ずっとドコモ割。 ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント

ずっとドコモ特典の内容|dポイント獲得の手続き方法とタイミング

ずっとドコモ割

ずっとドコモ割で通信費を安く! ずっとドコモ割とは、ドコモ利用期間の長さに応じてシェアパック(データパック)の月額利用料金が割引されるというサービスです。 具体的には利用年数が4年を超えたうえで以下のパケットパックへの加入という条件を満たしていれば、割引が適用されるようになります。 <割り引き対象となるパケットパック> 「ウルトラシェアパック100」「ウルトラシェアパック50」「ウルトラシェアパック30」「シェアパック15」「シェアパック10」「シェアパック5」「ウルトラデータLLパック」「ウルトラデータLパック」「データMパック」「データSパック」「ケータイパック」 また割引額は家族でのご利用と個人では違ってきます。 それぞれのプランと割引金額については、以下の通りです。 更新ありがとうポイントでさらにお得! 更新ありがとうポイントとは、長期ユーザー向けに対象プランの2年契約を更新する度に、dポイントが3,000円分もらえるというサービスです。 ポイント獲得の申込みが必要なほか、獲得したポイントは更新期間の翌月から六か月で失効してしまう、dポイントクラブ未入会の人は受け取れないという点には注意が必要です。 幸いdポイントクラブは入会費・年会費が無料ですので、長くドコモを利用する方であれば入会しておいて損はないでしょう。 更新ありがとうポイントを獲得するためには、以下二つのうちから選び、申し込み手続きを行う必要があります。 Webサイトから申し込み 期間内にから申し込みましょう。 コールセンター(*8118)に電話で申し込む 受け取り可能期間になるとショートメッセージサービスが届きますので、忘れずに申し込むようにしましょう。 受け取り対象となるプラン 更新ありがとうポイントの対象となるプランは、以下の通りです。 「カケホーダイプラン」• 「カケホーダイプランライト」• 「シンプルプラン」• 「データプラン」 フレッツ光からドコモ光に乗り換えがお得!? プロバイダ込みのドコモ光は料金が安い! フレッツ光を現在ご利用中の方がドコモ光に乗り換えますと、基本的に利用料金は安くなります。 光コラボレーションの特性として、光コラボの業者というのはNTTが提供しているインターネット回線「フレッツ光」の回線を借りた上でユーザーに提供していますから、回線の管理や維持に関するコストがかからないのです。 なのでドコモ光では通信回線の品質は据え置きのまま、利用料金は回線維持のコストなどをカットしたり、窓口を一本化して効率化したぶん安い金額で提供できるというわけです。 しまもスマホとのセット割引や家族でのシェアプランなどで、そこからさらに利用料金は安くなっていきます。 例えばウルトラシェアパック100ではなんと毎月3,500円も割引されますから、年間にして42,000円も通信費が安くなるのは嬉しいですよね! 回線名 ファミリー マンション プロバイダ料 フレッツ光(東日本) 5,100円 3,450円~4,450円 500円~ フレッツ光(西日本) 4,310円 3,030円~3,920円 500円~ ドコモ光 5,200円 4,000円 無料(基本料に含む) このほかドコモ光にはスマホとのセット割引や家族で利用できるシェアパックにかかる割引が適用されます。 ドコモ光の新規申し込み、または転用・乗り換えの無料相談はおまかせください! お電話での無料相談はこちらから『 ドコモ光に申し込みしたい!』とお伝え下さいね。 転用、乗り換えもお得に! キャリアを乗り換える際、工事費や解約金がいくらかかるか気になる方も多いのではないでしょうか。 実は、フレッツ光からドコモ光への乗り換えは基本無料でできるのです。 例外として、プレミアムやBフレッツプランをご利用中の方は工事が必要になる場合がありますので、まずはご利用中のプランを確認してみてくださいね。 また特筆すべき点として、ひかり電話やひかりTVといったサービスを、そのまま利用できるという点が挙げられます。 電話番号もそのままというのは、職場や知人への周知も必要なく、混乱やトラブルも防げますよね! ドコモ光がオススメな人 フレッツ光を利用していて料金を安くしたい方 フレッツ光からドコモ光への乗り換えには、基本的に工事が発生しません。 またフレッツ光と違い、ドコモ光にはスマートフォンとのセット割が存在します。 割引条件は加入人数によって変わりますが1人なら月500円から1,100円、家族でシェアなら最大3,200円もの割引が適用されます。 ドコモの携帯電話を利用している方 「ずっとドコモ割り」の対象となり、4年、8年、10年、15年ごとに割引金額が大きくなってきます。 こちらは割引金額が最大-2,500円になる上、ドコモ光とドコモのスマホを契約することで「ドコモ光セット割」の対象となります。 ドコモ光セット割ではシェアパックのプランごとに割引金額が変わっており、ウルトラシェアパック30GBなら2,500円、ウルトラシェアパック100GBならば3,500円も割引になり、非常にお得です。 ドコモの携帯電話に乗り換えを考えている方 他社の光インターネットサービスを利用していた方がドコモ光に乗り換えた際に「ドコモ光 乗り換えキャンペーン」の対象となります。 このキャンペーンは名前の通り、他社の光サービスからドコモ光に乗り換える場合、解約費や設備撤去にかかる費用を最大で30,000万円、負担するというもの。 工事料や解約金が確認できるものを準備できるのであれば、しっかりとこの制度も利用して、お得に乗り換えたいですね。 まとめ ドコモの長期ユーザーが受けられる割引やポイント付与の他、他キャリアからの乗り換え、転用で、利用料金がどれくらい安くなるかをご紹介しました。 ドコモ光はフレッツ光からの転用工事が不要なため、移転にかかる費用は事務手数料の3,000円だけに抑えられるという点は魅力的ですよね。 また、長期ドコモ利用ユーザー向けの優遇施策として、「ずっとドコモ割」の適用や「更新ありがとうポイント」の付与などがあります。 長期利用すればするほどポイント付与の機会が増え、割引金額が大きくなっていくのですから、ドコモ光が気になっている方はこれを機に転用、乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。 ドコモの長期優遇の特徴として、シェアパック加入時は特に割引額が大きくなる、長く使うほど割引額が大きくなる、2年に1回のタイミングでdポイント3,000円相当がもらえる、などがあります。 これらの特徴を踏まえ、もっとお得にインターネットや電話を利用しましょう!.

次の

ずっとドコモ割プラス(dポイント進呈)への変更方法とメリット、デメリット

ずっとドコモ割

「ずっとドコモ割プラス」とは? 「ずっとドコモ割プラス」とは、ドコモユーザーのdポイントクラブのステージに応じて、dポイントの進呈か料金割引を行うサービスです。 デフォルト状態では、料金割引が自動的に適用されます。 ただし、dポイントを進呈してもらうには、ドコモオンライン手続きで申し込みが必要になります。 月額使用料が発生しないため、ドコモユーザーならdアカウントを必ず作っておくことをおすすめします。 「ずっとドコモ割プラス」の仕組み dポイントクラブのステージに応じて貰えるポイント・割引金額が変動する 2018年5月にリニューアルしたdポイントクラブは、「 ドコモの回線を何年継続利用しているか」もしくは、「 期間内にdポイントをどれだけ獲得したのか」でステージが変動するようになっています。 どちらかの条件を満たしているなら、より上位のステージに上昇するため長くドコモの回線を利用しているほど有利なシステムとなっています。 下記表は、dポイントクラブのステージの決定条件となっています。 dポイントの獲得数は6ヶ月間の累計 ランク ドコモ回線の継続利用年数 dポイントの獲得数 プラチナ 15年以上 10,000pt以上 4th 10年以上 3,000pt以上 3rd 8年以上 1,800pt以上 2nd 4年以上 600pt以上 1st 4年未満 600pt未満 自分のdポイントクラブのステージがどこなのか確認するには、ドコモのスマホにインストールされている「dポイントクラブアプリ」を起動するのが簡単です。 上記のように、アプリを開くと即座に自分のステージを確認することができます。 スマホアプリの他に、my docomoにログインして確認することも可能です。 「ずっとドコモ割プラス」の特典内容 ずっとドコモ割プラスでは、月額料金割引とdポイント進呈のどちらかを選べます。 そこでそれぞれ、どのくらい割引されるのか、どの程度dポイントが貰えるのかを表にしてまとめました。 月額料金割引の特典内容 月額料金割引は、加入しているパケットパックとdポイントクラブのステージによって料金が割引されます。 一人用料金プラン ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ ウルトラデータLLパック ー -200円 -400円 -600円 -800円 ウルトラデータLパック ー -100円 -200円 -600円 -800円 ベーシックパック(~20GB) ー -100円 -200円 -600円 -800円 ベーシックパック(~5GB) ー -100円 -200円 -600円 -800円 ベーシックパック(~3GB) ー ー ー ー -600円 ベーシックパック(~1GB) ー ー ー ー -200円 家族で分け合う料金プラン ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ ウルトラシェアパック100 ー -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円 ウルトラシェアパック50 ー -800円 -1,000円 -1,200円 -1,800円 ウルトラシェアパック30 ー -600円 -800円 -1,000円 -1,200円 ベーシックシェアパック(~30GB) ー -600円 -800円 -1,000円 -1,200円 ベーシックシェアパック(~15GB) ー -600円 -800円 -1,000円 -1,200円 ベーシックシェアパック(~10GB) ー -400円 -600円 -800円 -1,000円 ベーシックシェアパック(~5GB) ー -100円 -200円 -600円 -900円 dポイント進呈の特典内容 「ずっとドコモ割プラス」のサービスを登録すると、dポイントクラブのステージに応じて期間限定のdポイントが贈呈されます。 料金のプランやステージに応じてポイントの量は違いますが、 料金割引に対して1. 2倍のポイントが贈呈されるのが特徴です。 下記は、貰えるdポイントの早見表となっています。 自分の加入しているパケットパックと、到達しているステージを照らし合わせてご確認ください。 一人用料金プラン ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ ウルトラデータLLパック ー 240pt 480pt 720pt 960pt ウルトラデータLパック ー 120pt 240pt 720pt 960pt ベーシックパック(~20GB) ー 120pt 240pt 720pt 960pt ベーシックパック(~5GB) ー 120pt 240pt 720pt 960pt ベーシックパック(~3GB) ー ー ー ー 720pt ベーシックパック(~1GB) ー ー ー ー 720pt 家族で分け合う料金プラン ステージ 1st 2nd 3rd 4th プラチナ ウルトラシェアパック100 ー 1200pt 1440pt 2160pt 3000pt ウルトラシェアパック50 ー 960pt 1200pt 1440pt 2160pt ウルトラシェアパック30 ー 720pt 960pt 1200pt 1440pt ベーシックシェアパック(~30GB) ー 720pt 960pt 1200pt 1440pt ベーシックシェアパック(~15GB) ー 720pt 960pt 1200pt 1440pt ベーシックシェアパック(~10GB) ー 480pt 720pt 960pt 1200pt ベーシックシェアパック(~5GB) ー 120pt 240pt 720pt 1080pt 料金割引「ずっとドコモ割」との違い ドコモの割引サービスの一つ、「ずっとドコモ割」との違いは、 dポイントの進呈の有無です。 「ずっとドコモ割」は利用しているパケットパックの料金を割引してくれるサービスしか無く、その割引金額は「ずっとドコモ割プラス」と同じです。 そのため、料金しか割引しない「ずっとドコモ割」よりも、1. 2倍のdポイントを進呈する「ずっとドコモ割プラス」の方がお得と言えます。 「ずっとドコモ割プラス」の適用対象 以下のプランに加入している人ならば、誰でも適用することが可能です。 カケホーダイプラン(スマホ/タブ)• カケホーダイプラン(ケータイ)• カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)• カケホーダイライトプラン(ケータイ)• シンプルプラン(スマホ)• シンプルプラン(ケータイ)• データプラン(スマホ/タブ)• データプラン(ルーター) ただし、カケホーダイライトプランとシンプルプランのどちらかを契約している方は、パケットパックによっては「ずっとドコモ割プラス」を適用することができないので注意しましょう。 カケホーダイライトプランで必須なパケットパック• ベーシックパック• ウルトラデータL/LLパック• ベーシックシェアパック• シェアパック5/10/15• ウルトラシェアパック30/50/100• ビジネスベーシックシェアパック• ビジネスシェアパック5〜3000• ウルトラビジネスシェアパック30/50/100、ケータイパック こちらも同様に、子回線が上記プランのいずれかに加入必須です。 「ずっとドコモ割プラス」のメリット 「ずっとドコモ割プラス」は、長年ドコモを愛用している方にとって大きなメリットがあります。 ドコモの回線を4年以上継続して利用している場合は、dポイントの進呈・パケットパックの割引サービスのどちらかが必ず適用されるため、スマホ・ガラケーをお得に使うことができます。 その他、dポイント進呈特典を受け取ることで月額料金割引より1. 2倍多くポイントを貰えることに加え、基本料金は変わらないのでdポイントの付与数が月額料金割引時より増えます。 月額料金:7,000円 加入プラン:ウルトラシェアパック100 ステージ:プラチナ dカード GOLD所持 月額料金割引適用後:5,500円 毎月貰えるdポイント:500ポイント dポイント進呈適用時の月額料金:7,000円 毎月もらえるdポイント:3,700ポイント 内訳:期間・用途限定3,000ポイント 「ずっとドコモ割プラス」のデメリット 新規ユーザーにとってお得感ゼロ 一方で「ずっとドコモ割プラス」は、ドコモの新規ユーザーにはメリットが全くない事がデメリットに上げられます。 ドコモを契約して4年以下のユーザーの場合、特典が発生する2ndステージに到達するにはdポイントを600ポイント貯めなければいけません。 dポイントは基本的に100円で1ポイント貯まるため、600ポイント貯めるのに6万円支払う事になり、契約しているパケットパックの種類によっては、6ヶ月間の累計dポイントが600ポイントに届かないことがあります。 15年以上ドコモ回線を続けているユーザーなら自動的にプラチナステージに昇格し、契約しているパケットパックによっては最大3,000ポイント貰えます。 仮に新規ユーザーが同じパケットパックを契約し、600pt貯めて2ndステージに昇格したとしても、差し引きで600ptしか貰えないため、4年以下の新規ユーザーはお得感が薄いサービスとなっています。 貰えるdポイントは「期間・用途限定」な事に注意 「ずっとドコモ割プラス」で貰えるdポイントは「期間・用途限定」のポイントとなっています。 文字通り、ポイントの仕様に対して期限と用途が限定されているため自由に使える訳ではありません。 進呈されたポイントの有効期限は24か月、用途として「ポイント交換に使う」「ケータイ利用料金に使う」「パケットパックのデータ増加に使う」などの利用方法は不可となっています。 マクドナルドやイオンシネマ、ローソンと言ったdポイントが利用できる加盟店の支払いなら利用できるため、こちらで消費しましょう。 料金割引とdポイント進呈はどっちがお得か? 「ずっとドコモ割プラス」で貰えるdポイントの量は、パケットパックが割引される料金の1. 2倍とされています。 文字だけだと分かりにくいため、ウルトラシェアパック100を契約しているユーザーが、「ずっとドコモ割プラス」で貰えるdポイントの量と料金割引を表にまとめました。 ステージ 進呈されるdポイント パケットパックの料金割引 プラチナ 3000pt 2500円 4th 2160pt 1800円 3rd 1440pt 1200円 2nd 1220pt 1000円 1st ー ー dポイントは「 1ポイント=1円」として利用できます。 ウルトラシェアパック100のプラチナだった場合、500円分dポイントの方が得と言えます。 しかし、「ずっとドコモ割プラス」で貰えるdポイントは「期間・用途限定」であることに注意しましょう。 dカード GOLDを使って手っ取り早くステージを上げるのがおすすめ ドコモを長年使っている人だとメリットが大きい「ずっとドコモ割プラス」。 ドコモ新規ユーザーの場合、中々ステージが上がらず1年経っても1stステージという事があります。 そこでドコモ新規ユーザーにおすすめしたいのが、クレジットカードの「 dカード GOLD」です。 つまり、毎月のスマホ料金が8,000円だったとしたら、6ヶ月間の累計で4,800ポイント貯まることになり、ステージが4thステージまで一気に上がるのです。 プラチナステージは6ヶ月間で10,000ポイントと若干辛いですが、4thステージでも最大2,160のdポイント、基本料金1,800円の割引を毎月受けられます。 ドコモユーザーなら必ず持っておきたいdカード GOLD。 下記記事にてdカード GOLDのメリット・デメリットをもっと詳しくまとめているので、まだカードを持っていない人は参考にしてみて下さい。

次の

お得?長期ユーザー優遇の「ずっとドコモ割プラス」を徹底解説!デメリット・注意点も紹介

ずっとドコモ割

最大で20回線まで同一ファミリー割引グループ内に組み入れる事ができて、 同一ファミリー割引グループ同士の国内通話は24時間無料 になるというのが最大の特徴です。 請求書の送付先や支払い口座は別々に設定する事ができるので、三親等までの家族にドコモの利用者がいる場合には同一ファミリー割引グループ内に組み入れてお得にドコモ携帯を利用しましょう。 「ファミリー割引」の加入条件は「代表回線から三親等までであること」のみなので、 離れて暮らしている家族でも加入する事ができます。 ただし、「三親等」というのはドコモが「ファミリー割引」の適用範囲として定めた三親等であって、法律上の三親等とは一部異なる部分があるので注意して下さい。 「ファミリー割引」は全国のドコモショップのほか、ドコモ インフォメーションセンターへの電話や公式ページからネットでの操作でも申し込む事が可能です。 みんなドコモ割 月額料金シミュレーション ギガホ利用の場合の月額料金 みんなドコモ割カウント数 1回線 2回線 3回線以上 ギガホ月額料金 6,980円 6,980円 6,980円 みんなドコモ割 - -500円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 -1,000円 月額料金 5,980円 5,480円 4,980円 これは、「みんなドコモ割」を適用させた場合のギガホの月額料金シミュレーションです。 同時に併用できる割引サービス「」も適用させれば、ドコモ回線が3回線以上なら月額4,980円(税抜)で利用できる事がわかりますね。 月に使用するデータ容量を1GB以内に収めれば、ドコモ回線が3回線以上なら月額1,980円(税抜)、同時に併用できる割引サービス「」も適用させれば7GBまで使用しても月額3,980円(税抜)で利用できる事がわかりますね。 みんなドコモ割 と併用できるドコモの割引キャンペーン 2020年「ドコモの学割」 2020年の「ドコモの学割」は、25歳以下の利用者が、• 乗り換え(MNP)• 新規契約• キャンペーン期間は、 2019年12月1日~2020年5月31日 まで。 ただし、「ギガホ」で申し込む場合は「」が併用不可、「ギガライト」で申し込む場合は「」が併用不可となっていて、同時に適用条件を満たした場合には割引率の高い「ドコモの学割」が優先されるので注意して下さい。

次の