ゆうちょ 縦型通帳。 ゆうちょ銀行

【ゆうちょ銀行】新通帳への切替時の対応に不安を感じます。 【OKWAVE】

ゆうちょ 縦型通帳

先日、ATMで民営化以前の通帳で記帳をしようとすると 磁器がダメになってしまっていたようで 記帳できず、窓口へ向かいました。 私は記帳できるようにだけしてもらえればよかったのですが、 「新通帳(民営化後の通帳)へ切り替えます。 」と言われました。 他の銀行が合併した際に同じようなことがありましたので、 同じゆうちょなのに…と思いながらも「はい」と答えました。 ただ、その際に本人確認証と口座印はありますか?と聞かれました。 通帳を移管するだけなのに、印鑑? と思っていると、新しい通帳に印鑑を押しますから、 と言って通帳の1ページ目の印鑑欄に押されました。 昔は、通帳には必ず印鑑欄に印鑑が押してありましたが、 防犯上良くないといってどの金融機関でも押さなくなりましたよね? しかも旧郵貯も同様に押さなくなったのに、 (実際私が持ち込んだ通帳には押してありませんでした) なぜいまさら? また、その印鑑自体も 「これ、口座印で間違いないですよね?」 と口頭確認のみで、パッと押していました。 データベース等と確認しているわけではなかったので、 えっ?そんな口頭確認で?とビックリしてしまいました。 それって、口座印って言ってしまえば 登録印と違っても問題ないということですよね。 実際出金する時には、データベースとの認証を 行うのかもしれませんが、あまりにもセキュリティが 甘いように感じられました。 なぜ、このような対応になってしまったのかご存じの方 もしくは、同じような体験されたかたなどの意見を お聞かせいただければと思います。 現在、印鑑照合システムが出来ていないのは ANo. 1さんの通りです。 その為に発行店以外でも払い出しが受けられるように登録印を通帳に押さなくてはいけません。 質問者さんの 》実際私が持ち込んだ通帳には押してありませんでした ・これは大いに疑問があります。 通帳発行の際に印鑑を押すように言われているはずです。 そうでないと 》それって、口座印って言ってしまえば登録印と違っても問題ないということですよね。 ・そうなんです。 この通帳が盗難に遭うとここに印鑑を勝手に押されてその印鑑で払い出しをされてしまいます。 ・で、今回の再発行に当たっても印鑑を必ず押さなくてはいけないのですが元の発行店以外では登録印鑑の確認が出来ないので口頭で「登録印鑑ですね」と確認されてその上で捺印処理がされたのでしょうね。 ・このようなやり方は近い将来に印鑑照合システムを取り入れる際に大きな混乱を招くような気がします。 なんとなく社保庁を連想します ・これをきっちりやろうとすると通帳の再発行は発行店以外では出来なくなってしまいますね。 私は通帳の記帳欄がいっぱいでATMでの引き出しができずに窓口に行ったら、見せた身分証と通帳のお届けの住所が違うというので住所変更しないと繰り越しができないと言われました。 健康保険証はありましたが、住所変更には登録印がないと駄目なのだそうです。 緊急にお金がいるという訳ではなかったのでそのときはよかったのですが…。 後日、住所変更と、ついでに登録印の変更をお願いしたのですが、なんと元の印鑑の確認をされませんでした。 前回、登録印でない印鑑は持っていたので、あそこで「登録印変更します」と言えば一緒に住所変更もできたということですよね。 見せた身分証は前回と全く同じものです。 つまり、通帳と写真入りでない健康保険証を盗まれたら、登録印なしでもお金はおろせちゃうということなんでしょうね。 話はずれてしまいましたが、写真つきでない身分証とゆうちょの通帳は一緒に置いておかれないことをおすすめいたします。 まだ、ゆうちょ銀行には民間金融機関のような印章照合システムがありません。 通帳を作った郵便局以外の窓口で引き出す場合は照合の方法がありませんので印鑑欄に押すことになってます。 (郵政公社時代もそうでした) したがって、印章照合は窓口職員の目で行うことになります。 また、通帳のほうですが、縦型のものおよび、郵政公社時代のものはそのままご利用いただけますが、 次のような場合は切り替えさせていただいてます。 1、通帳に定期・定額の預け入れがある場合。 郵貯・簡保管理機構に引き継がれ、満期まで政府による支払保証が継続します。 そのままですと政府保証のものと、預金保険機構のものが混在してしまうため切り替えさせていただきます。 通帳に障害が発生した場合。 傷などにより継続使用が困難と判断した場合。 ご迷惑お掛けいたしますが今後ともゆうちょ銀行をよろしくお願いいたします。

次の

覚えてる? 郵政省時代に使われていた郵便貯金の通帳が懐かしい

ゆうちょ 縦型通帳

ゆうちょ銀行の通帳の繰越に印鑑は必要? 結論を言いますと、 「印鑑が 必要ない場合と 必要ある場合」両方があります。 2つのケースについて説明していきましょう。 印鑑が必要ない場合 この場合は、印鑑も必要ありませんし、持っていくものは通帳だけでOKです。 画像で説明しましょう。 まず、ゆうちょ銀行の通帳である事を確認します。 デザインが複数確認されています。 「ゆうちょ銀行」または「Japan Post Bank」の文字が表紙にあれば大丈夫です。 その次に通帳の1ページ目を開いてください。 お届け印が押されていて、さらにその上に緑色のシールが貼られているのを確認します。 次に同じページの下の方に 「印鑑登録済」という赤いハンコがあるのを確認してください。 上にあげた3つが確認できれば、• 「ぱ・る・る」からの通帳繰り越し• 同時に行われる 「改印手続き」• 本人確認作業• 本人以外が繰越に行くときは委任状は必要になる事もあり得ます もちろん本人直筆。 窓口に行くまでに用意する必要があります。 委任状に関してはこちらをご覧ください。 そして更に、代理人が繰越手続きに行った場合 「本人への電話確認」がされる場合があります。 もちろん、 本人が電話に出なければ確認できないので、繰越ができません。 この、「最も時間のかかるパターン」に当てはまる場合は、 かなり時間に余裕をもって行った方が良いでしょう。 通帳の繰越になかなか行けない!さてどうする ゆうちょ銀行の窓口の営業時間は• 放置して、合算がされた頃にゆうちょ銀行から来る「明細書」で履歴を確認• ゆうちょダイレクトプラスにしてしまう 1つずつ説明しましょう。 放置して、合算がされた頃にゆうちょ銀行から来る「明細書」で履歴を確認 ずっと記帳していないと、ゆうちょ銀行は入出金履歴を 「合算」してしまいます。 「合算」とは、 「一定期間の入出金履歴を合計金額で表示する事」です。 ゆうちょ銀行では30行から31行取引が記帳されないと「合算」されると言われています。 当然お金の流れが見えなくなります。 が、安心してください。 合算されると、後日、ゆうちょ銀行から 「これだけ合算しましたよ~」と言う明細書が送られてきます。 それを、とっておけば、お金の流れは見えます。 ゆうちょダイレクトプラスにしてしまう ゆうちょダイレクトプラスとは 「紙の通帳を使わないインターネットバンキング」の事です。 入金、出金、振込、残高照会などの取引は、基本的にATMかインターネット上で行います。 ちなみに、 ゆうちょダイレクトプラスに切り替えた時点で、紙の通帳は使えなくなります。 インターネットに強い人にはお勧めしたい方法です。 が、管理人が使っている感想を一言でいうと 「メンドクサイ…」 です。 何がめんどくさいかというと、とにかく覚えておかなければならない事が多い。 ログアウトの時に 「利用停止してログアウト 推奨 」でログアウトした時や• もちろん、• 3つの合言葉の問題と答え• 登録した画像• ダイレクト暗証番号 を忘れたときには、初期化手続きを、 郵送または窓口でやる羽目になります。 はっきり言って、心が折れますorz。 メリットも多いんですが、それ以上にデメリットの方が目立つんですよね…。 あ、ただですね、実は管理人、過去にゆうちょ銀行のキャッシュカード・通帳の暗証番号を忘れ、両方ロックさせてしまい、ATM使用不可…。 という 「強烈なピンチ」に立たされたことがあり、その時に、「ゆうちょダイレクトプラス」が使えたので救われた覚えがあります。 その模様はこちらをご覧ください。 記事の中ぐらいに関連情報があります。 なので、ゆうちょダイレクトプラスに切り替えるときは、 十分考えてから切り替えることをお勧めします。

次の

スヌーピーと郵便局のコラボ〠通帳ケースやポーチなどが数量限定発売☆

ゆうちょ 縦型通帳

こんにちは、ライターのべにです! 新しい住まいに 引っ越しが完了した時には、 住所変更をあちこちでしなければいけませんよね。 特に銀行関係は大切です。 日本全国のどこの郵便局や、コンビニATMでも使える便利な ゆうちょ銀行の通帳をお持ちの方は、いざ住所変更するとなった時に、何を準備したらいいか分からないことがあります。 私もゆうちょの通帳を持っているんですが、先日、母から電話があって、ゆうちょから実家宛てに手紙が来たよと言われて「ハッ!」となりました。 今の住所に越してきて、ずいぶん経つんですが、ゆうちょ銀行に住所変更の届をしていなかったことにはじめて気づきました。 その時は、あわてて手続きをしなければと思ったのですが、とりあえず窓口に行っても 必要書類が足りていなくて、手続きできなかったので、もう一度しっかりと、どうすればいいのかやり方を調べてみることにしました。 郵便局で住所変更する手続きの流れは? 手続きは、貯金窓口の受け時間である 9時~16時の間に郵便局に行っておこないます。 一部の大きい郵便局では9時~18時までやっているそうなので、事前に確認が必要です。 そしてサービスは 平日のみです。 土日は開いていないので気を付けて下さい。 手続きのやり方はすごく簡単です! 手続きの流れ 1. 窓口で【住所移転届】をもらう 係りの人に 「住所移転届」をくださいと伝えてください。 するとこのような用紙がもらえます。 用紙に必要事項を記入する 用紙にあるとおりに、 取引口座の詳細、 なまえ、 生年月日の欄を記入し、 届け印を捺印します。 そして、その下にある、おところの欄に 郵便番号や 新たな住所、 電話番号を記入し、新しい住所が確認できる 本人確認書類と共に窓口に出せば完了です! お届け印の変更や、氏名の変更 また、結婚して届け印や、氏名が変更になった場合は、 【氏名変更・改印届書(兼住所移転届)】という書類があって、この1枚で住所変更も同時に行えるようです。 この用紙1枚で、 お届け印の変更と、 氏名の変更が同時にできます。 届け印の変更をする場合は、 今までの届け印と、 新しい届け印のどちらの印鑑も必要になるようなので、忘れないようにしましょう。 また、氏名を変更する際は、通帳のほかに キャッシュカードが必要となり、本人確認書類も 変更後の氏名が記載されているものが必要です。 たくさん書類を記入したり、捺印個所も多いのかな?と思っていましたが、実際に用紙を見てみると書き方もわかりやすく、1枚で簡単に変更手続きができるので、初めての方でも分かりやすいと思います! SPONSORED LINK 時間がない場合はどうすればいいの? 住所移転届用紙への記入も終わったんですが、私の場合は、平日に仕事をしているので、窓口に行く時間がなかなかとれなかったんです。 そんな時はどうしたらいいのか調べてみたところ、 委任状を書いて 代理の人に行ってもらう方法と、 郵送での手続きをするという 二つの方法があることがわかりました! これなら、窓口営業時間内に自分が行けなくても、住所変更できますよね!私も結局、自分で行く時間がなかったので、代理人をたてることにしました。 その方法をご紹介します! 代理人にお願いする方法 「委任状」を作成して、必要書類とともに代理人に預け、郵便局で代理手続きをしてもらう方法です。 まずは指定の用紙を使って、「委任状」に記入します。 指定の用紙は、ゆうちょのホームページから印刷することができました。 記入方法 こちらのURLから住所移転届書を作成します。 入力ホームにそって入力していき住所移転届書を作成する。 入力が終わったら片面印刷で用意しておいたA4の用紙に印刷をする。 印刷した住所移転届書のおなまえ欄に自署で記入をして届け印を捺印する。 用意してある定型封筒に宛名(住所移転届書と一緒に印刷されます)を貼る。 住所移転届書と新住所のわかる本人確認書類のコピーを入れる。 ポストに投函すれば完了! パソコンとプリンターがあれば、家でも手続きが完了するので便利です! ただし、 日本国外への住所変更や、 お届け印や氏名の変更が伴う場合、そして、 法人や団体名義のものは郵送での手続きはできないようです。 また、手続き完了までは、ゆうちょ銀行に書類が到着後 2週間ほどかかるということですが、作成した住所移転届書にもしも不備があったり、書類の入れ忘れがあったりすると、 無効となって書類はすべて返送されてくるようなので注意が必要です。 手続き完了のお知らせ等は特に何もないそうなので、目安の2週間内に返送されてこなかったら、問題なかったと判断していいようです。 手軽にできそうなので、郵送のやり方でやろうかなと思ったのですが、私が心配性な性格のため、代理人を立てて手続きをすることにしました。 また、 ゆうちょダイレクトを利用していて、トークンのワンタイムパスワード利用できる方のみ、ゆうちょダイレクト(インターネット)から住所変更ができるそうです! 住所変更の手続きをしないとどうなるの? 引越しってとってもバタバタするし、やることが多いので、ついうっかり、ゆうちょ銀行の住所変更手続きを忘れてしまった!なんてこともあるかもしれません。 住所変更の手続きをしないと、どうなってしまうのか調べてみたところ、ゆうちょ銀行からの大切なお知らせが入っている 郵便物が届かず、その結果、お金の引き出しや、振り込み、記帳などのゆうちょ銀行の 利用が一時的に出来なくなることもあるようです。 特に、 投資信託口座、 国債口座を持っている人が住所変更の手続きをしなかった場合、 「特定口座年間取引報告書」等が届かなくなって後でめんどうなことになるそうなので注意が必要です。 つまり転送届を出していても、発送元に送り返されてしまうことになるんですね。 その時に適切な対応が行えず口座が停止してしまう、なんてこともあるようです。 そうならないためにも、住所変更は早めにやったほうがいいですね! こちらの記事では、ゆうちょ銀行で登録した印鑑を確認する方法と、新しく登録する方法を紹介しています。 よろしければ、参考にしてみてくださいね。 (届印や通帳、本人確認の書類を持参することが必要。 (手続き完了までは約2週間かかる。 ) まとめ 住所の変更手続きは、必ず本人が窓口に行かなければいけないと思っていましたが、代理人を立てるか、郵送かの手続きが可能な事がわかりました!平日働いて、なかなか受付時間内に郵便局へ行くことが難しい場合は、試してみて下さい!私もおかげで、何回も仕事を休んだり、抜け出したりせず、委任状を作成して、母に代理人になってもらい手続きを完了させることができました!ゆうちょ銀行の書類は、比較的にわかりやすかったので、母も窓口で問題なくスムーズにできたと言っています。 ゆうちょの通帳の住所変更手続きの際は、ぜひ参考にしてみてください!.

次の