ビジネスソフト。 事業案内

ビジネスソフト

ビジネスソフト

ダウンロードサイトは(開発者サイトへ) パソコンのパスワード、グループウェアのパスワード、基幹システムのパスワード、顧客管理システムのパスワード、電子申請システムのパスワード、、、と会社内だけもたくさんのパスワードがあります。 筆者の会社でも、「パスワードを忘れてしまいました」という問い合わせが後を絶ちません。 社内のパスワードならまだしも、取引先とのデータ共有ストレージのパスワードや、電子調達のパスワードを忘れたなんてなると信用問題です。 「ID Manager」はソフト自体を起動するときに入力するパスワードを一つ覚えていれば、その中に全てのパスワードが記憶させられるので安心です。 しかも、インターネットとリンクさせれば、自動でユーザー名パスワードを入力させることも可能。 そんなユーザーにとって救世主となるのがこのOfficeインタラクティブガイドです。 Office2003の画面で操作をすると、それが2010のリボンインターフェイスのどこにあるのかをアニメーションで教えてくれます。 ガイドの使い方も煩わしくないので、これがあれば大抵の人は黙って2010に乗り換えてくれます。 クラシックモードとしてOffice2010上に2003のインターフェイスをそのまま再現するソフトもありますが、いつかは慣れなければいけないリボンインターフェイスなので、手助けはガイド程度に抑えておきましょう。 「ヴァルヘルIPコンフィグ」 WindowsのIPアドレス切り替えツール ダウンロードサイトは(Vectorへ) 未だにデスクトップにアイコンを敷き詰めて仕事をしている人は多いです(特に40代以降) そしてアイコンの配置が変わると急に「作業効率が落ちた。 仕事にならねー」などと言い始める始末です。 ちょっとした操作ミスや、ヘルプサポートの時にアイコンの位置が自動整列で変わってしまうケースは大いにあるのでFencesでアイコンの位置を固定しておくように案内しておきましょう。 筆者も社員に紹介したときに「そんなにアイコンの並び順が大切なんだ」とびっくりするほど喜ばれました。 推奨のフリーソフトを選定上の注意点 その他にも社内で使用しているフリーソフトはありますが、推奨ソフトとして選定するポイントをまとめておきます。 メジャーであること 人気があるということはそれだけ多くの環境で安定的に使用されているということを意味します。 ネットで検索をかけたときに上位に表示されるソフトを選ぶのが基本です。 開発が続いていること Windowsのバージョンアップや、細かいセキュリティープログラム更新の影響で動作に不具合を生じた場合も、開発者のサポートが続いていて不具合を修正してくれれば安心して使い続けることができます。 Windows XP時代に人気を博したフリーソフトもWindows7や8の対応状況を調べることで、現在も生きているのかどうかを判断することができます。 動作が安定していること 同じことができるソフトであっても、プログラム内でのメモリーの使い方次第でフリーズが頻繁に起こるものとそうでないものに分かれたりします。 基本的にはスペックの低いPCで動作確認をして、問題なければいいのですが、新しい世代のCPUに対応していないばかりにフリーズを頻発するというケースもあります。 OSだけではなく、複数のハードウェア上でテストしてあらゆる環境で安定して動くソフトを選定しましょう。 余計な広告などを表示しない 開発者のメリットを度外視した意見ですが、会社で使うとなると変な広告や外部に情報発信をしてしまうソフトは避けるべきです。 インストール時の注意を促す フリーソフトをインストールするときに余計なツールバーやセキュリティソフトが入らないように、インストールウィザードは注意して見るようにアナウンスしておきましょう。 できれば全てマニュアル化しておくことをお勧めします。

次の

企業情報

ビジネスソフト

ダウンロードサイトは(開発者サイトへ) パソコンのパスワード、グループウェアのパスワード、基幹システムのパスワード、顧客管理システムのパスワード、電子申請システムのパスワード、、、と会社内だけもたくさんのパスワードがあります。 筆者の会社でも、「パスワードを忘れてしまいました」という問い合わせが後を絶ちません。 社内のパスワードならまだしも、取引先とのデータ共有ストレージのパスワードや、電子調達のパスワードを忘れたなんてなると信用問題です。 「ID Manager」はソフト自体を起動するときに入力するパスワードを一つ覚えていれば、その中に全てのパスワードが記憶させられるので安心です。 しかも、インターネットとリンクさせれば、自動でユーザー名パスワードを入力させることも可能。 そんなユーザーにとって救世主となるのがこのOfficeインタラクティブガイドです。 Office2003の画面で操作をすると、それが2010のリボンインターフェイスのどこにあるのかをアニメーションで教えてくれます。 ガイドの使い方も煩わしくないので、これがあれば大抵の人は黙って2010に乗り換えてくれます。 クラシックモードとしてOffice2010上に2003のインターフェイスをそのまま再現するソフトもありますが、いつかは慣れなければいけないリボンインターフェイスなので、手助けはガイド程度に抑えておきましょう。 「ヴァルヘルIPコンフィグ」 WindowsのIPアドレス切り替えツール ダウンロードサイトは(Vectorへ) 未だにデスクトップにアイコンを敷き詰めて仕事をしている人は多いです(特に40代以降) そしてアイコンの配置が変わると急に「作業効率が落ちた。 仕事にならねー」などと言い始める始末です。 ちょっとした操作ミスや、ヘルプサポートの時にアイコンの位置が自動整列で変わってしまうケースは大いにあるのでFencesでアイコンの位置を固定しておくように案内しておきましょう。 筆者も社員に紹介したときに「そんなにアイコンの並び順が大切なんだ」とびっくりするほど喜ばれました。 推奨のフリーソフトを選定上の注意点 その他にも社内で使用しているフリーソフトはありますが、推奨ソフトとして選定するポイントをまとめておきます。 メジャーであること 人気があるということはそれだけ多くの環境で安定的に使用されているということを意味します。 ネットで検索をかけたときに上位に表示されるソフトを選ぶのが基本です。 開発が続いていること Windowsのバージョンアップや、細かいセキュリティープログラム更新の影響で動作に不具合を生じた場合も、開発者のサポートが続いていて不具合を修正してくれれば安心して使い続けることができます。 Windows XP時代に人気を博したフリーソフトもWindows7や8の対応状況を調べることで、現在も生きているのかどうかを判断することができます。 動作が安定していること 同じことができるソフトであっても、プログラム内でのメモリーの使い方次第でフリーズが頻繁に起こるものとそうでないものに分かれたりします。 基本的にはスペックの低いPCで動作確認をして、問題なければいいのですが、新しい世代のCPUに対応していないばかりにフリーズを頻発するというケースもあります。 OSだけではなく、複数のハードウェア上でテストしてあらゆる環境で安定して動くソフトを選定しましょう。 余計な広告などを表示しない 開発者のメリットを度外視した意見ですが、会社で使うとなると変な広告や外部に情報発信をしてしまうソフトは避けるべきです。 インストール時の注意を促す フリーソフトをインストールするときに余計なツールバーやセキュリティソフトが入らないように、インストールウィザードは注意して見るようにアナウンスしておきましょう。 できれば全てマニュアル化しておくことをお勧めします。

次の

社員に使わせるべき社内業務を効率化するフリーソフト ベスト11

ビジネスソフト

ダウンロードサイトは(開発者サイトへ) パソコンのパスワード、グループウェアのパスワード、基幹システムのパスワード、顧客管理システムのパスワード、電子申請システムのパスワード、、、と会社内だけもたくさんのパスワードがあります。 筆者の会社でも、「パスワードを忘れてしまいました」という問い合わせが後を絶ちません。 社内のパスワードならまだしも、取引先とのデータ共有ストレージのパスワードや、電子調達のパスワードを忘れたなんてなると信用問題です。 「ID Manager」はソフト自体を起動するときに入力するパスワードを一つ覚えていれば、その中に全てのパスワードが記憶させられるので安心です。 しかも、インターネットとリンクさせれば、自動でユーザー名パスワードを入力させることも可能。 そんなユーザーにとって救世主となるのがこのOfficeインタラクティブガイドです。 Office2003の画面で操作をすると、それが2010のリボンインターフェイスのどこにあるのかをアニメーションで教えてくれます。 ガイドの使い方も煩わしくないので、これがあれば大抵の人は黙って2010に乗り換えてくれます。 クラシックモードとしてOffice2010上に2003のインターフェイスをそのまま再現するソフトもありますが、いつかは慣れなければいけないリボンインターフェイスなので、手助けはガイド程度に抑えておきましょう。 「ヴァルヘルIPコンフィグ」 WindowsのIPアドレス切り替えツール ダウンロードサイトは(Vectorへ) 未だにデスクトップにアイコンを敷き詰めて仕事をしている人は多いです(特に40代以降) そしてアイコンの配置が変わると急に「作業効率が落ちた。 仕事にならねー」などと言い始める始末です。 ちょっとした操作ミスや、ヘルプサポートの時にアイコンの位置が自動整列で変わってしまうケースは大いにあるのでFencesでアイコンの位置を固定しておくように案内しておきましょう。 筆者も社員に紹介したときに「そんなにアイコンの並び順が大切なんだ」とびっくりするほど喜ばれました。 推奨のフリーソフトを選定上の注意点 その他にも社内で使用しているフリーソフトはありますが、推奨ソフトとして選定するポイントをまとめておきます。 メジャーであること 人気があるということはそれだけ多くの環境で安定的に使用されているということを意味します。 ネットで検索をかけたときに上位に表示されるソフトを選ぶのが基本です。 開発が続いていること Windowsのバージョンアップや、細かいセキュリティープログラム更新の影響で動作に不具合を生じた場合も、開発者のサポートが続いていて不具合を修正してくれれば安心して使い続けることができます。 Windows XP時代に人気を博したフリーソフトもWindows7や8の対応状況を調べることで、現在も生きているのかどうかを判断することができます。 動作が安定していること 同じことができるソフトであっても、プログラム内でのメモリーの使い方次第でフリーズが頻繁に起こるものとそうでないものに分かれたりします。 基本的にはスペックの低いPCで動作確認をして、問題なければいいのですが、新しい世代のCPUに対応していないばかりにフリーズを頻発するというケースもあります。 OSだけではなく、複数のハードウェア上でテストしてあらゆる環境で安定して動くソフトを選定しましょう。 余計な広告などを表示しない 開発者のメリットを度外視した意見ですが、会社で使うとなると変な広告や外部に情報発信をしてしまうソフトは避けるべきです。 インストール時の注意を促す フリーソフトをインストールするときに余計なツールバーやセキュリティソフトが入らないように、インストールウィザードは注意して見るようにアナウンスしておきましょう。 できれば全てマニュアル化しておくことをお勧めします。

次の