吉野家 ダブル 定食。 吉野家 ダブル 定食

【吉野家】牛皿・牛カルビ生姜焼き定食を食べてきたのでレビュー

吉野家 ダブル 定食

メニュー アジフライ丼(並) 380円 アジフライ丼(ダブル) 550円 タルタルアジフライ丼(並) 480円 タルタルアジフライ丼(ダブル) 650円 タルタルが付くと、それぞれで100円増し。 それにしても、ノーマルの「 アジフライ並」が、たった 380円という価格は、ずいぶん安いんじゃないでしょうか。 タルタルアジフライ丼(ダブル) 650円 今回注文したのは、 「タルタルアジフライ丼(ダブル)」 です! 無類のタルタル好きとして、当然のチョイス! アジフライ丼は、注文を受けてから揚げ始めるので、直ぐには提供されません。 時間には余裕を持って、アジフライ丼に臨みましょう。 ブザーを持たされ、しばし待ちます。 呼び出しされて、届いたのがこちら。 丼から、アジフライがはみ出てるやん! 素敵やん! デカすぎるアジフライ はちくのハートをがっつり掴んだ、この「アジフライ」 思ってたよりも大きいんですけど! 箸あげしてみましたが、 一枚だけなのに重い。 アジフライの味は? アジフライの味。 (ダジャレか!) 丼に乗ったアジフライを掴んで、大きく口を開けてかぶり付きます。 揚げたてホヤホヤで温かい! たっぷりと太ったアジの身が分厚くふかふかと柔らかい! どうせ出てくるのはスーパーの惣菜コーナーにあるような物だろうと思ってましたが、それと全く比較にならないアジフライ! 外側のキツネ色の衣は、クリスピーのようなパリパリと固めの歯ごたえがある一方、中のアジの身は脂をたっぷりと含みフワフワした食感が最高! ハイエンド定食店で提供される「アジフライ」と同レベルといっても過言ではありません。 牛丼屋のアジフライ丼がここまでの実力を見せるとは!! アジフライの下には・・・。 アジフライの下には、ご飯が敷き詰めれてます。 キャベツと海苔と鰹節のふりかけが、ご飯の表面を覆ってますね。 定食のご飯をイメージしてるんでしょう。 鰹節のふりかけは、こんな感じ。 和風のテイストタップリです。 管理人はちく()のまとめ タルタルの量も満足できる量が乗せてあり、最後の一口までタルタルを切らさずアジフライを頂きました。 ノーマルのアジフライ丼がどんな味か気になったので、醤油が掛かった部分だけを食べたのですが、アジフライの味が強すぎて醤油の風味があまり分かりません。 アジフライ丼を頼む方は、卓上の醤油を 少し多めに掛けた方がバランス良く味が仕上がると思いますよ。 ダブルのアジフライを頼んだのですが、食後には「これは少しやり過ぎた」と反省。 理由は、「カリカリと揚がった衣とアジの持つ脂が豊富であるゆえ2枚も食べると、さすがに 胃がもたれた」から。 アジフライ一枚で十分満足できちゃいます。 キャベツ用にマヨネーズが一緒に付いてきてたのですが、マヨネーズはとてもじゃないけど投入できませんでした。 ご飯に乗った千切りキャベツは、脂ぎった味をサッパリさせるのに非情に重要な役目を果たしてましたから。 吉野家の変わり種メニュー 「アジフライ丼」 だったんですが、アジフライのクオリティがホントにスゴかった。 大絶賛ですよマジで。 アジフライ丼は店舗限定のメニューですので、食べれるお店は限られますが、 チャンスがあったら皆さんも挑戦すべきです! 美味しかったです。 ごちそうさまでした!.

次の

【マジかよ】吉野家の神サービス「定食のご飯おかわり無料」が本日4/1スタート → 初体験するも、まさかの事態に泣きそうになった

吉野家 ダブル 定食

大盛りでもない。 まぎれもなく、 通常の一人前。 いわゆる、デフォの量だ。 そりゃまぁ、高さが出るように 若干盛ったことは認める。 「高い方がインパクトあるよな」と思っていたことも認める。 だけど、具材を追加するとか、写真を加工して大盛りに見せるといった小細工は一切していない。 それでいて、このモリモリ感。 なおかつ690円という価格。 なおかつ 全国の吉野家で食べられるって……結構おいしいサービスではないだろうか? もちろん受け取り方は人によるだろうけれど、私が実際に試してみたところ 「めっちゃアリ」と思ったので紹介したい。 ・吉野家が始めたW定食のポテンシャル そもそものきっかけは、吉野家が2020年1月29日から始めた『W定食』なるサービス。 その名の通り、こいつを頼めば 定食の具がダブルになる。 お馴染みの牛皿に加えて、『牛カルビ』『牛カルビ生姜』『豚生姜焼き』『炙り塩鯖』などのうち、どれか1つがついてくるのだ。 価格は、どのおかずを選んでも698円(税別)。 さらに、、吉野家では定食のご飯が24時間おかわり無料になっている。 つまるところ、 おかず2つにご飯おかわり自由で698円(税別)ってこと。 ただし、W定食は 午前11時から翌朝4時までの提供と時間的な縛りがある。 そこは注意が必要だが、コスパとしては悪くない。 むしろ、ボリュームを考えたら相当いい気がする。 しかもだ。 吉野家では2月18日23時までの期間限定で、 「15時から23時までは定食10%オフ」的なキャンペーンをやっているから、そのへんをうまく使えばもっと安くなる。 私は15時以降に入店してW定食を注文し、 税込690円だった。 ちなみに、私が追加したのは『牛カルビ』。 牛に牛を重ねていく選択を690円で出来たことにちょっとした感動を覚えつつ、メニューを眺めながら到着を待つ。 ・オペレーションの懸念 それにしても、オペレーション的には大丈夫なのだろうか。 店員さんからすれば、W定食を頼む人がいれば当然仕事量が増える。 したがって、料理が出てくるまでに時間がかかるかも……ってことが実は入店前から気になっていたので、 注文から提供までの時間を計ってみた。 その結果がこうだ。 2分弱。 定食であることを考えたら決して悪くない。 もしかしたら、普通の定食よりも早いかも。 ただ、私が店を訪れたときは混雑してなかったので、お昼時などであれば結果はまた変わってくるだろう。 また、『牛カルビ』ではなく他のおかずを選んだら多少前後するはずだ。 牛皿を…… ドン と重ねていけば…… 牛皿だけでご飯が埋まってしまった。 ……まだ半分ある。 そう、『牛カルビ』がまるまる1つ残っているのだ。 その事実に驚きしかない。 そして巻き起こる 幸福のビッグウェーブ。 至福の嵐。 あぁ、なんて幸せなんだ…… と感じると同時に……! このご飯は牛皿で食べて、 おかわりしてから『牛カルビ』をドンすべきか…… もしくは……! おかわりなんて後のことは考えずに…… 一気に『牛カルビ』をドンすべきか…… 贅沢な悩み、発生。 幸福を最大限にすることを考えれば…… 『牛カルビ』はおかわりに回すべき。 だけど…… だけど……! 牛カルビ、ひとくち食ったけどスゲー美味いんだ。 味がしみてる。 おかわりに回したら…… その時はお腹が多少ふくれてるだろうから…… 今ほど美味しく感じないかも…… どうすべきなのか……? あぁ……! あああああああああああああああああ!!!! [おわり] 参考リンク:(PDF) Report: Photo:RocketNews24.

次の

【マジかよ】吉野家の神サービス「定食のご飯おかわり無料」が本日4/1スタート → 初体験するも、まさかの事態に泣きそうになった

吉野家 ダブル 定食

メニュー アジフライ丼(並) 380円 アジフライ丼(ダブル) 550円 タルタルアジフライ丼(並) 480円 タルタルアジフライ丼(ダブル) 650円 タルタルが付くと、それぞれで100円増し。 それにしても、ノーマルの「 アジフライ並」が、たった 380円という価格は、ずいぶん安いんじゃないでしょうか。 タルタルアジフライ丼(ダブル) 650円 今回注文したのは、 「タルタルアジフライ丼(ダブル)」 です! 無類のタルタル好きとして、当然のチョイス! アジフライ丼は、注文を受けてから揚げ始めるので、直ぐには提供されません。 時間には余裕を持って、アジフライ丼に臨みましょう。 ブザーを持たされ、しばし待ちます。 呼び出しされて、届いたのがこちら。 丼から、アジフライがはみ出てるやん! 素敵やん! デカすぎるアジフライ はちくのハートをがっつり掴んだ、この「アジフライ」 思ってたよりも大きいんですけど! 箸あげしてみましたが、 一枚だけなのに重い。 アジフライの味は? アジフライの味。 (ダジャレか!) 丼に乗ったアジフライを掴んで、大きく口を開けてかぶり付きます。 揚げたてホヤホヤで温かい! たっぷりと太ったアジの身が分厚くふかふかと柔らかい! どうせ出てくるのはスーパーの惣菜コーナーにあるような物だろうと思ってましたが、それと全く比較にならないアジフライ! 外側のキツネ色の衣は、クリスピーのようなパリパリと固めの歯ごたえがある一方、中のアジの身は脂をたっぷりと含みフワフワした食感が最高! ハイエンド定食店で提供される「アジフライ」と同レベルといっても過言ではありません。 牛丼屋のアジフライ丼がここまでの実力を見せるとは!! アジフライの下には・・・。 アジフライの下には、ご飯が敷き詰めれてます。 キャベツと海苔と鰹節のふりかけが、ご飯の表面を覆ってますね。 定食のご飯をイメージしてるんでしょう。 鰹節のふりかけは、こんな感じ。 和風のテイストタップリです。 管理人はちく()のまとめ タルタルの量も満足できる量が乗せてあり、最後の一口までタルタルを切らさずアジフライを頂きました。 ノーマルのアジフライ丼がどんな味か気になったので、醤油が掛かった部分だけを食べたのですが、アジフライの味が強すぎて醤油の風味があまり分かりません。 アジフライ丼を頼む方は、卓上の醤油を 少し多めに掛けた方がバランス良く味が仕上がると思いますよ。 ダブルのアジフライを頼んだのですが、食後には「これは少しやり過ぎた」と反省。 理由は、「カリカリと揚がった衣とアジの持つ脂が豊富であるゆえ2枚も食べると、さすがに 胃がもたれた」から。 アジフライ一枚で十分満足できちゃいます。 キャベツ用にマヨネーズが一緒に付いてきてたのですが、マヨネーズはとてもじゃないけど投入できませんでした。 ご飯に乗った千切りキャベツは、脂ぎった味をサッパリさせるのに非情に重要な役目を果たしてましたから。 吉野家の変わり種メニュー 「アジフライ丼」 だったんですが、アジフライのクオリティがホントにスゴかった。 大絶賛ですよマジで。 アジフライ丼は店舗限定のメニューですので、食べれるお店は限られますが、 チャンスがあったら皆さんも挑戦すべきです! 美味しかったです。 ごちそうさまでした!.

次の