マイクロ ドージング。 微量のLSDによる「マイクロドージング」で頭はよくなる? ドラッグ事情通に聞いてみた

マイクロドージングの変わりになるのが、スピリチュアルなことや自己啓発の分野だった

マイクロ ドージング

大麻にはたくさんの効果があり、楽しむのに適しているものもあれば、医療に適しているものもあります。 しかし世間でのイメージでは「ハイになって楽しむ」方のイメージが強いのではないでしょうか? お酒のように、週末仕事が終わってストレス解消したい、そんな時に使うもののイメージを持つ方が多いのではと思います。 確かにそのように使うケースは多く素晴らしい効果を感じていますが、大麻には他にもたくさんの使い道があります。 その中で最近人気を集めている使い方が マイクロドージングです。 これは微量摂取という意味で、 少しだけ効果を得たい時に有効な方法です。 効果が薄い分楽しみや医療効果は少ないかも知れませんが 日常生活がしやすくなります。 今回は大麻のうつ状態の回復とリラックス効果に注目して、マイクロドージングした様子をレポートします。 使用前の状況 使用前の状況はこんな感じでした。 肉体的にも精神的にも疲れていて何もしたくない(動画すら見たくない)• 寝っ転がってのんびりしているが面白くない• 精神的には高ぶっていて、リラックスモードへ切り替えができない こういう状態、自分は頑張りすぎた後などたまになります。 プチうつ状態です。 こうなると何もできないので、 今までは寝転んで何もせずに回復を待つしかありませんでした。 しかし!今は大麻があります!! 品種はサティバ優勢ハイブリッドのブルードリーム。 程よいヘッドハイとボディハイがお気に入りです。 今回はマイクロドーズということで 一服だけ。 自分にはこれで十分なはずです。 さてどうなるか!? レポート 1時間以内の変化 摂取してすぐに変化を感じました。 呼吸が深くなっています。 自然に深呼吸のようになりました。 それだけでもリラックスした感じがあります。 三分後、少しマッサージされたような? 体の緊張がほぐれる感覚がありました。 そしてちょっと気分が良くなりました! ポジティブで楽しい気持ちになっています。 ここまでにやったことは、吸って家に帰っただけです。 プチうつの時に数時間休まないと得られない状態に、大麻さんが3分で連れて行ってくれました笑。 早い!大麻さん、仕事が早いです笑。 五分後、 疲れがない!? 意識を集中して探してみたのですが、疲れがありません。 体全体を覆っていたアイツはどこかへ行ったようです。 ただ、感覚的には疲れを意識しにくくなると言った方が正確かも知れません。 なんというか、うっすーく漂っている感じです笑。 ここまでをまとめると、 マッサージを受けてパーッと遊んだ後のように、体も心もリフレッシュしてリラックスしている感じです。 最高かよ! 摂取後五分でここまでの効果はすごいですね。 笑ってしまいます笑。 良質な気分転換をしたようで、すっかり気分が良くなりました。 10分ほどで、身体が少しジーンとしてきました。 特に下半身、足の方が温かくて気持ち良い感じです。 ちょっとお腹も減ってきました。 今のところハイは全く強くなく、 普段に比べて効果が全体的に薄い感じです。 15分ほど経ちました。 ミュージックビデオを見ていましたが音楽も動画も楽しいです。 ただいつもよりも楽しい効果は大分弱いですね。 今回はうつ状態への対応が目的だったので問題はありません。 1時間後以降 一服して1時間後、 友達に会ってきました。 自分以外は全員シラフで、夕飯を一緒にしました。 自分の状態としては、いつもよりちょっとだけ話好きで機嫌が良い感覚です。 でもそれは少しだけで普段とあまり変わりません。 3時間後、 かなりシラフに近い感覚になりました。 普段はまだ効果を感じている時間なので抜けるのが早いです。 いつもの5時間後のシラフ感が、マイクロドージング時の3時間後ぐらいでしょうか。 三時間ほどで普段の状態に戻れるのはいいですね。 気分転換して、またタスクに戻るのにちょうど良い期間です。 そして 5時間後にはすっかりシラフになりました。 この後1時間後の寝るまで、疲れて無気力な状態には戻らず、リラックスしつつ気持ちよく過ごせました。 翌朝にはもう完全にシラフです。 全く影響を感じませんでした。 まとめ• 精神的に緊張していたがリラックスモードになった• 疲れている感覚がなくなり気分が良くなった• 効果は全体的に薄い感じ• 3時間後にはほぼシラフになった• 5時間後にはもう普段通りの感覚• シラフの感覚になっても摂取前のネガティブな感覚には戻らなかった• 翌日特に影響なし• マイクロドージング、素晴らしかったです。 煙での摂取なので効果が出るのが早く、その効果が抜群でした。 まさか、五分でプチうつ状態を無くせるとは。。 終始自分の状態をコントロールできてましたし、抜けるのも早かったです。 これなら心身ともに疲れた時に使えるなと確信しました。

次の

幻覚剤の少量摂取、米国で広まる「マイクロドージング」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

マイクロ ドージング

それは新しい方法ではありませんが、その使用は、特に新しい消費者の間で成長しています。 消費者はいくつかの理由でマイクロドージングを選択します。 この方法を使用して消費量を削減する人もいれば、購入を最適化したい人もいます。 ただし、ほとんどのマイクロドーサーは、通常のTHC消費の影響を増やして維持したいだけです。 大麻を微量投与する最善の理由を選択するために、この質問を深めました。 マイクロドージング大麻の少なくとも8つの利点は次のとおりです。 病気の治療: 約XNUMXの病理が、不安、慢性的な痛み、うつ病、炎症、消化不良などの大麻ベースの治療に反応します。 マイクロドージングでは、XNUMX日を通して効果を維持するために制御された用量で治療を行うことができます。 明確な心を持つ: ほとんどすべての種類の大麻は、創造性と警戒感を提供します。 疲れたときに少量を服用するか、疲労を予測することで、それに応じてXNUMX日を管理できます。 社会的に活動し続ける: 大麻は行動を変える。 より長く消費: 適切な用量のサイズは、株のTHC数に依存します。 しかし、それはすべての人に異なる影響を与えるため、試行錯誤のみが効果的な治療を確立するのに役立ちます。 マイクロドージングを学ぶ:に掲載された記事 Duston Sulak博士は、大麻をXNUMX日間控えることを推奨しています。 XNUMX日目には、THC XNUMXミリグラムとCBD XNUMXミリグラムを、できればチンキ剤またはオイルに入れて、正確に投与できるようにします。 彼は一日おきに一度にXNUMXミリグラムずつ線量を増やして、彼の身体的および精神的状態についてメモを取ることを提案します。 使いやすい: 大麻をどのような形で使用するかに関係なく、必要な目標と分野を理解すると、消費がより簡単になり、線量をより適切に管理できるようになります。 あなたの目標は、最高の効果を得るのに十分なだけのTHCを代謝することです。 それはあなたの身体的および精神的状態を制御しながら吸収とその効果をよりよく測定することを可能にします。 副作用を減らす: 通常の大麻の低用量は、ユーザーを酔わせることはありません。 副作用を大幅に減らしながら、微妙ですが顕著に認められる利点を生み出します。 マイクロドージングによる大麻の効果の改善 マイクロドージングでは、最小量を最大限に活用できます。 これは消費者を落胆させるべきではありません。 ただし、最小限の効果が必要な場合は、マイクロドージングが最も推奨されます。 ただし、ラベリングの正確性と信頼性については懸念があります。 これがなければ、正しくまたは簡単に投与量を作ることは不可能です。 大麻に含まれるものについての詳細な情報があれば、より正確かつ自信を持って測定できます。 将来、マイクロドーズは大麻市場の重要な部分を構成する可能性があります。 すべての兆候は、より完全なラベリングとより差別化された製品に対する需要の高まりとともに、消費者製品のかなりのニッチ市場があることを示しています。

次の

幻覚剤の少量摂取、米国で広まる「マイクロドージング」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

マイクロ ドージング

【5月12日 AFP】嵐のように訪れる極端な気分の上下と強い抑うつをコントロールしようと、作家のアイェレット・ウォルドマン()さん(52)は処方薬をあれこれ試したがうまくいかなかった。 だが、ついに青い薬ビンに入った希釈したLSDに救いを見出した。 米サンフランシスコ()のベイエリア()に住む元連邦公選弁護人のウォルドマンさんは「失うものは何もない」という気分で、幻覚剤LSDの少量2滴を舌下にたらした。 間もなく憂うつな気分が消えていくのを感じた。 「率直に言って、自殺願望が起き始めたのです。 もう1つの選択肢が死ぬことだとしたら、あるいは少なくとも死にたいと感じるぐらい惨めならば、何か別の新しいものを試してみてもいいでしょう」とウォルドマンさんはAFPに語った。 ウォルドマンさんは流行の「マイクロドージング」で気分が一新されたと話した。 マイクロドージングとは、LSDやサイロシビン含有マッシュルームといった幻覚剤を、ほぼ感知できないほど微量だけ摂取することだが、違法かつ潜在的な危険がある。 「1日目から気分は良くなりました」とウォルドマンさん。 「うつが消えていって…驚きです」 彼女は希釈しなかった場合の約10分の1の量、1日当たりおよそ10マイクログラムのLSD摂取で人間関係が改善し、仕事の能力も向上したと言う。 マイクロドージングの使用は近年、薬物愛好家らではない人々、特にキャリア向上を目指すカリフォルニアのシリコンバレー()の若き専門職たちの間で勢いを増している。 人気の火付け役となったのは、影響力のあるいくつかの米国のポッドキャストだ。 またより最近では、ウォルドマンさんの近著「A Really Good Day: How Microdosing Made a Mega Difference in My Mood, My Marriage, and My Life(真に良き一日:私の気分、結婚、人生を大きく変えたマイクロドージング)」も一役買った。 同書にはそううつの激しい振幅から抜け出すために幻覚剤がいかに役立ったかが詳述されている。

次の