ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞。 ワールズエンド・ダンスホール 赤飯 歌詞情報

wowaka ワールズエンド・ダンスホール 歌詞&動画視聴

ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞

初めに、そもそも「ワールズエンド・ダンスホール」とはどんな曲なのかを簡単におさらいしますね。 「ボカロPまとめ」 kowaka 「ワールズエンド・ダンスホール」とは、wowaka(現実逃避P)が2010年5月18日に投稿した、10作目の楽曲です。 ボーカロイドには初音ミク・巡音ルカが起用されていて、2019年4月にはテンミリオン(1000万回再生)を達成しました。 (ボカロ史上6曲目) カラオケでは、LIVE DAM(ライブダム)・JOYSOUND(ジョイサウンド)で配信されています。 ゲームでは、「初音ミク Project DIVA」「maimai(マイマイ)」「チュウニズム」などで採用されています。 それぞれ考察していきます。 「ボカロPまとめ」 kowaka 「ワールズエンド・ダンスホール」の意味 初めに、この曲のタイトル「ワールズエンド・ダンスホール」から読み取れることを考察します。 「ダンスホール」は、ダンスを楽しむための場所のことです。 世界が終わる瞬間という悲しい雰囲気とは正反対の、踊りながら楽しむようなイメージが、「ワールズエンド・ダンスホール」というタイトルから想像できますね。 「ワールズエンド・ダンスホール」のテーマ 「ワールズエンド・ダンスホール」のテーマは、 「クラスに馴染めない女の子が、同じ悩みをもつクラスメイトと一緒に屋上から飛び降りる」というものです。 アップテンポの曲調に、「ホップ・ステップ」「ポップ」などのダンスを連想させる言葉が使われています。 合わせて、「くるくるくるくるり」「音に合わせて足を踏む」などの、ダンスをしている様子も読み取れます。 「ワールズエンド・ダンスホール」の登場人物 「ワールズエンド・ダンスホール」の登場人物は、 主人公は中学生か高校生だと推測できます。 wowakaさんは楽曲のPVに女性を用いたり、歌詞に「私(あたし)」という言葉を頻用することから、おそらく 主人公は女の子です。 また歌詞でははっきりと表現されていませんが、この曲中には 登場人物がもう1人いると私は推測しました。 「ワールズエンド・ダンスホール」の歌詞を考察してみた 女の子は積もり積もった不満を晴らすため、いじめっ子たちに対するグチを早口で述べています。 この「早口で歌う様子」は、 wowakaさんがボカロ界にもたらした「ボカロっぽさ」とよく言われています。 一番ハマってる• ゾクゾクして最高(語彙力)• 世界が終わる(自殺する)瞬間を楽しむ 「ワールズエンド・ダンスホール」のテーマ• クラスメイトと馴染めない女の子が、後者の屋上から飛び降りる 「ワールズエンド・ダンスホール」の歌詞を考察してみた•

次の

ワールズエンド・ダンスホール 赤飯 歌詞情報

ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞

初めに、そもそも「ワールズエンド・ダンスホール」とはどんな曲なのかを簡単におさらいしますね。 「ボカロPまとめ」 kowaka 「ワールズエンド・ダンスホール」とは、wowaka(現実逃避P)が2010年5月18日に投稿した、10作目の楽曲です。 ボーカロイドには初音ミク・巡音ルカが起用されていて、2019年4月にはテンミリオン(1000万回再生)を達成しました。 (ボカロ史上6曲目) カラオケでは、LIVE DAM(ライブダム)・JOYSOUND(ジョイサウンド)で配信されています。 ゲームでは、「初音ミク Project DIVA」「maimai(マイマイ)」「チュウニズム」などで採用されています。 それぞれ考察していきます。 「ボカロPまとめ」 kowaka 「ワールズエンド・ダンスホール」の意味 初めに、この曲のタイトル「ワールズエンド・ダンスホール」から読み取れることを考察します。 「ダンスホール」は、ダンスを楽しむための場所のことです。 世界が終わる瞬間という悲しい雰囲気とは正反対の、踊りながら楽しむようなイメージが、「ワールズエンド・ダンスホール」というタイトルから想像できますね。 「ワールズエンド・ダンスホール」のテーマ 「ワールズエンド・ダンスホール」のテーマは、 「クラスに馴染めない女の子が、同じ悩みをもつクラスメイトと一緒に屋上から飛び降りる」というものです。 アップテンポの曲調に、「ホップ・ステップ」「ポップ」などのダンスを連想させる言葉が使われています。 合わせて、「くるくるくるくるり」「音に合わせて足を踏む」などの、ダンスをしている様子も読み取れます。 「ワールズエンド・ダンスホール」の登場人物 「ワールズエンド・ダンスホール」の登場人物は、 主人公は中学生か高校生だと推測できます。 wowakaさんは楽曲のPVに女性を用いたり、歌詞に「私(あたし)」という言葉を頻用することから、おそらく 主人公は女の子です。 また歌詞でははっきりと表現されていませんが、この曲中には 登場人物がもう1人いると私は推測しました。 「ワールズエンド・ダンスホール」の歌詞を考察してみた 女の子は積もり積もった不満を晴らすため、いじめっ子たちに対するグチを早口で述べています。 この「早口で歌う様子」は、 wowakaさんがボカロ界にもたらした「ボカロっぽさ」とよく言われています。 一番ハマってる• ゾクゾクして最高(語彙力)• 世界が終わる(自殺する)瞬間を楽しむ 「ワールズエンド・ダンスホール」のテーマ• クラスメイトと馴染めない女の子が、後者の屋上から飛び降りる 「ワールズエンド・ダンスホール」の歌詞を考察してみた•

次の

wowakaさんのワールズエンド・ダンスホールがパクリだと良く聞...

ワールズ エンド ダンス ホール 歌詞

概要 [ ] 出身。 中学生の時にロックバンドに興味を持ちギターを始め、高校、大学でバンド活動を行う。 在学中には、「東大音感」の部長を務め 、バンドのオリジナル曲のために作曲をはじめる。 初音ミクなどのを知ったのは2008年の12月ごろで、の「Last Night, Good Night」を聴き、曲の良さと、それを一人で作っているということに衝撃を受け、それまでのバンド活動とは別に2009年4月より初音ミクを使った音楽製作をはじめた。 2009年5月にニコニコ動画で初めて発表した曲「グレーゾーンにて。 」の動画では、絵がかけないなりに曲のイメージを伝えようとした結果として、VOCALOIDのキャラクターの登場しない自作の画像を使用し、以後も作品に一貫性を持たせる意図からキャラクターを使用しないスタイルでの発表を続けた。 本人曰く、から多大な影響を受けており、wowaka名義の曲に関しては母親が、父親がなどの発言も残っている。 ローリンガールなど、女の子の心を描いた難解な歌詞と、早口のメロディを特徴とする。 当初はVOCALOIDでしか出来ないことをやりたいという意識で曲を作っていたが、後にVOCALOIDのよさを生かすことを意識するようになったと言う。 「ハチ」名義でVOCALOIDクリエイターとしても活動し、WOWAKAとも親交のあるミュージシャンのは、バンドサウンド系のVOCALOIDクリエイター界隈に、などと並び「ボカロっぽさ」に影響を与えた存在と評しており、自身もWOWAKAの影響を受けた一人で敬意を感じていると語っていた。 WOWAKAの作品はニコニコ動画の中でも特に大きな人気を集め、自主制作CDのリリースなども行った後、2011年3月4日にインターネットを中心に活動する音楽家たちによる新レーベルとして設立された「(バルーム)」に参加し、同レーベルの第1弾として、2011年5月18日に初の全国流通のアルバム『アンハッピーリフレイン』をリリースした。 ニコニコ動画で発表した楽曲の代表作に『裏表ラバーズ』、『ワールズエンド・ダンスホール』、『ローリンガール』、『アンハッピーリフレイン』などが挙げられる。 2011年からはロックバンド「」のボーカル・ギターとしての活動が主体になっていたが、2017年8月22日に約6年ぶりとなるVOCALOID楽曲『アンノウン・マザーグース』を発表。 当楽曲はVOCALOIDの10周年を記念したコンピレーションアルバム『HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album「Re:Start」』のために書き下ろした楽曲である。 なお、同年10月23日には「ヒトリエ」による当楽曲のセルフカバーバージョンを配信している。 2019年4月5日にのため死去。 31歳没。 作品 [ ] ヒトリエの作品についてはを参照。 アルバム [ ] 枚 発売日 タイトル 収録曲 1st the monochrome disc• アンハッピーリフレイン• ローリンガール• 積み木の人形• 僕のサイノウ• 日常と地球の額縁• テノヒラ• とおせんぼ• ラインアート• 裏表ラバーズ• グレーゾーンにて。 ずれていく• リバシブルドール• ワールズエンド・ダンスホール• プリズムキューブ 楽曲提供・参加作品 [ ] CD [ ]• 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova』(、2009年12月2日発売)• ネットで人気のミュージシャンの楽曲を収録した。 「ずれていく」を提供。 『』(EXIT TUNES、2010年1月20日発売)• VOCALOIDを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。 「裏表ラバーズ」を提供。 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova 2』(EXIT TUNES、2010年3月3日発売)• ネットで人気のミュージシャンの楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。 「ローリンガール」を提供。 『LOiD-02 -postrock- LOiD's MiND』(、2010年3月17日発売)• VOCALOIDプロデューサーのインスト曲を集めたコンピレーション・アルバム。 「delayed verb」を提供。 同曲は『World 0123456789』収録のomake音源の別アレンジ版。 『』(EXIT TUNES、2010年5月19日発売)• VOCALOIDを用いた楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。 「ローリンガール」を提供。 『』(FARM RECORDS、2010年7月21日発売)• VOCALOIDを用いたを収録したコンピレーション・アルバム。 「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 『ニコニコ東方見聞録 原曲集』(BinaryMixx Records、2011年1月5日発売)• の公演「ニコニコ東方見聞録」へ提供した楽曲の原曲を収録したコンピレーション・アルバム。 「ワールズエンド・ダンスホール」を収録。 『』(アニプレックス、2011年4月20日発売)• のミニアルバム。 「覚醒屋」の作曲・編曲を担当。 『「ニコニコ東方見聞録」歌ってみた 〜キャストボーカル集〜』(BinaryMixx Records、2011年4月27日発売)• ニコニコミュージカルの公演「ニコニコ東方見聞録」へ提供した楽曲を収録したコンピレーション・アルバム。 、、野宮あゆみ、やまだん による「ワールズエンド・ダンスホール」を収録。 『SUPER VOCALO BEAT』(、2011年6月1日発売)• VOCALOID曲をにリミックスしたアルバム。 「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 歌い手は。 『』(ソニー・ミュージックダイレクト、2011年6月22日発売)• ニコニコ動画でVOCALOIDを用いて発表された曲を集めたベストアルバム。 「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 P Append Marasy plays Vocaloid Instrumental on Piano 』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2011年7月27日発売)• のピアノソロアルバム。 「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 秋赤音のシングル。 「antinotice」の作詞・作曲を担当。 『』(ソニー・ミュージックダイレクト、2011年11月9日発売)• ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA- extend』の公式コンピレーションアルバム。 ゲームに提供した「裏表ラバーズ」、「ローリンガール」を収録。 『かえしうた』(dmARTS、2011年11月30日発売)• おさむらいさんによるVOCALOID楽曲のアコースティックギターによるソロアレンジカバーを収録したアルバム。 「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 『初音ミク DANCE REMIX Vol. 1』(、2011年12月7日発売)• VOCALOID関連楽曲のダンスリミックスアルバム。 「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 『』(アニプレックス、2012年2月22日発売)• LiSAのファースト・アルバム。 「EGOiSTiC SHOOTER」の作曲・編曲を担当。 『TwinTail・TwinGuiter』(Royal Records、2012年5月9日発売)• 「ローリンガール」を提供。 『』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、2012年8月1日発売)• 初音ミク発売5周年を記念したベストアルバム。 「裏表ラバーズ」を提供。 『』(ポニーキャニオン、2012年10月17日発売)• のアルバム。 「裏表ラバーズ」を提供。 『V-box』(dmARTS、2012年10月31日発売)• まらしぃのピアノアルバム。 「アンハッピーリフレイン」を提供。 『初音ミク -Project DIVA- F Complete Collection』(ソニー・ミュージックダイレクト、2013年3月6日発売)• ゲームソフト『初音ミク -Project DIVA- F』の公式コンピレーションアルバム。 ゲームに提供した「アンハッピーリフレイン」、「ワールズエンド・ダンスホール」を収録。 『』(アニプレックス、2013年10月30日発売)• LiSAの2枚目のアルバム。 「ヒトリワラッテ」の作詞・作曲・編曲を担当。 『HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album「Re:Start」』(、2017年8月30日発売)• 「アンノウン・マザーグース」を提供。 の6thアルバム。 メンバーのソロ曲「アブノーマルQ」の作詞・作曲・編曲を担当。 その他 [ ]• 『ミクうた、おかわり』(、2010年3月25日発売)• ゲームソフト『』の追加。 ゲーム内に使用される曲として「裏表ラバーズ」を提供。 テレビアニメの映像ソフト。 第9話の劇中で死亡した登場人物のキャラクターソングという体裁となっている。 『初音ミク -Project DIVA- extend』(セガ、2011年11月10日発売)• ゲーム内でプレイできる楽曲として「裏表ラバーズ」、「ローリンガール」を提供。 『初音ミク -Project DIVA- f』(セガ、2012年8月30日発売)• ゲーム内でプレイできる楽曲として「アンハッピーリフレイン」、「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 『初音ミク -Project DIVA- F』(セガ、2013年3月7日発売)• ゲーム内でプレイできる楽曲として「アンハッピーリフレイン」、「ワールズエンド・ダンスホール」を提供。 脚注 [ ] []• 株式会社ナターシャ. 2019年4月8日閲覧。 - より。 クランクイン 2015年8月19日. 2015年8月19日閲覧。 ascii. 2010年2月13日. 2011年5月27日閲覧。 『VOCALOIDをたのしもう6』ヤマハミュージックメディア、2011年、40頁。 デイリースポーツ online. 2019年4月8日. 2019年4月8日閲覧。 日経トレンディネット. 2011年3月5日. 2011年5月27日閲覧。 webDICE アップリンク. 2011年5月20日. 2011年5月27日閲覧。 岡田有花 2019年4月8日. ITmedia NEWS. 2020年5月26日閲覧。 2019年4月20日. リアルサウンド: p. 2020年5月26日閲覧。 橋川良寛 2019年4月28日. リアルサウンド テック: p. 2020年5月26日閲覧。 rockinon. com. 2017年8月30日. 2019年4月8日閲覧。 Musicman-net. 2017年10月23日. 2019年4月8日閲覧。 丹羽一臣 2011年7月23日. 2011年8月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [ ] - (旧公式サイト)• [ ] - レーベル• wowaka -• - (PVに使われているイラストが投稿されている)• - ユーザーページ• - チャンネル.

次の