デイトレ 手法。 デイトレードの手法と基本的なチャートの見方

デイトレで勝ち続けてきた手法を公開|株のデイトレードで常勝手法

デイトレ 手法

ども、うみはらです。 資産20億を稼ぐテスタさんのデイトレード手法に迫ります。 保有リスクを抱えないデイトレ手法 テスタさんは基本的にデイトレメインでトレードされています。 デイトレードとはなんぞや? ですが、1日で保有ポジションを閉じるトレードですね。 次の日にポジションを持ち越さない手法です。 メリットは、持ち越しリスクがないこと。 深夜に為替や経済指標の影響で、株価が大きく不利な方向に動いて損を膨らませるリスクがありません。 その日の値動きでしっかり利益を稼ぐ手法です。 デメリットとしては、株初心者には少し高度な技術が必要になる、というところでしょうか。 値動きに慣れていて、売買タイミングの判断力、決断力が問われます。 トレードを始めて何ヶ月目で稼げるようになったか? テスタさんはいきなり稼げたわけでなく、マイナススタートだったようです。 マイナススタートとはいえ、3ヶ月目から、プラスで4ヶ月目以降は50万円ですから、センスがあるとしかいえません・・・ 初月:マイナス30万円 2ヶ月目:マイナス10万円 3ヶ月目:プラス 金額不明 4ヶ月目:プラス50万円 5ヶ月目:100万円 その後:コンスタントに100万円 勝てるようになったきっかけとは? もともとPC1台でトレードしていたテスタさん。 そこからPCを2台にしてから、飛躍的に成績が上がったようです。 ・1台の時 同業他社の状況を知りたいときにすぐ探せない 先物も同時にチェックしたい 画面をちょくちょく切り替えるのが手間 肝心な情報を見逃してしまうことがあった ・2台に追加 同業他社の状況を知りたいときにすぐ探せる 先物も同時にチェックできる 画面をちょくちょく切り替えずにトレードに集中できる 肝心な情報を見逃してしまうことがない という風に変化したと推測されます。 やはりデイトレードという短期決戦であるゆえに、情報収集の量と、キャッチアップのスピードが成績が飛躍的に伸びた理由なのでしょう。 気になるテスタの銘柄選定術 テスタさんが億を稼げた理由に、 市場に左右されない投資スタイルを確立した というのが挙げられると思っています。 なぜなら、デイトレードの場合、銘柄をロックしてトレードするスタイルのため、 日経平均の今の価格がどうとか 上がっているかとか 下がっているかとか そういったものは全く意味がないからです。 銘柄を1つに絞っていることで、その銘柄の値動きに集中する。 値動きの幅、時間帯別の動きの癖、勢いなどが、銘柄をロックしているからこそできるわかるというのです。 特に、好みは「値動きが大きい」銘柄。 当然、デイトレなので、1日に何回もトレードするわけですから、値動きが大きくて、出来高が大きいほど稼げる、ということです。 ここは、多くのデイトレーダーと同じ意見ですね。 テスタから見た、デイトレーダーに向いている人 決断力 判断力 集中力 メンタルの強さ 体力 運動神経 それらすべてが必要。 全てを網羅した超人にはなれないと思いますが、決断力、判断力、集中力は、トレードで必須スキルだとぼくも思っています。 まあ、これないとミストレードも増えるでしょうしね。 まとめ|デイトレードは1日にしてならず 億トレーダーのテスタさんは半年以内で勝ちパターンを身につけたわけですが、初心者はもっとゆっくり地道に力をつけていくことをおすすめします。 兼業トレーダーならなおさらです。 デイトレーダーにありがちなポジション病になると、負ける相場でもつい買いたくなっちゃいます。 そして、大きな波が来たときに、がっつりやられるパターンがほとんど。 テスタさんも月にトレードするのは15回ほどとのこと。 「勝てるときにしっかり勝つか」 を追求する我慢できるメンタルの強さはさすがです。 ぼくもテスタさんの勝ちエッセンスを明日からのトレードに早速取り入れていきたいと思います。 参照元記事:•

次の

初心者が株のデイトレで毎日5000円稼ぐための5つのステップ

デイトレ 手法

たとえば、寄り付き成り行きで、100円で多くの人が買ったとします。 その後、株価が下落しました。 すると100円が抵抗線になります。 100円で買った人は損をしたくないので、「なんとか100円まで戻ってこないかなぁ」という気持ちでいます。 そのため、始値の100円が、強い抵抗線になります。 その強い売り圧力である抵抗線を抜ければ、売り圧力が弱くなるので、その値段を抜ければ、上昇していく可能性が高くなります。 寄り付き、 株価の下げ止まりを確認し、ブレイクする銘柄を狙うといったイメージです。 寄り付きで成行買いするより、下がらなかったことを確認するので、 リスクが小さくなります。 反面、寄り付きからグングン上げていく銘柄もあるので、 リスクを取らない分、寄り付きからの上げに乗れないという欠点があります。 一日の中で、もっとも出来高が多いのは寄り付きです。 なので、始値は、抵抗線になりやすいです。 後場の寄り付きにも同じ手法が使えますが、前場の方が有効です。 なぜなら、前場で上がった銘柄は、ランキングにも出ている可能性が高いので、そこからのGUを狙うのはリスクが高めです。 後場の寄り付きは、すでに一番美味しいところが終わっている銘柄が多いので、前場より当たり銘柄が少ないです。 それでも、午後から急激に、上げていく銘柄もあります。 いくつか、「始値のブレイク」の5分足チャートを載せてみます。 オレンジの線が、始値です。 この線を超えたところを狙います。 ちょっと、GUが小さい。 でもこの日の日足が良い銘柄。 5分で来るわけではありません、 数 分後でも、数 時間でも、始値を超えれは「始値のブレイク」です。 ただ、 あまりにも下から上げてくる銘柄は、すでにパワーを使い果たしている可能性が高いので、要注意です。 これも、GU小さめだけど、小さな下ヒゲがあります。 始値のブレイクでエントリーできなければ、次は、長い線の抵抗線抜けを狙います。 始値のブレイクに日足でのブレイクを連動させる デイトレーダーに人気の銘柄では、日足を意識することなく、株価の波に乗り、利益を得ることが可能です。 自分の手法を確立していて、大きな値幅を狙わないスキャルピング手法ならば、それで十分とることができます。 しかし、スキャルピングは、小さな値幅を取る手法です。 大きな株数を入れないと、それなりの利益を得ることができません。 大きな資金を投入するということは、大きな下げにやられて、大きく損をする可能性もあるということです。 旬の銘柄の動きは、予想もつかないことが起こります。 始めは、値動きについていくことすらできないでしょう。 初心者主婦トレーダの方には、そういった値動きの激しい銘柄ではなく、 板が厚すぎず、薄すぎず、 これなら、落ち着いてトレードができるという値動きの銘柄を、まず見つけていただければと思います。 コツコツ、利益を得ていくためには、 勝てそうな銘柄を選択する。 そのためには、 勝つ確率を上げるために、地道に、下調べをしていくことが必須です。 デイトレに、日足を組み合わせることで、始値をブレイクした時に、上昇していく可能性がより一層高まります。 トレードでは、常に注目されている形がいくつかあります。 日足での、上値抵抗線抜け、三角持ち合い上抜け、MA25抜け、移動平均線からの乖離、 寄り付き前に、前日終値をGUしている銘柄に注目し、それらの銘柄のブレイクを狙って買い(売り)を仕掛けていきます。 どれも、デイトレーダーだけではなく、 中長期トレーダー、短期のスイングトレーダーなど、 多くのトレーダーが意識しているポイントなので、 一度ブレイクすると大きく伸びていく確率が高いです。 なので、日足で確認して、 初動でエントリーすることが、勝つ確率につながります。 狙いを定めて、初動でピンポイントで買う! 下げたら、脱出!! 買いたい銘柄ほど、動きが早くてついていけません。 スナイパーになった気持ちで、無心でクリックするのみ。 無心… 迷いが、エントリーを遅らせます。 射的の名手に憧れましょう 笑 デイトレで、始値のブレイクで買いを仕掛けるのまとめ 日足と連動させて、初動でエントリーすると、トレンドに乗る確率が上がります。 日足が寄り付きでブレイクする位置で始まりそうなら、どんな買い方もありです。 みんなが見ているポイントなので、日中株価を見ることができない人が、指値を入れている確率が高いからです。 デイトレでも、 「ずっと見ていた、GUしてる、今日こそ出発日だ!」と思った時は、板が厚ければ、成行買いを仕掛けます。 それでも、やはり、初動で、順張りエントリーをするのは、始値ブレイク狙いが多いですし、成功する確率も高いです。 それは、私が始値ブレイクを、自分のルールとして信頼しているからだと思います。 だから、迷いなく、エントリーできるので、確率が上がるのです。 初心者主婦トレーダーさんが、初めてデイトレをされる時は、 まずは、 指数も上がりそうという寄り付きの雰囲気を感じ取った日に、 「これぞ!」という日足の良い銘柄を見つけて、まずは始値のブレイク狙いで、デイトレに挑戦してみて下さい。 指数の動きに後押しされながら、トレンドに乗ると、利益がのるトレードができる確率が、高くなります。 注意点:この手法でのエントリーは、デイトレーダーや機関投資家が好むような値動きの荒い銘柄ではなく、新興でも、のんびり動く銘柄がおすすめです。 値動きが素直ですよ。 私がここでお伝えしているからと言って、すぐにトレードをするのではなく、 大切な資金を守るために、まずはご自分で、デモトレ検証してみて下さいね。 当たり前ですが・・全然だめです 笑 あきらめず努力を継続すれば、 勝てる日もでてきますかねぇ・・ 『儲かるようになったら・・』とPCの買い替えも、ためらっていましたが、 早速、新しいPCとモニター等も購入しました! 私は、去年左目の視力をほぼ失い、今の仕事もだいぶ減らして出勤しています。 でも、もっと自分の時間の時間と、体調に合わせた仕事をしたいと思い 『デイトレ』を始めました。 もっと、強くなりたいです。 右目が見えるうちは、頑張ってデイトレしたいです!! 尊敬しています!.

次の

ポロン式「日経225先物必勝デイトレ手法マニュアル」の検証と評価

デイトレ 手法

デイトレードとは FXで稼げるデイトレードの手法は、FXのデイトレードやスキャルピング手法を紹介したサイトです。 デイトレードとは、1日で売買を成立させる手法です。 主にFXなど市場流動性の高い取引において行われることが多い方法です。 スキャルピングは、1日に数十回の取引を行います。 数秒~数分の間に数pips上下しただけで決済をして、細かく利益を積み上げる売買手法です。 デイトレードやスキャルピングはポジションを保有する時間は極めて短いため、リスクは小さく、差益も小さいですが、安定的に利益を積み上げる方法でもあります。 FXは、1日で数万円~数十万円の利益を得られる(又は失う)こともあります。 また、利益を上げ続けるためには高い技術を要します。 Advertisement 新着情報• デイトレード手法• IFOデイトレード手法 IFO注文によるデイトレード手法• テクニカル投資術 3つのテクニカルを使用したスキャルピング手法• ドル円スキャルピング手法 株価指数と経済指標によるスキャルピング手法• トライオート 裁量+システムトレードを組み合わせた取引システム• 経済指標トレード 米国の重要経済指標によるトレード手法• 1銭抜きスキャルピング 1pipsの利益を積み上げるスキャルピング手法• 平均足スキャルピング手法 平均足で売買するスキャルピング手法• 日経平均株価手法 日経平均株価の上昇or下降に合わせて売買する手法• NYダウ手法 NYダウの上昇or下降を使用して売買する手法• 指数スキャルピング手法 指数指標のトレンドで利益を積み上げる順張り手法• シドニーギャップ手法 シドニー時間の上下幅に逆張りでトレード• GFF式RSI手法 RSIのブレイクを使用したトレード方法• 専業トレーダー手法 東京時間に、1~5pipsの利益を得る手法です。 両建てスワップ手法 両建てによるスワップ金利差を利用した手法• LIONFXゾロ目手法 決済損益にゾロ目が発生すれば、毎月食料品のプレゼント• トラリピ手法 SBIFXで大量のポジションを保有するトラリピ手法• 窓埋め手法 週明けに発生した窓を埋める手法• MACDスキャルピング MACDによるスキャルピング手法• 両建て手法 両建てポジションによるトレード手法• 逆張り手法 NY時間の上下幅に対する逆張り手法• シンプル手法 シンプルに勝ち続けることを目的とした手法• 4EMA手法 4つのEMAを使用したトレード手法• ロング・ショート戦略 割高なものを売り、割安なものを買いで仕掛ける「両建て」戦略• テクる・ピボる テクニカル指標をベースとした取引支援システム• HIGH・LOW手法 為替レートの円高・円安を予想する簡単取引ルール• 3通貨手法 USD、EUR、JPYの三大通貨の強弱を利用したデイトレード手法• バタフライ投資法 高値と安値で表示されるサインによるトレード手法• 1分足スキャルピング MACDとRCIによるスキャルピング手法• 多機能スキャルピング 複数のテクニカルを使用するスキャルピング手法• ローソク足手法 ローソク足とボリンジャーバンドを組み合わせた手法• スイングトレード手法 長期保有によるスイングトレード手法• ウィリアムズ手法 ラインチャートと分析ツールを使用したトレード手法• ケルトナーチャネル手法 ケルトナーチャネルとRCIを組み合わせたスキャルピング手法 人気ページランキング.

次の