」の字を法号に付けます。 これを「 日号(にちごう)」と呼びます。 本門佛立宗の葬儀 本門佛立宗では、僧侶のことを「 講師(こうし)」と呼びます。 お寺からご本尊と棺覆いを持参されます。 ご本尊のサイズが大きいので、事前にポールなどで飾る準備をしておきましょう。 また、本骨と仏着をお寺に預けます。 納棺時には納棺経をあげられます。 祭壇で使用するローソクには「佛丸(ぶつまる)」と呼ばれる宗紋を貼ります。 信者は南無妙法蓮華経の題目に合わせて太鼓や拍子木、あるいはひざを叩きます。 日蓮正宗の葬儀 日蓮正宗では、日蓮聖人を 崇拝の対象としています。 日蓮正宗のお葬式は、「日蓮大聖人に故人を迎えに来ていただいて、無事に三途の川を渡る儀式」であり、 正しい作法で行わなければ成仏できない重要な儀式として考えています。 祭壇は華美に飾らず、色花ではなく樒で飾ります(樒祭壇)。 ご本尊はお寺が持参されます。 僧侶を「 ご尊師(そんし)」と呼びます。 死に装束は着せません。 焼香は3回と決まっています。 線香は長香炉で寝かせて供えます。 日蓮正宗のお布施はご本尊へのお供えです。 『 御供養』と呼び、紅白ののし袋で渡すことがあります。 棺覆いは白を使用します。 創価学会友人葬 創価学会の葬儀は「 友人葬」と呼ばれます。 創価学会は 日蓮正宗から分離独立した信者集団で、僧侶は呼ばずに 学会の儀典(ぎてん)部に所属する信者の代表が 導師( 儀典長)を勤めます。 僧侶ではないのでお布施も必要ありません。 戒名はなく、俗名で葬儀を行います。 以前は樒祭壇でしたが、現在は色花で差し支えありません。 ご本尊は自宅、又は会館から借ります。 ご本尊を祭壇に飾る時は樒を口にくわえます。 創価学会より故人の学会内での役職に応じ、 名誉称号が贈られます。 お題目三唱で開式します。 焼香は三回です。 三回とも額に押しいただきます。 線香は長香炉で寝かせて供えます。 ちなみに、 聖教新聞は創価学会の機関紙です。 創価学会を支援団体とする政党が 公明党です。 基礎知識として覚えておきましょう。

次の

日蓮正宗と創価学会は違います

日蓮正宗 日蓮宗

日蓮宗とは 日蓮宗は、お釈迦様が説法された中で最も尊いと言われている 『法華経』をよりどころとして、それを信じていれば仏となれるという教えです。 南無妙法蓮華経という一説を唱えることで、仏に近づけると信じられています。 これを説いたのが日蓮聖人で、とても気性が激しく、 日蓮宗以外の宗派に対して激しく反論したりなど、 その当時評判が良くなかったそうです。 そのため日蓮聖人は山で弟子を育てることに専念しました。 日蓮正宗とは 日蓮の弟子の中で直弟子となった6人の僧侶がおり、 それぞれ、日昭、日朗、日興、日向、日項、日持と言います。 この弟子たちは、日蓮聖人のように激しく批判したり、 日蓮宗を信じろと強く広めていくのはやめようと決めて、 もう少し優しく教えを説いていこうではないかと決めました。 しかし、6人のうちの一人である日興は、原理主義だったために他の5人に反発し、 新たに日蓮正宗を作り上げたのです。 日蓮正宗は、別名日興派とも呼ばれています。 しかし、日興のやり方についていけないものも多く、 さらに孤立化してしまったという事です。 日蓮宗と日蓮正宗 2つの宗教の違い まず、日蓮宗では日蓮の直弟子6人で、それぞれを認め合って 大きな組織として形成されていました。 一方、日蓮正宗は、宗教を立ち上げた日興のみを弟子として認めるよう変更し、 他の5人をないがしろにしました。 その後は、日蓮から日興へ、そしてまた次の弟子へと、 一人の師匠から一人の弟子へと伝えていく形式になっています。 次に、ご本尊の違いです。 2つの宗派とも、曼荼羅を本尊としていますが、 日蓮宗の場合は仏像がご本尊でも認められます。 しかし、日蓮正宗では仏像をみとめていないのです。 また、日蓮宗では、お寺の住職が書き写した曼荼羅を、 信徒に与えることができるのですが、日蓮正宗では大石寺の貫主だけが、 書き写して与えることができる唯一の役割となっています。 このように、宗派の成り立ちから見ても、対立している2つの宗派。 人を救う立場のお坊さんたちが争っているとはどういうことだ…と感じてしまいますが、 そんな2つの宗派でも同じ点があります。 それが、救われる呪文である「南無妙法蓮華経」を唱えるという点なのです。

次の

日蓮正宗の歴史(昭和時代)

日蓮正宗 日蓮宗

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 日蓮宗と日蓮正宗の違い 日蓮宗と日蓮正宗にはどのような違いがあるのでしょうか。 2つの宗派の歴史に注目することで、宗派の違いがわかります。 葬儀を執り行う際や葬儀に参列するときに、 宗派の特徴を理解していることは大切です。 この機会に確認しておきましょう。 日蓮宗の歴史 日蓮宗は日蓮聖人が開いた宗派です。 自然災害や争乱が多かった鎌倉時代に仏教の教えを広めていました。 来世や浄土での生活よりも 今現在の生活を大事にする教えです。 現在は日本以外の国にも信者がいます。 日蓮宗の総本山は山梨県にある身延山久遠寺(くおんじ)です。 本山以外に全国に5,000ほどの寺院があります。 日蓮正宗と違う点は本仏に関する考え方です。 日蓮宗では 日蓮聖人のことを 末法の本仏と見なしています。 日蓮聖人のまたの名は日蓮大菩薩です。 日蓮正宗の歴史 日蓮正宗も日蓮聖人の教えを大事にしている宗派です。 日蓮正宗では、 日蓮聖人を 日蓮大聖人と呼びます。 総本山は静岡県富士宮市にある大石寺(たいせきじ)です。 日蓮大聖人の入滅後、仏法を守らない人がいたために久遠寺を離れた日蓮大聖人の弟子である日興上人によって、1290年に創建されました。 日蓮正宗も日蓮大聖人を宗祖とています。 日蓮正宗が考える本仏は 日蓮大聖人です。 その日蓮大聖人が在命中に法華経の極理を顕したのが「御本尊(曼荼羅)」であり、その御本尊に向かって経を唱えることでいかなる人にも仏の境涯があらわれると説いています。 創価学会との関係 創価学会は以前日蓮正宗に所属していました。 しかし、日蓮正宗の教義や信条に従わないとして創価学会を破門しています。 創価学会の初代会長や2代目会長が日蓮正宗に入信したのは1928年です。 創価学会の前の組織である創価教育学会は1930年にできました。 歴史をとおして日蓮正宗が創価学会に対して指示を出し、創価学会が指摘に応じて両者の関係が回復したこともありました。 しかし、1991年11月に日蓮正宗は創価学会を破門しています。 日蓮宗の葬儀 ここからは、 日蓮宗の葬儀の特徴について取り上げていきましょう。 特徴をよく理解して流れのひとつひとつに注意を払い、準備やすべての儀式を行うことが大切です。 また、葬儀に参列する際もその特徴を理解しておくと、スムーズに儀式に臨めます。 葬儀の特徴 葬儀では日蓮宗が大事にしている法華経のお題目を唱えます。 唱えるお題目は 「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」です。 南無とは、一心に仏を信じることを意味します。 妙法蓮華経は、お釈迦さまの教えである智慧と慈悲の功徳などのすべてをあらわします。 蓮華経と略して呼ぶことも多い妙法蓮華経は、お釈迦さまの教えの集大成とされ、葬儀でも重要な位置を占める教えです。 南無妙法蓮華経というお題目を唱えることで、 故人の信心深さをたたえられます。 故人が信心深いことを示すのは、故人が成仏するためにも必要です。 信心深さを持つことで、霊山浄土でお釈迦様に会えると信じられています。 結果として達成できるのが成仏です。 日蓮宗の葬儀では、参列者も南無妙法蓮華経というお題目を唱えます。 葬儀の流れ 葬儀が始まると、僧侶が 読経を始めます。 読経の後が 総礼です。 参加者全員で合掌してお題目を 3回唱えます。 仏を迎えるために、次に流すのが 道場偈(どうじょうげ)です。 三宝礼(さんぽうれい)を行って礼拝したあと、日蓮聖人やお釈迦さまを呼ぶために 勧請(かんじょう)を行います。 その後、蓮華経のメインとなる部分を全員で読む 開経偈(かいきょうげ)、 読経(どっきょう)、 咒讃鐃鈸 しゅさんにょうはち 、と儀式が続きます。 葬儀の途中で行うのが 開棺(かいかん)です。 僧侶は、焼香をしてから棺の近くに立ち、棺のふたを3回軽く叩きながら読経します。 お供えものやお膳を祭壇にささげることも儀式の一部です。 日蓮宗の葬儀の特徴として、 引導(いんどう)も行います。 故人が仏さまに会うために必要な儀式です。 僧侶が 払子(ほっす)を振って焼香を3回します。 焼香の後は引導文の読み上げです。 日蓮宗の葬儀のマナー・香典について 日蓮宗の葬儀ではどのようなマナーに気をつけるべきなのでしょうか。 ここでは、日蓮宗のお通夜や葬儀に参列する際に、おさえておきたい マナーや香典について解説します。 事前にある程度知っておくことで、それぞれの儀式にスムーズに参加できるでしょう。 服装・焼香のマナー 日蓮宗の葬儀に参加する際は 喪服を着用します。 一般的なブラックフォーマルスタイルで大丈夫です。 より正式な喪服を着たいのであれば、男性は黒色のモーニングコートを選びます。 女性の正式喪服は黒色のアフタヌーンドレスやワンピース、アンサンブルなどです。 正式喪服がない場合、略式喪服でも構いません。 男性は黒色のスーツを着ます。 白色のワイシャツで、ネクタイは黒色にしましょう。 女性は黒色のスーツかワンピースなどを着ます。 焼香は1回です。 左手に数珠を持ちながら、右手で焼香します。 焼香の前後に合掌して一礼しましょう。 香典の表書き・相場 日蓮宗の葬儀で香典を用意するときは、表書きとして 「御霊前」や 「御香典」と書きます。 御霊前と書くのは、故人が四十九日までは霊の状態にあると信じているからです。 御香典は、香や線香の代わりとしてお金を供えるという意味があります。 香典の相場は 故人との関係次第です。 関係が近いほど高い金額を包みます。 特に親しい友人なら1万円以上包んでもよいとされています。 香典の金額は地域によっても異なります。 親族や友人に香典の相場を聞くのもおすすめです。 親族が年上か年下かどうかも参考になるでしょう。 日蓮正宗の葬儀 日蓮正宗の葬儀の特徴もご紹介します。 日蓮宗との違いに注目しながらチェックしてみてください。 同じ日蓮聖人を宗祖にしている2つの宗派ですが、いろいろな違いもあります。 日蓮正宗では葬儀の手順をしっかり把握しておくことが大切なので、その理由も踏まえて解説します。 葬儀の特徴 日蓮正宗でも故人が成仏できるように葬儀を行います。 考え方のポイントは、 日蓮聖人に故人を迎えにきていただくということです。 故人は日蓮聖人のお迎えのもと、三途の川を渡ります。 儀式や様式に誤りなどがあるとがあると、葬儀の意味がなくなってしまうと考えられていますので、 葬儀の流れや手順を守ることは非常に重要です。 日蓮正宗では、祭壇を質素に飾ります。 祭壇に仏花は供えません。 祭壇に供えるのは樒(しきみ)です。 常緑種の樒には強い生命力や邪気を払うイメージがあり、これをを用いるのは来世での繁栄を願ってのこととされています。 また、死装束を着せる際に六文銭や三角巾を用いることもありません。 位牌を置かず、厨子の付いた仏壇内に本尊を置きます。 葬儀の流れ 僧侶が入場するとともに葬儀が始まります。 最初に行うのはお題目を唱えることです。 場内の全員で 南無妙法蓮華経を3回唱えます。 お題目の次が 読経です。 妙法蓮華経の一部である 方便品と 寿量品を読みます。 僧侶が 寿量品を読んでいるときが、 焼香を行なうタイミングです。 僧侶が最初に焼香しますので、後に続きましょう。 喪主が焼香し、親族が順番に焼香します。 焼香が終わると、 届いている弔辞や 弔電を読みます。 その後、 自我褐の読経があり、 観念文を読み終わると、再び 南無妙法蓮華経を3回唱和します。 そして、僧侶が退場して葬儀が終わります。 日蓮正宗の葬儀の流れは、日蓮宗の葬儀に比べると比較的シンプルです。 鳴りものなども基本的に使用しません。 日蓮正宗の葬儀のマナー・香典について 日蓮正宗の葬儀で気をつけたい マナーや香典について解説します。 葬儀の手順や流れを重んじるのが日蓮正宗の特徴です。 マナーについてもきちんと守り、葬儀に参加する際に失礼がないように注意しましょう。 服装・焼香のマナー 日蓮正宗の葬儀に参加する場合、 一般的な喪服で問題ありません。 男性の場合、正式喪服を着るならモーニングコートを着ましょう。 略式喪服なら黒色のスーツで大丈夫です。 白色のワイシャツや黒色のネクタイを着用します。 靴も黒色で統一するのがよいでしょう。 女性の場合、正式喪服を着るならアフタヌーンドレスやワンピース、アンサンブルなどを着ます。 和服なら黒色で無地の着物がおすすめです。 略式喪服なら黒のワンピースやスーツを着ます。 肌をあまり露出させないように気をつけましょう。 焼香は3回です。 お香をつまんだら 額に近づけます。 焼香をする前は家族と祭壇に一礼しましょう。 焼香後は祭壇へ一礼します。 香典の表書き・相場 日蓮正宗の葬儀で香典を用意する場合、表書きとして 御佛前と書きます。 御仏前でも大丈夫です。 日蓮正宗では霊が存在するとは信じていません。 御霊前と書いた香典袋は間違いです。 日蓮正宗の葬儀では用いないようにしましょう。 香典として包む金額の相場は、日蓮宗と同様に故人との関係性で決まります。 関係が近かい、あるいは深い親交がある場合は、多めの金額を包むとよいでしょう。 会社の同僚や友人などがすることもあります。 連名で香典を用意する際は、 合計金額が縁起の悪い数字にならないように注意しましょう。 まとめ 日蓮宗と日蓮正宗は共通点がある2つの宗派ですが、葬儀の特徴や流れなどでは違いがあります。 葬儀を計画する際はそれぞれの宗派をきちんと理解し、準備する必要がありますが、これに不安を感じる方も少なくないでしょう。 その場合、葬儀社や寺院に相談するのがおすすめです。 では、宗派ごとの特徴に精通した担当者がお客様の悩みを解決しますので、普段から寺院との付き合いがない方でも安心です。 お客様の希望やエリアにもとづいて僧侶を手配するサービスも提供しています。 葬儀を行う際の不安や疑問点、些細なお困りごとまで、小さなお葬式にお任せください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の